カップルの喧嘩の原因|仲直りの方法&円満な関係に戻す喧嘩後の約束とは

大好きな彼氏・彼女と喧嘩をすると悲しい気持ちになりますよね。今記事では、カップルの喧嘩の原因を男女別で解説すると共に、喧嘩が多くなりがちな時期について紹介していきます。また、苦しい喧嘩を終えるおすすめの仲直り方法もレクチャーしますので、参考にしてみてくださいね。

カップルで喧嘩をしてしまった方へ。

カップルの喧嘩の原因

どんなに仲良しなカップルであっても、ちょっとした事が原因で喧嘩してしまうこともありますよね。

早く仲直りしたいのに中々素直になれない、そんな方も多いのではないでしょうか。

この記事では「喧嘩をしないようにする方法」、そして喧嘩した場合に「スムーズに仲直りする方法」をご紹介します。

初めての喧嘩で戸惑っている方、最近喧嘩が増えたなぁと思っている方、どんなカップルにも役立つ内容なので参考にしていきましょう。


【男女別】カップルが喧嘩する主な原因とは

男女の付き合いにおいて「喧嘩を一切しないようにする」というのは難しいですが、日頃から気をつけることで喧嘩の原因を減らすことはできます。

ここでは、男女別に分けて、喧嘩に繋がりそうな事柄をピックアップしていきます。内容によっては、ちょっとした気遣いで喧嘩を防げることもありますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。


男性が彼女と喧嘩する主な原因

女性には理解しづらい部分もある男心。彼女が気付かないうちに、彼氏がストレスを溜めていたり、傷付いていたりすることもあります。

ここでは、喧嘩に繋がりそうな3つのシチュエーションを例に、仲良しカップルでいるための彼氏との付き合い方をご紹介します。


原因1. 彼女からの束縛が激しい

いくら大好きな相手でも、過度な束縛は非常にストレスになってしまいます。例えば、学校や職場では女性と関わらなければならないシーンが多いですが、そのたびに嫉妬して責めたり、男友達と遊ぶだけでヤキモチを焼いたり。

そういった束縛のストレスは、男性の心を少しずつ疲れさせてしまい、いつか爆発して大喧嘩に発展してしまうことがあります。束縛が原因で別れてしまうカップルも少なくありません。

最近、彼氏が溜息をつくことが増えたと感じる場合は要注意です。過度な束縛は良い結果を生みませんので、束縛彼女にならないよう気をつけましょう。

【参考記事】はこちら▽


原因2. 彼女のわがままの度が過ぎる

男女関わらず、恋人の過度なわがままが原因で喧嘩になり、別れてしまうカップルもいます。女性のワガママの内容によっては、彼氏に「可愛い」と思われるなどプラスに働くこともありますが、ちょうどいいワガママは難しいものです。

デート中、いきなり不機嫌になって「もう帰る!」と言い出すようなわがままは、喧嘩の原因になります。一緒にいてストレスを感じるわがままは、男性が嫌になってしまう原因ですよ。


原因3. 彼氏が抱えているコンプレックスを馬鹿にした

彼女からみると「気にすることないのに」と思ってしまう彼氏のコンプレックス。しかし、本人にとっては長年苦しめられてきた重要な問題かもしれません。

悪意が無かったとしても相手の自尊心を傷付けてしまう事があるので、コンプレックスをむやみにからかったり、話題にしたりすることは避けたほうが無難です。

カップルになって他の人より距離が近付いた分、親しき仲にも礼儀ありの精神を忘れないようにして喧嘩にならないようなスキンシップを図ることが大切です。


女性が彼氏と喧嘩する主な原因

彼氏が彼女の気持ちを汲み取っていないことで、喧嘩に発展し別れるカップルも多く居ます。自然体の自分で彼女と付き合うのもいいですが、付き合いは相手あってのことなので相手に合わせることも大切です。

ここでは、彼女との喧嘩の原因になりうる3つのシチュエーションをご紹介します。


原因1. 彼氏の浮気

当たり前の話ですが、カップルとして付き合っていく上で絶対にNGなのが浮気。浮気は、喧嘩の原因どころか即刻別れに繋がってしまう可能性がある罪深い行為です。

浮気をしていたとして、それが彼女にバレた場合は素直に謝るしか許してもらう方法はありません。しかし、その場で許してもらえても、彼女の怒りは尾を引いて喧嘩が長引いてしまうことも。

