カリスマ性の意味とは。カリスマ性がある人の特徴や身に付ける方法を解説!

カリスマ性がある人ってオーラがあってかっこいいですよね。男性も女性もカリスマ性がある人になりたいと憧れる人は多いはず。そこで今回は、カリスマ性がある人の特徴や職業を大公開!さらに、カリスマ性がある人とない人の違いや、カリスマ性を身に付ける方法をレクチャーします。

「カリスマ性」のある人の秘密に迫ります

カリスマ性がある人

カリスマ性のある人と聞くと、明るいオーラを振りまきキラキラと自身に満ちあふれ、なんとなく近寄りがたい人を想像するかもしれません。

でも実際にカリスマ性のある人は親しみやすい人だったり、思わぬ魅力にくぎ付けになってしまうという人もいるでしょう。

そこで今回はいろんな顔を持つカリスマ性のある人を徹底解説します。カリスマな人はどのような人でしょうか?


大前提として「カリスマ性」の意味や定義とは何か?

辞書によると、「カリスマ」とは、他人を統率する才能や魅力を持った人のことを指し、さらに神学用語では、神から授けられた超自然的な恩恵や能力を意味するようです。

「カリスマ性のある」とは、リーダーシップを発揮し、人々を上手にまとめながらも魅力ある言動ゆえに、仕事上の部下など様々な人から慕われる人といえるでしょう。

それはなにも職場だけでなく、友人間や身近な町内会など様々な分野にカリスマ性のある人物を見出すことができます。


【男女共通】「カリスマ性」がある人の10の特徴

「カリスマ性」のある人とは一体どんな特徴をそなえているのでしょうか。

カリスマ性を身につけるヒントが隠されている「カリスマ性のある人」は、男性女性の性別にかかわらず、主だった特徴があるようですので、それをひとつずつみていくことにしましょう。


特徴1. ブレない夢や指標をきちんと自分の中に持っている

「カリスマ性」のある人は大抵の場合はっきりした夢や、「こうなりたい」という明確な目標またはビジョンを持っています。

自分が向かう目標に向かって並々ならぬ努力している人がほとんどのようです。

「カリスマ性」とは生まれながらにして持ち合わせている、と思いがちですが、実は後天的なものともいえるのかもしれません。

わたしたちもまずははっきりとした明確な目標をたててみるのが「カリスマ性のある人」に近づく第一歩ということになります。


特徴2. 自己肯定感が高く、自分に圧倒的な自信を持っている

自己肯定感が高い人には、くよくよ悩んだり自分を卑下したりする時間などありません。

自分の欠点や失敗も受け入れつつ、積極的かつ前向きに前進するのです。

その心の状態は言動にも現れるので、おのずとそれが自信に満ちあふれた仕事ぶりや話し方に現れてくるようです。

自分をまるごと肯定する「カリスマ性」のある人は、圧倒的な自信をもちながら、失敗を恐れず目標に向かって力強く前進するので、周囲の人々は「この人についていきたい」と思うのも当然かもしれません。


特徴3. 器が大きく、人望があって周囲に人が集まってくる

自信があり明確な目標がある「カリスマ性」のある人は、リーダーシップをとっていることが多いかもしれません。

ある意味才能ともいえる自分を肯定する能力がある自己肯定感が高い人は、他の人に対して感情をぶちまけたり、自信がないゆえの自慢話をすることがありません

言わば器の大きい人物であることがほとんどでしょう。それゆえに、周囲にいる人々は安心して、「カリスマ性」のあるこの人と一緒にいたい仕事がしたいと惹きつけられるのです。


特徴4. 感情的にならず、どんな時でも冷静に対処できる

感情をコントロールするのは、どんな時でも簡単ではありません。それが重大な局面であればあるほど難しいものです。

「カリスマ性」のある人は、この感情をコントロールする術が抜群なのは言うまでもありません。

常に目標を見据えて、自信やこれまでの経験もあり、自己肯定感も高いので、大事な場面でもパニックになったり感情を爆発させたりすることがないのです。

ひょっとしたら内面では多少の焦りなどはあるのかもしれませんが、それをピクリとも外見にあらわさず冷静に対処する様子は、まさに「カリスマ性」を持った人である所以といえるでしょう。


