結婚を諦める理由とは?後悔しないための確認事項や婚活方法までをレクチャー

結婚を諦めようと思っている方へ。今記事では、結婚を諦める主な原因から、諦める前に確認すべきポイントや婚活を頑張る方法まで詳しくご紹介します。結婚を諦めるべきなのかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

“結婚して当たり前”なんて昔の話

結婚を諦める原因とは?

「結婚=幸せ」というイメージは、もはや昔のこと。実際、恋愛に興味を失っている20代〜30代の男女も増えてきています。そもそも結婚する、しないという選択は、個人が決めるものであって、誰かに強制されるものではありません。

今はライフスタイルや価値観の多様化により、「あえて結婚しない」のも、人生の選択肢の一つ。結婚しないで生きるという決断をする人も増えています。


結婚を諦める理由とは|主なきっかけを大公開

「もう結婚しなくてもいいや」と諦める場合、どんな原因があるのでしょう。

子供の頃から結婚に憧れていた人もいれば、元々興味がない人もいると思います。しかし、年齢を重ねていくと、周りが結婚をし始めて、段々「結婚」を意識し始める方は多いはず。

そんななか、結婚を諦めてしまうには様々な理由があるのです。ここからは、多くの人が結婚を諦める主な原因について、詳しくご紹介します。


結婚を諦める理由1. そもそも異性との出会いがないから

結婚を考えるなら、異性と出会わなければ話が進みません。しかし、仕事を始めたばかりで余裕のない20代、後輩の面倒をみながら重要な仕事を任される30代など、仕事中心の生活になってしまうと、会社と家との往復だけになってしまいがち。そうすると、新しい出会いがなくなってしまいます。

出会いがなければ結婚相手を見つけることもできず、結婚を諦めてしまう原因になってしまうのです。


結婚を諦める理由2. 共同生活ができる気がしないから

結婚すれば夫婦は同じ家で暮らすようになるので、共同生活ができない人には結婚は難しいです。生活を共にするということは、自分のペースを乱されたり、自由に行動ができなくなることも多々あります。それらに抵抗を感じる人もいるでしょう。

婚生活とは他人と生活を共にすることですので、共同生活が無理な人は、結婚自体を諦めてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


結婚を諦める理由3. 自分に自信がないから

自分に自信がないと「こんな私が結婚できるわけない」と思ってしまい、結婚を諦めてしまいます。例えば、「太っているから」「口下手だから」「高給取りじゃないから」などの理由から、自分に自信が持てなくなり、恋愛に臆病になってしまうのです。

「恋愛できない=結婚できない」という考えに至り、結婚を諦めてしまいます。


結婚を諦める理由4. 結婚する魅力が分からないから

人は無意識のうちに現状を維持しようとする本能が働きます。そのため、結婚に魅力を感じないと、婚活する気にならないのです。

芸能人の不倫騒動や離婚話、相手親との同居や介護など、結婚のネガティブな情報に触れることで、独身生活の方が魅力的に感じてしまいます。

そのため、結婚へのメリットを理解できないために、婚活を精力的に行えず、結婚を諦めてしまうでしょう。


結婚を諦める理由5. 理想が高すぎるから

理想が高すぎると、納得できる結婚相手を見つけることが出来ないので、結婚ができなくなります。

男性、女性に限らず、容姿・職業・家柄・年収・性癖・婚姻歴など、求めるものが多すぎる場合、理想にぴったり合う相手を探し出すのは非常に困難

理想が高くて結婚相手を見つけられないために、結婚を諦めざるを得ない状況となるのです。

【参考記事】はこちら▽


結婚を諦める理由6. 結婚適齢期を過ぎているから

ある程度の年齢に達すると出会いが一気に減り、「もう結婚相手が見つからないかも」と不安になって、結婚を諦めてしまうことがあります。

特に女性の場合、出産と年齢の関係はシビアな問題。相手の男性が子供を望む場合、女性は遅くても自分が30代で出会わなければ、子供を授かるのは難しくなります。

出会いが減ると共に出産のカウントダウンも始まる年齢になると、適齢期を逃してしまったと感じて、結婚を諦めてしまう人が増えるのです。


結婚を諦める理由7. キャリアを優先したいから

キャリアを優先することで婚活に時間が割けず、結婚を諦めるという選択をする場合があります。残業や出張などで仕事に追われて、恋人と一緒に過ごす時間が取れなければ、結婚話も進展しませんよね。

