男は何回目のデートで告白するの?男性から告白させる方法とは

もう何回もデートしてるのに、男性が告白してこない…という女性へ。今記事では男性が何回目のデートで告白をするのか?そしてその男性心理はもちろん、告白させる方法までご紹介。奥手な男性や草食系男子と付き合うために必要なことまで確認してみて!

何回目に告白してくるかって気になりますよね…

告白をしてくる男性

「今日は彼と○回目のデート……そろそろ告白されるかも?」とドキドキ・ワクワクしてデートへ出発する女性も多いでしょう。ですが、実際のところ、彼の本音や心理は分からないもの。

今回は、「告白されるタイミングって何回目のデート?」「告白しようと思う瞬間ってどんな時?」と、気になる女性たちの疑問を掘り下げて、ご紹介します。


男性に聞いた!何回目のデートで告白した?理由を解説

まずは、女性とのデートの何回目で告白をしたのか定番のTOP3をお届けします。細かな理由までご紹介するので、参考にしてみてくださいね。


① デート5回目以上

深く知ってから告白をする慎重派の人もいるようですが、その場合でも10回目以内の回数で告白をすることが多いようです。

彼らは、相手をじっくり知りたい心理や告白して断られることへの不安から、少しでも確信を得るために何回もデートをします。

ですが、回数を重ねるごとに女性側のトキメキ感が薄れてしまうことも。


② デート2回目

初デートでフィーリングがばっちり合って、お互いが盛り上がった場合、2回目のデートで告白する男性もいます。または、一目惚れした相手だったり、ビビッときたりなど恋に落ちる瞬間があれば、早い段階で告白される可能性も十分あり得ます。

その場合、「初デートはさすがに告白しづらいし……。」「チャラいと思われたくない」という理由で、2回目のデートで告白をするのです。


③ デート3回目

「デートは3回目が勝負」と言われているくらい、3回目のデートは付き合う前の男女にとって大事なもの。「もしかしたら、告白されるかも」と思う女性もいるのではないではしょうか。

「デートの1、2回目は様子を見る」という所も含めて、男性はどうしてもプライドが高く、傷つくのを恐れて慎重になる傾向があるのです。


3回デートしているのに告白してこない男性の心理

ここではデートの3回目が勝負と言われていますが、3回以上デートしているのに、告白されていない…という男性もいるかと思います。ここからは、告白しない男性心理をお届けします。


男性心理1. 相手のことをもっと知りたい

3回目までに告白されなかったら脈なし……なんて諦める必要はありません。

いい付き合いをしたいと考えたときに、お互いをよく知りたいと思うことは基本的なことです。好意があるからこそ、もっと相手の好きな事や性格などを深く知りたいと思うもの。

3回目までのデートで告白されなくても、焦らず、あなたも相手のことを知る時間にしましょう。


男性心理2. 恥ずかしくて伝えることができない

気持ちは、はっきりしているのにも関わらずいつまでたっても告白できない男子……属にいう“シャイボーイ”

このタイプの男性は、「今日こそは言う!」と心に決めていてもいざとなると、恥ずかしくなって結局言えずにデートが終わってしまうこともしばしば。

そのため、直接ではなくLINEで告白することも考えられます。目の前でロマンチックな告白を夢見る女性もいると思いますが、勇気を出して告白してくれた恥ずかしがり屋な男性の気持ちを理解してあげてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


男性心理3. タイミングを逃してしまった

告白しようとしたタイミングがずれてしまったり、言いだせずにタイミングを逃してしまったり。「愛の告白をする」という重大なシーンでは、タイミングがものを言います。

とくに、クリスマスや好きな女性の誕生日など特別な日を狙っていたのに、チャンスを逃していうタイミングがなくなってしまうパターンもあります。そのため、ズルズル言えない状態になってしまうのでしょうね。


男性心理4. 付き合うべきか決めかねている

「付き合う人は、結婚を考えている」という人は、とくに恋人選びに慎重な傾向があります。

また結婚を真面目に考え始めると、お付き合いする相手も好きかどうか以外にも、条件がどんどん増えていってしまいがちです。それを決めきれずに「彼女候補」状態になってしまっているのです。

