カップルが付き合うきっかけとは。告白する前にやるべきことを大公開!

好きな人と付き合えたら、とっても幸せですよね。今回は、カップルが付き合うためのきっかけを大公開!社会人・大学生など、年齢や環境によって変わるきっかけについても詳しくお教えします。また、告白して恋人になる前にやるべき5つのことも併せて紹介。片思い中の方必見の内容ですよ!

付き合う時のきっかけって何があるのでしょうか。

カップルが付き合うきっかけ

世の中のカップルたちはどんなきっかけで付き合い始めたのでしょう?

好きな人となんとなくいい感じになってきたけれど、付き合うきっかけがいまいち分らないでいる人は意外と多いのではないでしょうか。

そこで今回は、社会人や大学生の恋のきっかけからやるべき5つのことを徹底解説。好きな人とカップルになるためにしっかりチェックしておきましょう。


【状況別】「付き合うきっかけ」となる出来事とは?

カップルが付き合うきっかけは食事をしたこと

付き合うきっかけがわからず、いい感じの相手がいるのになかなか恋人同士になれないことってありますよね。一般的なカップルはどのようなきっかけで付き合いを始めたのでしょうか?

ここでは付き合うきっかけとなる出来事について解説していきます。恋人同士になるための「あと一歩」の部分を参考にして下さいね。


【共通】付き合うきっかけとなる出来事

付き合うきっかけとなる出来事の中には、大学生や社会人関係といった立場が関係なく誰にでも共通するシチュエーションがあります。

ここではそんな誰にでも当てはめることができる付き合うきっかけとなる出来事を紹介していきます。


きっかけ1. 一緒に食事をしたこと

いきなりデートに誘うのはハードルが高いけれど、食事くらいなら気軽に誘いやすいため、一緒に食事をしたことをきっかけにお付き合いが始まるカップルは多いです。

美味しいものを一緒に食べながらだと自然と会話が弾み、料理を取り分けたり相手の好みを知ったり、一緒に食事をすることで自然に相手との仲を深められます。


きっかけ2. お弁当を作ってあげたこと

カップルが付き合うきっかけはお弁当を作った事

自分のためだけにお弁当を作ってきてもらうのは特別な気分になるもの。二人の距離をグッと縮めることができます。

手作りのお弁当に憧れる男性は多く、お弁当を作ってくれる女性に対しては優しくて家庭的なイメージを思い浮かべるものです。


きっかけ3. 悩み相談をしたこと

相談をするということは、相手のことを頼りにしているからこそ。相談された相手は頼られると悪い気分はしませんよね。弱い部分を見せてくれることは頼られているという感じで嬉しく思う人も少なくありません。

