簡単に早く寝る方法とは?睡眠の質を高めて“熟睡するコツ”を解説

早く寝る方法を知りたい方へ。今記事では、今よりも早寝するコツや方法から、早く寝るメリットや睡眠の質を高める方法まで詳しくご紹介します。早寝早起きを習慣化すれば、きっと朝の時間も効果的に使えるはず。規則正しい生活を送りたい方は、ぜひ参考にしてみてください!
SaoRi0

2019.04.15

LINE はてなブックマーク
お気に入り

早く寝る方法を知りたい人必見!

早く寝る方法

早く寝たいのに眠れない時って誰にでもありますよね。寝るのが遅くなると朝も弱くなってしまうでしょう。

そこで、今回の記事では、早く寝るためのコツや方法を詳しくご紹介します。さらに、早寝することで得られるメリットについても解説するので、睡眠不足で悩んでいる人は必見ですよ。

今よりも早く寝て生活の質を上げたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


簡単に実践できる!いつもより早く寝るコツや方法とは

いつもより早く寝たいと思っていても、具体的に何をしたら良いか分からないものです。ここでは、簡単に取り組める早寝するためのポイントを8つにまとめてご紹介します。普段の生活の中で実践できるものばかりなので、日頃から意識してみてくださいね。


早く寝る方法1. お風呂や食事を済ませて、素早く布団に入る癖をつける

眠くなくても、布団に入っていたら、いつの間にか寝てしまったという経験ってありますよね。

布団に入ることで、体は自然と寝るための準備を整えてくれるものです。そのため、夜になったらとにかく早く布団に入って、すぐ寝る習慣を持つのが重要です。

寝る体制が早く整えば、自然と就寝時間は早くなります。そのためには、晩御飯やお風呂など夜のスケジュールを早く終えることが大切でしょう。


早く寝る方法2. スマホをいじるのは◯分など、時間を区切る

夜に長々とスマホをいじってしまうのは、寝るのが遅い人の特徴です。

スマホでSNSやゲームに夢中になると、あっという間に時間が経ち、気がついたら真夜中ということも。最近の学生は、Twitterをずっと見ていて寝不足になる人もいるようです。

ついやり過ぎて睡眠不足になってしまう事は誰にでもありますが、それを防ぐ方法は、「何分までやる」と、事前に終わりの時間を決めておくことが大切です。

夜のスケジュール管理は早く寝るためには欠かせませんよ。


早く寝る方法3. 家事や趣味は早起きして、朝にこなす習慣をつける

早寝な人はやるべきことや好きなことを、夜ではなく朝にやる特徴があります。朝のほうが集中できるだけでなく、自然と早く寝る習慣も身に付くと知っているからです。

寝るのが遅くなりがちな人は、家事や趣味などを朝にやると決めてみてください。早く起きる動機があれば、必然的に早く寝ることを意識するようになりますよ。


早く寝る方法4. 日中に運動や筋トレを行い、体力を消費しておく

人間は体力を消耗すると、自然と睡眠を欲するようになります。それは、寝ることによって、疲労を回復しようとする体のメカニズムのせいです。

ですから、昼間に適度な運動でエネルギーを消費させておくことは、夜早く寝るために有効な方法です。

ただし、寝る前に激しいトレーニングをすると、体温が上がってしまい、逆に眠れなくなってしまうので、あくまでも日中に行うよう、注意が必要ですよ。


早く寝る方法5. 夜は部屋の照明を暗くする

映画館やコンサートホールなどで寝てしまう人っていますよね。なぜなら、暗いところでは、自然と眠たくなるようにできているから。

したがって、夜になったら、できるだけ部屋の明かりを暗くするのが早く寝るために効果的です。

ただ、暗すぎると生活に支障があるため、白色灯から暖色灯にするなど、寝る前に適した明るさの照明に変えると良いでしょう。


早く寝る方法6. ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる

熱いお風呂に入ると、目が覚めてしまってすぐ寝ることができなくなります。体温が上がり過ぎることで、運動したのと同じ状態になってしまうため、睡眠には逆効果です。

早く寝るためには、40度前後の少しぬるいと感じる程度のお湯に浸かることがポイント。ゆっくりとリラックスして入ることで睡眠しやすい状態に体を持っていくことができますよ。


早く寝る方法7. お風呂上がりはストレッチをして体をほぐす

マッサージをしてもらっている時には、ついウトウトとしてしまうものです。人は体がほぐれてリラックスすると自然と眠くなります。

ストレッチなら一人で体をほぐせるので、睡眠前におすすめ。お風呂上がりにすれば相乗効果でより早く眠れるはず。

また、リラックスした状態で寝ることは快眠につながるので、ぜひ生活の中にストレッチを取り入れましょう。


早く寝る方法8. 寝る前はテレビやスマホの画面は見ない

せっかく寝る準備が万全なのに、布団に入るとついついテレビやスマホを見てしまう人っていますよね。ディスプレイから発せられるブルーライトはとても強い光なので、眠気を覚ましてしまいます。そのため、睡眠前にブルーライトを極力見るべきではありません。