特徴5. 不安や弱音を周囲に漏らしたりしない

弱音を吐いたり、不安を周囲に吐露している「カリスマ性」のある人を想像できるでしょうか。

自信に満ちたカリスマ性のある人は、その話し方においても、その外見にも不安要素を醸し出すことはありません。

常に自分が置かれている立場を意識しているので、周囲の人々を不安にさせるような消極的な発言を周りに漏らすことはありません。

リーダーシップをとる人物として、何を発言して何を言うべきでないかをよく熟知しているのです。


特徴6. 人の話にきちんと耳を傾けられる

魅力的な人と評価されている人で、話の聴けない人が存在しないように、「カリスマ性」のある人は、もちろん人の話にもきちんと耳を傾けて聴ける人です。

人望の厚い人は、自分の意見も大事にすると同時に、他の人の意見にも耳を傾けることができる柔軟性のある人なのです。

向かいたいと思う目標ははっきりしていますが、他の人の話に耳を傾けることで得られるアイデアも無視することはありません。

いい意見に出会ったら、ためらうことなく採用し突き進むのです。


特徴7. リーダーシップが強く、周囲にいる人を無意識に巻き込める

カリスマ性のある人でトップの立場についている人は多いものですが、大抵の人は上手に周囲の人々を上手に巻き込んで物事を進めていくようです。

リーダーシップを発揮しみんなを引っ張りつつ、人望も厚いので、周囲の人々はそれと気がつかずに、いつのまにか巻き込まれてしまっているケースが多くなります

その手腕は一朝一夕には身につけられるものではないかもしれませんが、それができるようになればカリスマ性のある人に、グンと近づいているといえるかもしれませんね。


特徴8. 重要な事はどんなに辛くても必ず最後までやり遂げる

これはさすがに無理だろう、と諦めたり投げ出すことが誰にでもあることでしょう。

しかしカリスマを備えている人は、たやすく諦めることはありません。

現在進めている目標までの道のりは、生半可な気持ちで進んでるわけではないので、情熱と確固たる目標に向かって行ってきた努力は、どんな逆境にあったとしても簡単に放棄することはないでしょう。

トップとして引っ張ってきた責任感が強いからこそ、最後まで成し遂げることができるのです。


特徴9. 周囲に流されず、自分の意思に基づいて行動できる

流れに逆らってオールをこぎ続けるのは容易なことではありません。

カリスマ性のある人は、常に自分の目標やビジョンがはっきりしているので周囲の声に惑わされることはまずありません。

はっきりとした夢や、なりたい様子が明確なのでそれに向かってゆるぎない確信を保ちながら歩を進めるのです。

職業上の目標だったり、プライベートでの目標かもしれませんが、その確固たる態度が、その人の自信のオーラにつながっていくのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴10. いつでも前向きで明るい表情を絶やさない

暗くどんよりとしたトップに進んでついていきたいと思う人はいないでしょう。

カリスマを身にまとった男性も女性も、共に自己肯定感が高いので負の感情を引きづることはありません。

いつも明るく、常に前向き、未来志向なのでおのずと周囲の雰囲気も明るくなっていくことでしょう。

カリスマ性のある人の周囲には、明るい空気が流れ陰湿な人が入る隙はありません。

明るさをキープするのはたやすいことではありませんが、心身共にコントロールできているからこそともいえるでしょう。


【男女別】「カリスマ性」がある人特徴とは?