もしくは、他にも気になる女性がいるので見定めている可能性もありますね。

【参考記事】はこちら▽


男性心理5. 振られるのが怖い

告白は、成功するか振られるかのどちらかの結果しかありません。要は“大勝負”。

初デートや2回目のデートではまだ恋人にするかの判断できないと思い、何度もデートを重ねていることも。告白して振られるのは誰でも嫌なことです。

できれば脈ありなら告白したいと、ほとんどの人は考えているはずです。自分に自信がなかったり、恋に臆病になっていたりする人に見られる特徴です。


男性心理6. このままの関係でいたい

なかには、恋人ではなくこのまま「友達」の関係でいたいと思う男性もいます。

もし、告白をして上手くいかなかった場合、お互いに友達関係を続けるのは気まずいもの。男性も「彼女を失うくらいなら、居心地のいい友達関係でいよう」と思うのでしょう。

恋人にもなれず、さらには友達以下になってしまっては悲しいですからね。

【参考記事】はこちら▽


男性が告白したくなる5つのタイミング

男性に告白して欲しい!という女性のために、ここからは男性がつい「告白したい…」と思うようなタイミングを紹介します。一番は男性に作って欲しいのですが、ついしたくなるようなシチュエーションに知っておいて損はありませんよ。


1. 相手からの脈ありサインに気づいたとき

「告白するなら絶対に振られないという自信がつくまで告しない」という男性もいます。とくにプライドが高い男性に多い心理です。

勇気を出して告白するなら、少しでも成功する確率が高い方がいいはずです。相手が自分の事を「好きだ」と確信が持てれば、告白しやすくなるのは目に見えています。男性からの告白を待つだでけなく、自らデートに誘ったり連絡をしたり。

相手に好きな気持ちが伝わるように工夫してみるといいですよ。


2. ずっと一緒にいたいと思ったとき

単純に、デートが楽しかったり、好きな人を自分の彼女にしたいと思った瞬間に告白を考える男性は多いでしょう。一緒にいることに違和感を感じなくなったとき、その安心感から「これから先も一緒にいたい」と思うもの。

心から一緒にいたいと思える相手が現れたら、恋人にしたい・なりたいと思うのは男女に共通することなのではないでしょうか。


3. 女性らしさを感じたとき

たとえば、デート中にかわいらしい一面や女性らしい瞬間にドキッとすることがあります。女性の笑顔はとても魅力的に見えるものですが、たまに見せる照れや恥じらいのある笑顔は特に男性心理を刺激します。

女性が男性らしいところを見てキュンをするように、気になる男性の前では女性らしいところを見せて惚れさせましょう。「彼女にしたい」と思わせることで、告白へ誘導できてしまうのですよ。

【参考記事】はこちら▽


4. 他の男性の影を感じたとき

男性は基本的に好きな人を追いかけて、「独占したい」と思っている人が多い傾向にあります。

そのため、自分の好きな人が自分でない他の男性と仲良くしていたり、好意を向けられていたりすることが分かった途端に不安になるのです。

そしたら必死になって、あなたの意識を引き戻そうとグイグイ押すような行動を起こしはじめるはずですよ。


5. 会えなくなると不安になったとき

気になる人や好きな人の事を意識し始めると、相手の行動が気になる人もいるのではないではしょうか。

「今、この時間も他の男と遊んでるのかな。自分以外にも親しい男性がいるのかな……」と不安になった瞬間に、無性にあなたのことが愛おしく感じるのです。

「あっ!俺、あの子のことが好きなんだ」と自分の気持ちに気付いてしまい、告白しようと決心するのですね。

【参考記事】はこちら▽


男性に“告白させる”ために出来ること

タイミングを知ったところで、男性に告白させたい!という気持ちも大きくなったのではないでしょうか。ここで告白させるテクニックをいくつかレクチャーしていきます。


1. 告白させるための「脈ありサインを出す」

告白は誰もが勇気を必要とすることなので、自信が無いと難しいものです。

相手が自分に好意を向けてくれていると分かるまでは、告白前にお互いのことを知るため、デートの回数を重ねる人が多いのが現実です。逆に言えば、相手に脈ありサインをすれば早い段階で彼と付き合える可能性が高まります。


① さり気なくボディタッチをする

一番分かりやすい脈ありサインは、さりげなくボディタッチすること。嫌いな人にボディタッチはしないもの。男性も「これはイケる……!」と感じたときに告白するでしょう。

派手にやりすぎず、さりげないボディタッチというのがポイントになります!


