人間関係に疲れたら読んでみて。苦手な人付き合いを救う関係別の対処法12個

人間関係に疲れたと感じている方へ。今記事では、人間関係に疲れた時の対処法をケース毎に詳しくご紹介します。職場の人間関係や友達など、苦手な人と付き合うのに悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

苦手な人と付き合い続けると人間関係に疲れてしまう。

人間関係に疲れた時の対処法

社会生活をしていく中で「この人苦手だな」「気が合わないな」と感じてしまう人っていますよね。

どんなに歩み寄っても価値観の合わない人との関わりは、めんどくさいだけでなくストレスになってしまうのが悩みです。

今記事では、ケース毎に上手な対処法を詳しく紹介します。自分にあった改善策を見つけてくださいね。


人間関係が疲れたと感じた時の対処法|ストレスを軽減するコツを解説

できることなら、価値観の合わない人とは付き合いたくありません。ですが家族、職場の人、友達などどうしても関わらなければいけなくて、ストレスを感じることも多いですよね。

ここからは、人間関係が疲れた時の対処法をケース毎に紹介。ストレスを軽減するコツを解説します。

人間関係に疲れ苦しんでいる人が、少しでも気持ちが軽くなれるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。


「職場」の人間関係に疲れた時の対処法

会社など仕事上の付き合いは、めんどくさい人がいても関わらないわけにはいきません。

ここからは、「職場」の人間関係に疲れたときの対処法を詳しく紹介します。

会社の疲れた人間関係で悩んでいる方、明日からのストレスを減らす参考にしてみてくださいね。

職場の人間関係に関する対処法
  1. 仕事とプライベートを割り切る
  2. 距離を置く
  3. 異動を申し出る
  4. 転職をする
タップすると移動します