【参考記事】はこちら▽


原因2. 彼氏が全く連絡をしてこない

昔から連絡不精の男性は多いものですが、今の時代はLINEなど手軽に連絡するツールがあります。彼氏の方は「週に1回は会ってるんだから、こまめに連絡を取り合わなくても…」と思っている場合でも、彼女の方は寂しく思ってるかも

女性は、彼氏からの連絡が極端に少ないと「自分よりも他の何かを優先している」「大切にされていない」と思い込み、不機嫌になってしまうことがあります。

心地良い連絡の頻度は人によって異なりますが、出来るだけ相手に合わせた頻度でコミュニケーションをとることで心の隙間を埋め、喧嘩にならないように心がけましょう。

【参考記事】はこちら▽


原因3. 彼氏が他の女性と仲良くしていたことによる嫉妬

学校や会社など、彼女がいる男性が女性と触れ合う機会は少なくありません。社会生活において必要最低限の付き合いは必要です。

しかし、出来るだけ彼女の前で他の女性とLINEや電話をするなどの行為は控えるようにしましょう。

彼氏にその気が無かったとしても彼女としては気になるものです。口には出さなくても彼女の中にストレスが溜まり、後々喧嘩に発展することも考えられますので、マナーとしてそういった行為は控えるようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


カップルの喧嘩が多い時期っていつ?

喧嘩が増える時期として多いのが倦怠期。付き合い始めのドキドキワクワク期間が終わり、相手に慣れてきた頃に訪れます。

三ヶ月目、半年目、一年目など倦怠期が訪れる時期はカップルによって異なりますが、それまで楽しかった分、相手の嫌なところが目に付き、喧嘩に発展することが多くなります。「最近喧嘩が増えた」と思っている場合、それは倦怠期に突入している事が原因かも。

また、仕事が忙しくて連絡が少なくなったり、恋愛以外のことに精一杯で相手の気持ちに寄り添えない時期なども喧嘩が起こりやすいです。


喧嘩の頻度が多いカップルはすぐに別れる?

「喧嘩するほど仲が良い」という言葉がありますが、これはケースバイケースです。例えば、会話すら無いほどに冷めきった関係であれば、喧嘩する方がマシかもしれません。

しかし、価値観が合わず互いの行動にイライラしっぱなしで、喧嘩ばかりという場合は別れる可能性も高いでしょう。

喧嘩をしたとしても、お互いが歩み寄り、妥協し合うことで喧嘩の原因を改善することの出来るカップルであれば付き合いは継続していけます。

イライラすることが増えたと感じる場合は、改善できる問題であるかを考えてみましょう。


絶対にダメ!喧嘩中に別れる可能性を高める言っちゃいけない言葉

喧嘩中はどうしても感情的になってしまいがちです。しかし、喧嘩中に言ってしまった一言で相手を深く傷つけ、喧嘩後も関係がギクシャクしてしまい、別れに繋がってしまうことも。

ここでは、喧嘩中に言うべきではない言葉をピックアップします。どれも別れに直結してしまう可能性のある言葉なので、感情的になったとしても言わないように心がけましょう。


言葉1. 「喧嘩ばかりだし付き合っていても意味がない」

男女の交際は、お互いの思いで成立している関係です。「付き合ってる意味がない」と告げるのは一方的に相手の思いを踏みにじる事になります。

また、言われた方は「相手は本心で言っているわけじゃない」とわかっていても、意地や勢いで「そうだね」と答えてしまうことがあります。

こうなると後戻りしづらく、本来はカップルによくある小さな喧嘩だったはずなのに、そのまま別れに繋がってしまう事になりかねません。


言葉2. 「価値観合わないね」

長く付き合っていると、自分の考えが相手に伝わらずイライラしたり、期待していたものと真逆の返答が返ってきた時に「価値観が合わない」と失望してしまう事があります。

しかし、自分にない価値観を持っている相手だからこそ好きになったというケースもあると思いますので、言葉に出す前に、価値観のズレが自分にとって本当にネガティブなものなのかを考えてみましょう。