これまで男性女性にかかわらず、「カリスマ性のある人」の特徴をいくつかあげてきましたが、さらに細かくみると男女の違いでも若干の違いがあるのも事実です。

ここからはそれぞれの突出した違いを考えてみましょう。


男性必見!カリスマ性のある男性の特徴

経営者や企業のトップは、男性が就いていることが多いようです。中にはカリスマ経営者などと言われる男性もいますが、どのようなカリスマ性がそこにはあるのでしょうか。

周囲の人が慕いたくなるカリスマ性のある男性の特徴を詳しくみてみましょう。


特徴1. 細かいことは気にせず堂々と振る舞える

トップに立ち、みんなをまとめていく男性は当然ながら責任感も大きいものです。

仮に周囲の誰かがミスしたとしても、それを烈火のごとく怒り、感情をぶちまけることはありません。

周囲の人々は、ミスして怒られるという恐れで縮こまることはありませんので。良い雰囲気の中作業を進めることができるでしょう。

ミスに目くじらを立てるのではなく、どっしりと構えながら受け入れるので、周囲の人々からの信頼も親愛も勝ち得ていくことができるようです。


特徴2. 言葉遣いや所作に気品が満ちている

その人がどういう人なのかというものは、意外と言葉遣いの中に現れるものです。

カリスマ性のある男性は乱暴で粗野な話し方をしたり、他の人を威嚇するような表現は使いません。

自信があり、向かうべき目標がはっきりしているので、あえて言葉において自分を誇示する必要がないのです。

もちろん、TPOをわきまえているので、リラックスしている時とそうでない時の言葉は違っているものですが、その言葉や動作には気品があるのは誰の目にも明らかです。


特徴3. 自分の意見や主張を堂々と述べられる

人前で意見を堂々と述べられる度胸があれば、どんなに良いだろうと思う方もおられるかもしれません。

カリスマ性のある男性は、ここ一番の場面であっても、臆することなく自分の意見や主張を堂々と述べる度胸があるのです。

その自信は声のトーンや話し方にも表れていることでしょう。

相手が立場上、上であれ、その逆であれ関係ないのです。自分を偽るよりもしっかり意思表示をするというのが大切なのです。

自分の意見をきちんと相手にわかるように伝えることができるのも、カリスマ性のある男性の魅力の一つといえるでしょう。


特徴4. 高い行動力と決断力を持ち合わせている

行動力がなければ、打ち立てた目標なんて達成できません。

カリスマ性のある男性は、夢や目標に向け、それを達成するための圧倒的なまでの行動力を持ち合わせています。

たとえその目標までの道筋を他人が不可能だと言ったとしても、明確なビジョンがあるので何ら問題にならないのです。

掲げた目標に向かって前進あるのみなので、それを達成するための行動と、決断力は並大抵のものではないでしょう。

目標を達成するためには必要不可欠な行動力と決断力なのです。


特徴5. 野心家で上昇志向が強い

今の現状で満足している「カリスマ」と呼ばれる人はおそらくいないでしょう。なぜなら、カリスマ性のある男性は、常に上を目指しているからなのです。

職場においても、上昇志向が強い人とそうでない人とでは仕事の進め方も、その熱量も違います。

カリスマと呼ばれる男性も目標に向かっていくうえで野心的で上昇志向が強くなければ、誰も見向きもしないでしょう。

ギラギラして見せるのではなく、スマートながらも野心家で常に上を向いているからこそ、憧れの的になるカリスマが多いのです。

【参考記事】はこちら▽


カリスマ性のある女性の5つの特徴

カリスマと呼ばれるのは何も男性だけではありません。たくさんの男性女性が憧れるカリスマ女性は多いものです。

ここからは、後天的にでもカリスマを目指してマネできる分野を探っていきましょう。女性としての磨き方が参考になるかもしれません。


特徴1. 仕事も恋も全力で楽しめるバイタリティがある

カリスマ性のある女性に対して、キラキラとした明るい笑顔をもった女性のイメージを抱かれるかもしれません。

なぜなら、カリスマ性のある女性は気力も体力ともに充実しているので、職場においても、プライベートの時間でも全力で楽しむ元気な女性であることが多いからです。

心身ともにバイタリティがあり健康なので、仕事中もしっかり集中して仕事をこなしプライベートでもキラキラしていられるのです。

オンもオフも充実させ、仕事では結果も出せる実力があるので同性異性問わず人気であることが多いようです。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 人に媚びたりせず、自分に素直に生きている

