彼から連絡がこない時はほっとくべき?放置しておく期間や対処法を解説

彼から連絡がこない時はほっとくべきなのか知りたい女性へ。今記事では、彼から連絡がこない時にほっとくべき理由から、放置する期間や連絡が来た時の対処法まで詳しくご紹介します。連絡がこないと不安に思っている女性は、ぜひ参考にしてみてください!

彼から連絡がこない時はほっとくべき?放置したほうが良いと言われる理由とは

彼から連絡が来ないときはほっとくべき?

彼氏から連絡がこないと不安や心配な気持ちから、ついつい返事もないのに、追っかけて連絡してしまうもの。

しかし、連絡がない時は、ほっとくべきだといわれることも。

それは一体なぜなのか、連絡がこない時に、ほっとくべき理由を詳しく紹介したいと思います。

【参考記事】はこちら▽


彼をほっとくべき理由1. 落ち着いたら連絡が来るから

彼氏から連絡がこない時は、なにか手を離せない状況である可能性が高いもの。

仕事の繁忙期で朝から晩まで仕事にかかりきりという時には、LINEなどされても返信する、時間の余裕も精神的な余裕もなくなってしまうことがあります。

忙しい時はいくら連絡しても彼氏の負担になるばかりです。彼氏も落ち着いたら連絡しようという気持ちがあるので、放置しておくべきなのです。


彼をほっとくべき理由2. 彼女の大切さを再認識するから

連絡に返事ができない時に、彼女がこちらの事情を察してくれると、とてもありがたいものです。

彼氏が仕事やプライベートが立て込んでいて余裕がない時に、「いまは大変なんだろうな」と彼女が理解して、そっとしてくれると助かります。

「俺の性格を分かってて、放置してくれるなんて、理解のある彼女だな」とあらためて彼女の大切さを確認できるのです。


彼をほっとくべき理由3. 彼を深追いせずに済むから

彼氏から連絡がこないことに振り回されて、不安や心配な気持ちに悩まされるのはあまり精神衛生上よくありません。

彼氏が音信不通でも、あまり過剰に気にしないで、「じゃあ自分のやりたいことをやろう」と気持ちを割り切って、彼氏を放置しておいたほうが良いケースは多々あります。

彼氏のことばかりにとらわれずに「連絡ないなら自由にさせてもらう」と、こちらから連絡しないでほっとくほうが自分の人生は楽しくなるはずです。


彼から1週間経っても連絡がなければ、もう一度連絡してみる

彼氏から連絡がこない状態でも、基本的には、あまりこちら側から右往左往しないで、ほっとくことがお互いのためにも無難な対応だといえるでしょう。

しかし、あまりに彼氏から連絡がこない状況が長く続くと、「別れたいのかも」という不安もありますし、「病気なんじゃないのか」「事故にでもあっていないか」などトラブルの心配もありますよね。

目安として、ほっといて1週間が経過しても、彼氏から連絡がこないなら、安否確認の意味も含めて一度、LINEや電話など連絡をしてみるのがおすすめですよ。


返信が待てない場合は、別れを検討するのが賢明

LINEやメールなどをして彼氏の安否確認をしても、なかなか返信がこない場合もあります。

そんな時に「不安でおかしくなりそう」とか「寂しくて泣きたくなる」などつらすぎて、返信が待てない人もいるでしょう。

このような彼氏とは、そもそも連絡に対する価値観が違いすぎる可能性があります。そのまま付き合っていても辛いだけの可能性があるので、別れを検討するのが賢明ですよ。


彼から連絡が来た時の対処法|最適な対応の仕方を解説

ほっとけば、いずれ音信不通だった彼氏から、連絡がくることがあるでしょう。

そんな時に彼氏への対応を間違えてしまうと、喧嘩など関係悪化につながることも。

ここからは彼氏から再び連絡がきたときの対処法について、詳しく紹介したいと思います。


彼から連絡が来た時の対処法1. 普段どおり返信する

連絡がこない間に何をしていたのか、あれこれ追求してしまうと、「束縛されているようで息苦しい」と彼氏が思ってしまうことも。

恋人が連絡をしてきたら、あまり過剰に詮索をしないで、普段どおりの返信をしておくのも効果的な対応法です。

何をしていたのか知りたい気持ちは理解できますが、あまり追求してしまうと、険悪な空気になって関係にヒビか入ることも。いつも通りに対応してもらえるほうが彼氏としても、気まずい気持ちを感じずにすみますよ。


彼から連絡が来た時の対処法2. 寂しかった気持ちを伝える

音信不通だった彼氏が連絡をしてきたときに、「全然大丈夫だったよ」などと言ってしまうと、彼氏は彼女を寂しい気持ちにさせたことに気づけません。

連絡をしてこなかった彼氏が連絡をしてきたら、「寂しくてすごく、つらかった」「不安に押しつぶされそうだった」など、待つ側の寂しかった気持ちをしっかり伝えましょう

彼女が寂しかったという気持ちを伝えることで、「自分は彼女にひどいことをしてしまったんだ」とあらためて実感することができて、自分の行動を反省できるはず。


彼から連絡が来た時の対処法3. 連絡くらいしてと少し怒る

連絡をしてこない彼氏を許してばかりいると、次第に「許してくれるから大丈夫」と慢心して、今後も連絡をしない状態が続くでしょう。

音信不通になっていた彼氏が連絡をしてきたときに、「恋人なんだから連絡ぐらいして」「ずっと連絡がないと心配するに決まっている」など少し怒ってみるのもおすすめの対処法です。

彼女が怒ることで、自分のしたことが酷かったと気づくものですし、「もう怒られるのはイヤ」という気持ちも手伝って、今後は連絡をしっかりするようになる効果も期待できますよ。


彼氏から連絡が来ない時は、追い連絡せずに一旦放置してみよう!

何らかの理由で彼氏から連絡がこないことがあります。

現在、彼氏が連絡をあまりしてこないで、いつも不安にさせられている人もいるでしょう。

基本的には、あまり彼氏に関わらないで、ほっとくのがスマートな対応。今回紹介した対処法を試して、彼氏に反省をうながしつつも、あまりこだわりすぎずに、自分の時間を楽しむ気持ちも大切ですよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事