彼女持ちの男性を好きになったらどうする?彼女持ちを落として略奪する4つの方法

好きになった人がたまたま彼女持ちだった…ということは意外とよくある話。彼女持ちの男性は諦めるべき?落とすべき?と悩む女性が多いのでは?今回は、彼女持ちの男性を好きになった時の注意点や略奪方法を大公開!さらに、彼女持ちなのに思わせぶりな態度を取る男性の心理もご紹介します。

彼女持ちの男性を好きになってしまった女性へ。

彼女持ち男性を好きになった女性

好きな人が実は彼女持ちだと分かった時のショックは大きいですよね。

「縁がなかったと諦めるべきかもしれない…けれど、たとえ1%でも可能性があるなら」と考える女性は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、彼女持ちの男性を好きになった時の注意点や略奪方法、彼女持ちの男性が思わせぶりな態度を取る心理についてご紹介します。


彼女持ちの男性を好きになった場合、頑張るべき?それとも諦めるべき?

好きになった男性は彼女持ちだった、こんな状況は意外と珍しくありません。

彼女がいると知らずに接していて、何となく気が合うなと感じているうちに好きになってしまうのは自然なことです。

彼女持ちの男性を好きになってしまったら頑張るべきか諦めるべきか、パターン別にご紹介します。


彼女持ちの男性でも攻めたほうが良い脈ありパターン

愛する彼女がいても、彼女以外の女性からアプローチされてまんざらでもない態度を取る男性がいます。

これは少なくとも女性に関心があるという証拠ですから、余計にあきらめきれないもの。ここから、攻めたほうが良い脈ありパターンを見ていきましょう。


脈ありパターン1. 彼女とうまく言っておらず、別れを示唆している場合

彼女がいるけれども彼女以外の女性からアプローチされることに抵抗がない男性は、彼女がいることを隠しません。

ただし、女性にもチャンスがあるかのような雰囲気を出しつつ、彼女とうまくいっていない状態であることを匂わしてきます。

「最近会話もない」「〇月以降会ってないからもうダメかも」などと、別れを示唆してきたら脈ありのサイン。

少なくとも自分への関心が高いと考えていいでしょう。


脈ありパターン2. 彼女持ちにも関わらず、向こうからデートに誘ってくる場合

男性は、基本的に関心のない相手には誘いをかけたり予定を聞いたりしません。

しかし、アプローチしてくる女性に関心があると、仕事が休みの日の予定をさりげなく聞いてきて「その日は空いているから食事でもどう?」などと誘ってきます。

趣味などから互いの共通点がないかを積極的にリサーチしてくるといった行動も、女性に対して関心を持っている証拠なので脈ありと言えるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


脈ありパターン3. 「彼氏は?」「好きな人はいるの?」と恋愛についての話題を多く振ってくる時

もっとも分かりやすい脈ありサインは、「彼氏は?」「好きな人はいるの?」と直球で質問してくること。

会話のテーマを恋愛に設定してくる時点で、アプローチしてきた女性に対して大きな関心を持っていると分かります。

さらに「元カレはどんな人?」「なぜ別れたの?」などと過去の恋愛について聞いてくることも。

恋愛に関する質問を深堀りしたりいつまでも続けようとするなら、かなり脈ありと言えるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