職場の人間関係に関する対処法1. 仕事とプライベートを割り切る

苦手な人がいても職場では対応しないといけなく疲れてしまいますよね。さすがにプライベートまでの付き合いになると苦痛に感じでしょう。

仕事では、全く関わらないでいることはできませんが、職場だけの付き合いと割り切ればストレスを感じることも減ります。

仕事とプライベートも境目をしっかりとつくることで、苦手な人との関わりを減らして自分の負担をかるくしましょう。


職場の人間関係に関する対処法2. 距離を置く

仕事に関わるやり取りをなくすことはできませんが、苦手な人との付き合いは苦痛なものです。

「仲良くしよう」と頑張るのではなく、職場の人とは必要最低限の交流にとどめて、「心理的の距離」を保ちましょう。

距離を置くことを意識をすることで、シンプルにやるべき仕事に集中でき、不快な気持ちのなる機会が減ります。


職場の人間関係に関する対処法3. 異動を申し出る

会社の上司や職場の特定の人に苦手な人がいる場合もありますよね。

辛い気持ちを押し殺して付き合うよりも、思い切って異動を申し出て環境を変えるのも一つの方法です。

自分から環境を変えてみれば、苦手な人とも距離を保てて、付き合いがなくなりストレスが軽減できます。また、新しい成長に繋がるチャンスです。


職場の人間関係に関する対処法4. 転職をする

職場の雰囲気など、全体的に価値観が合わない人が多いと「これ以上無理」と限界を感じてしまうこともあると思います。

誰かに相談したり、考え方を変えても辛い場合、今の仕事から一度自分を切り離し転職を視野に入れてみましょう。

無理をし続けて心身ともに病んでも元も子もないですよね。離れることで悩みが減り気持ちが軽くなります。

【参考記事】はこちら▽


「友達」の人間関係に疲れた時の対処法

友達との付き合いは楽しい時間を過ごしたいものですが、価値観が合わず関係に悩んでいる方もいますよね。

ここからは、「友達」の人間関係に疲れた時の対処法を詳しく紹介します。

友達関係に疲れを感じ、自分を追い詰めてしまう前にぜひ参考にしてみてくださいね。

友達との人間関係に関する対処法
  1. 自分の意見を素直に伝える
  2. 関わりを断つ
  3. 大人数で会うのを避ける
タップすると移動します

友達との人間関係に関する対処法1. 自分の意見を素直に伝える

高校などの学生時代、友達から嫌われないようにいい人を演じたり、人を気を遣う気持ちが強い人ほどストレスを感じてしまいます。

嫌われるのは誰だって嫌ですよね。しかし、時には勇気をもって「嫌なものは嫌」などと、自分の意見を伝えましょう。

気にしすぎず自分の意見を伝えることで、いつも溜めていたストレスが軽減し、本当の友人ならありのままの自分を受け入れてくれるはずです。


友達との人間関係に関する対処法2. 関わりを断つ

友達関係の中には、保持していかなければならない人もいますが、実は「付き合わなくてもいい関係」も多いのではないでしょうか。

大人になるにつれて、学生時代とは違い無理にプライベートで関わる必要性が減ります。ストレスを感じる付き合いなら、関わりを断つのも良い対処法です。

嫌な友達関係は、無理に続ける必要もなく断ち切ることで疲れた心を少しでも開放できます。


友達との人間関係に関する対処法3. 大人数で会うのを避ける

人はそれぞれ価値観は違いますが、大人数になると誰かの愚痴やゴシップ話などで盛り上がりやすくなり、めんどくさいと感じる機会が増えるのではないでしょうか。

大人数でいることが苦痛な方は、気心の知れた友人や少人数で会うようにしましょう。

少人数でも楽に付き合える友達関係を大切にすれば、ストレスも減り、楽しい時間が過ごせますね。


「両親」との人間関係に疲れた時の対処法

生活の多くを共にする家族。近い関係だからこそ、付き合いが難しくなってしまうことがありますよね。

ここからは、「両親」との人間関係に疲れた時の対処法を詳しく紹介します。

どんな付き合いが自分にとってベストなのか一緒に考えてみましょう。

家族との人間関係に関する対処法
  1. 受け入れて聞き流す
  2. 少しでも早く独立をする
タップすると移動します

家族との人間関係に関する対処法1. 受け入れて聞き流す

親御さんが子供を大切に思うばかりに、その気持ちが大きすぎて過干渉に疲れを感じている方もいますよね。

「やめて」と意見をぶつけたくなりますが、上手く終わらすために「ありがとう」と伝えてみましょう。少しでも早く終着させるのが、お互いに気まずくならずに対処できます。

揉めてしまうよりも受け流す対処をすれば、衝突もなくなりイライラせずにいられますね。


家族との人間関係に関する対処法2. 少しでも早く独立をする

家族とは顔を合わせる機会が多く、価値観が合わなければ辛い時間となりますよね。

学生の場合は厳しいですが「物理的な距離」をとってみるのもおすすめです。独立して家を出て、会う機会を減らしてみましょう。

家族との距離をつくることで、余計なストレスが軽減され精神的なゆとりが生まれてくるはずです。


「ママ友」の人間関係に疲れた時の対処法

ママ友は、子育てをしていく中で心強い友達でもありますが、価値観の違いなどで疲れてしまう方もいますよね。

ここからは、「ママ友」の人間関係に疲れた時の対処法を詳しく紹介します。

ママ友との上手な付き合い方を参考にしてみてくださいね。

ママ友との人間関係に関する対処法
  1. 距離感を保って付き合う
  2. 必要以上に会うのを控える
  3. 一人で行動する勇気を持つ
タップすると移動します

ママ友との人間関係に関する対処法1. 距離感を保って付き合う

子供の繋がりでママ友とも交流も多いですが、関係を近づけすぎるとトラブルに発展してしまうこともありますよね。

ママ友に、家族の話や経済状況などの深い話をしすぎると、相手によっては自慢に聞こえたりマウンティングされてしまいます。

信頼できる人以外は、深い話をせず距離を保って付き合いましょう。良い距離を保つことで、自分への疲れの負担を減らせます


ママ友との人間関係に関する対処法2. 必要以上に会うのを控える

ママ友は、子供同士の仲が良いからといって付き合ていても、一緒にいて疲れてしまうことがあります。

無理に会うのではなく、「仕事」や「家のことで忙しい」などと伝えて、必要以上に会う機会を控えましょう

苦手な人とは控えめな付き合いで、気遣いや悩む時間を減らすことで楽になります。自分の気持ちを優先してみてくださいね。


ママ友との人間関係に関する対処法3. 一人で行動する勇気を持つ

ママ友は、共感できる大切な友達でもあります。しかし、学校行事などいつでも一緒に行動するのは、気疲れしませんか。

学校行事や習い事などは我が子の大事な予定であり、ママ友との予定ではありませんよね。不安に感じる人もいますが、一人で行動する勇気を持ちましょう。

自分自身も気持ちが軽くなりなすし、親が一人で行動する姿は、子供にも自分の意志で行動する強さが身につくものです。


人間関係に疲れたら、まずは一人になって自分の時間を大切にしてみよう。

様々なケース毎に人間関係の疲れの対処法を紹介してきました。

苦手な人との関わりは辛い時もあり悩みも多いですが、距離を置いたり、一人の時間をつくることで、ストレスが軽減して無理をしない自分になれます。

疲れた心が軽くなり笑顔が増えるよう、少しずつでいいので参考にして、自分らしく過ごしてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事