愛妻家になる夫の9つの特徴|妻を一生大事にする男性を育てる方法とは?

街中やテレビで、奥さんを大事にしている旦那さんを見ると、憧れますよね。この記事では、奥さんを大事にする男性の特徴や見分け方から、愛妻家に育てるコツを詳しく解説します!

そもそも「愛妻家」の意味とは?具体的な特徴は何?

愛妻家とは?

幸せな結婚生活を夢見る女性にとって、夫となる人が『愛妻家』かどうかが気になりますよね。

一般的に愛妻家とは、奥さんを何より大事にしていて、何年経っても愛が冷めない男性のことです。

ポイントは、時間が経過しても奥さんのことを大切にしているかどうか。

例えば、いつまでも新婚当初のような気配りをしてくれる男性などが愛妻家に当てはまります。

ここからは、具体的な愛妻家の特徴を紹介していくので、どんな夫が愛妻家に該当するのか確かめていきましょう。


特徴1. 育児と家事を積極的に行う

愛妻家の男性は、忙しい妻の姿を見るとできるだけ妻の役に立ちたいと思うことから、積極的に育児や家事をやってくれる傾向があります。

「今日は早く帰れたから子供と一緒にお風呂に入るね。」

など、何気ない時にも育児や家事を率先してくれるので、育児や家事へのストレスを感じにくくなり、

「この人と一緒になってよかったなぁ」という気持ちにさせてくれますよ。


特徴2. 奥さんを大切にしている

愛妻家は、どんな女性よりも奥さんのことが好きで大事にしたいという気持ちがあるため、何よりも奥さんを大切にしてくれます。

妻の話に耳を傾けてくれたり、「いつもありがとう」と労いの言葉をかけてくれたりと、

日常の些細な言動から妻ファーストなことが分かる旦那ほど愛妻家といえるでしょう。

中には、記念日ではないのにプレゼントを贈ってくれる旦那もおり、何気ない行動から大切にされているんだと実感できますよ。


特徴3. 家族との時間を大事にしている

「愛妻家」とは家族との時間を大切にしている

愛妻家の旦那は、家族と過ごすことに楽しさや落ち着きを感じていることが多いため、妻だけでなく子供との時間も大事にしてくれるという特徴も。

例えば、平日でも飲み会などに行かずにすぐに帰ってきたり、休日は一緒に出かけたりするなど、なるべく長く家族と過ごす時間を確保してくれます。

また、子供のことについても真剣に考えてくれるので、子育てでの不安も感じにくくなるでしょう。


愛妻家になる素質がある男性の9つの特徴|結婚前に見分ける方法とは?

