性格が悪い人の特徴10選|顔からわかる見抜き方&付き合い方とは?

性格が悪い人っていませんか。周囲にいるとどう対処して良いか迷うことってありますよね。そこで今回は、性格が悪い人の態度や言動の特徴から、顔からわかる見分け方、なぜか周囲に好かれる理由や付き合い方まで大公開します!接し方に困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

性格が悪い人っていますよね。

性格が悪い人の特徴10選

性格が悪い人ってどこにでも存在しますよね。それは日常場面にとどまらず、職場にいることも。生きていくうえで避けることができない時もあるはずです。

そんな時に、性格の悪い人と上手に付き合っていく方法を知っていれば、ストレスなく過ごすことができます。

今回は、性格の悪い人の特徴だけでなく、見抜く方法から上手いやり過ごし方などを紹介していきます。


性格が悪い人の10個の特徴

まずは性格が悪い人ってどんな人のことを指すのか確認しておきましょう。

性格が悪いといっても、様々なパターンが存在します。

自分自身はもやっとしていたけど、確信が持てなかったという人も、ここではっきりと把握しておきましょう。


性格が悪い人の「態度」の3個の特徴

初めに、性格が悪い人の日常生活へ着目してみましょう。

性格が悪い人は、本人でも気づかないうちに、ついつい態度に出てしまっているものです。

案外わかりやすいものなので、よく観察してみることをおすすめします。


1. 後輩の前では威張っているが、出世を考えて上司の前では真面目な態度を取る

性格が悪い人は、弱い者の前では偉そうに威張ります。なので職場や学校、集まりの場などでも自分より立場の低い後輩の前では強気な態度をとるのです。

そのくせずる賢いので、上司など自分より立場の強い者の前では腰を低く、真面目な態度をとります。

そんな相手によって態度を変えるところが性格が悪いと思われ、周りに嫌われる特徴の一つです。


2. 自分以外の人が喜んでいると、露骨に敵意のある態度を取る

他人の不幸が大好きなので、自分ではない人が幸せそうにしているのが気に食わないのが性格が悪い人の特徴です。

本来であれば、周囲の幸せを一緒に喜んであげても良いのに、露骨に嫌そうな態度をとってしまいます。

いつどんな時でも自分が一番優位に立っていたいと思っているので、あからさまに嫌な顔をし、それ以上相手が何も言えなくなってしまうような雰囲気を作り上げるのです。


3. 男性・女性の好みの顔によって、態度を変える

相手によって態度を変えるので、外見がタイプの相手にはとことん優しい対応を見せます。

性格が悪い男や性格が悪い女は、興味のない相手にはどう思われても良いと思っているのです。

顔によって態度を変えるので、周囲から関わらない方が良いと思われていることが多く、職場でも浮いた存在になってしまっていることが多いです。


性格が悪い人の「言動」の7個の特徴

ここからは、性格が悪い人が普段どんな発言をしてしまっているのかということに注目していきたいと思います。

本人には自覚のないことが多いですが、周りを嫌な気持ちにさせるような発言が目立っていることがわかります。


1. 自慢はするが、他人は見下す

とにかく自己中心的なので、自分の話を聞いてもらうのが大好きです。周囲のおしゃべりに付き合うのは退屈で、ついつい顔に出てしまうことも。

周囲のことなんか興味がないので、どんな話であろうと見下しけなします。

はなからバカにしたような態度をとっているので、関わらない方が良いと周囲に思われてしまっていることが多いです。


2. 他人に嫉妬しやすく、すぐに妬みを言う

性格が悪い人は、自分より優れた人がいることを認めたくはないので、周囲が目立つことが絶対に許せません。

もし自分より優れた人を見つけると、どこか欠点はないかあら捜しを始めてしまいます。

すぐに揚げ足をとろうとするので、周囲には妬んでいることがバレバレ。性格が悪いのが、つい言動にも表れてしまうのです。


3. 初対面の人と関わる時、まずは欠点から探す

性格が悪い人は、まず最初に相手の悪いところに目をつけようとすることから始めます。

日頃から人を妬み、ひがんだりして生活しているので、そういった行動がクセになってしまっているのです。

職場に入ってきた新人なども、まず初めに荒さがしをして陰で悪口を言ってしまうことも。相手の欠点をけなし、自分の方が良いと感じることで満足感を得るのです。


4. 自分の利益のために、他人を平気で騙す

自分が得をしたいという気持ちを持っていることがおかしいことではないですが、性格が悪い人は、なりふり構わない傾向があります。

例えば出世がかかっている時など、他人を騙してでも自分がのし上がろうとします。自分のためなら、手段を選んだりはしません。

周りがどうなっても構わないという自己中心的な性格が行動に出てしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