相談内容は恋バナだったり仕事の悩みだったり様々ですが、相談することで相手との距離が近づくため、自然な流れで付き合いが始まることがあります。


きっかけ4. 友人に紹介してもらったこと

カップルが付き合うきっかけは友達の紹介

友人から紹介してもらう相手は、自分の好みを知っているからこそ自分に合う人を紹介してもらえるでしょう。

友人の知り合いを紹介してもらえるわけですから、全く知らない人ではなく、ある程度どんな人かわかっているため、安心して付き合うことができますよね。

また、「誰かいい人紹介してくれる?」と気軽に頼みやすい雰囲気があることから、恋人と知り合ったきっかけとして多くあげられます。

【参考記事】はこちら▽


きっかけ5. 合コンをしたこと

初対面の男女が知り合うことができる合コンは、新しい出会いの第一歩です。合コンをきっかけに何度かデートを重ねて交際に発展するといったケースは少なくありません。

必ずしも出会いにつながるとは限りませんが、少なからず出会いを求める人が参加していることは確かなので、効率良く出会うことができるきっかけになるでしょう。


きっかけ6. 価値観が合うと感じたこと

相手と同じことを楽しいと思えたり、考え方に共感できれば二人の距離が縮まったことを実感できますよね。

例えば、同じ趣味を持っている相手とは、興味や関心、楽しいと思えるポイントが合うため一緒に過ごしていても居心地が良いと感じるはず。

感情や興味を共有できる相手とは、気が付けば一緒に居るようになっていたというように、自然に付き合いが始まることも珍しくありません。


きっかけ7. 相手からの”好き”が伝わったこと

カップルが付き合うきっかけは相手の好きが伝わった時

誰かを好きになった時、一生懸命隠しているつもりでも好きという気持ちが相手に伝わってしまうことってありますよね。

相手からの好意を感じると、なんとなく自分も相手のことを意識してしまうもの。気が付いたら自分も相手のことが好きになっていることもあるでしょう。

「この子と付き合ってみようかな?」と真剣に付き合いを考えてくれるきっかけになりますよ。


きっかけ8. TwitterなどSNSでのやり取りが盛り上がったこと

自分の情報を気軽に発信できるTwitterやSNS。同じような情報に興味のある相手がいれば、メッセージを送るなど気軽にやり取り出来るのも魅力ですよね。

例えば好きなアーティストの話などでやり取りが盛り上がれば、自然と仲良くなれるでしょう。

やり取りを続けていくうちに、徐々に好きなアーティスト以外に悩み相談などをするようになり、二人の距離さらに縮まることも珍しくありません。

【参考記事】はこちら▽


きっかけ9. マッチングアプリを利用したこと

マッチングアプリは出会いを求める男女がインターネットでメッセージのやり取りを通して理想の相手を探すことのできるサービス。

元々出会いを求める人が利用するサービスですから、マッチングアプリで意気投合する人と出会ったことをきっかけに、お付き合いに発展することがあります。

たくさんの人が利用しているサービスのため、まずは気軽に出会いを見つけたい人にはおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


【社会人ならでは!】「付き合うきっかけ」となる出来事

社会人になると、どのようなきっかけで恋人と付き合うことが多いのでしょうか?

ここでは飲み会や友人の結婚式、バーやクラブで飲んだ時など、社会人ならではの付き合うきっかけとなる出来事について紹介していきます。


1. 会社の飲み会で意気投合したこと

社会人 会社の飲み会で意気投合したとき

社会人になると仕事終わりに職場の仲間との飲み会に行くことが多くなります。職場の飲み会は人間関係を急接近させる貴重な場です。

普段は仕事の話しかしない人でもお酒を一緒に飲むことで、会社では話さないようなプライベートな話まですることも珍しくありません。

気になる相手がいれば同じテーブルに着いたり、隣に座ったりして会話ができる環境を作ることでグッと距離が縮まって付き合うきっかけになることもあります。


2. 友人の結婚式で仲良くなったこと

披露宴から二次会まで、新郎新婦の知り合いが多く集まる場でもあるため、その中から意気投合してお付き合いに発展することも珍しくありません。

男性、女性に限らず、友人の結婚式で新しい出会いを期待している人は意外と多いもの。出席者は新郎や新婦の知り合いなので、後日連絡を取って再開することが出来るのも出会いのきっかけが結婚式だからこそ。

連絡先を聞き損ねても、後日再会して連絡を取るようになり、お付き合いするようになることもあります。


3. バーやクラブで一緒に飲んだこと

社会人になると行動範囲が広がるもの。飲み会だけでなく、バーやクラブなど出会いを求めて様々な場所で出かける人も多いでしょう。または、上司や先輩に誘われてバーやクラブに行ったことのある人も多いはず。

バーやクラブはお酒を飲んだり音楽を楽しんだりと大人の空間です。いつもより開放的な気分になれる場面でもあるため、好きな人に思い切ってアプローチして付き合うきっかえになることもあります。


