2回目のデートで告白はある?男性の心理&告白してこない時の対処法とは

男性との2回目のデートになった時、男性から告白される可能性はあるかどうか気になりますよね。そこで今回は、何回目のデートで告白するのかという男性の意見から、2回目のデートに誘う男性の心理を解説!さらに、デートを成功させるコツや告白してこなかった時の対処法も紹介していきます。

2回目のデートで男性に告白されることってあるのでしょうか。

2回目のデートでの男性心理&告白してこない時の対処法

付き合う前、気になる男性からそろそろ告白が受けられるかなと期待しやすいのが2回目のデート以降ですよね。ところが、男性と女性との間に何回目のデートで告白するかのタイミングのズレがあることも。

そこで今回は、男性と女性別で何回目のデートでの告白が理想的なのかに加えて、初デートから2回目のデートへ誘う男性心理、2回目のデートで告白をしてこなかった場合の上手な対処法を解説します。


デート何回目で告白をしたい?男性に聞いた意見をまとめました。

何回目のデートで告白したい?

男性は付き合う前の3回目のデートで告白をしたいと考えている人が多い傾向にあります。

初デートの場合は好意があってもお互いにまだ理解できていない状態ですよね。さらに、2回目は初デートよりも緊張感は薄れていますが、まだお互い知らないこともたくさんあるでしょう。

より女性を深く理解した上で付き合いたいと言う気持ちから、3回目のデートで告白する男性が多いですよ。


デート何回目で告白をされたい?女性に聞いた意見をまとめました。

何回目のデートで告白されたい?

女性も男性と同じく、付き合う前の3回目のデートで告白をされたいと考えている人が多くなっています。

初デートで告白を受けてしまうと、下心や男性が焦っている感じを受けてしまいがち。2回目のデートでも、男性が自分に対して本気なのか遊びなのかがまだ理解できかねますよね。

男性と同じくお互いを理解した上で、という気持ちに加えて自分のことが本当に好きかを確かめたい気持ちから、3回目のデートでの告白が理想的と考える女性も少なくないですね。


付き合う前の2回目のデートで告白はあるの?2回目のデートに誘う男性の心理

2回目のデートで告白はある?

女性としては、初デートの後男性から2回目のデートに誘われたら脈ありと感じますよね。ここで気になるのが、2回目のデートで告白はあるのか、男性はどんな気持ちで誘っているかでしょう。

次に、男性が付き合う前の2回目のデートに女性を誘う裏にある男性心理を紹介します。


男性心理1. 初デートが楽しかったから

男性としては、女性に好きな気持ちはあるものの、単純に楽しい時間をまた一緒に過ごしたい男性心理から2回目のデートに誘うことも多いでしょう。

一緒に楽しい時間を過ごせる相手ではあるけれども、まだ女性に対しての好きが異性としてなのか友達としてなのかは、はっきりと男性はつかめていません。この場合は2回目のデートで告白の可能性は少ないでしょう。


男性心理2. 女性の脈ありサインを確認したい

女性への好意があるものの、まだ女性の気持ちが分からない時は告白ができません。

2回目のデートで女性の気持ちを確認したい、告白してもOKをもらえるか不安な男性心理からデートに誘うでしょう。

もしも2回目のデートで女性からの脈ありサインを受け取れたら、帰り際にそのまま勢いで告白する可能性もありますよ。


男性心理3. 下心があり、体目的

2回目のデートで告白は下心あり

女性の体が魅力的、都合の良い女性にしたいという気持ちから、2回目のデートに誘うこともあります。

スタイルが良かったり色気がある女性だったりすると、彼氏として付き合うのではなく肉体関係を求めている場合もあります。

2回目のデート中や帰りに、あわよくば肉体関係になれれば良いと思う下心がデートに誘う目的になっていますよ。

【参考記事】はこちら▽


男性心理4. 自分のことをもっと知ってもらうため

出会ってから日にちが浅いと、告白の成功率は低くなってしまうため女性も自分に好意や興味を持ってほしい男性の心理が、2回目のデートのお誘いの裏に隠れていることがあります。