どうしても譲れない部分でズレてることが増えたと感じた時、別れを考え始めても遅くはありません。


言葉3. 「嫌いなの?」

喧嘩している最中という前提が無かったとしても「嫌いなの?」と試すような質問をされるのは心地よいものではありません。それが喧嘩中ともなると、余計に重い言葉としてのしかかります。

喧嘩中に「嫌いじゃない」と答えるのは難しいし、無言になるか、最悪「そうだよ」と答えてしまう可能性も。わざわざネガティブな反応に繋がりそうな質問をするのはやめましょう。


言葉4. 「浮気でしょ!」

「最近連絡が少ない」

「態度が冷たい…」

そういった恋人への不満が募っていた場合に「他に相手がいるのかも」と疑ってしまうことがあります。しかし、それはこちらの一方的な思い込みの可能性も。

例えば、相手は仕事の事で悩んでいて、明るい気持ちで接することができない状況かもしれません。そんな時に喧嘩になり、さらに浮気を疑われたりすると「自分の事をわかってくれていない」「信用されていない」と二重でショックを受けてしまいます。

不安になる気持ちもあるとは思いますが、一度落ち着いて話をすることが大切です。


喧嘩の後は仲直り!上手に仲直りして関係を戻す方法

喧嘩をした時、双方が意地を張っているとギクシャクした関係が長引いてしまい結果的に別れに繋がってしまうことも。付き合っていく上で喧嘩をしてしまう事は仕方のないですが、喧嘩をした際は早目に気持ちを切り替えて仲直り出来るように努力することが大切です。


【男女共通】上手に仲直りする方法

仲直りの基本は謝ることですが、素直に謝るだけが方法ではありません。喧嘩の原因や相手の怒り方にあわせて謝り方を考えましょう。言い回し一つで人の気持ちは変わるものです。

ここでは、相手に許すキッカケを作ってもらう為の謝り方をご紹介します。


方法1. 素直に「ごめんね」と謝る

仲直りの方法として最もシンプルな方法が「ごめんね」 と素直に謝ることです。謝ると一言にいっても様々な謝り方があります。深く頭を下げて、姿勢で謝罪の気持ちを示す方法、「今回は自分が○○したことで傷付けてしまってごめんね」と何について謝っているかを明確に示す方法など。

例えばちょっとした事で相手が感情的になっているだけの場合は前者、理由説明が必要な場合は後者など、喧嘩の内容によって適した謝り方をするようにしましょう。


方法2. 自分の非を認めて、改善する意思を伝える

喧嘩をした時、お互いが自分の意見を主張しあっていてはいつまでも解決しません。まずは、相手の悪かった点ではなく自分の悪かった点を探してみましょう

自分の悪かった点が見つかったら、素直に自分が悪かったと認め、これから改善していく意志を伝えましょう。

しかし、その後全く改善しない場合は「直すって言ったのに…」と前以上に反感を買うことになるので、口だけでなくちゃんと改善するための努力をすることが大切です。


方法3. 「喧嘩は嫌だけど、本音で話してくれてありがとう」と感謝する

喧嘩になるには何かしら理由があるはずです。理由次第になりますが、相手の指摘が自分自身の悪いところを見つめ直すきっかけになることもあります。

喧嘩中の相手の指摘は二人の今後の関係を良くしていくために、言いたくない事を言ってくれているともとれますので、こちらも謝る際には「ごめんね」と一緒に、指摘してくれた事への感謝の気持ちを伝えましょう。

喧嘩中とはいえ、好きな相手の悪いところを正直に指摘するのは、謝罪以上に勇気がいるものですからね。

【参考記事】はこちら▽


男性ならでは!彼女と仲直りする方法

女性は少なからず男性に頼りがいを求めるものです。喧嘩した時は男性の方から積極的に関係の修復を図り、一刻も早くギクシャクした関係を改善しましょう。

ここでは、仲直りのキッカケになる謝罪方法をいくつかご紹介します。


方法1. 謝罪とともに愛情も伝える

「彼氏の愛情を確かめたい」そんな気持ちが嫉妬やイライラに繋がり、喧嘩の原因になることがあります。また、喧嘩をすることで相手の気持ちを確認しようとする女性もいます。

