頭が良くなる方法12選|簡単にできる生活方法や勉強方法をご紹介!

周りに頭が良い人っていませんか。一体どのような行動を習慣化しているのか気になりますよね。今回は、頭が良くなる12個の方法を大公開!また、習慣化することが大切な理由も紹介します。頭が良くなる方法を試して、勉強やビジネスなどのシーンで役立ててみてくださいね。

「頭が良くなりたい」と思う方必見!

頭が良くなる方法

頭が良くなりたいというのは、多くの人が考えることではないでしょうか。高校生などの子供だけでなく、大人も悩む問題ですよね。

でも実際に頭を良くするために、どんなことをすれば良いか分からないと悩む人も。そこで今回は、頭が良くなる方法として具体的にどんなことをすれば良いのか、どんな勉強をすれば良いのかなどをご紹介します。

ぜひ頭が良くなる方法を、普段から習慣化させてみてくださいね。


【今から実践できる!】頭が良くなる方法12選

頭が良くなる方法といっても様々な方法があります。そこでこの記事では、生活方法と勉強法の2つに分けてご紹介します。

あまり難しいものではなく簡単なものばかりなので、ぜひできそうなものからどんどん取り入れてみてください。


頭が良くなる「生活方法」5選

頭が良くなる方法のひとつが、正しい生活方法を身につけることです。まずは体が健康な状態でなければ、脳が働きません。普段からやる気がでない、しんどいと思っている人は、生活習慣を見直してみましょう。

ここからは、大人も子供も習慣化させたい生活方法をご紹介します。


生活方法1. 早寝早起きを習慣化する

睡眠不足は健康の大敵です。睡眠不足の状態が続くと、頭がうまく働かなくなってしまいます。睡眠時間は記憶を整理してくれる時間なので、勉強したことは寝ることでしっかり頭の中に残るのです。

また日光を浴びることも大切です。人は朝日を浴びてから約14~16時間後に眠くなるとされています。そのため早起きをすれば自然と早寝の習慣が身に付くのです。


早朝の時間を勉強の時間に充てる

早く起きれたら、その時間を勉強の時間に充てるのもおすすめです。疲れがたまっている夜ではなく、スッキリした朝に勉強することで集中でき効率も上がります。

また、子供も大人も朝から活動することで、遅刻も少なくなるのがメリットです。


生活方法2. 適度に運動や筋トレを行って脳を活性させる

運動は血行を良くします。血行が良くなると脳に必要な酸素をふんだんに届けることができるのです。すると頭の回転が良くなり、勉強の効率も上がります。小学生・中学生・高校生のうちは部活や体育の授業もあるので、実践しやすいのではないでしょうか。

また運動習慣は健康維持にも役立つでしょう。健康な体があってこそ、頭を良くするための活動ができるというもの。普段から運動習慣を取り入れて、脳を活性化させましょう。


生活方法3. 空き時間に読書をして、知識を蓄える

頭の良くなる方法として読書はよく挙げられる方法です。読書をすると様々な知識を蓄えることができます。また想像力やアイデア力、考える力などを育むことも。

できれば好きなジャンルだけでなく、様々なジャンルに触れてみましょう。今まで知らなかった新しい分野に触れることで知識を蓄えながら、刺激を得ることもできます。


生活方法4. 新しい物事にチャレンジする

一見、頭が良くなる方法と関係ないことにもチャレンジしてみましょう。新しい物事に触れると脳は様々な事を考えます。新鮮な驚きに触れることで脳を活性化させることができるのです。

また新しい知識を手に入れることができるのもメリットといえるでしょう。難しいことではなく、簡単なことからでいいのです。例えば、普段読まなかった本を読んだり、運動を取り入れたりしてみましょう。


生活方法5. 脳トレアプリの利用を習慣化する

頭が良くなる方法として脳トレアプリを活用している方も多いです。スマホなどに入れることでいつでも簡単に利用することができます。

また無料のものもあるので、大人も子供もすぐにできるのがメリット。簡単なものから難しいものまで、難易度も選べます。

スマホは肌身離さず持っている方も多いので、習慣化しやすいのも嬉しいですね。


頭が良くなる「勉強法」7選

頭が良くなる方法の2つ目は「勉強法」です。勉強もダラダラとやるだけではうまく身につかないことも。ただ、勉強しなくても頭が良くなる方法はありません。賢い人は効率の良い勉強方を知っているのです。