カリスマ性を備えている女性は、生き生きと伸びやかに今を自由に生きている人が多いのではないでしょうか。

誰かに媚びへつらうこともなく、素直に自分の掲げた目標へと向かっていくのです。

噓偽りない、自分の感性を信じて真っすぐ進んで行く様は、時に全ての人の理解を得られることはないかもしれませんが、彼女たちにとっては何の障害にもなりません。

たとえ逆境にあったとしても、それを払いのけて突き進める力も才能も行動力も持ち合わせているのですから。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. スキンケアや体型維持など、自分磨きを怠らない

職業柄ストイックなまでに美しさを保たなければいけない人以外は、日々の美しさの磨き方はほどほどかもしれません。

でもカリスマ女性は違います。外見の美しさにも気を抜くことはありません。

いろんな方に周囲を囲まれ、様々な刺激を受けることもたくさんあることが多い忙しい中でも、自分の外見を磨くことをおろそかにはしないのです。

美しさとは、一朝一夕の付け焼き刃ではできないことを知っているゆえ、スキンケアも体形維持も手を抜きません。

それによる美しさが、また自信へとつながっていくのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 個性的なファッションや髪型を好み、見た目にオーラや華がある

人に注目されることが多いカリスマ女性は、美容以外にも気をくばります。

自分がどのように見られたいか、どう魅せたいかをよく知っているのです。

定番の着心地重視のファッションになりがちな場合も、カリスマ女性なら、おしゃれのお手本にしたい存在になるほど、メイクやヘアスタイルにも気をつかい、同性からの熱い支持を得ることも珍しくはありません。

個性的なファッションや流行にも敏感で、華やかな空気をいつも身にまとっています。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 常に冷静でどんな時も取り乱したりしない

どちらかというと、女性は感情の起伏があるものですが、カリスマ女性はその感情すら手なずけられます。

重大な決定を迫られている時など、取り乱してしまってもおかしくない場面であっても、冷静にしかも的確な判断をくだすのです。

男性的ともいえるかもしれませんが、行動力があり、決断力もあるカリスマ女性は、向かいたい目標がはっきりしているので、なにも躊躇することはなく決断をくだせます。

男前の決断力に憧れてしまう人が続出しても当然ですね。

【参考記事】はこちら▽


反対にカリスマ性がない人の5つの特徴

カリスマ性に憧れながらも、なかなかカリスマには近づけないと嘆いている方もおられるかもしれません。

ここからは、カリスマ性を備えている人の真逆にいるカリスマ性のない人の特徴についてみてみましょう。比較してみたら改善策がみつかるかもしれません。


特徴1. 自分の意思がなく周囲に流されやすい

カリスマ性がない人は、自分の意思がないので、なにかを追いかけることもなく、全てにおいて本人の意思が反映されることはあまりありません。

自分の意思がないので、いつも決定を人に譲っていたり、「どっちでもいいよ」などという、一見優しい「いい人」に見えるます。

しかし、優柔不断な口癖が頻繁に口をついて出ているような人は、カリスマ性とは縁遠いのかもしれません。

自分の意見はおろか、周囲の人々の意見にどんどん流されていくので、自分がどこへ行きたいのか、どこへ向かっているのかにもあまり関心がないようです。


特徴2. 自己主張が苦手で、周囲から見るとキャラや存在が薄い

世界中には様々な個性の持ち主がおり、それぞれの良さがあるものです。

カリスマ性という観点からみるなら、自己主張するのが苦手な方は、カリスマ性を備えている人たちの世界には遠い存在となっているかもしれません。

明確な目標に向かっていく、カリスマ性のある人物を明るく陽気な「陽」とすれば、自己主張が苦手でひっそりとしているのを好む人はその逆で、残念ながら影が薄い存在として認識されてしまうのかもしれません。