プライベートで二人きりで会ったりするのは初めてだと、女性はまだ男性のことを理解していない場合もあるでしょう。

自分に興味を持ってもらう目的で2回目のデートに誘いますよ。


男性心理5. 女性のことをもっと知りたいと思っている

女性に対して好意はあっても、本当に好きなのか、友達としての好意ではないかと自信がない場合も。

自分は本当に女性のことが好きなのか、自分の気持ちを確かめたい男性心理が、女性を良く知る機会として2回目のデートに誘わせるでしょう。

2回目のデートを通じて女性への理解を深め、友達として好きなら告白はしない、異性として好きなら告白を考える男性も多いですよ。


男性心理6. 純粋に女性とのデート自体が楽しい

2回目のデートを誘うのはデートが楽しい

男性の中では付き合うことに興味はなく、女性と話していたりすることが好きな人もいます。

これは、自分が好きな女性だから楽しいのではなく、女性と過ごす時間が楽しいため、デートに誘う女性なら誰でも良いのです。

初デートや2回目のデートの誘いが急だったり、女性の都合を聞かなかったりすると、都合の良い女性を求めている可能性がありますよ。


男性心理7. 告白をしたいと考えている

初デートを踏まえて、自分は女性のことが好きだと確信した男性は、その後告白に進むでしょう。

女性への告白の場にしたい男性心理から、2回目のデートに誘うこともありますよ。

初デートまで友達としてや職場仲間としての付き合いが長いなど、ある程度お互いを理解している場合、女性からも脈ありサインを受け取っている場合は、2回目のデートで告白する男性も少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


付き合う前の2回目のデートで男性が告白をする理由

2回目のデートで告白する男性の理由

何回目のデートで告白するのが理想かを調べると、3回目のデートが理想と考える人が男女共に多いですよね。

しかし、少し早めの2回目のデートで男性が告白する場合もあります。次に、付き合う前の2回目のデートで男性が告白する4つの理由を見てみましょう。


理由1. 女性への好きな気持ちが抑えられなかった

男性としては次のデートで告白するつもりだったのに、2回目のデートでの女性がとても魅力的だったなど好きな気持ちが強すぎて耐えられないことがあります。2回目のデートでそのまま告白してしまう場合もありますよ。

男性としては2回目のデートで女性の脈あり脈なしを探るか、もっと自分のことを知ってもらいたい目的だったにも関わらず、勢いが止まらないことも。


理由2. 女性のことを理解できた

告白は、相手のことがわからないタイミングではしにくいもの。女性へ告白するタイミングがつかめたと確信して、2回目のデートにやってくる男性もいるでしょう。

デートを通じてもっと女性への魅力を感じたり、自分が本気で女性を好きだと確信ができたりすると、2回目のデートの中や帰り際に告白するのも少なくありませんよ。


理由3. 告白をOKしてもらえる自信があった

2回目のデートで告白するのは自信があった

男性としては女性が好き、しかも女性からも初デートや2回目デート前にも何度となく脈ありサインを受け取っている場合も。男性としては告白が成功する自信が強くなりますよね。

女性も自分のことが好きと言う確証を持っているため、告白してもきっとOKしてもらえるはずと確信し、2回目のデートで告白するでしょう。


理由4. 関係を進めることに焦っていた

女性が他の男性に取られてしまうかもしれない、男性自身が異動など日常的に合えなくなる機会を控えているため会えなくなることも。

女性が離れてしまう不安が男性を焦らせてしまうのも告白を早める理由の一つ。

女性を早く自分のものにしないといけないという不安から、お互いを理解している、気持ちを確かめている時間はないと男性を焦らせ、2回目のデートでの告白に進めるでしょう。


2回目のデートで女性から告白するのはあり?告白をしても良い3つの条件

2回目のデートで女性から告白するのはあり?