② 目を合わせる回数を増やす

男性はデート中に、相手が自分に脈ありかどうかを確認することもあります。

そこで、時々じっと彼の目を見るなど、告白したくなるようなムードを作って盛り上げるもの男性のハートを掴むコツです。あまりじっと見つめると「怒ってるのかな」「え……何?」と怖がらせてしまいます。

さりげなくかわいく首をかしげたり、上目遣いで目を合わせたりするくらいがベストですよ。

【参考記事】はこちら▽


③ 好きな女性のタイプを聞いてみる

気になる男性には、好きな女性のタイプを聞いてみましょう。

自然な会話でもありながら脈ありサインとして、この質問は有効なのです。なぜなら、男性からすると好きな女性のタイプを聞かれるということは、自分に気があるのだと思うからです。

もし、男性があなたに好意があれば、あなたの性格や見た目に合わせて答えが返ってくるでしょうね。


④ 「〇〇と一緒だと落ち着くな」などと付き合いたいことを匂わせる

相手に「好き」と言うことが恥ずかしくても、「あなたといると、安心できる。」と、脈ありサインとなる一言を伝えてみてください。そうすることで相手に好意が伝わり、上手くいけば告白に繋がるかもしれません。

デートでまったりしたムードのときに、甘えた感じで言うのもいいですね。楽しさのあまり、つい本音がポロっと出た感じで言うのもかわいくて男性の心をくすぐるでしょう。


⑤ 上目遣いで相手を見つめる

モテる女性がしているテクニックでもある「上目遣い」。また、王道の脈ありサインでしょう。

思わず女の子らしい仕草に「おっ……かわいい。守ってあげたい!」と、テンションが上がっている姿を見られるかもしれません。

いかにも上目遣い慣れしている姿で見つめるとドン引いてしまうこともあります。恥ずかしがるように照れつつ「あなたが好き」と目線のビームを出しましょう。

守ってあげたいと思う男性心理を利用して、告白したくなるタイミングを作るのです。

【参考記事】はこちら▽


2. 告白させるための「その他の対処法」

好きになった彼から、告白されたいと願うだけでは告白されません。押してダメなら引いてみることも告白されるために対処法です。


① レスの間隔を空けるなど、あえて距離をとる

まず、連絡したい気持ちをグッと我慢して、頻繁にしているLINEのレスの間隔を空けてみてはどうでしょう。

「あんなに連絡を取っていたのに、どうかしたのかな…」「最近会えてないし……デートに誘ってみようかな」と、彼をその気にさせることが出来れば成功ですよ。


② 自分のことをどう思ってるのか聞いてみる

思い切ってストレートに男性の気持ちを聞いてみるのも、告白を促す対処法です。

積極的にアプローチできるならタイプの女性なら、「わたしはあなたの事、いいなと思ってるよ」と、はっきり言ってみてもいいですね。

あなたの大胆なアプローチにキュンとしてしまうでしょう。また、「付き合えるのかも」と男性に自信を与える効果もあります。

【参考記事】はこちら▽


③ 他の男性の話をしてみて、様子を伺う

彼を試す対処法になりますが、あえて他の男性の話題を出してどんな反応をするか見てみるのもいいでしょう。

なぜなら、ライバルの脅威を感じたときに告白を決意する男性もいるのです。「先に告白されて、彼女がOKしたら終わりだ」と、一刻も早くあなたに告白しなきゃという心理になります。

なかなか関係が進展しないときは、他の男性からの誘いをほのめかす話をしてみて下さいね。

【参考記事】はこちら▽


何回目でも、男性の告白をしっかりと受け止めてあげて

デートを重ねていくと、相手の気持ちや今後のお付き合いについて悩んでしまいがちです。二人の関係がいい雰囲気になって、しあわせの1歩前へと進めるために、告白のタイミングや言葉はとっても大切なもの

男性のなかには、告白するタイミングとデートの回数は関係ないという人もいます。デート中に、彼はどんなタイプの人なのか探ってみてもいいかもしれませんね。

もし、告白してきたらしっかりと相手の気持ちを受け止めてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事