愛妻家になる素質がある男性の特徴

「結婚を考えている彼氏が愛妻家になるか知りたい!」

「愛妻家になりそうな彼氏を見つけたい。」

愛妻家の夫を理想に抱く一方、結婚してみないと愛妻家かどうかは分かりませんよね。

でも、実は事前に愛妻家かどうかチェックするポイントがあるのです。

そこで、付き合っている時から愛妻家になる素質があるかどうか見分けるための男性の特徴を解説していきます。

幸せな過程を築くためにもしっかり参考にしてくださいね。


特徴1. 紳士的で、レディーファーストが染み付いている

昔ながらの亭主関白な考えよりも、普段から女性を大切にする行動ができる男性ほど愛妻家の素質があります。

さり気なく女性を手伝うなど、レディファーストな行動が身についているからこそ、結婚しても妻のことを大切にしてくれる愛妻家になってくれる可能性が高いのです。

具体的には、生理などで辛い時に、「気分が悪そうだから無理に出かけなくていいよ。」などの気遣いのある対応をしてくれる男性が、愛妻家になってくれますよ。


特徴2. 女性を尊重した家庭像を持っている

結婚生活は2人が対等な関係で作り上げるものという考えがあると、普段から女性の意見も尊重した行動ができます。

こうした男性は「女性は家庭に入るべき。」と、自分のことだけを一方的に叶えようとしないため、妻を大切にする愛妻家になる可能性がありますよ。

例えば、理想の家族像を聞いた時に、

「奥さんがやりたいことを全力で応援できる夫になりたい。」

のように応えられる男性は、愛妻家の素質がかなり高いと判断できるでしょう。


特徴3. 常に冷静で感情を表に出さない

愛妻家になる素質がある男性の特徴は常に冷静で感情を表に出さない

冷静な態度や感情が表に出ない男性は冷たい印象に見えますが、自分の信念を貫く男性の特徴ともいえます。

「妻がいるから他の女性に興味がない。」
「妻を絶対に失いたくない。」

という気持ちを強く持っており、不倫やDVなどといった裏切るような行為もしないでしょう。

そのため、自分が困っている時などに冷静に助けてくれる彼氏は、愛妻家になると考えてOKですよ。


特徴4. 二人の記念日を大切にしている

付き合っていた記念日を大切にする彼氏は、彼女の喜ぶことをしたいという考えの持ち主

例えば、大切な日におしゃれなレストランを予約してくれたり、喜ぶ場所に連れて行ってくれたりする彼氏は、愛妻家になれる素質がありますよ。

付き合っている時からこうした行動ができる彼氏は、結婚後も同じようにしてくれるので、節目ごとに幸せを感じられるでしょう。


特徴5. 結婚する理由が誠実

愛妻家になる素質がある男性の特徴は結婚の理由が誠実

男性に結婚したい理由について訪ねた時に、「彼女が好きだから結婚したいと思うんだ。」と、誠実で打算的ではない理由を答えてくれる男性もいますよね。

こうした男性は、容姿やお金など、他の要素に関係なく女性を愛してくれるので、愛妻家になる素質があると判断できます。

また、答えが誠実な男性は2人の未来をしっかり見据えているため、女性を不幸にさせるようなことをしませんよ。


特徴6. 相手を尊重する姿勢がある

女性のことを下に見たり偉そうな態度をとったりのではなく、いつも女性のことを褒めてくれるような優しい男性もいますよね。

こうした男性は結婚後も女性の意見や行動を大切にしてくれるので、女性を尊重する男性ほど愛妻家の素質があるでしょう。

例えば、「自分にはできないからいつも助かる。」など、小さなことでもお礼を言ってくれる男性は愛妻家の素質がかなりありますよ。


特徴7. ミスを人や環境のせいにしない

ミスや失敗の原因は自分にあることを認め、自分に非がある時には彼女へすぐに謝れる男性は、妻に八つ当たりすることがなく愛妻家になる可能性が高いといえるでしょう。

「デートの時にいつも大変な思いをさせてごめんね。」と、自分の行動を反省しながら、女性を大切に扱ってくれるように努力してくれる男性は愛妻家になってくれますよ。


特徴8. 自分でも作るほどの料理好き

愛妻家になる素質がある男性の特徴は料理好き

レシピを考えたり作業したりと、料理は手間がかかる一方、食べる専門の男性にはその苦労はあまり伝わりません。

でも、自分でもよく料理をするような料理好きの男性なら料理の大変さを理解してくれるので、

「美味しい。」と言ってくれたり「ありがとう。」と労ってくれたりする優しい旦那になるでしょう。

また、結婚後は2人で料理の担当を交代できるので、気持ちだけでなく身体的にも楽になるメリットもありますよ。


特徴9. 穏やかで温厚な性格をしている

短気な人やせっかちな人は自分の思い通りにならないと、感情が高ぶりやすく怒鳴ることも多くなります。

反対に、普段から穏やかな人は自分がなにかミスをしても、「大丈夫だよ。」と優しく許してくれることが多く、もし怒られても攻めることがありません。

怒鳴り声などは家庭環境が悪くなる要因にもなるので、温厚な人ほど愛妻家になれる素質があるといえるでしょう。


愛妻家にならない男性の5つの特徴|結婚するか考えたほうがいい男性とは?

愛妻家にならない男性の特徴

「結婚したら彼氏の態度は変わるかな?」

「この人と結婚して大丈夫かな?」

付き合っている時の彼氏への不安が大きいほど、結婚後の生活への不安も大きくなってしまうもの。

そこで、ここでは愛妻家にならなそうな男性の特徴を解説していきます。

今の彼氏の特徴と比べながら結婚相手にふさわしいのかをしっかり見分けてくださいね。


特徴1. 責任感がなく、だらしない

時間や約束を守らないなど、基本的なことがきちんとできない責任感のない男性は、いざという時にも逃げてしまいことがあります。

「どっちでもいい。」「なんでもいい。」と投げやりな対応だけでなく、「代わりに決めて。」など頼られてしまうことも。

さらに、覚悟のないだらしない男性は結婚後もフラフラ遊びに行ったり浮気してしまう可能性が高く、愛妻家にはなれないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 家族とあまり仲が良くない