何回目のデートになっても、なかなか男性が告白をしてこない可能性がある場合や、自分がじらされるのが嫌いな場合はこちらから告白したい、と考える女性も多いですよね。

とはいえ、2回目のデートで女性から告白しても大丈夫か迷っている人も少なくありません。

次に、2回目のデートで女性から告白しても良い3つの条件を見てみましょう。


条件1. プライドの高くない、ガツガツしていない草食系男子

男性から女性を自分のものにしたい、好きな気持ちを伝えたい、という強い気持ちがなければ告白には繋がりませんよね。

元々女性に対しても消極的な草食系男子は、好意があっても男性からは何回目のデートになっても告白してこない可能性が高いです。

男性からの告白が望めないため、草食系男子の場合は女性から告白しないと二人の仲は進展しませんよね。

【参考記事】はこちら▽


条件2. 次のデートの話しが出来ている

男性としては二人きりで会うのが当たり前のため、既に付き合っていると思っている可能性があります。

付き合っている状態と思っているため、いつまで経っても男性からは告白してこないでしょう。

告白を受けていないものの、今後も二人きりで会うのが当たり前の状態になっている時も、女性から告白して良い条件の一つ。次のデートの場所相談や計画が既にできていたり、二人で行動するのが当たり前の時も、女性から告白しても良いですよ。


条件3. 相手からの好意的な言葉を確認出来ている

2回目のデートで女性から告白するのは相手から好意的な言葉がある

男性からなかなか告白が受けられない時は、男性も女性の気持ちを確かめたいと慎重に告白のタイミングを図っている場合があります。

女性の気持ちを確認するため、男性から脈ありな言葉や態度を送って反応を見ていることもあるでしょう。

既に男性からの脈ありサインは受け取っていても、慎重すぎて男性が告白してこない場合も女性から告白して大丈夫です。


2回目のデートでの注意点や成功のコツ7個

2回目のデートの注意点

ぜひ男性と付き合いたいと思っているのなら、2回目のデートを成功させるかどうかが重要ですよね。

次に、初デートではなく2回目のデートだからこそ知っておきたい、注意点や成功のためのコツを7つご紹介します。


成功のコツ1. 自分が楽しむ姿勢を忘れない

男性が告白してくるかどうかばかり気になってしまうと、せっかくのデートそのものが楽しめなくなってしまいます。

気持ちを確かめたい、脈ありか脈なしかに注視するのではなく、純粋に男性と二人だけの時間を過ごせるようにしましょう。

純粋にデートを楽しむ気持ちを忘れなければ、二人で楽しい時間を共有できるだけなく、自然と自分の魅力もアピールできるので、男性から告白の可能性も高くなりますよ。


成功のコツ2. デート場所に合わせた服装をする

ビジネス上と同じく、デートでもTPOに合わせた服装を考えて男性に不快感を与えないようにしましょう。

遊園地やスポーツ施設など、アクティブに動きたい時にはパンツスタイルにする、街中デートや映画館は女性らしさも入れたスタイルなど、デート場所に合わせてファッションを決めるのがおすすめ。

デートの場所に合わせた服装にすれば、どんなに活発に動いたりふるまったりしても服装を気にせずデートを楽しめますよ


初デートとはまた違った雰囲気であれば、男性をドキッとさせることが出来ます

初デートと2回目のデートで違う場所に出かけることが多いですよね。

デートの場所に相応しいファッションを心がけるのはもちろん、全く違った雰囲気のファッションを選べば、男性へ新しい一面や魅力もアピールできますよ。

初デートがアクティブなスタイルだったら、2回目のデートではちょっとフェミニンさをプラスしたファッションにするなど、違う魅力を伝えられれば男性もドキッとさせられるでしょう。


成功のコツ3. 初デートよりも自然な会話を意識する

2回目のデートの注意点は初デートより自然な会話をする

初デートだと、お互い二人きりで会うのが初めてのため、緊張もあったでしょう。2回目のデートなら、初デートの時よりは緊張は解けていますので、会話を楽しむ余裕もできているはずです。

初デートの時は緊張してデートや会話を楽しめなくても、2回目は自然な会話を意識すれば、もっとお互いの理解を深められるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


成功のコツ4. 褒めるなどして、好意的な言葉を掛ける

2回目のデートで、女性が自分に好意があるかどうかを確かめたい男性も少なくありません。ぜひ2回目のデートでは、積極的にこちらからも脈ありサインを送って、男性に好意を伝えましょう。

男性のファッションを「かっこいいね」とほめたり、デートの帰りに「まだ帰りたくないな」と言ったりと、好意的な言葉や脈ありサインを送れば、男性が好意を確信できますので、告白も近づきますよ。

