【天性の才能】生まれつきの才能診断|天才の片鱗を発掘する方法を徹底解説

これといって秀でたスキルなどがなくて悩んでいる方へ。この記事では、天性の才能を発掘する方法や向いている仕事について詳しく解説します!

「天性の才能」とは?

shutterstock_325451105.jpg

天性の才能とは、人間が生まれながらに持っている性質や才能という意味です。

例えば、

  • スポーツ初心者なのに「センスがある」とコーチに褒められた
  • 難しい数学の問題も何となく解けてしまう

など、才能を身につけようと修行や練習などの努力をした覚えがないのに、人より優れていることが天性の才能なのです。


【診断】天性の才能がある人の特徴|センスがあるのはどんな人?

天性の才能がある人の特徴

「天性の才能を持つ人にはどんな特徴があるの?」

「自分にも生まれ持った才能があるのか知りたい」

自分自身を凡人で才能がないと思い込んでいる大人は多いものです。

しかし、実は生まれ持った才能に気付いていないだけかも。

そこでここでは、天性の才能がある人の特徴をご紹介します。

生まれつきの才能診断にもなりますので、天性の才能があるかどうか知りたい人はぜひ一度診断してみてください。


特徴1. 早口と言われることがよくある

話すペースやリズムは人によって違うため、個性が出る部分です。

人と話す時に

「理解できなかったからもう一回言って!

「喋るスピードが早くて聞き取れなかった」

などと言われるような人は、次から次へと話したいことが出てくるため、早口でまくしたてるような話し方になりがち。

このような人は「思考力が高い才能の持ち主」で、瞬時の状況判断が必要な仕事などで才能を発揮します。


特徴2. 本を読むのが好き

小説や専門誌などの本は、エンターテインメントだけでなく知識を得るツールでもあります。

  • 毎月3冊以上本を読む
  • 本を読みだすと時間を忘れてしまう
  • 好きな作家がいて新作が出ると必ず買う

など、他人と比べて本を読むのが好きな人は、文章を理解する読解力に長けている人。

仕事の書類に初めて目を通す時なども、他の人より早く書かれていることを理解できる才能を持っています。


特徴3. 先輩や上司と仲がいい

コミュニケーション能力に長けている人は、目上の立場である先輩や上司にも気に入られます。

  • 職場の先輩とプライベートでも遊ぶ
  • 同僚よりも上司から飲みに誘われる回数が多い

などの特徴を持っている人は、相手の気持ちを読む才能を持っているため、対人関係が得意な傾向にあるのです。


特徴4. 音が気になって寝れないことがある

天性の才能がある人の特徴は音が気になって寝れない事がある

日常には数々の音があふれていますが、普通の人であればそこまで気になることはありません。

ただし、

  • エアコンの室外機の音が気になってしまう
  • 時計のリズムや音が耳ざわりに聞こえる

など些細な音でも過敏に反応してしまう人は、音の感覚が人よりも鋭い証です。

絶対音感を持つ人も、音に敏感であることが多いと言われていますよ。


特徴5. 人の顔と名前を一度で覚えられる

仕事などで自分が初対面の人と会った時、その人の顔と名前を一致させるのは簡単なことではありません。

  • 1度会っただけなのに、その人のフルネームがすぐ出てくる
  • 数回しか会っていない人でも、大勢の中からすぐに見つけられる

という特徴があるのは、高い記憶力と情報処理能力に長けているから。

必要な情報のみを記憶して瞬時に思い出せる才能があるからこそ、初対面の人であっても顔や名前を忘れることはありません。


特徴6. 塾に行ってないのに成績が良かった

学生時代に勉強ができた人は、生まれつきの勉学の才能を活かしていたと言えるでしょう。

  • 塾に通う友達よりも成績が上だった
  • 授業の内容は一度聞けば大抵理解できた

など、特別な勉強をせず授業だけでも十分理解できる地頭の良さを持っているからこそ。

特別な努力をせずとも勉強ができるのは、世界に名を馳せる天才や偉人に共通している特徴です。


特徴7. 一度見たものを絶対に忘れない

瞬間的な記憶力の良さも天性の才能の一つです。

  • ジグソーパズルを解くのが得意
  • 「円周率」や「徳川15代将軍」の名前を言える
  • 一度だけ通った道なのに、ナビなしでどり着ける

など、ちょっとしたことでも深く記憶に残っているという経験はありませんか?

