感性とはどんな意味?感性が豊かな人の特徴&磨く方法を解説

感性とはどのような意味で、どう磨いたら良いのでしょう。本記事では、感性や感性を磨くの意味、感性が発揮される瞬間を紹介!さらに、感性が豊かな人の特徴や養うメリット、感性を磨く方法を詳しく解説します。感性を理解して、仕事やプライベートに活かしてみてくださいね。

感性を磨きたい男女必見!

感性が豊かな人の10の特徴&磨く方法

「感性が豊か」とか「感性を養う」という言葉を耳にしたことがある人も多いでしょうが、感性とは一体何なのでしょう。

本記事では感性の意味から感性が発揮される瞬間、感性を磨くポイントまで、感性について徹底解説していきます。

仕事やプライベートなど、より良い毎日を過ごすためにも、自ら持つ感性を磨いていきましょう。


感性とは何か?意味をわかりやすく解説!

感性とは、何かを見たり聞いたりした時に深く心に感じ取ることや、感覚的に物事に対して感じていることを表しています。

人の気持ちを感じる力や場の空気を読む力、芸術性やファッションセンスなども感性の一例として挙げられるでしょう。

周りからの刺激やイメージを柔軟に受け入れることで、固執概念にとらわれず様々な見方で物事を捉えられるようになります。


「感性」と「感受性」の違い

「感性」も「感受性」も、感覚器官が外から受けた刺激を、知覚や感情に結びつけるという点ではどちらも同じです。

「感受性」は主に情緒的感情を起こす力で、「感性」は感情を理性に変える力のこと。

わかりやすく例えると、沈む夕日を見て涙ぐむのは「感受性」で、感じたことを詩や音楽として表現する力を「感性」になります。


どんな時なの?感性が発揮される瞬間とは

感性は日常の中で自分が感じた情緒的感情を何らかの形にして表現する力ですが、実際にはどのような場面で感性は発揮されるのでしょうか。

ここでは感性が発揮される瞬間として、代表的される3つをピックアップしました。


感性が発揮される瞬間1. 芸術作品を鑑賞している時

色や形など、目で見える情報はとても多くあります。芸術作品を鑑賞して視覚から様々な感覚を得られた時、「この絵は美しいな」「なんだか暗い絵だな」と感じるのは感性が発揮されているからです。

美術館などに展示されている芸術作品は、どれも個性豊かなものばかり。絵や色の配置、人の表情など、「なんだか楽しそうな絵だな」など、作品に対して自分の感覚を持った時に感性が発揮されます。


感性が発揮される瞬間2. 小説やドラマなどストーリーに触れる時

様々な小説やドラマを読んだときに「面白い」とか「つまらない」などと感じるのも感性が発揮されているからです。

小説やドラマなどのストーリーに触れる時には、実際に自分の身に起こっていないことでも、ストーリーに共感したり一喜一憂したりできます。

ストーリーに入り込んで、共感したり、面白いと感じたりするのは感性を使っている瞬間です。


感性が発揮される瞬間3. 人と話している時

相手のことを理解するために、表情から言葉では言わない心情を読み取ったり、「あの人なら次はこうするだろうな」など、相手の行動を先読みしたり考えたりすることも感性を発揮している瞬間です。

人と話している時など、五感をフル活用し、感覚で相手を理解しようとすることそのものが、感性が発揮される瞬間といえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


感性の意味を理解する上で重要な2つのポイント

「感性」はなんとなく漠然としたものなので、その意味を理解するのは少し難しいと感じる人も多いでしょう。

続いて、感性の意味を理解するために重要なポイントを2つご紹介していくので、感性の意味を理解する上での参考にしてください。


ポイント1. 類似される”センス”とは具体的に異なる

感性とは他者から発信された物事から感じ取る力ですが、センスは自分で思い描いたことを作品などを通して、自分の表現として発信できる力のことを指します。

優れた音楽家がたくさんの音楽を聴くように、センスがある人は感性が磨かれていることが多いです。

感性は「受信」でセンスは「発信」ということになるため、類似される「センス」とは具体的には異なっています。


ポイント2. 感性は人それぞれ違う

感性とは物事から感じ取る力のこと、つまり心の受け止め方なので人によって異なります。感性が鋭い人もいればそうでない人もいるので、はっきりと正解があるわけではありません。

例えば同じ絵を見ている時にも、絵に対する感じ方や捉え方は見る人によって違いますよね。感性は理屈ではなく心の感覚で受け止めていることなので、人それぞれで異なるのです。