脈ありパターン4. 明らかに脈ありサインや好意を相手から抱かれている場合

恋愛に関する質問を繰り返すといった婉曲な方法ではなく、ダイレクトに好意を伝えてくる場合もあります。

お店を出て歩いている際に肩に手を回してきたり、会話の間ずっと目を見つめてきたり、好意があることを隠さない場合は脈ありサインとしては最強でしょう。

「おすすめのお店に連れて行ってあげるよ」などと直接デートに誘ってきたり、LINEをしようと持ち掛けてくる男性もいます。

アプローチしてきた女性への関心が高く、むしろ男性の方が積極的になっている証拠です。


辛いけれど、諦めたほうが懸命と言えるパターン

彼女がいて良好な関係が続いている男性でも、他の女性からアプローチされて嬉しくない男性はいません。

自分には女性にモテるだけの魅力があるのかと内心は喜んでいるものです。

しかし、感情やその場の雰囲気に流されず、仕掛けたアプローチを巧みにかわされたり、無難な対応をされてそのまま終わってしまうこともあります。

相手の男性を諦めたほうがいいと思われるパターンにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。


脈なしパターン1. 彼女と付き合ったばかりでまだまだラブラブな場合

彼女持ちで、しかも交際が始まったばかりの男性は、アプローチに対応してくれているとしても脈は薄いと考えた方が無難です。

彼女という存在自体が彼にとってはまだ新鮮で、何をやっても楽しいラブラブ状態だから。

好意を寄せてくれる彼女以外の女性にも関心はあるものの、デートをしたりLINEを交換したりして深入りする気はおそらくありません。

潔く諦めて次の候補に向けて努力したほうが時間も労力も無駄にせずにすみます。


脈なしパターン2. 明らかに恋愛対象外と見なされ、脈が全く無い場合

アプローチしても適当にかわされたり、関心がなさそうな態度を取り続ける男性も、落とすとなると可能性は薄いと言えるでしょう。

彼女に対して誠実でいたい、単にアプローチしてきた女性がタイプでないなど理由はさまざまですが、片方だけが盛り上がってもうまくいかないのが恋愛というもの。

一方に恋人がいるという条件ならなおさらうまくいきません。

むしろ、アプローチしても無駄だと言動で伝えてくれるだけ親切だと思いましょう。


【参考記事】はこちら▽


脈なしパターン3. 今の彼女と結婚を考えている場合

どんなに好きでも、我慢して諦めた方がいいのは彼が今の彼女と結婚を考えているケースです。

結婚に向けて具体的なアクションを起こしていなかったとしても、彼の中で彼女と結婚する決心が強いなら、いくらアプローチしても反応はないでしょう。

アプローチし続けて彼女にばれ、彼が責められたり彼女から直接クレームを受けたりするようなことになると厄介ですから、ここは潔く諦めるのが正解です。


脈なしパターン4. いくら好きとはいえ、彼女持ちの男性にアプローチするのに抵抗を感じる場合

彼女持ちの男性側ではなく、アプローチする女性側として、倫理的な抵抗を感じる場合は最初からアプローチすることをやめた方がいいでしょう。

彼女の方が先に彼と知り合って交際しているわけですから、どんなに好きでも立場としては弱いです。

また、強引に略奪できたとしてその後もやもやした気持ちがずっと残る可能性もあります。正々堂々とした付き合いをしたいなら、彼女持ちの男性へのアプローチ自体しないほうがいいでしょう。


彼女持ちなのに思わせぶりな態度をとる男性心理とは?

女性の方から女持ち男性を好きになるというパターン以外に、彼女持ちの男性が思わせぶりな態度を取ることで女性側が本気になってしまうという状況もあります。

彼女がいるにもかかわらず、男性が思わせぶりな行動をとる男性心理とはどういったものなのかをご紹介します。


男性心理1. 恋愛感情は一切なく、純粋に友達として優しく接しているだけ

アプローチしてきてくれたことは純粋に嬉しいけれど、恋愛関係に発展したいとまでは考えていない男性は、アプローチしてきた女性への配慮のつもりで対応している場合があります。

女性からすれば優しいと感じるかもしれませんが、恋愛感情がない相手にも優しくできる男性はいます。

男性が恋愛対象として接しているのか、単なる友達の一人として接しているのかは言動からよく見極める必要があります。


男性心理2. 彼女だけに限らず、女性には基本優しく接するのが普通だと思っているから

男気があるタイプの男性は、彼女がいても他の女性に彼女と同じくらい優しく丁寧に接することがあります。

「あわよくば…」といった下心もなく、人と人の関係として接したいという男性心理が働いているのです。

特に相手が女性の場合、邪険に扱ったり無視したりするのは男としてやってはいけないと思い込んでいる可能性もあります。

アプローチの効果は薄いものの、誠意があるタイプだと言えるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


男性心理3. 内心、貴方の事を良いなと思っているから

彼女がいても、自分の好きなタイプの女性が目の前に現れると男性は心ときめくもの。

ましてやその女性からアプローチを受けたら、嬉しくて表情や言動に出ることが多いです。

このタイプの男性は、彼女がいることと女性に対応することとは別のこととして考えていますから、「かわいいね」「そういうファッション好きだな」などと褒めてきたり、「LINE聞いてもいい?」と今後も接触をはかろうとします。