家族への接し方は、将来の自分の接し方に似る可能性が高いと言われていて、

家族に対してぞんざいな扱いをする男性は妻や子供のことも大事ににしてくれないかも。

そのため、家族と仲が良くない男性が愛妻家になる可能性は低いでしょう。

ただ、明確な理由があり家族仲が悪くなるケースもあるので、きちんと男性の話を聞いたうえで判断することも大切です。


特徴3. コミュニケーションを積極的にとってくれない

愛妻家にならない男性の特徴はコミュニケーションを積極的に取ってくれない

結婚して毎日一緒に生活するようになっても、コミュニケーションをとってお互いの気持ちを確かめ合うことはとても大切

そのため、あまりLINEをしてくれない、一緒に居ても喋ってくれないなど、コミュニケーションに消極的な安静は愛妻家とは遠い男性です。

また、コミュニケーション不足は気持ちのズレが起こりやすく、関係が壊れる要因となることもあり、妻を大事にしても長続きしないかもしれません。


特徴4. ソロキャンプが趣味

ソロキャンプは大自然の中で1人で優雅な時間を過ごせる趣味。

しかし、ソロキャンプは周りの人に気を使わなくて済む、きちんと1人の時間を確保できるなど、誰とも関わらない趣味でもあります。

そのため、ソロキャンプのような趣味が好きな人は、結婚後も1人の時間を大切にし、妻と一緒にいることを苦痛に感じやすく、愛妻家には向いてないでしょう。


特徴5. 女心を理解しようとしない

妻に無関心な男性は、日頃の会話や行動などによく表れます。

例えば、髪型やネイルを変えても気づいてくれない、体調が悪いことを察してくれないといったことは、妻への興味や関心の無さの表れ

つまり、女心を理解しない、理解しようとしない男性は妻を第一に優先することが少なく、愛妻家にならなさそうだと判断してOKです。


愛妻家な男性と結婚する3つのメリット|幸せな結婚ができるってホント?

愛妻家と結婚するメリット

ここまでの愛妻家の特徴から、妻や家族のことを大切にする姿が見られ、「結婚相手は愛妻家じゃないとだめ」と感じた人も多いですよね。

ここからは、愛妻家の男性と結婚するメリットをより具体的に解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


メリット1. 素敵な旦那との幸せな結婚生活が送れる

愛妻家に共通する特徴には、「妻を笑顔をにするための行動」が目立つことが挙げられます。

例えば、休日は家族のために率先して遠出したり、外食に連れて行ってくれたりと、嬉しい家族サービスを積極的にしてくれますよ。

そのため、家事や育児で疲れていても「私は愛されているな。」と感じることが多くなり、結婚生活の中の幸せ思い出がどんどん増えていきます。


メリット2. 自分の存在価値を感じられる

結婚すると毎日顔を合わせるよになり、2人で過ごす時間が特別ではなくなってしまうことも。

しかし、愛妻家の旦那は「ありがとう。」「お疲れ様。」などの言葉を、今までと同じようにたくさん伝えてくれます。

さらに、「好きだよ。」など、愛情を言葉や行動で伝えてくれるので、疲れていても嬉しい気分になるだけでなく、何年経っても女性としての自信や価値をきちんと感じられるのです。


メリット3. 離婚の確率が下がる

愛妻家と結婚するメリットは離婚の確立が下がる

愛妻家の旦那は妻の行動や言葉に寛容なことが多く、少しのわがままやミスでは喧嘩になりづらいのが特徴。

もし喧嘩になっても、仲直りに向けた行動に力を注ぐため、険悪なムードが長続きしません

そのため、結果をきっかけにお互いの考えや言い分を理解し合うことができ、離婚する確率が低いという嬉しいメリットもありますよ。


彼氏や旦那を今から愛妻家に育てる方法|大事にしてもらうコツとは?

男性を愛妻家に育てる方法

「愛妻家にならなさそうだけどこの人と結婚したいんだよね」

「彼氏は、本当に愛妻家の素質があるんだろうか?」

素質があるように見えても実際には愛妻家にならないこともある一方で、自分の行動次第で愛妻家へと育てていくいことも可能です。

そこで、好きな人を愛妻家にするためのコツを紹介していくので、できることから実践して愛される妻になりましょう。


方法1. 自分を磨いて惚れこませる

魅力が溢れる妻の場合、他の男性に取られる不安や心配から、優しくすることで自分への気持ちをつなげたいという気持ちになります。

そのため、より深く旦那を惚れさせるためにも、きちんと自分磨きを頑張りましょう。

例えば、ダイエットと肌ケアを同時に行うことで見た目を綺麗にすることで、男性からの気持ちをしっかり惹きつけられますよ。

ただ、自分が努力している分、男性に求めることが増えて「自分に釣り合わない。」と、相手を下に見ないように気をつけましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法2. アメとムチを使い分ける

