イライラを抑える方法とは|苛立ちを上手にコントロールするコツを紹介

イライラするのを抑える方法を詳しく知りたい方へ。今記事では、イライラしやすいデメリットから、イライラを抑える方法まで詳しくご紹介します。怒りを上手にコントロールするコツを解説するので、苛立ちやすい方は、ぜひ参考にしてみてください!

イライラしやすいと起こり得る主なデメリットとは?

イライラを抑える方法とは

知らず知らずのうちに、感情の多くは周囲に感染していくもの。イライラした苛立ちや怒りの感情を爆発させていると、周囲とギクシャクしやすくなり人が離れてしまうし、集中力が散漫になって1日が気持ちよく過ごせません。

同棲中のカップルや夫婦だと冷静に気持ちを休める場所がありませんし、近い関係性だからこそ感情的になって傷つけてしまうこともあり、イライラしやすいと関係性も悪化してしまいます。


イライラを抑える方法とは|怒りをコントロールするコツを解説

自分の感情とは一生付き合っていかなくてはなりません。怒りや苛立ちで負の感情に飲み込まれるのを、終わりにしたい人も多いでしょう。そのためには、どんな方法があるのかを把握しておきたいですよね。

ここからは、イライラした時に抑えるコツを詳しくご紹介します。


イライラを抑える方法1. 深呼吸をする

イライラのピークは6秒しか続かないと言われています。ゆっくりカウントしながら深呼吸すれば、ピークの6秒間を乗り切ることが可能です。

冷静さを欠く発言や行動が突発的に出る前に、ゆっくりたっぷり深呼吸するクセを付けましょう。

深呼吸で感情を整えられれば、苛立ちや怒りで相手に攻撃的になるのも抑えられ「なんであんな事を言ってしまったのだろう…。」と後悔することもなくなるはずです。


イライラを抑える方法2. イライラする環境から離れる

嫌いな人が近くにいて視界に入る環境だと、イライラを抑えるのも難しいはず。

そんな時は物理的に距離を置くことで、イライラをしない環境ができますよ。仕事では視界に入る方向に仕切り板を設けたり、席替えを提案したりするのもいいでしょう。夫婦喧嘩の後、一時的に家を出るのもおすすめです。

環境を変えると自分までイライラに侵食されず、穏やかに過ごせる時間が増えますよ。


イライラを抑える方法3. 紙にイライラの原因を書き出す

相手に対してハッキリ思いを伝えられない場合にも、イライラの感情はつのるもの。

イライラの原因を紙に書き出すことで、感情もスッキリできます。紙には、溜まった鬱憤をそのまま書き出してOK。相手の何が嫌なのかを、書きなぐってください。

口にすれば暴言になってしまうことも、紙に書けば口喧嘩にもなりません。書き終わってシュレッダーすれば、イライラも粉砕されて解消できますよ。


イライラを抑える方法4. 面白い事を頭で思い浮かべる

何かにイライラしていると、イライラする気持ちはなかなか断ち切れず、意識しないと冷静になれません。

思考を変えて楽しんでしまえば、イライラに干渉されずにポジティブにやり過ごせるでしょう。自分の中でツボだったお笑い芸人のネタや友人の笑ってしまう出来事など、思い出せるようにしておくと良いですよ。

面白いことを思い出すだけで視点を切り替えられ、イライラ感情も解消できるようになりますよ。


イライラを抑える方法5. 気持ちを切り替えるスイッチを作る

イライラし始めると、なかなか苛立ちを抑えるのに時間がかかります。少しでも早く気分転換をするためにも、イライラ解消アイテムや方法を準備しておくのがおすすめです。

イライラしたら水を飲む、家族の写真を眺めるなどでもいいでしょう。とにかく寝る、シャワーを浴びながら大声で歌うというのもGOOD。

気持ちを切り替えるスイッチを自分なりに作ることで、ポジティブになろうと意識も変化し行動にも余裕ができるでしょう。


イライラを抑える方法6. ヒーリング音楽を聴く

自力で感情をコントロールするのは意外に難しく、イライラすると疲弊しがち。

回復や癒し効果の高い音楽は、気持ちも穏やかになれますよ。

波の音や雨音、森の中などの自然音は、興奮している気持ちを癒してくれます。

ハープやウクレレなどを使ったハワイアンヒーリングなども、緊張を解きほぐしてくれリラックスできるでしょう。


イライラを抑える方法7. 体を動かす

気持ちが切り替わらない状態では、ストレスが溜まり負のループになってしまいます。

職場の人間関係でイライラするなら、椅子に座ったままでも簡単なストレッチでOKです。嫁姑問題でイライラする場合には、家から出てウォーキングやランニング、水泳などもいいですよ。一緒にいる時間も少なくなって一石二鳥です。

イライラした気持ちが原動力になって、体もシャキッと気持ちもスカッとして気分転換になります。


イライラを抑える方法8. 趣味に没頭する

イライラした感情から意識を逸らすことができれば、いつまでも不快な気持ちのまま過ごす必要がありません。

大好きなことに意識を向ける方法なら、無理なくイライラを抑えられますよ。

DIYやハンドメイドなどのモノ作りや料理なら、時間もほどよくかかるので、イライラをいつの間にか忘れられます。ドライブや温泉、映画鑑賞などは、現実から離れてリラックスできイライラやモヤモヤも解消できるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


イライラを抑える方法9. 好物を食べる

イライラしていると、負の感情でいっぱいになってしまいます。そんな時、好物を食べれば、ハッピーな気持ちに転換しやすくなりますよ。

職場には、おやつとして食べられるものを常備しておくといいですよ。スイーツでもいいですし、焼き肉やこってりラーメンなど、とにかく自分の大好きな食べ物を堪能してください。

人は複雑そうに見えて意外と単純です。好物を食べれば幸せな気持ちで満たされて、イライラした気持ちも抑えられますよ。


イライラを抑える方法10. 友達に愚痴を聞いてもらう

恋人や夫婦、嫁姑、職場の人間関係の苛立ちは、人にはなかなか話せない状況だとストレスが溜まってしまいます。

そんな時は、友達に「愚痴を聞いてほしい。」とSOSを出して話すようにしましょう。友達なら、あなたの話を真剣に聞いてくれるでしょう。

友人に愚痴を聞いてもらうだけで、胸のつかえが取れてイライラも抑えられますよ。


職場などで、すぐにイライラを抑えたい時の対処法は?

イライラをすぐに抑えるためには、必ずイライラの原因から離れるようにしましょう。その場にとどまってしまうと、雰囲気に影響を受けてしまいます。

その場合、離れるなら鏡のある場所がおすすめ。イライラしている自分の顔を鏡で見て、大好きな人に見られても恥ずかしくない表情になるまでは、戻らないようにしてみてください。

離れられない場合には、イライラのピークが過ぎるよう6秒間の深い深呼吸をして、平常心を維持するように心掛けましょう。

【参考記事】はこちら▽


自分の気持ちを上手にコントロールして、イライラを抑えよう。

イライラを抑えるには、自分の感情を上手にコントロールする必要があります。

しかし、意識だけで感情を操るには日頃の訓練も必要で、うまくいかないこともあるでしょう。「怒っているの?」などと周囲に気遣われるようでは、自分の子供っぽさに後悔してしまいますよね。

イライラを抑える方法を把握しておけば、どんな場面でも冷静に大人の対応ができるようになりますから、ぜひ本記事を参考に備えておいてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事