特徴3. 基本的にネガティブ思考でどこか頼りなく感じてしまう

いつも後ろ向きの発言で、全てにおいてネガティブな人はカリスマ性のある人物とは対角線上にいることになるでしょう。

基本カリスマ性のある男女は、積極的に行動し、高い熱量で行動していくので、マイナス思考の人はカリスマ性を身につけるには、並々ならぬ努力が必要でしょう。

仕事に対しても消極的にしか向かえないので、結果もそれなりにしか出せないという評価を受けてしまうことも多く、頼りないイメージを持たれても仕方がないかもしれません。


特徴4. 自己肯定感が低く、自分に自信がない

世の中には、悲しいかな自己を肯定して生きられない方もおられるのが現実です。

褒められても、何かに成功しても、自分に自信を持つことができなくなります。

失敗などしようものならどうしようもあります。自己肯定感が低い人は、いつも自信がなく「どうせ自分なんか」という口癖や、思考パターンに支配されてしまっているのです。

残念ながら、自己肯定感が低い人は、カリスマ性のある人物に近づくのは現状のままであれば夢のまた夢といった状況かもしれません。


特徴5. 夢や目標がなく惰性で日々を過ごしている

自分の目標や夢、さらには情熱を傾けたい対象がない人は、そもそもゴールがないので、達成感もなければ、それに向かう気持ちも持ち合わせていないでしょう。

ゴールがないので、ダラダラ過ごし、時間を無駄に浪費しても平気なのです。

カリスマ性のある人物とは、対極の場所にいるといえるでしょう。それでも本人は別段気にすることはありません。

それがその人の在りようなのですから。ただ、そのような人に何を言われても、その生き方に憧れる人は現れないでしょう。


カリスマ性を身につける5つの方法とは

カリスマ性のある人とない人ではかなりの違いがあることがわかりましたが、後天的にでもカリスマに近づくことができるのでしょうか。

カリスマ性に近づくためのいくつかのヒントを元に、ちょっとでも近づけるかもしれません。


方法1. 自分の意思や意見やはっきりと相手に伝えるようにする

まずは、自分の思っていることや考えを相手にわかるように伝えてみましょう。

これまでの人生で、自分の考えや気持ちを伝えることを難しく感じていた人には、大きなハードルかもしれませんが、相手もあなたの考えや気持ちを知りたいと思っているのです。

お互いの気持ちや考え方がわかって初めて、コミュニケーションが成立するのです。

それぞれが、貴重なアイデアや考え方をもっているのですから、まずは自分の意思や意見をはっきり相手に伝えることから初めてみましょう。


方法2. 自分磨きをして自分に対して自信を持つ

格好悪い服を着ている時と、お気に入りの素敵な服を着ている時ではどちらが気持ちや気分があがるでしょうか。

衣服はただ単に体を覆うだけでなく、自信をもたせてくれるものでもあるものです。

服装がきまっていれば、気分も高揚するのです。さらに言えば、着たいデザインの服をすんなりと格好良く着られる体型を保つのも大いに自信に繋がります。自

信に満ちあふれたカリスマ性のある人に倣って、自信が持てるよう自分自身を磨けば、驚くほど効果があがりますよ。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 感情的にならず、いつでも冷静な対応を心がける

トップに立ち、本当のカリスマ性を備えている人は、難しい状況に立たされると我を忘れて暴言を吐いたり、大声を出してわめきちらすようなことはしません。

困惑するような難しい状況や、湧き上がる感情のままに話してしまわないように常に自分をコントロールできる人こそ、本当の意味でカリスマを備えている人といえるのです。

感情のままに話す前に、まずは大きく深く呼吸してみることから初めてみるのはいかがでしょうか。


方法4. 自分の言動や行動にきちんと責任を持ち、有限実行する

カリスマ性を備えている経営者は、職業上トップに立ち周囲の人々を引っ張っていく責任があります。

当然ながら、従業員など周りで関わる人々は、経営者を信頼しついていくものです。

職業の種別にかかわらず、信頼される人物かどうかは非常に大きな差となっていきます。

これはカリスマ云々の前に、人として人間関係を円滑にするためにも必要なことと言えるでしょう。自分が約束したことを果たした数だけ、信頼は増していくものなのです。

【参考記事】はこちら▽


方法5. 周囲の人に感謝を忘れず、見返りを求めたりしない

傲慢な人を慕っていく人は誰もいないでしょう。

逆に謙虚な気持ちを忘れずに、感謝の言葉を述べることができたり、見返りが期待できないとしても態度を変えずに接してくれる人がいれば、この人についていきたいと思うこともあるでしょう。