5. 恩恵を受けた時に、「ありがとう」と言わない

性格の悪い人は、基本的に周りにやってもらって当たり前だと思っているので、感謝の言葉を口にすることはありません。

それが相手の思いやりだったとしても、性格が悪い人にとってはどうでもいいことなのです。

特に性格が悪い女は、「男なんだからやってくれて当たり前でしょ」と思っていて、恋愛面でも性格の悪さが出てしまいます。


6. 困っている人がいても、無視する

例え身近なところで誰かが困っていたとしても、性格が悪い人にとっては関係ないし、目にもつきません。

とにかく周りに興味がなく、自分に得のないことは絶対にしたくないという考えを持っています。

それがもし出世や自分の職場でのステータスに繋がるようなことであれば、これ見よがしに行いますが、そうでない限りは知らんぷりを決め込みます。


7. すぐに揚げ足を取ろうとする

性格が悪い人は、とにかく自分以外が褒められたり注目されることを良く思っていません

そんな性格なので、周囲のちょっとしたミスを発見すると、ここぞとばかりに揚げ足をとろうとする特徴があります。

そんな性格の悪さはもちろん顔にも出てしまっているので、性格が悪い男や性格が悪い女は人相が悪いことが多いです。

【参考記事】はこちら▽


性格が悪い人を見抜くには、顔を観察すると良い!?

性格の悪い人とはできるだけ関わりたくないと感じている人も多いはず。

そんな方のために、性格が悪い人の簡単な見抜き方をご紹介していきたいと思います。

表情に特徴が出ているので、そこをよくチェックするようにしましょう。


1. 笑顔の時に、目元が笑っていない

性格が悪い人は、心から笑っていることが少ないので、笑顔がぎこちなくなってしまっています。

人相も悪く、本当は何を考えているんだろうと周囲から違和感を持たれてしまうことも。

みんなで笑い話をしている時、目が笑っていない人は周囲にいませんか?もしかしたら心の底では全く違うことを思っているのかもしれません。


2. 鼻で笑っている

とにかく常に、上から目線で人を見下してしまっているので、その心理が表情にも表れてしまいます。

ふとした会話の中で、鼻で笑うような仕草をしている人を見かけたら要注意です。悪気なく行っていることが多く、クセになってしまっているのです。

口にはしなくても心の中では相手を小ばかにしている可能性が高いです。


3. ニヤリと片方の広角だけを上げて笑う

性格が悪い人は、本人に自覚がない場合が多いのですが、明らかに馬鹿にしたような表情をしてしまいます。

いくら表面上で偽ろうとしても、人相が悪く、ふとした時に顔に出てしまうので、性格が悪い人を見抜くのは簡単です。

何気ない会話をしている時に、片方の口角だけが上がっていないか、さり気なくチェックしてみましょう。


4. 顔が歪んでいる

性格が悪い男だけでなく、性格が悪い女も、どれだけ可愛くても表情が歪んでいるものです。

本人は気付かなくても、ふとした素の表情に性格の悪さがにじみ出ていることがあり、隠そうと思っても隠しきれないのです。

卑屈な感情を抱えているので、日常的に表情を歪ませることが多くあります。そのため、歪みが顔に残り、特徴的になってしまっています。


性格の悪い人ほど人気者な理由って?