注意したいのは、男性の中ではこうした言動をすることに深い意味はなく、ただ好みのタイプの女性だからちやほやしているという男性心理だと捉えましょう。


男性心理4. もしかしたら「イケるかも」と下心がある

女性からアプローチされて自分が優位に立っていると感じる男性は、彼女がいて別れる気はまったくなくても積極的です。

そしてあわよくばデートをする以上の関係になれるかもしらないという下心を持って、都合のいい関係を示唆してきます。

女性の扱いが慣れている遊び人タイプに多く、真剣に付き合うつもりはありません。

アプローチしてきた女性が「彼女がいてもいい」と考えていそうだと判断したら、デートに誘ったりLINEを聞いてきたりと思わせぶりな態度を取ってきます。


【参考記事】はこちら▽


彼女持ち男性の落とし方

けして簡単ではないけれど、彼女持ちの男性を落とせる確率は0%ではありません。

言ってみれば彼女から男性を略奪するわけですから正当なやり方とは言えませんが、好きになってしまった気持ちは抑えられるものではないでしょう。

本当に好きなら、まずはアプローチをして様子を伺ってみるのもひとつの方法。ここからは、彼女持ち男性の落とし方をご紹介します。


落とし方1. まずは距離を近くするために、女性の親友ポジションを確立する

アプローチをより効果的に進めて落とすには、男性との距離を物理的に縮める必要があります。

男性のそばには彼女がいて、一緒に過ごす時間は圧倒的に不利なわけですから、せめて男性の視界にちょくちょく入る立ち位置には入っていたいもの。

おすすめなのは、彼女の親友というポジションに立つことです。

男性と顔を合わせる機会が自然に増えますから、自分をアピールしやすくなるでしょう。


落とし方2. 彼から彼女の不満や愚痴を引き出す

かなり高い効果があるのは、男性がこぼす彼女への愚痴を親切に聞くということです。

アプローチした時に、男性が自分に対して少なからず関心を持っているような言動をしているなら、程度の差はあれ彼女との関係を辛い、不満だと感じている証拠。

「彼女ってどんな人?」「どんなところが好き?」などと彼女との関係を確認できる質問を重ねて、男性から少しずつ彼女への不満を引き出していくといいでしょう。

あくまでも愚痴を聞いてあげているというスタンスを取りながら、男性に共感してあげると効果的です。


ただし、彼女の愚痴を一緒になって言うのはNG

この方法で気を付けておきたいのは、愚痴を聞くという姿勢に徹することです。

愚痴を言う男性と一緒になって彼女を責めるような発言をすると、「でも彼女はいい子なんだよ」などと男性が彼女の擁護に回る可能性があります。

男性が彼女への愛情を確認する作業を手伝うという状況になって、アプローチしても反応が悪くなってしまいますから、「辛いね」などと当たり障りのない対応をして様子を見るといいでしょう。


落とし方3. 略奪する場合、告白のタイミングには細心の注意を払う

本気で彼女から男性を奪おうと思っているなら、告白するタイミングはよく考えておかなければいけません。

男性との物理的・精神的な距離は彼女よりも遠いわけですから、そのハンデを乗り越えて男性の気持ちを自分に向けさせるためには一気に攻める必要があります。

男性と彼女の関係が今どのような状態なのか、男性が自分にどれくらい関心を持っているのか、事前にリサーチしておくとより確実です。


最適なタイミング1. 彼女と喧嘩をしているタイミング

男性が彼女と喧嘩をしていて、口を聞いていなかったり会っていなかったりする状況なら、告白のチャンスです。

関係が悪化していることを教えてくれる時点で脈はありますし、男性の中では喧嘩によって彼女の評価が一時的に下がっているからです

「あいつよりこの子のほうが相性よさそう」と思わせやすいタイミングでもあるので、なるべく男性の気持ちに共感して、理解のある女性であることをアピールすると効果的でしょう。