このような特徴がある人は、記憶力や空間把握能力に優れていると言えます。


特徴8. 初めて聴いた曲をその場で演奏できる

天性の才能がある人の特徴は初めて聞いた曲を演奏出来る

音楽の才能に秀でた人は、人とは違う特別なスキルを持っています。

喫茶店やテレビで流れた曲を聞いただけなのに、譜面を見ることなくリズムやメロディを覚えてどんな楽器でも演奏できてしまう。

このような特徴を持つ人は、絶対音感など音楽を一瞬で覚える記憶力と表現力の高さを持ち合わせています。


特徴9. 複数の人の声を同時に聞き分けられる

パーティーや駅のホームなど、人が多くガヤガヤしている場では音を聞き取るのは困難なもの。

例えば、友人数名が同時に喋りだした時も普通であれば、

「何を言っているのか分からない」

と思うことでしょう。

しかし、音を聞き取る能力のある人は、

「◯◯君はこんなことを言っていて、◯◯さんはあんなことを言っていた」

と瞬時に理解できてしまいます。

複数人が話していても人の声を聞き分けて理解できるのは、人よりも並外れた聴力と情報処理能力を持っている証拠です。


特徴10. 何時間も同じ作業ができる

代り映えがなく新鮮味がないことに対して、普通の人はすぐに退屈に感じて飽きてしまいます。

  • 同じことを繰り返していても全く飽きない
  • データ入力や事務作業など単純作業が好き

などの特徴がある人は、人よりも高い集中力がある人です。

物事に長時間集中できる能力を持ち合わせているということは、長時間の単純作業であっても苦に感じることがない、立派な才能の一つです。


特徴11. 人と過ごすと異様に疲れる

友人や家族など、仲の良い人と一緒にいても疲れる人は、

  • 友人や同僚のたわいのない話でも真剣に聞いてしまう
  • 他人の話した内容について深く考えすぎてしまう

など、他人よりも共感力が高すぎることが考えられます。

他人の喜怒哀楽の感情や考えに寄り添える能力は一種の才能と言えるでしょう。


特徴12. 同窓会の幹事をやりがち

天性の才能がある人の特徴は同窓会の幹事をやりがち

同窓会や会社のイベントなど、様々な人達が集まる場では仕切る人がいなければまとまりません。

「幹事は◯◯で決まりだよね」

と指名されたり、誰もやらないからという理由で幹事を引き受けたりする人は、統率力やコミュニケーション能力を持ち合わせている傾向があります。

周りから、

「大事なイベントを任せたい」

と思われるような人は、責任が人一倍強く大勢の人をまとめる才能を見出されているのです。


特徴13. 居酒屋で隣の人と話すのが好き

居酒屋でたまたま隣にいた人に、

「この居酒屋よく来るんですか?私は初めて来たんです」

などと声をかけられるのは、年齢や性別関係なく誰とでも話ができる社交性の高さが発揮されている証拠です。

人と話すことへの不安や恐れがなくコミュニケーション能力に長けているからこそ、全く知らない人でも気軽に話せるのでしょう。


特徴14. 初めましての人とも平気で話せる

初対面の人と会う時は相手の趣味や思考が分からず、どうしても無言になってしまいますよね。

それにも関わらず、初めて会う人に対しても、

「趣味は何ですか?俺は◯◯にハマってて~」

など友達のような感覚で話せるのは、コミュ力や適応力に優れている才能を持つ人の特徴です。