キャリア形成を優先することで彼女や彼氏との時間確保が無理となり、結婚に至るのが難しくなってしまい、諦めてしまうのです。


結婚を諦めるか迷った時に、後悔しないよう確認すべきポイントとは

婚活を続けるか、それとも結婚を諦めるか、決断が難しいと思います。「もう諦めたほうが良いかもしれない」と不安になることもあるでしょう。

そこでここでは、後悔しない選択をするために、結婚を諦めようと決断を下す前に確認しておきたいポイントについて、詳しくご紹介します。


結婚を諦める前に確認すべき点1. 生涯独身でも後悔しないか

20代の時は結婚していない友人が多くても、30代になると一気に既婚者が増え、友人の結婚報告を聞くたびに心が穏やかでなくなることも。幸せな結婚生活を送る人を目の当たりにして、境遇の差に悔やむことがあるかもしれません

結婚している友人に会った時に、一生独身であることに後悔しないかどうか、自分の気持ちを再確認してみましょう。


結婚を諦める前に確認すべき点2. 子供が欲しくならないか

結婚を諦めるということは、子供を残すことができなくなるということです。女性が妊娠・出産するには、タイムリミットがあります。

また男性自身も、高齢になると子供を持つのにリスクが伴います。子供が欲しいと思った時には、年齢的に難しい状況になっている場合があるのです。

将来、子供が欲しかったと後悔しないかどうか、今一度確認してみましょう。


結婚を諦める前に確認すべき点3. 親御さんが悲しまないか

「孫の顔が見たい」「花嫁姿が見たい」と子供に期待する親も多いでしょう。結婚しないということは、そういう親の気持ちに応えられないということ。結婚や出産は、親孝行の一つとも言われています。

もちろん、親のために結婚するわけではありませんが、結婚しないことで両親を悲しませないかどうか、確認するのをおすすめいたします。


まだ少しでも結婚したい思いがある方必見!フリーなら今すぐやるべき事とは?

結婚を諦めるのも、結婚したいと思うのも、あなた次第。自分で決断すべきです。けれども、少しでも結婚したいと感じていて現在フリーならば、今すぐやるべきことがあります。

時間は有限。結婚したい人が後悔しないよう、やるべき事柄をいくつかご紹介します。


結婚したい人がやる事1. 自分磨きに力を入れる

自分磨きをすることで、結婚相手としての価値がアップします。女性なら、身だしなみはもちろん、結婚生活に役立つよう料理の腕を磨くのもおすすめ。男性ならば、外見の他に、内面の豊かさが安心感を与えますので、磨いていきましょう。

自分磨きをすることで自己肯定感が高まり、異性の前でも堂々と振る舞えるようになります

【参考記事】はこちら▽


結婚したい人がやる事2. 理想の結婚相手の条件を絞る

結婚のパートナー選びで、誰もが一度は考える「理想の相手」。しかしその条件が多すぎると、候補を狭めてしまいます。本気で結婚を考えるなら、「これだけは絶対に譲れない」というポイントを2〜3個に絞り、他はあまりこだわり過ぎないのがベスト。

譲れない条件を挙げることで、自分が結婚相手に何を求めているのかが明確になりますよ。


結婚したい人がやる事3. 異性との出会いを増やす

結婚したくても相手と出会えなければ、そもそも結婚できませんよね。そのため、家でゆっくり過ごすのではなく、友人の誘いには積極的に応じて出かけていきましょう。

誘いの種類は飲み会や合コンだけではありません。同窓会や結婚式、趣味のサークルなど、人が集まる場所にはできる限り参加するのをおすすめします。

諦めずにアクションを起こすことで、理想的な異性と出会えるチャンスが増えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


人生は一度きり。後悔しない道を選んでみて

結婚を諦めるのには、いろいろな理由があります。そして結婚をするのもしないのも、個人の自由です。けれども諦めることに少しでも心残りがあるのなら、話は別。無理やり諦めることは避けて、今やれる最大限のことをやっていきましょう。

自分の心に正直に向き合い努力することで、理想の結婚相手が見つかるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事