こういった女性の気持ちをフォローする意味でも、喧嘩の際は謝罪と一緒に愛情を伝えましょう。ちょっとした怒りであれば「好きだよ」の言葉一つで気持ちが落ち着く女性も少なくありません。


方法2. お詫びの手紙を書いてみる

相手に謝罪の言葉を伝える方法はいくつかりますが、その中でも手紙は有効な手段といえます。執筆しながら考える事が出来るので、口下手な場合でも自分の気持ちを余すことなく伝えることができます

また、手書きの文字はLINEなどの文面と比べて温かみがありますので、彼女の気持ちを落ち着かせてくれる効果も期待できます。

最近では手紙のやりとりをすることはほとんど無く、口頭やLINEと比べると特別感がありますので、「あなたのことが大切だよ」と伝える手段としてはうってつけですね。


方法3. 自分が原因の場合、プレゼントをきっかけに謝る

喧嘩の原因が自分にあるとわかっていても、中々素直に謝れない時もあります。そんな時はプレゼントをキッカケにして謝ってみるのもおすすめです。

プレゼントといってもジュエリーやブランドバッグなど高価な物である必要はなく、例えば彼女の好きなお菓子やちょっとした日用品でも。プレゼントと一緒に謝ることで彼女に謝罪の気持ちを伝え、許してもらえるキッカケ作りをしましょう。


方法4. 彼女が原因の場合、自分の責任として謝る

明らかに彼女が原因の喧嘩であっても、その後大きな問題に発展しそうにない問題であれば、相手の落ち度を責めずに自分も悪かったという謝罪で喧嘩を収めましょう。

喧嘩はコミュニケーションの一つで、どちらが悪かったのかを決めるものではありません。自分が妥協できる時は、積極的に妥協していく譲り合いの気持ちが円満な関係に繋がります

【参考記事】はこちら▽


女性ならでは!彼氏と仲直りする方法

喧嘩の際に女性から仲直りを持ちかける場合は、少し甘えてみるといいかもしれません。男性は女性に甘えられると、少し心が和むものです。

もちろん甘えるだけではなく、心を込めた謝罪と合わせることがポイント。ここでは、女性ならではの仲直り方法をご紹介します。


方法1. 謝罪した後に後ろから抱きしめる

「許してほしいけど謝罪の気持ちを上手に伝えることが出来ない。」そんな時は出来る範囲で謝罪の言葉を伝えた後に、彼氏を後ろから抱きしめましょう。言葉だけでは伝わらない気持ちをハグという愛情表現で補う形です。

また、彼氏が怒っている場合に気持ちを落ち着かせる効果も期待できます。言葉だけで伝えられない事は別の愛情表現に置き換えるといいですね。

【参考記事】はこちら▽


方法2. 可愛い謝罪のLINEスタンプを送ってから謝る

彼氏と喧嘩した後ギクシャクしたまま、気まずいからといって何もアクションを起こさなかった場合、別れという最悪な結末を迎える可能性があります。

そんな時は、謝罪の意志が伝わるようなLINEスタンプを送って謝罪のキッカケを作りをしましょう。煽るようなものでなく、可愛らしいスタンプが好ましいですね。

もちろんスタンプだけでなく、スタンプの後すぐに謝罪の言葉を添えて、仲直りしたい気持ちを伝える事が大切です。


方法3. 自分が原因の場合、「頼りになるからつい無理なことを言った」と彼氏を立てること

男性の多くは「頼りになる男」でありたいと思っているもの。そんな男性心理を考慮して、自分が原因の喧嘩の際は謝罪と共に「あなたが頼りになるから甘えてしまった」と伝えてみましょう。