話題の引き出しが多くどんな環境でも自分らしく振舞える才能があるため、初対面の人とでも話を合わせることができます。


特徴15. 予定を立てて行動できる

職場の上司から、早急に仕上げなくてはいけない仕事を任せられたシチュエーション。

普通の人なら、急な出来事に慌てたり戸惑ったりしがちです。

そんな時も、

「分かりました、◯日までに終わらせます。」

と即答できる人は、物事を瞬時に分析してすぐに行動できる才能の持ち主といえるでしょう。

どんな手順を踏めば物事を達成できるかを分かっているからこそ、他人に指示を受けることなく自ら予定を立てて行動できるのです。


特徴16. グループワークが得意

天性の才能がある人の特徴はグループワークが得意

社内研修でも使われることの多いグループワークは、複数人と力を合わせる必要があります。

  • 相手の性格を踏まえて役割を決められる
  • 複数人の意見がぶつかった時も仲裁役に入れる

など、自然にグループのまとめ役になるような人。

このような特徴を持つ人は誰とでも仲良くなれる親密性や統率力に秀でています。

そのため、グループワークの際に自分の才能を惜しみなく発揮できるのです。


特徴17. 部屋が好きなアイドルやアニメのグッズで溢れている

レイアウトを自由にできる自分の部屋は、その人の内面を映し出していると言えるでしょう。

「好きなアイドルやアニメはCDやDVDの他グッズなどの発売をチェックし、購入しないと気が済まない」

「自分の周りを好きなもので固めたい」

という人は、行動力や好きなものに対する労力を惜しまない才能があるからこそ。

何事にもオタク気質な人は、気づかないだけで優秀なスキルを持ち合わせているのです。


特徴18. ちょっとしたことで感情が動かない

心に不安を抱えていたり自分の思い通りにならなかったりすると、人はつい自分の感情をあらわにしてしまいます。

  • トラブルがあっても冷静に対応できる
  • 友人に失礼なことを言われても笑って受け流せる

など、不安や怒りを感じる場面でも感情の動きがない人は、物事を客観的かつポジティブに考えられる才能の持ち主です。

ネガティブな出来事に対しても常に心に余裕がある人は、自分のペースを崩さずにいられるのでしょう。


特徴19. 落書きを褒められたことがある

自分では何気ない落書きだとしても、周囲から、

  • 「絵のタッチにセンスがある」と言われた
  • 「構図やイメージが個性的」と言われた

などの経験をしたことがある人は、生まれつきの芸術感覚が優れているのかもしれません。

人が思いつかないような構図をイメージできる創造性の高さや物事にとらわれない柔軟性を併せ持つのは、芸術的な才能を持っている人の特徴です。


特徴20. ダンスが得意

天性の才能がある人の特徴はダンスが得意

特にダンス教室に通っていたわけでもないのに、

  • 音楽のリズムに合わせてつい踊りだしてしまう
  • 人より振り付けを覚えるスピードが速い

などの特徴がある人は、リズム感が良く運動能力が高いと言えます。

生まれつき音楽的な才能と運動センスを同時に持ち合わせているから、音楽の雰囲気やリズムに合わせ、流れるようなダンスができてしまうのでしょう。


天性の才能を見つける方法|伸ばすコツも解説!