感性が豊かな人に共通する特徴とは

芸術家やミュージシャンのように鋭い感性の持ち主とされている人は、他の人とは少し異なり独特の雰囲気を持っていることが多いようです。

ここでは感性が豊かな人に共通する7つの特徴を紹介します。感性を磨く方法を知りたい人はぜひ参考にしてくださいね。


感性豊かな人の特徴1. 他の人とは違った独特な考え方ができる

周りの人よりも、多くのことを感じられるのが感性が豊かな人の特徴です。そのため、一般的に人が思い浮かばないようなことを感じ取れます。

一般的な人は物事を理解するために、まずは常識に当てはめて捉えようとしますが、感性が豊な人は常識などは関係ありません。

物事を見て感じたことを素直に受け入れて表現できるので、誰も思いつかないような、人とは違う独特の考え方ができるのです。


感性豊かな人の特徴2. 想像力に溢れている

感性が豊かな人は、一つのことから、たくさんのことを感じ取ります。例えば、一つの写真を見て、「見切れて写っていない場所の風景はどうか」「この写真を撮影した人は何を伝えたいのか」など、想像力を膨らませます。

感性が豊かな人は想像力に溢れているので、目で見た情報だけでなく、そこからどんどんイメージを膨らませて新しい発想が思いつくのです。

【参考記事】はこちら▽


感性豊かな人の特徴3. 創造力が強い

感性が豊かだと、一つの物事から多くのことを感じ取れます。用途が決められている物を別の使い方で作品を作ったり、形を変えて新たな物を作り出したりできます。

感性が豊かな人は、人が思いつかないような新しい発想を思いつく想像力が溢れているだけでなく、自分が思いついたものを形にする創造力が強いのも特徴です。


感性豊かな人の特徴4. 目に映らないものを感じ取れる

感性が豊かな人は、表情や声のトーンのように誰でも分かる事ではなく、目に映らない心の動きや感情の流れを感じ取れるのが特徴。

想像力を膨らませて、多くのことを感じ取れるため、人が表に出さないような裏の心理を読み取ったりします。

相手が求めていることを理解してあげられるので、優しい心を持つ人が多いです。


感性豊かな人の特徴5. 素直な気持ちを持って行動できる

感性が豊かな人は、枠にはまった考え方や捉え方ではなく、自分が感じた素直な気持ちを持って行動できるのが特徴です。

物事を理解するために、一つの角度だけでなく、上から下から斜めからと、多方向から見て様々なことを感じ取れます。

固定概念がないため、柔軟な考え方で一つの物事から多くを学び行動できるのです。

【参考記事】はこちら▽


感性豊かな人の特徴6. 集中力に長けている

感性が豊かな人は、自分が好きな物や興味があるものに対して、時間を忘れるほどに集中できる特徴があります。

音楽や作品に触れている時など、「感性を刺激されて、イメージを膨らませている時」に集中力が発揮されるのです。

しかし、周りが見えなくなるほど集中力に長けている一方で、自分の興味がないものについては無頓着で、関わりすら持とうとしない一面もあります。


感性豊かな人の特徴7. 五感を全て使う癖が身についている

感性が豊かだと、目に見えることだけでなく、音や香り、感触など五感でイメージを膨らませられます。物事から情報を得るために五感を全て使う癖が身についているのも感性が豊かな人の特徴です。

見たり聞いたり、香りを感じたりなど、人から受けた情報だけでなく、自分で感じ取った情報からインスピレーションを受けイメージを広げられます。


感性を養うメリットとは

独創的な思考回路や豊かな想像力など、感性が豊かな人にしか感じられないメリットがあります。実際に感性を養うことによりどのようなメリットを感じられるのでしょうか。

ここでは感性を養うメリットを5つ紹介していきます。


メリット1. 良好な人間関係を築きやすい

感性が豊かだと、周囲にいる人のちょっとした表情の変化や雰囲気から、口には出さない人の裏の心情を読み取れるので、立ち回りも上手くなります。

人は自分のことをよく理解してくれる人に対して好意や親近感を抱くため、周囲の気持ちに寄り添うことができれば、良好な人間関係を築きやすいメリットを感じられるでしょう。


メリット2. 価値観や視野が広がる

感性を鍛えるためには、多くの物事に触れて観察することが大切です。

例えば読んだことのない作家の本を読んだり、行ったことのない場所に旅行するなど、今まで自分が関わってこなかった分野に接する必要があります。

そこから知識を得たり、探究心を持って物事を学んだりすることで、価値観や視野を広げられるのも感性を鍛えるメリットです。


メリット3. 小さなことでも、感動できるようになる

感性が豊かだと、日常生活にある些細な出来事から、様々な情報を感じ取れるようになります。

例えば空の青さや、友達からかけられた優しい言葉など、日常に起こる些細なことに対しても感動できるようになります。

感性を養うことで様々なことから感動を得られるようになるので、潤いのある人生を送ることができるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


メリット4. 心が豊かになって、思いやりが育まれる

感性を養うと、小さなことに感動できるようになるため、心が豊かになるだけでなく、些細な表情の変化や雰囲気から、人の裏の心情を読み取れるようになります。

周囲の人が何を考えているのか何となくわかるようになるので、精神的にも豊かになり、優しい気持ちや思いやりが育まれるのです。

人に対して思いやりのある行動ができるようになるので、円滑な人間関係を築けるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


メリット5. 仕事に活かせる

感性が豊かだと、物事から様々な情報を得られるようになるため、発想力や創造力が高まります。また、人の表情や雰囲気から言葉に出さない感情まで読み取れるのも感性が豊かだからこそ。