【参考記事】はこちら▽


成功のコツ5. 軽くボディタッチをしてみる

男性と女性の親密さが高ければ高いほど、お互いの物理的な距離が縮まりますよね。

男性に直接触れることで、急激に二人の距離を縮めて親密な雰囲気を出せるので、軽いボディタッチを取り入れるのがおすすめ。

2回目のデートでは、男性の肩に触れたり、さりげなく背中に触れたりと、軽いボディタッチを積極的に取り入れてみて。


成功のコツ6. 好きな気持ちがあるのであれば、3回目のデートの約束をする

2回目のデートの注意点は3回目のデートの約束をする

2回目のデートでの女性からの態度や気持ち次第で、3回目のデートで告白を考えている男性が多いです。

2回目のデートに誘われた男性が好き、付き合いたいと思っているのなら告白を受けるために、ぜひ3回目のデートの約束を2回目のデートの中でしてしまいましょう。

男性の好意や告白したい気持ちが冷めないうちに約束することで、より告白が現実的になりますよ。


成功のコツ7. 体の関係は持たず、きちんと家に帰る

2回目のデートに男性が誘う目的の一つに、女性と肉体関係になりたい、都合の良い関係にしたいという気持ちがあります。

もしも2回目のデートを体目的で誘っている場合に体の関係を持ってしまうと、その後本気ではなくズルズルと体の関係が続いてしまうことになるでしょう。

体の関係を防ぐためにその場のノリや雰囲気に飲まれず、2回目のデートは終電の時間も把握してきちんと家に帰るようにして。


男性がデートで見せる「脈なしサイン」や「遊びのサイン」

男性が見せる脈なしサイン

2回目のデートを誘ってくれた男性でも、実は女性に本気ではなく遊びや都合の良い関係を求めている場合があります。女性としては、本気か遊びかを見極めたいですよね。

次に、男性がデートの中で見せる脈なしサインや遊びのサインを4つ紹介します。


脈なしサイン1. プライベートな話をしてくれない

男性は本気の女性に対しては、もっと自分のことを知ってほしい、興味を持ってほしいと自然と思いますよね。

普段と違う一面を見せるために、プライベートな話題を積極的にすることも多いでしょう。

よって、プライベートな話を一切してくれない場合には、後腐れのない都合の良い関係か遊びの関係を狙っている可能性が高いですよ。


脈なしサイン2. 過去に話した内容を覚えていない

男性は、興味のない相手の話はほとんど覚えていません。大切な人の話はきちんと覚えています。

もしも話した内容を男性が覚えていない場合は、男性にとって大切な相手ではないということ。

本気ではない、遊びの付き合いの相手と思っているため、過去に離した話の内容やデートの場所、日時も忘れてしまうのでしょう。


脈なしサイン3. 夜の誘いを断ったら次のデートの誘いがない

男性の脈なしサインは夜の誘いを断わった連絡が来ない

女性に本気で付き合いたいと思っているのではなく、体だけの関係や都合の良い時の遊び相手と思っている時には、デートで肉体関係を結ぼうとしてきます。

女性の体にだけ価値を求めているため、今後はデート抜きで体の関係だけを続けたいとも考えているでしょう。

夜のお誘いをデートでされて断った場合、もう体の関係は望めないと思うため、その後のデートの誘いはないですよ。


脈なしサイン4. デート中にスマホばかりをいじっている

男性が女性に対して好意を持っている場合は、もっと女性のことを知りたいと思うので、デート中でも積極的に女性と話そうとしますよね。

そして、好きな女性と一緒に過ごしている嬉しさから、デートを心から楽しむ男性も多いでしょう。

デート中もスマホばかりいじっていると、積極的に女性のことを知ろうとしていない、退屈に感じているため脈なしですね。


3回目のデートでも告白をしてこない4つの男性心理

3回目のデートで告白しない男性心理

2回目のデートで告白をしてこなくても、3回目のデートでの告白が理想的と考えている男性と女性が多いので納得はできますよね。

ところが、自分では良い感じだと思っているのに、3回目のデートでも男性が告白してこない場合もあります。

気になる3回目のデートでも告白してこない、4つの男性心理を見てみましょう。


男性心理1. 告白する勇気が出なかった

大好きな女性を前に緊張してしまう、そもそも女性に告白するのが初めてのため、上手にできるか分からないなど、告白に対して緊張や不安を持つ男性も多いですよね。

女性からも脈ありサインを受け取っていて、告白しようと思っていたのに、いつでも緊張や不安から勇気が出ないことも。