【大学生ならでは!】「付き合うきっかけ」となる出来事

大学生 付き合うきっかけはバイトでいっしょに働いた

出会いのチャンスが広がる大学生活。高校生までとは違いクラスがないため、学校でも様々な出会いのきっかけが転がっているはず。

ここでは大学生ならではの付き合うきっかけとなる出来事を紹介していきます。なかなか出会いに恵まれない大学生の人は参考にしてみてくださいね。


1. バイト先の異性と一緒に働いたこと

大学生になるとアルバイト先でも様々な出会いに巡り会えることも。異性の先輩と一緒に働いたことをきっかけにお付き合い発展することも珍しくありません。

お互い学生同士だからこそ会話も弾み、共感できる部分も多いのはもちろん、そもそもシフトが一緒になりやすいから頻繁に顔を合わせるようになるといったケースも。

会う機会が増えれば、自然と二人の距離が縮まりやす、恋愛関係に発展することが期待できますよ。


2. サークル生活で仲良くなった

付き合うきっかけはサークル活動

大学生が付き合うきっかけとして良く耳にするのがサークル生活を通しての出会い。

同じサークルの仲間とは一緒に過ごす時間も多く、さらに様々な学年や学部、学科の学生が集まるため多くの出会いに恵まれます

定期的に飲み会や食事会が開催されることが多く、気になっている人と近づける場としてぴったりでしょう。


3. 同じ学科やゼミで一緒に勉強したこと

高校時代などでも、席の近いクラスメイトとは自然に仲良くなり、気が付いたら恋愛対象として意識してしまっていたという経験がありますよね。

同じ学科やゼミが一緒だと行動パターンが同じようになり、自然と会話をする機会が多くなるもの。例えば「○○さん、○時からの授業とってるよね?一緒に行こうよ」などと気軽に声をかけることができます。

ナチュラルに恋愛関係に発展しやすい環境が整っているのも特徴的です。


付き合うきっかけを作る前にやるべき5つのこと

付き合う前にやることはデートに誘う

気になる人ができたのであれば、すぐに告白して付き合うのではなく、やるべきことをやって付き合える成功率を上げておきましょう。

ここでは5つのやるべきことについて紹介していきます。焦らず相手との距離を縮めていくことが大切ですよ。


1. デートに誘う

気になる人ができたら、まずは自分から積極的にデートに誘ってみましょう。「相手から誘ってくれるのでは?」と期待するのではなく、自分から行くのが正解。

積極的に相手にアプローチすることで自分のペースに相手を引き込んで行くのが効果的。

ただし、自分の気持ちだけで動くのではなく、相手の状況を考慮しながらアプローチすることが大切です。

【参考記事】はこちら▽


2. LINEを続ける

LINE は気軽にメッセージ交換ができる便利なツールです。気になる人との距離を縮めるためには、会えない時でもLINEのやり取りを続けることが大切です。

ただし、頻繁にメッセージを送りすぎるのはNG。しつこいと嫌悪感を抱かせてしまうことも。片思い中の場合は、相手に負担をかけないように、3~4日に1回くらいのペースがおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


3. 好きな人に笑顔で接する

付き合う前にすることは笑顔で接する

相手に好意を持ってもらうためにも、常に笑顔で接することを心掛けましょう。会話も笑顔を忘れずにすれば感じのいい人だと認識してもらえるはず。

逆にいつも不機嫌そうな顔をしている人とは仲良くなりたいと思ってもらえないもの。

話しかけやすい、接しやすい人だと感じてもらえるように、常に笑顔を忘れず明るく接することを心掛けましょう。


4. 自分磨きをして相手から注目されるようになる

気になる人にアプローチするためには、自分磨きに徹して出来るだけ自分に自信を持って挑みたいところ。

ヘアスタイルを変えたり、体を鍛えたりするなど外見を磨くだけでなく、読書や料理など内面から自分磨くをすることも大切です。

自分がどんどん変わることでそれが自信に繋がり、相手にもきっと魅力的に映るはずです。

【参考記事】はこちら▽


5. さり気なく「好き」アピールをする

相手から好意を抱かれて、悪い気分に人は少ないでしょう。相手の気持ちが分からない場合でも、さりげなく「好き」という気持ちをアピールしていくことで、相手からも気になる存在だと思われることも。

例えば、笑顔で目を見て話したり、相談を持ちかけて頼りにしているアピールをしてみるのも効果的。

「好き」をアピールしていくことで、自然と気になる相手との距離が縮まっていくこと間違いなしですよ。


片思い中の相手と付き合って、素敵な毎日を過ごしましょう。

片思いの彼と付き合って幸せになろう

気になる人とは出来れば恋人同士になりたいものですよね。例えば「笑顔」を大切にするなど、ちょっとした部分を気をつけるだけで相手に良い印象を持ってもらえるきっかけになるでしょう。

せっかく気になる人が出来たのであれば、恋人同士になれるように付き合うきっかけを活かして新しい恋をゲットしてみてくださいね。


【参考記事】好きな男性を振り向かせる方法を解説します▽

【参考記事】男の片思いを成就させる方法をご紹介します▽

【参考記事】好きな女性との恋を実らせるアプローチ方法とは?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事