トップに立って、人をまとめていくリーダーシップを発揮するカリスマの皆さんは、きっと傲慢になることなく、感謝を忘れずに周囲の人との良い関係を築いていけるのです。

そしてその人との関係がまたカリスマの財産ともなっていくのです。

【参考記事】はこちら▽


カリスマ性がある人が多いと言われる5つの職業

カリスマ性がある人と聞いて思い浮かぶのはどんな職業の人たちでしょうか。

ここからは、様々な職業におけるそれぞれのカリスマとよばれている人たちの特質や、なぜその職業がカリスマ性があると思われているのかについてみていきましょう。


職業1. 意思決定の強さが物を言う「経営者」

「カリスマ経営者」という言葉を耳に、目にしたことがある方も多いかもしれません。

決断力があり、様々な瞬間に多くの決断をしなければならず、会社を大きくしたり、また何らかの形で社会貢献をしたいなどと考えている経営者もおられることでしょう。

常に意思決定の強さがなければ会社は前進しません

度胸がなければ、大きな決断を下すことは容易でないかもしれませんが、一瞬も無駄にすることなく見極め決断していく力があるのです。


職業2. “カリスマ美容師”の言葉でもお馴染みの「美容師」

美容業界でも、絶大な地位と信頼を確立している「カリスマ美容師」がおられます。

自分にしか作れないスタイルを作るために日々努力を重ね、技に磨きをかけるために勉強を惜しみません。

そうやってできあがった技術をさびさせないように、常に努力を続けていくのです。

技術の編み出し方、技術をさらに良くする技の磨き方は、目標とする人々の憧れの的となっています。

自分にしかできないスタイルを確立したという強みと自信が、カリスマ性というオーラをますます不動のものにしていくのです。


職業3. 人に夢を与えるカリスマ性が多い「芸能人」

テレビでよく見かける俳優やタレントなど、いわゆる「芸能人」もカリスマ性を備えている人と言えるでしょう。

人に夢を与え、時には笑いを届けてくれる芸能人。

捨て身になって、芸を披露している人たちも多くいますが、やはりそこには、「自分にしかないなにか」を持っている人たちなのです。

いつも目にしているので、カリスマと言われてピンと来ないと思う方もおられるかもしれませんが、一芸に秀でる人には、何らかの才能があり、そういう人たちは間違いなく「カリスマ」があるといえるのです。


職業4. 男女問わずカリスマ性の高い人が多く見受けられる「政治家」

最も大きな規模での「カリスマ性」を備えている人たちは、政治家の先生たちかもしれません。

国を動かし、国民に関係する事柄を扱い、国と国とのやり取りの舵をとるのには、大きなリーダーシップが必要になりますし、信頼も必要です。

目標も不可欠でしょう。決断力や意思決定の能力も必要です。

国と国とのやり取りで感情のままに行動していたら大変なことにもなりかねません。

そういった意味では、政治に携わる全ての人たちも「カリスマ」を備えているのいえるのです。


職業5. 才能や努力で上り詰めていく「スポーツ選手」

スポーツという華々しい世界で活躍するスポーツ選手も「カリスマ」です。

掲げる目標に向かって、努力を惜しまず、熱い気持ちで前進していきます。

ここ一番の大舞台となるオリンピックや大会においては、肉体の限界に挑戦するだけでなく、いかに平常心で自分と向き合うことができるかという、精神面での強さも大きな課題になってきます。

そういった様々な困難を乗り越えてメダルやタイトルを獲得するさまに、多くの人が憧れの気持ちを抱き、自分もその後に続きたいと思わずにはいられないのです。


「カリスマ」は努力の一歩から始まる

カリスマ性のある人には自分はなれないと思っていたかもしれませんが、分析してみると、意外とマネできる分野がたくさんあることに気がついたのではないでしょうか。

まずは達成可能な目標を掲げて、それに向かって地道は努力をしてみるのはいかがでしょう。 ひとつずつ真似していく間に、気がつけば周囲の人からの評価がよくなっていることに気がつくかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事