最適なタイミング2. なんとなく彼女とうまくいっていないタイミング

「最近彼女と何となくすれ違いが多いんだ」などと男性が悩みを打ち明けてきた時も、告白するにはいいタイミングです。

今後彼女と付き合い続けていってもいいのか、男性は悩んでいます。

少なくとも現時点では男性の中で彼女は圧倒的トップではないわけです。

別れることまでは考えていないにしても、うまくいかない彼女より気が合いそうで支えてくれそうな女性が現れれば、男性としては関心を高めるに違いありません。


落とし方4. 純粋に己を高めて、今の彼女より魅力的で素敵な女性になる

彼女でなくても、努力して自分を磨いている女性に男性は惹かれるもの。男性に依存せず一人で頑張っている姿を見て、グッとくることも少なくありません。

付き合っている彼女とつい比較して、彼女よりも魅力的だと感じさせる落とし方は、男性の気持ちを一気に自分に引き寄せる効果があります。

「こんな女性と付き合いたい」と男性に思わせることで、彼女ではなく自分を選択したのは男性の意思と勘違いさせるのです。


彼女持ちと分かっててアプローチしてくる女性に対する男性の本音

男性にとっては、彼女がいる立場でも他の女性からアプローチを受けるのはまんざらでもないこと。

モテているという状況に自信を持つ男性も多いでしょう。

実際に彼女持ちと分かっていてアプローチしてくる女性を、男性はどう見ているのでしょうか。


男性の本音1. やっぱり悪い気はしないし、自信が持てて嬉しい

彼女持ちの男性は、彼女がいることで精神的な余裕があります。さらに他の女性からアプローチを受ければ、当然悪い気はしません。

女性のアプローチをどうするかはまた別として、「もしかしたら俺って男として魅力あるのかも」とひそかに自信をつけているでしょう。

男性は一人でも多くの女性にモテたいと内心は思っていますから、自信がつくこうした状況を歓迎しています。


男性の本音2. 彼女に変な心配をかけるのも嫌なので、嬉しいけど辞めて欲しい

正式な恋人である彼女に対して誠実でいたいと考える男性なら、アプローチを受けることは正直避けたいと思っています。

彼女に変な心配をかけたくないという思いと同時に、たとえば頻繁に会話をしている様子を見て彼女や周囲に誤解されたりすることを恐れているから。

自分がされて嫌なことはしたくないという気持ちが強く、アプローチをされること自体は嬉しいものの、辛いのでできれば辞めてほしいと考えているのです。


男性の本音3. 女性から告白されたら、なびく可能性も全然あり得る

彼女がいても他の女性と楽しく過ごすのは悪いことではないと考えている男性の場合、アプローチしてきた女性によってはなびく可能性もゼロではないと思っています。

彼女との関係が良好だとしても、「好きです」と告白されたら受け入れるかもしれないし、彼女との関係があまりよくなかったら女性に乗り換える気持ちも持っています。

恋愛は自由だというポリシーがある男性はこうしたタイプが多いです。彼女の気持ちよりも自分の気持ちを優先して付き合うタイプと言えるでしょう。


男性の本音4. 略奪しようとするバイタリティの凄さに、ただただ驚く

交際している相手がいる人にアプローチして略奪しようとする、そんなバイタリティあふれる女性に出会ってただただ驚いているという男性もいます。

「なぜ彼女がいると分かっていて近づいてくるんだろう」という疑問を抱きつつも、自分の欲求に素直に従う女性の積極性に触れてやや気後れしているのです。

自分にはできないと思っていれば、なおさら「こんな人もいるんだな」と略奪しようとする女性の強いバイタリティに驚くでしょう。


男性の本音5. 自分を誠実に思ってくれる子なら、前向きに検討する

たとえ彼女がいても、純粋に好きという気持ちをぶつけてくる女性を男性は放っておけません。女性から感じる本気度や熱量に影響されて、徐々に男性も本気になってくるというパターンです。

彼女がいても思いを伝えてくるということは、それほど自分のことを好きなのだと感激すら覚えて、女性のアプローチを受け入れて付き合うことを前向きに検討しはじめます。

本気の相手に対しては自分も本気で応えたい、そんな信条を持っている男性を落とすにはアプローチし続けることが重要です。


彼女持ち男性には、よく考えてからアプローチして。

彼女持ちの男性を好きになった時点で、辛い思いを抱えて苦しむことは決まっています。

あとは男性に対して本気でアプローチするかどうか。

本気で好きになったら、彼女がいてもやはり諦めきれないでしょう。

彼女持ちの男性を好きになって悩んでいる人は、この記事を参考に進むべきか引くべきかをよく考えて実行に移しましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事