ここまで性格が悪い人の特徴や見抜き方を見てきましたが、実は性格が悪いからといって嫌われているとは限らないようです。

どうして性格が悪いのに人から人気があるのか不思議に思う方も多いはず。

そんな疑問を感じる方のために、ここからは性格の悪い人ほど人気者になってしまう理由をご紹介していきます。


1. 本心を隠して誰にでも好かれようとする

性格が悪い人は、いかなる場合でも自分を変えようという発想には至りません。どうしてもこの相手には好かれたいという時には、本当の自分を隠し、偽りの自分を演じようとします

そんな演技の見分け方がわからず、つい騙されてしまう人もいるのですが、それに対して罪悪感を感じるようなことは全くないのです。

性格の悪い人ほど人気者だと勘違いされているのは、本心を悟られないような器用な演技をしているからなのです。


2. 自分に自信を持っている

性格が悪い人は、自分の欠点や短所には全く目を向けようとしません。そんなこと知りたくないし、なんなら周りに言われても逆上してしまうようなタイプです。

それゆえ、いつでも自分に自信があり、悪いところは全くないと思い込んでいます。

どうしてそんな性格の悪い人ほど人気者なのかと不服に感じる方もいますが、そんな自信のある素振りが、頼もしく感じてしまう人もいるようです。


性格が悪い人との付き合い方&対処法とは?

仕事や付き合いなどで、どうしても性格が悪い人を避けられない時ってありますよね。

嫌々付き合うのはストレスもたまるし、よくないことだらけです。

そんな方のために、性格が悪い人と上手く付き合っていく方法をご紹介します。


1. 性格が悪い人からされた話は、最初から信用しない

騙されて傷つきたくないのなら、性格が悪い人の話は、話半分に聞くように心がけましょう。

見分け方がわかっても、どうしても関わらないといけない時は、自分が工夫をしていくことで、上手に切り抜けていくしかありません。

性格の悪い人との付き合い方を頭では分かっていても上手にできないのなら、とにかく真に受けないようにすることに専念するようにしましょう。


話を聞き流すこと!

性格が悪い男や性格が悪い女は、本音はどう思っているか分からないことがあります。どうしても話さなくてはいけない場合、話しを真に受けず聞き流すことに専念しましょう。

いちいち性格が悪い人の話を真に受けていると、相手の思うツボですし、自分もストレスが溜まるだけです。

性格が悪い人との付き合い方は、とにかく気にしないことがポイントになります。


2. なるべく関わらないようにする

性格の悪い人との対処法として、一番簡単にできるのはとにかく避けることです。

職場や付き合いなどでどうにもできない時もありますが、極力関わらないようにするのです。

そうすることで、相手の目にもつかず、付き合い方を考える必要もなくなります。「触らぬ神に祟りなし」という言葉を胸に、関わらないことに努めましょう。


3. 自分も性格が悪い人にならないための参考にする

「反面教師」という言葉があるように、性格が悪い人をいい意味でのお手本にしてみましょう。

「これは悪い見本なんだ」と客観的にみることで、冷静に対処法を考えることもできるし、相手にしなくて済みます。

性格が悪い男や性格が悪い女は、自分で変わろうとすることがないので、とにかく対等に相手をしないことが適切な対処法といえます。


つられて性格が悪い人の行動を真似しない

相手に嫌な思いをさせられたからと言って、自分もやり返してしまうのはよくありません。

それが職場内であれば、周囲からの評価も下がってしまいますし、自分が性格が悪い人と思われてしまう可能性があります。

性格の悪い人との付き合い方が難しいのなら、対等に扱うのではなく、心の中で「この人はかわいそうな人なんだ」と相手にしないように心がけてみましょう。


4. 職場で性格悪い人から嫌がらせを受けている場合は、転職を考える

毎日通わなくてはならない会社に、どうにも好きになれない相手がいるのは苦痛ですよね。

性格の悪い人の見分け方や、上手な対処法を考えるよりも、思い切って仕事を変えてしまうのもひとつの手段。

性格が悪い男や女は心を改める可能性はとても低いため、自分がそこから離れることも大切です。

それを逃げだと感じてしまう人もいるかもしれませんが、その後の快適な職場環境を考えたら、決して悪くない案だといえますよ。


性格が悪い人を見抜いて、上手に対処していきましょう。

ここまで性格が悪い人の特徴や、ついしてしまいがちな行動などを紹介してきました。

普通の人には考えられないような本音があり、関わりたくないと思ってしまいますよね。

それでもどうしても避けることができない場合は、上手な対処法を身につけ、ストレスがたまらないようにうまく付き合っていくようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事