天性の才能を見つける方法

「自分にある天性の才能はどうやって見つけるの?」

「大人になっても生まれつきのスキルやセンスを磨く方法を知りたい」

生まれつき持っている天性の才能は、意外に自分では気づくことができないもの。

また、自分の生まれ持った才能をもっと役立てたいと考える人も多いはずです。

そこでここでは、天性の才能の見つけ方や才能を伸ばすコツについて解説します。


方法1. 「自分にしかない強み=才能」になることを理解する

天性の才能という言葉を聞くと、

「天才しか持っていないスキルなのでは?」

と深く考えてしまうため、自分の才能を見つけるのが難しくなってしまいます。

そんな時は、

「自分にしかない強みは『才能』だ」

考え方の視点を変えることが大事です。

自分の才能を探す時は、

  • 自分はどんなことができるのか
  • 自分と他人の違いはどこにあるのか

など、ラフな考え方をすることで自分の才能に気付くことができますよ。


方法2. 身近な友人に聞いてみる

身近な友人はあなたのことをよく見ているため、自分自身では気づかないあなたの才能を知っている可能性があります。

あなたを良く知る友人の意見なら信ぴょう性も高いため、自分自身で探すよりも簡単に自分の強みを探せることでしょう。

才能が何か分からなくなった時は、

  • 幼少期の頃から知っている幼馴染
  • 学生時代からの親友

など、身近な友人に自分の才能について聞いてみてください。

身近な友人が複数いる場合は、できるだけ長いお付き合いのある友人に聞いてみるのがおすすめです。


方法3. 両親に子供の頃の話を聞いてみる

幼少の頃の記憶は、自分自身では忘れてしまっていることがほとんど。

自分を育てた両親であれば小さい頃のエピソードも覚えているため、話を聞いてみることで生まれ持った才能を知るヒントになる可能性があるかもしれません。

両親に子供の頃の話を聞く時は、

  • 得意だったこと
  • 周囲に褒められたこと 周りの子と違っていたこと

などのエピソードを中心に聞いてみましょう。

両親だけでなく、自分の幼少期を知る親戚にも同じ話をしてみると、違った視点からの子供時代のエピソードが聞ける可能性がありますよ。


方法4. 自分の好きなことをリストアップする

天性の才能を見つける方法は自分の好きなことをリストアップする

自分の好きなことは得意なことに関係していることが多いため、自分の才能を知るなら、まずは自分の好きなことを思い出してみましょう。

自分の好きなことをリストアップする時は、

  • 単純にどんなことが好きか
  • 好きなことで共通してやっていることは何か
  • それにはどんな才能が隠れているのか

なども一緒に考えてみてください。

例えば、ゲームが好きな人は、

「ゲームクリアのためならコツコツと努力できるから忍耐力や集中力に優れている。」

といったように、自分の好きなことから連想していく形で自分の才能を見つけられますよ。


方法5. 得意だった教科を思い出してみる

学生時代に得意だった教科は、自分の才能が発揮できた分野だと考えられます。

学生時代を振り返ってみて、勉強をしなくても得意だった教科を思い返してみましょう。

  • 国語が得意=「読解力」がある
  • 数学が得意=「推測力」や「思考力」がある
  • 体育が得意=「運動能力」に優れている
  • 音楽が得意=「リズム感」や「音感」が良い

といったように判断できます。

また、学生時代のテストの点数が成績表の評価を参考にすると、得意な教科が分かるはず。

また、学生時代の友人に自分が得意だと感じた強化を聞いてみるのも方法の一つです。


方法6. 苦手なことから逆転の発想をしてみる

苦手なことは一見ネガティブなものと思われがちですが、自分の苦手なことの裏には得意なことが隠されています

逆転の発想は、今まで気づかなかった才能を見出すチャンスです。

例えば、人と話すのが苦手で一人が好きな人は、

  • 他人と群れない「精神力」の高さ
  • 単独での「行動力」が優れている

といった才能を持っていることが分かります。

苦手なことから逆転の発想をする時は、様々な視点から自分を分析することが大切です。


【3選】自分の才能を見つけたい人におすすめの書籍

自分の才能を見つけたい人におすすめの書籍

「自分には天性の才能がどうしても見つからない」

と悩んでいる人は、才能に関する書籍を参考にしてみるのがおすすめです。

そこでここでは、自分の才能を見つけるのに役立つ書籍を厳選してご紹介します。


おすすめ1. 才能を見つけるためにしておきたい17のこと

才能を見つけるためにしておきたい17のこと (だいわ文庫)

複数の会社を経営するお金の専門家である著者が、数々の才能を生かしている人たちに出会った体験を元に才能を見つける方法を書いた本です。

日常生活の中で無理なく才能を見つける方法が書かれているため、簡単に自分の才能を知りたい人は読んでみましょう。

Amazonで詳細を見る


おすすめ2. 自分の才能を見つける5回の自問自答: あなたはもう既に才能を持っている

自分の才能を見つける5回の自問自答: あなたはもうすでに才能を持っている

大手企業に就職するも2年で退社など、様々な挫折を繰り返してきた著者がどうすれば自分自身の才能を活かせるのかを説いた本です。

自問自答を通して自分がどんなタイプの人間かを客観視することができるため、どんな才能を持っているのかを見つけるヒントになります。

Amazonで詳細を見る


おすすめ3. さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

ビジネス思想家でベストセラー作家である著者が、様々な人が持っている才能や強みの活かし方について書いた本です。

自分にはどんな才能があるのか診断できるウェブテスト付きで、自分や周りの気付かない隠れた才能を見つけたい人におすすめの作品です。

Amazonで詳細を見る


天性の才能がある人におすすめの職業|向いている仕事とは?