男性は自分の意見を聞いてくれる女性ほど自分への愛情を感じやすい一方、どんなことも尊重していると要求がエスカレートしてしまいます。

そこで、普段は優しい対応をして、嫌なことや許せないことはきちんと断るようにしましょう。すると、自分が嫌われたと思い、償おうとして優しくなる傾向があります。

さらに、相手の意見を断った後は、今度は自分がわがままを言うなど少し相手を振り回すような行動をすることで、男性をより自分に夢中にさせられますよ。


方法3. 夫を心から大切にする

男性を愛妻家に育てる方法は夫を心から大切にする

人は相手からされたことを返したくなる心理があり、一方的にしてもらっている状況は不快に感じやすくなります。

この性質を活かして、「いつも仕事頑張ってくれてありがとう。」と日頃の感謝の気持ちを伝えるなど、

自分が夫を大切にして優しい態度をとることが愛妻家へと育てる近道。

また、きちんと夫への感謝や愛情を伝えることで、愛妻家になった夫の気持ちを持続しやすくなります。

自分が言われて嬉しいことを夫にも伝えるようにしてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


方法4. いつも笑顔でいることを心掛ける

妻が険しい顔をしたり暗い表情をしたりしていると、旦那は心当たりがなくても「自分が悪いことをしたんじゃないか」と不安になり気分が悪くなってしまいます。

すると、自宅に帰りたくない、妻以外の人と過ごしたいという気持ちから、愛妻家とは逆方向に進んでしまうことも。

そのため、なるべく笑顔で旦那を出迎えるように心がけることが、旦那を愛妻家に育てるコツの1つ。

また、いつも笑顔だからこそ妻の表情を曇らせたくないと感じ、今よりももっと愛してくれるでしょう。


方法5. 週に一度は夫の好きなメニューを作ってあげる

してくれたことを返したくなる特徴を活かすために、週に一度は夫の好きなメニューで日々の苦労をねぎらってあげましょう。

例えば、

  • いつもよりもビールをたくさん飲める
  • デリバリーメニューなども解禁する

など、スペシャルな食事を提供するのがおすすめ。

「自分も特別なもてなしをしてくれたから妻にもお返ししたい」という気持ちになり、

家事を手伝ってくれたりスイーツを買ってきてくれたりと、愛妻家な行動をとってくれるようになりますよ。


方法6. 友人の前などでは夫を立てる

男性を愛妻家に育てる方法は友人の前では夫を立てる

友人に身内のことを話す時にはつい下げるような言葉をかけてしまいがちですが、あえて夫を立てたり褒めたりすることで夫を嬉しい気持ちにさせることも効果的。

「休日は夫が家事を手伝ってくれて嬉しい。」など、人前でも何気ない日頃のことを褒めてくれると「良い妻を持った」と感じ、もっと大事にしたいと思ってくれるでしょう。

また、自分のことを日頃から見てくれていること自体も嬉しいポイント。

夫から愛されるだけでなく、自分も夫を愛して大切にするようにして、お互いに思いやりを持った関係を築きましょう。

【参考記事】はこちら▽


芸能界きっての愛妻家と言われる男性芸能人3選

愛妻家の芸能人

最後に、愛妻家として知られている男性芸能人を3名紹介します。

愛妻家といわれる所以や特徴などを取り上げていくので、愛妻家とはどういう旦那のことを指しているのか具体的なイメージをきちんと掴みましょう。

愛妻家の芸能人
  1. ヒロミさん
  2. 杉浦太陽さん
  3. DAIGOさん
タップすると移動します

愛妻家の芸能人1. ヒロミさん

松本伊代さんと結婚したヒロミさんは、やや強面の印象がある一方、バラエティ番組などではよく松本伊代さんの天然エピソードなどを披露しているのが印象的ですよね。

料理などが苦手な奥さんのことを攻めたり悪く言ったりすることがなく、むしろ楽しんでいたり自分から助けてあげたりしているため、その姿は理想の愛妻家そのものです。


愛妻家の芸能人2. 杉浦太陽さん

元モーニング娘。の辻希美さんと結婚した杉浦太陽さん。

夫婦で番組に出演していることも多く、育児への積極的に関わるエピソードなどからは愛妻家でありイクメンという、家庭的な旦那さんのイメージがありますよね。

また、奥さんのことを「愛している」とさっと言えるかっこよさもあり、本当に大切にしていることがわかります。


愛妻家の芸能人3. DAIGOさん

美男美女の夫婦として話題を集めた、女優の北川景子さんと嫌婚したDAIGOさん。

番組などのメディアでは夫婦間のエピソードなどを語ることは少ないのですが、

奥さんのことを話す時は、はにかんだり誇らしげだったりする表情をしており、愛情たっぷりな様子が分かります。

また、DAIGOさんはどんな時も優しい言葉をかけるため、家庭でも相手を思いやる会話をしているのだと想像できますよね。


愛妻家な男性との幸せな結婚生活を楽しもう!

将来愛妻家になる男性には元々素質のある人が多く、結婚前に愛妻家になりそうかを見分けることが必要。

ただ、コツを抑えることで愛妻家にならなそうな人も、愛妻家へと育てることができます。

愛妻家の旦那と幸せな過程を築くためにも、本記事で紹介した見分け方や育て方を参考にしてくださいね。

そして、いつまでも仲の良い夫婦を目指しましょう!


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事