感性は人それぞれなので、人よりも豊かな感性を持っているならば、それを活かした仕事が出来るのもメリットです。感性を活かしやすい仕事の例を3つ紹介します。


仕事1. クリエイター業

クリエイター業は依頼主から「こんなものが欲しい」と指定されたものを作る仕事です。

依頼された内容を読み取って作品を作らなければならないので、例えばデザインやシナリオなど無から有を作る時に感性を活かせます。


仕事2. 小説家

小説家は、ストーリーや、登場人物の感情の表現の仕方、緊張感、風景の描写の表し方など、一つのことから多くをイメージできるため、文字で表現する際に活かせます。

自由な創造力や発想力を発揮できる仕事なので、感性を活かせる職業です。


仕事3. カウンセラー

感性が豊かだと、人の表情や雰囲気から相手が何を求めているのか読み取るのが得意です。

感性が豊かだと、相手の悩みなどを聞き、言葉や仕草などから人の本当の心情を読み取れるので、的確な相談ができるでしょう。


どうすればいいの?感性を磨く7つの方法

感性を磨いて内面から豊かになりたいと思う人も多いでしょう。でも「どうすれば感性も磨けるのかわからない」という人のために、ここからは感性を磨く7つの方法を紹介していきます。

出来ることからチャレンジして鋭い感性を磨いていきましょう。


感性の磨き方1. 行ったことがない場所に行く

感性を磨くためには、多くの景色を見て、感性を養うことが大切です。初めて訪れる場所は、見るもの全てが新しく新鮮ですよね。

行ったことがない場所に行くと、自然の風景や街並みなど感性を刺激する物に出会うことができます。

感性は使えば使うほど磨かれるので、新鮮な環境に足を運んでたくさん感性を働かせることが大切です。


感性の磨き方2. 様々なことに興味を持つ

新しいものから受ける刺激は鋭い感性を磨くための大切な要素です。いつもと変わらない日常でも、新しい何かを見つけようとアンテナを張って感覚と研ぎ澄ますことで刺激を受けられます。

毎日何気なく眺めているような景色でも、意識して見れば今まで目に付かなかった情報に気付けるでしょう。様々なことに興味を持って、感じる取る癖をつけることが鋭い感性を磨くためにも大切です。


感性の磨き方3. 創作を始めてみる

視覚や触覚など、五感を使ってアイデアを考える過程で想像力を膨らませるため、感性が磨かれていきます。

例えばスケッチブックと絵の具を用意して自分の心を描いてみたり、ノートに文章を書いてみるだけでも構いません。

創作活動で、自分の中にあるアイデアをアウトプットすることは感性を磨く上で大切なことなのです。


感性の磨き方4. ”本物”や”一流”と呼ばれるモノに触れる

当たり前に見ているようなモノではなく、感性が刺激されるような、見たことがない完成された作品に触れると、感性を研ぎ澄ます訓練になります。

ベーシックな方法としては、美術や音楽、演劇など、”本物”や”一流”と呼ばれる芸術に触れてみましょう。数多くの芸術に触れることで、作品から直感的、感覚的に何かを感じ取る能力を高められます


感性の磨き方5. 感性が豊かな人と話をする

感性を鍛えるためには、見たり聞いたりして自分で情報を取り入れるだけよりも、自分の世界に籠もらずに、感性が豊かな人から直接話を聞くことも大切です。

話をすることで、自分だけでは気付けなかった考え方などを学べます。感性が豊かな人から優れている部分を吸収して、自分のものにしていくのも、感性を磨くためのテクニックですよ。


感性の磨き方6. 心に余裕を持つようにする

余裕がないと、悩みなどネガティブなことばかりを感じてしまい、偏った考え方になります。

感性を磨くためには、新しいものから刺激を受けることが大切ですが、心に余裕が無い状態ではどんなに良い物を見ても刺激を感じ取れません。

「余裕がないな」と感じた時には、自分の環境を見直し、心に余裕を持てるようリフレッシュするのが感性を磨く方法として効果的です。


感性の磨き方7. 良い感情に具体的な理由を考える

どこがどう好きと考えるようにすると、心が刺激されて鋭い感性が磨けるようになります。

例えば、素晴らしい音楽を聴いたときにただ「良かった」と思うだけでなく、「あのメロディーラインが綺麗だった」とか「歌詞のあの部分が素敵」など、具体的な感想を考えましょう。

「良いな」と思ったことに対してどこが良かったのか突き詰めることで感覚が刺激を受けて、鋭い感性が磨かれます。


感性を磨いて、より幸せな人生を歩みましょう。

今回は感性が豊かな人の特徴や感性を磨く方法を解説してきました。感性を研ぎ澄ますと、人の気持ちが理解できたり、日常の中でも感動を見つけやすかったりします。

感性を磨くには時間がかかることがありますが、一度磨いておけば鋭い感性が身に付き、潤いのある人生を送るためにも役立つでしょう。

感性を磨いて感動や喜びに満ちた生活を送れるよう、ここで紹介した内容を参考にしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事