天性の才能がある人におすすめの職業

生まれつきの才能診断で天性の才能があると気づいた人は、その才能を生かした職業に就けばより人生を輝かせることができるかもしれません。

そこでここでは、それぞれの天性の才能が活かせるおすすめの職業について解説します。


「論理的」な才能がある人に向いている仕事

  • 普段なら電卓を使わなければ混乱してしまいそうな、4桁の数字の計算も暗算できる計算力に長けている人
  • 最も効率の良い仕事の方法を自分で編み出し、同期の中でも仕事ができると尊敬されている人

など、頭の回転が早く計算やパターンの発見が得意なのは、論理的な才能を持つ人の特徴です。

論理的な才能がある人は、

  • プログラマー
  • 発明家
  • 科学者

などの仕事が向いています。


「言語」の才能がある人に向いている仕事

  • 初めて見た映画やドラマでも、作者がどんな考えを作品に込めたかを理解できる人
  • 職場のコンペなど大勢の人前でも怖気づくことなく自分の考えを発表するのが好きな人

このような人は、読解力や執筆力、傾聴力などに優れている「言語」の才能の持ち主です。

  • 作家
  • 弁護士
  • パブリックスピーカー

などの仕事に就けば、持ち前の才能を発揮できることでしょう。


「視覚的」な才能がある人に向いている仕事

  • 風景や人物などをモデルにしたリアルな描写が得意な人
  • 車や家などの設計図を瞬時にイメージできる人

このような特徴を持つ描写力や設計力に優れた人は、視覚的な才能の持ち主です。

視覚的な才能を持っている人には、

  • 建築家
  • グラフィックデザイナー
  • コンピューターサイエンティスト

などの仕事をおすすめします。


「運動」の才能がある人に向いている仕事

「運動」の才能がある人に向いている仕事はダンサー

体を動かすことで情報を処理し、人並み外れた運動能力を持つ人は、運動の才能に優れているタイプです。

  • 有名なバスケット選手のマイケル・ジョーダン
  • ダンスの神様として知られるマイケル・ジャクソン

なども、生まれつき運動の才能を持つ人たちと言えるでしょう。

運動の才能がある人が才能を活かせる仕事には、

  • アスリート
  • ダンサー
  • スポーツトレーナー

などが挙げられます。


「音楽的」な才能がある人に向いている仕事

  • クラシックからJ-POPまで、ジャンル問わず音楽の表現方法や作者の意図をきちんと理解できる人

音楽の芸術性を理解しており、音楽鑑賞に長けているのが音楽的な才能の特徴です。

音楽的な才能がある人には、

  • 歌手
  • 作曲家
  • 音楽ディレクター

など、音楽とかかわりの深い仕事が向いています。


「対人関係」の才能がある人に向いている仕事

  • 年齢や国籍問わず誰とでも仲良くなれる人
  • 職場でも皆とのおしゃべりが楽しいと感じる人

このように社会性に富んでおりミュニケーション能力がある人は、「対人関係」の才能があります。

対人関係の才能がある人は、

  • 政治家
  • 教師
  • ソーシャルワーカー

など、大勢の人の気持ちを理解して寄り添える仕事がおすすめです。


「自己理解」に才能がある人に向いている仕事

  • 自己分析が得意な人
  • 苦手なところや短所を自分自身の力でカバーしている人

このように自分自身を深く理解でき、内省的で自立心が強いのは、自己理解の才能がある人です。

自己理解の才能がある人は、その才能を活かして、

  • 心理学者
  • 詩人
  • セラピスト

などの職業に就けば自分らしく仕事ができますよ。


「自然」に関する才能がある人に向いている仕事

「自然」に関する才能がある人に向いている仕事は獣医師

  • 幼少期の頃から草花や動物に対する関心が人一倍あった人
  • バードウォッチングや昆虫採集が趣味という人

などは、自然に関する才能があります。

自然に関する才能がある人は、

  • 獣医師
  • 動物の飼育係
  • 自然保護活動家

など、大好きな自然や動物に関係する仕事に就くことをおすすめです。


「第六感的」な才能がある人に向いている仕事

  • よく勘が働くことが多いと感じる人
  • 人間の存在意義などについて深く考えるのが好きという人

などは、普通の人なら感じ取れない鋭い感覚を持っていて、第六感的な才能の持ち主です。

第六感的な才能がある人は、

  • 聖職者
  • 僧侶
  • 哲学者

など、スピリチュアルな分野の職業に向いています。


自分だけの「天性の才能」を見つけてみて。

天性の才能とは、天才だけが持っているのではなく、人間であれば誰でも一つは持っているものです。

才能がないまたは見つからないという人は、天性の才能を持つ人の特徴に共通する点がないか自分を振り返ってみてください。

また、本記事の診断を参考にしたり、親しい人たちに自分の得意なところを聞いたりするのもおすすめです。

自分の才能を見つけてその才能を伸ばすことは、人生を自分らしく生きる自信にも繋がります。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事