どんな喧嘩であっても、自分がキッカケの場合は何かしらの形で相手に対する「甘え」が出てしまっているものです。

甘えていた部分を素直に謝罪することで、結果的に彼氏を立てることにも繋がります


方法4. 彼氏が原因の場合、条件付きで許す

喧嘩の原因が彼氏である場合、謝っている彼氏を責め続けてもお互いに疲れてしまいます。そんな時はハードルが高すぎない「条件」をつけることで許すキッカケを作りましょう

例えば「○○に連れて行ってほしい」など、具体的な条件を提示して実行してもらうことで、お互いに気持ちをリセットして仲直りすることが出来ます。

【参考記事】はこちら▽


円満の秘訣!喧嘩しても仲が良いラブラブカップルの喧嘩のお約束

世の中には、よく喧嘩をしているのに仲良しなカップルが居ます。彼らの多くは、尾を引かないように喧嘩して、仲直りのキッカケも用意しています。

ここからは、喧嘩はよくするけどラブラブなカップルの喧嘩方法と仲直り方法をご紹介します。


お約束1. 感情に任せて「別れる!」とは言わない

喧嘩をしている時はどうしても感情的になってしまいがち。しかし、喧嘩して怒っているからといって相手と別れたいとまで思う方は少ないはず。

感情的になっているからといって、そうなってほしくない事を言うべきではありません。「別れる!」と言って本当に別れることになった場合、どれだけ後悔するかを念頭に置いておきましょう。


お約束2. 相手を一方的に責めるようなことは言わない

いくら相手が悪いと思っていても、相手を一方的に責めるような喧嘩はやめましょう。一方的に責められると相手も素直に謝れなくなり、喧嘩が泥沼化してしまう可能性があります。

また、本当に相手だけが悪いのかは、相手の立場になってみないとわからないものです。冷静になってみると「自分も悪いところがあったな」と気付くことも。


お約束3. 喧嘩したら喧嘩したその日で解決する

喧嘩して頭の中が怒りでいっぱいの時は冷静になる為の時間を設けたほうが良いですが、そこまで多くの時間は必要ないはずです。どんなに長くても1日以内に仲直りする為のアクションを起こしましょう。

数日間も喧嘩した状態が続くとお互いに謝るキッカケを見失い、そのまま恋心が冷めてしまうこともあります。大切な関係なら、少しでも早く仲直りしましょう


お約束4. 過去の喧嘩内容をぶり返さない

どんな喧嘩であってもNGなのが「過去のことで責める」という行為です。過去のことを今さら言っても改善しようがないし、言った方もスッキリすることは絶対にありません。

思い出して言葉にすることで、怒りや悲しみを思い出してしまうこともあります。過去の喧嘩話は百害あって一利なしなので、絶対にしないようにしましょう。


お約束5. 仲直りしたいサインを行動で決めておく

喧嘩が起こってしまう前に、カップル間のルールとして「ケンカした時は○○する」と仲直りのサインを決めておきましょう。例えば「コーヒーを注ぐ」や「黙って抱きしめる」など、方法は様々。

どうすれば気が収まるか、二人にはどういった形があっているかを話し合っておきましょう。二人で一緒に決めたサインを思い出すだけで少し優しい気持ちになれますよ


お約束6. お互いの妥協点を話し合う

喧嘩の内容が何であっても、お互いが妥協して譲り合わない限り、円満な解決は望めません。意地を張って妥協することが出来ない時は、相手がどれだけ大切な人なのかを思い返してみて下さい。

相手を失う事に比べると、自分の張ってる意地なんてとてもちっぽけな事に思えますよ。


お約束7. 喧嘩の原因が一方にあった場合は、ご飯を奢る

自らが喧嘩の原因を作ったとわかっている場合は、潔く謝って相手にご飯でも奢りましょう。原因を作った方がご飯を奢る、こうやって決めておくと仲直りのキッカケ作りもしやすくなるはずです。

例えば、喧嘩して反省はしているけど言い出しにくい時に「明日、○○を奢るよ」とLINEすれば、相手も素直に返信しやすくなります。簡単に仲直り出来るきっかけを二人で用意しておくことで、喧嘩の内容に関わらず関係を修復しやすくなります。


カップルで喧嘩した時は、早めに仲直りしましょう。

いつでもラブラブのカップルで居るというのは簡単な事ではありません。頻繁に喧嘩してしまうカップルも多いでしょう。

「こんなに喧嘩ばかりで大丈夫かな?」そんな不安を抱えている方は、ぜひ今回の記事を参考にして3つのポイントを押さえて下さいね。

「喧嘩の原因を作らない」「謝り方を考える」「仲直りのキッカケを作る」この3つを意識していれば、喧嘩の頻度は減り、喧嘩をしたとしてもすぐに仲直り出来る関係が築けるはずです。

二人で協力してラブラブカップルを目指してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事