一次会だけでお持ち帰りを確定させる方法

神々の合コン術 vol.5

モテニューロン式神々の合コン術.jpg


おはこんばんにちは合コン神だ。

さて、今回の連載はある種一番重要かもしれない。

どんなにパス回しが上手くても、ゴールが決まらなければ試合には勝てない。今日はそんなシュートの仕方を教える連載になるだろう。

合コンでお持ち帰りをイメージする時に
一次会はサクッといき、
二次会で盛り上がり持ち帰る。

これがあるべき姿だと思いこんでいる人が多い。

実際は違う。

俺は一次会の方がハマればセパりやすいと思っている。

なぜなら、二次会中は2人きりで抜けるタイミングが作りにくいからだ。

カラオケやダーツをしながら抜け出すことは難しく、みんなの前で「俺ら先帰るわー」というと、盛り上がってる空気を壊すことにもなりかねない。

さらに、二次会で持ち帰る場合は周りの目が気になるし、セパる時間も遅いため、持ち帰られることが前提となっていることがある。

しかし、一次会で抜ける場合は「持ち帰られるわけではないよ、バーで飲み直すだけだよ」と思わせることもできるし、あいつらホテル行ったな感もあんまり出ない。

逆に二次会で盛り上がって持ち帰れる層は、一次会である程度の食いつきがあるはずなので、お酒に酔ったという言い訳を与えるために盛り上げる必要があると感じる。


合コン王は一次会をどう捉えているか?

そもそも合コンとは、見知らぬ男女がたった1回の飲み会で、”運命の出会いだと錯覚するほど素敵な人と出会えた”と感じることが目的だ。

よって、ただコールをしたり、ゲームに没頭することは愚行である。ゲームが盛り上がったからといって、それは楽しい「だけ」であり、運命の出会いだとは思えないからだ。

よって、運命の出会いを演出するように、戦略的に合コンをする必要がある。

チーム全体がイケてるなと思われるようなバリューアップトークを行い男性メンバーの価値>女性メンバーの価値という力関係を作る。

そして1:1になったらチャネトークをして深い共感をし、相手の女性に自分を運命の人だと錯覚させて2人“だけ”で心を通じ合わせる。

そして、一次会の最後にセパる。

一次会からスムーズに2人きりで抜け出す、あるいは良い感じの2人を抜け出させてあげることだ。

だが、その2人きりで抜けることが難しいという方も多いと思う。

今回はその極意をここで伝えようと思う。


「ちなみに他の記事どんなの書いてんの?」
と思う方は以下を見てみてほしい。

俺が今回の連載「神々の合コン術」でつくっている記事がまとまっている。

最初の2本なんかは無料で読めるので、初めてこの記事に訪れた人はまずそちらがおすすめだ。


【そのまま使え】一次会でセパる時に言うべきセリフ

一次会をやっていると、“この2人は良い感じだな”と思われる2人が出てくると思う。俺はその恋の芽生えを絶対に見逃さない。

会計で集金し終わって、会計をこれからするようなタイミングで俺はこう言う。

この続きはプレミアムサービスに登録すると読むことができます

続きを読む

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事