効率の良い勉強法を習慣化させて、賢い人を目指しましょう。


勉強法1. 一日の勉強時間を決める

勉強しなくても頭が良くなるということはありません。しかし、ただ長時間勉強するのもNG。1日の勉強時間はしっかり決めましょう。

小学生・中学生・高校生など受験生は、長い時間勉強している人も多いです。しかし、長時間の勉強は集中力が落ちてしまいます。また時間を決めていないと集中せずにダラダラと勉強してしまうことも。

きっちり時間を決めた方が集中でき、効率も上がります。


勉強法2. 常に明確な目標を立てて勉強する

頭が良くなる方法として勉強はかかせません。しかし、それにも目標が必要です。

小学生・中学生・高校生などの学生は受験なども明確な目標があるため、それに向かって勉強しやすいのではないでしょうか。また明確な目標も立てやすく、スケジュールも組みやすいのがメリットです。

大人の場合もまずは明確な目標を建てましょう。目標に向かって勉強することで、モチベーションが保ちやすいからです。


勉強法3. 情報をインプットしたら、アウトプットしてみる

勉強して身につけた知識はアウトプットすることも大切です。受験生の場合は模試などを受けてどんどん実力を試してみるのもおすすめ。

大人はあまりアウトプットするタイミングがありませんが、人に話してみたりしましょう。人に説明できるということは、自分の中で知識が身についているということだからです。

また、しっかりアウトプットすることで情報が定着しやすく、忘れにくくなります。


勉強法4. 好奇心旺盛になり、何事も頭で考えてみる

スマホなどで調べただけではなく、自分の意見や考えをもちましょう。賢い人は大抵自分の意見を持っています。

難しいことを考えるのではなく、簡単な問題からでも良いので自分で考えてみましょう。好奇心を持てば、今まで経験していなかったジャンルでも面白く思えてきます


勉強法5. 勉強内容を音読する

小学生の場合は九九を、中学生・高校生の受験生の場合は英単語などを声に出してみます。声に出すことは、書く作業より脳の部位を多く使うといわれているため記憶に残りやすいのです。

また「ただ書いているだけ」という事態に陥らず、しっかり集中して単語や数式などに向きあうことができます。受験勉強の際の眠気覚ましにも。


勉強法6. 一冊の参考書や問題集を繰り返す

頭が良くなる方法として良くいわれているのが、一冊の参考書や問題集を繰り返しやってみることです。高校生や受験生などは勉強の範囲も広がり、本当にそれで良いのか疑問に思うかもしれません。

しかし、一冊の参考書や問題集をしつこいと思うほどしっかりやり込むことで、内容を覚えることができます。

受験のためにたくさん問題集を解いても、知識が全部頭に入っているかというとそうではありません。一冊の問題集を繰り返してしっかり内容を覚える方が効率が良いのです。これは大人にも当てはまります。


勉強法7. 音楽を聞きながら勉強する

音楽を聞くことで、集中力を上げることができます。頭が良くなる方法として簡単で人気の方法です。

ただし歌詞がある曲だと、歌詞を追ってしまいがちに。

そこでおすすめはモーツァルトです。モーツァルトの曲は聞き続けると、IQが高まるという論文が発表されたほど。モーツァルトの曲がまとめられたCDなども発売されていますので、ぜひ受験の際は取り入れてみてください。


頭が良くなりたいなら、頭が良くなる方法を習慣化すること!

勉強しなくても頭が良くなるということはありません。しかし、ダラダラ勉強したり、三日坊主で終わっては意味がありません。

頭が良くなる方法はひとつではありませんが、これと決めたことを効率化・習慣化することで、徐々に自分のものとして身についていくのです。

大人や高校生などの受験生もぜひ定着させて、目標や受験に向かって頑張っていきましょう。


頭が良くなる方法を試して、人生を謳歌しましょう。

頭が良くなりたいと、多くの方が考えていますが、実際に頭が良くなる方法を試している方は少ないのではないでしょうか。ひとつひとつは簡単でも、習慣化させていくのは難しいですよね。

しかし、勉強というものは一朝一夕で身につくものではありません。ぜひここでご紹介した頭の良くなる方法を試して、習慣化させていってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事