結局告白できないままになってしまう男性も多いです。


男性心理2. 女性のことが好きか分からない

二人で過ごすデートは楽しいとしても、それは彼女ではなく女友達として楽しいのかもしれません。

楽しいけれども、彼女にしたい気持ちがあるのか、友達として好きなのか異性として好きなのかが分からない男性心理から、告白をまだためらっている状態です。

女性と数々のデートを重ねていて楽しい気持ちはあれど、まだ男性が異性として女性を意識しているか確信を持てていないからです。


男性心理3. 今の関係を壊すのが怖い

3回目のデートで告白しないのは今の関係を壊すのが怖い

告白して振られて気まずくなるくらいなら、たとえ友達でも二人きりで会えた方が良い、今の関係を続けたい男性心理から告白をためらうこともあるでしょう。

今まで二人で楽しい時間を過ごしていても、もしも告白に失敗して振られてしまったら、会うのが気まずくなってしまって二人きりのデートができなくなったり、疎遠になったりする可能性も高いですよね。

男性としては女性に好意があり、ぜひ告白してお付き合いしたいと思っていても、関係を壊したくないため告白をためらうのです。


男性心理4. そもそも恋人を作る気がない

女性とはこれから会いたい時だけ会える、都合の良い女性や遊びとして付き合いたい心理を持っている男性は、特定の恋人を持とうとしていません。

これからも告白をせず、付き合っているのかどうかわからない曖昧な関係を続けて女性の気持ちを引き続けます。

特定の恋人を作るのではなく、都合の良い女性をキープしておきたい男性は、今後もずっと男性から告白はしてこないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


なかなか告白してこない男性への3つの対処法

告白しない男性への対処法

男性の発言や仕草、態度から自分に対して好きな気持ちを持ってくれているのが伝わっても、なかなか告白してこない男性もいますよね。

じれったくてイライラする前に、自分から行動を起こしてみましょう。

好意を向けてくれているのにも関わらず、なかなか告白してこない男性への3つの対処法をご紹介します。


対処法1. 男性が告白をしやすい雰囲気をつくる

男性にとって好きな女性への告白とは、とても勇気がいるものです。何度もデートのたびに告白しようと思っても、振られたり関係が壊れたりするのが怖くて、なかなか告白の勇気が出ない男性や、周囲の目が気になって告白のタイミングがつかめない男性も中にはいるでしょう。

男性を告白へ背中を押してあげたいなら、告白しやすい雰囲気を作ってあげるのがおすすめ。

二人きりになれる静かな場所に移動するなど、告白しやすい雰囲気作りを手伝ってあげて。

【参考記事】はこちら▽


対処法2. 「もっと一緒にいたいな」などと明らかな好意の言葉を掛ける

女性が自分に好意があるか確信できない場合は、振られてしまう可能性もあるのでなかなか告白ができません。

男性が「自分に好意を向けてくれている」と確信を持てるように、好意的な言葉をかけたり、脈ありサインを送ったりしてあげましょう。

「もっと一緒にいたいな」「寂しいからお別れしたくないな」など、好意のある言葉やサインを送れば、男性も好意があると確信して、一気に告白に進む可能性が高いですよ。


対処法3. 思い切って女性から告白してしまう

告白してこない男性への対処法は自分から告白する

男性が元々草食系男子である、または都合の良い女性と考えているなどの理由でなかなか告白しないことも。

特に理由が思い当たらないのに告白してこない場合は、思い切って女性から告白してしまうのも有効です。

都合の良い女性を求めている男性なら、そのまま離れていくでしょう。草食系男子の他、男性が既に付き合っていると思って告白しなかった時にも効果的ですよ。


2回目のデートで彼との恋に繋がるアクションを起こしてみて!

2回目のデートでアクションを起こそう

2回目のデートでは好意を確かめたいなどまだ様子見で告白を控える男性が多い一方、勢いや気持ちが抑えきれないことで告白してしまう男性も中にはいます。

いずれにせよ、何回目かのデートを重ねているのにも関わらず男性からなかなか告白されない場合は、女性から行動を起こすのも大切です。

2回目のデートを成功させるコツや、告白してこない場合の対処法を踏まえて、気になる男性とのお付き合いにつながる行動をしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事