布団に入ったら、テレビのリモコンやスマホに手を伸ばさず、電気を消して、すぐ寝る習慣をつけることが重要です。


早く寝る習慣を身につけるメリットとは

早く寝ることは何となく良いイメージがありますが、早寝すると具体的にどんな良い面があるのでしょうか。この記事では、早く寝る習慣を身につけて得られるメリットを3つ解説していきます。メリットを理解して、睡眠習慣の改善に取り組みましょう。


メリット1. 早起きした分、朝の時間を効果的に活用できる

夜早く寝るようになると、自然と朝早く起きられるようになりますよね。朝の時間が増えて、できることも増えるのは大きなメリットです。

早朝から仕事先や友人の連絡が来る事はまずありません。そのため、自分のことだけに集中して1日のスケジュール設定や情報収集、勉強などに取り組むことができます。

朝のスタートが良いと、1日の生産性も向上するものですよ。


メリット2. 睡眠不足が解消される

睡眠不足は遅寝の人の特徴です。寝るのが遅いからといって、朝ゆっくり起きて遅刻するわけにはいきませんので睡眠時間は短くなります。

寝るのが遅い人は、早く寝る習慣がつくだけで簡単に寝不足を改善できるでしょう。

「いつも寝たりないな」と思っているなら、寝る時間を少しずつ早くしてみてください。きっと早寝のメリットを簡単に感じるはずです。


メリット3. 習慣化することで、規則正しい生活リズムになる

夜の過ごし方に計画性が無いことが、遅寝になってしまう原因。早く寝ることを習慣にすると、お風呂や食事の時間などを寝る時間から逆算してスケジューリングしなければいけません。

ですから、早寝を実践すれば、自然と普段の行動から計画的になり、生活にリズムが生まれます。寝るのが遅い人が早寝になれば、日々の生活が規則正しくなるというメリットも得られるでしょう。


早く寝るだけじゃない!睡眠の質を高める方法とは

早く寝て睡眠時間をたくさん取っても、眠りの質が悪ければ快適な睡眠とは言えませんよね。

ぐっすりと深い睡眠につくために、実践すると良い快眠法5つを詳しくご紹介します。眠りが浅くて困っている方は必見です。


快眠法1. お風呂にゆっくり浸かって体を癒やす

頭や体が緊張していると、なかなか眠れなかったり、すぐに目が覚めたりしてしまうもの。深い眠りにつくためには、リラックスした状態を作ることが重要です。

体の疲れをとって、緊張をほぐすなら、ゆっくりとお風呂に入るのが簡単で効果的な方法でしょう。お湯の温度は熱過ぎると、目が覚めてしまうので、ぬるめに設定することがポイントですよ。


快眠法2. 枕やマットレスなど、自分の体に合う寝具を選ぶ

枕の高さが気になったり、マットレスの硬さが合わなかったりすると寝付けませんよね。自分の体にフィットしない寝具を使うと、違和感や体の痛みで目が覚めることもあります。

ですから快眠のために、寝ていて心地良いと思う寝具一式を揃えることが重要です。迷う人は、体圧を測って最適な寝具を選んでくれる専門店のサービスもありますので、ぜひ利用してみてくださいね。


快眠法3. アロマを焚いたり、ヒーリング音楽を聴いたりしてリラックスする

良い香りを嗅いだり、癒しの音楽を聴いたりすると、穏やかな気分になる人も多いはず。質の良い深い眠りを得るためには、入眠の前にリラックスしていることが重要です。

自分の好きなアロマを焚くことやお気に入りのヒーリングミュージックを聴くことは、高いリラクゼーション効果がありますよ。簡単で取り組みやすい快眠法としておすすめです。


快眠法4. 晩ご飯は布団に入る3時間前には済ませておく

食後すぐに寝ようとしても、なかなか寝付けません。それは、食べ物を消化するために、食後3時間程度は内臓が活発に動いた状態になっているから。

ぐっすり眠るためには、内臓も落ち着いた状態である必要があります。そのためには、夕食は就寝の3時間前には終えておくように注意しましょう。

具体的な方法としては、寝る時間を先に決め、そこから逆算して食事の時間を決めるのがベスト。


快眠法5. 最高の寝室環境を整える

暑かったり、ジメジメしていたりすると寝苦しいですよね。寝具だけでなく、寝室の室温や湿度も睡眠の質に大きな影響があります。

人が快適に寝るには、夏は25℃~27℃、冬は18℃~23℃、湿度は50%~60%が好ましいと言われています。

エアコンや湿度調整器などを使用すれば、簡単に睡眠に最適な環境を整えることができますので、ぜひ実践してみてください。


早く寝る習慣を付けて、規則正しい生活を送りましょう。

早く寝ることは、有効に使える時間を増やし、規則正しい生活習慣が身につくなど良いこと尽くしだとわかりました。

「本当に早く寝られるかな?」と不安を持っている方もいるかもしれませんが、本記事で紹介した早く寝る方法や快眠法を実践することで少しずつ睡眠の量と質を高めていくことができます。この機会に、睡眠改善にチャレンジしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事