初めての合コン必勝法!合コンの流れからモテる方法、注意点まで解説

大学生、社会人になって初めて合コンに参加するという方へ。初めての合コンだと、どのように振る舞えばいいかわからなくて不安ですよね。そこで今回は、合コンの大まかな流れから、参加している異性にモテる方法を大公開!注意すべき点を頭に入れて、初合コンを成功させてくださいね。

初めての合コンに参加予定の方は必見!

初めての合コン必勝法

友人から誘いを受けることも多い合コン。男性と女性の出会いの場として知られる合コンですが、実際どんなことをするのか分からない方も多いでしょう。

特に「合コンに初めて参加する!」という方は怖いと感じてしまいますよね。

この記事では「合コンとは何か」「どんな流れで合コンをするのか」など初めての方が気になる合コンのポイントを解説しています。

ぜひこの記事を参考に、初めての合コンを成功させてくださいね。


そもそも「合コン」とは?

合コンとは、「合同コンパ」の略です。

ここでいう「コンパ」とは、友人との仲を深めるために開催される歓迎会、親睦会のようなもので、もともとドイツ語の「コンパニー」が由来だとされています。

また、「合同」とは「男女合同」という意味で生まれたとされます。既に1960年ごろには違う大学に通う男性と女性が集まって「合コン」を開いていたとされていますので、合コンは案外伝統的な遊びとも言えそうです。


「飲み会」との違いは?

男女が親睦をふかめることを目的にしている合コンですが、飲み会との大きな違いはその目的にあります。飲み会の場合、性別問わずお酒を飲みながら親睦を深めて楽しむことが主な目的となりますが、合コンの場合初対面の男女が恋愛関係を深めることが目的です。

恋愛、と言ってもその目的は人にもよりますが「ここで出会った異性と個人的に仲良くなりたい」という気持ちを抱いて参加するのが合コンだと言えます。


合コンの主な流れを大公開!

合コン参加が初めての人にとって、合コンがどんな流れで進むのかを知ることは非常に大切です。自分だけが流れを理解出来ずに失敗し、異性から馬鹿にされるのは何としても避けたいですよね。

ここからは、初めての方に向けて、合コンの具体的な流れを紹介していきます。「とにかく初めての合コンが不安!」「人見知りだから異性と話すのが怖い!」という方は気持ちを落ち着けるためにも、ぜひチェックしてくださいね。


流れ1. お店についたら着席する

合コンと言っても、基本的な流れは通常の飲み会と一緒です。約束の時間に合わせてお店に行き、自分の席に着席しましょう。

この時、既に各参加者の席が決められている場合もありますので、その場に合コンの幹事がいる場合はどの席に座ればいいか聞いておくとスムーズです。

友人や知人が先に座っている時は、開始前に少し会話をしておくと緊張もほぐれるかもしれません。


流れ2. 全員揃ったら乾杯をする

参加者の集まり具合によっては、全員揃う前にお酒を注文するケースもあります。しかし、基本的には通常の飲み会と同じく、メンバーがそろい次第乾杯をします。

乾杯をした後は参加者同士が自由におしゃべりを楽しむことになりますが、お互い初対面の合コンでは乾杯直後から盛り上がるのは非常に難しいです。

人見知りの方でも、周りの人と少しずつ会話を始めつつ、距離を縮めていくようにしましょう。


流れ3. 初めに一人ずつ軽く自己紹介をしていく

乾杯後、場が落ち着いてきたら幹事から「自己紹介して下さい」といった案内があるでしょう。もちろん周りに座っている人には先に自己紹介をしたかと思いますが、改めてその場にいる人全員にあなたのを知ってもらうのは大切です。

参加メンバーが多い場合、自己紹介は短めにするのがおすすめです。初めて参加する場合「合コンは初めて」と伝えておくと、周りの人が合コンの流れを仕切って進めてくれますよ。


流れ4. 食事やお酒を楽しみながら会話やゲームを楽しむ

自己紹介をした後は、それぞれ周りの人と会話をしたりして親睦を深めます。幹事によっては全員参加のゲームを用意してくれている場合もあるので、積極的に参加しましょう。

しかし「何を話せばいいか分からない…」と黙ってしまうのはNGです。趣味や住んでいる場所、休日の過ごし方など初対面なら話の種がたくさんあります。せっかく参加したのですから、恐れず異性とも会話をしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


流れ5. 全体的に交流を深めるよう、こまめに席替えをする

合コンは飲み会と異なり、男性と女性の出会いを主な目的としています。出会いのチャンスを増やすため、合コンでは幹事主導の席替えを頻繁に行うことも多いでしょう。

基本的には、一回の飲み会でそれぞれの異性と隣になれるよう、席を変えていきます。

初対面の人と次々会話をするのは大変ですが、新しい出会いのチャンスだと前向きにとらえて積極的に会話を楽しむのがおすすめです。


合コンに行く前に覚えておきたい最低限のマナー

合コンの基本的な流れについては分かりましたが、いわゆる「暗黙のマナー」などがあるのではないかと不安な方も多いでしょう。

合コンには、意識しておくべきマナーがいくつかあります。初めての方はぜひ参加前に以下のマナーをきちんとチェックし、「あの人、合コンを分かってないよね」などと言われないよう気を付けましょう。


マナー1. トイレに行くのは基本的に一人ずつ

大人数の飲み会であれば、複数人が同時にトイレに行っても場に変化はありません。しかし、少人数の合コンの場合は何人かでトイレに行ってしまうと、その場が一気に閑散としてしまいます

また、同性同士が連れ立ってトイレに行くと、異性から「自分たちの悪口を言われているんじゃないか」など疑念を抱かれることもあります。トイレは必要最低限にして、なるべく一人で行くようにしましょう。


マナー2. お酒を無理に飲まない、または飲ませない

合コンは居酒屋などで行われますが、通常の飲み会と同じく「絶対にお酒を飲まなければいけない」というわけではありません。

そのため、他人にお酒を飲ませようとするのはNGですし、あなたも限界以上にお酒を飲む必要はありません。

もし、それでも無理にお酒を勧められるようであれば、途中で帰るのも一つの方法です。


マナー3. 箸の持ち方など、礼儀正しい食べ方を心がける

男性、女性問わず食べ方が綺麗な人は異性から見て非常に魅力的です。しかし合コンが盛り上がるとついつい礼儀正しい食べ方を忘れ、食事やお酒を何も考えずに口にいれたりしてしまいます。

しかし、多少お酒が入った状態でも、相手を不快にしない食べ方をするのは最低限のマナーです。箸の持ち方などに気をつけ、常に綺麗な食べ方を意識しましょう。

【参考記事】はこちら▽


合コンでモテるためのマル秘テクニックをご紹介!

初めての方であっても、やはり合コンに参加する目的は「良い異性との出会い」ですよね。「合コンでモテたい!」「とにかく異性から好かれたい!」などその欲求は様々。

しかし、異性からモテるためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

ここからは服装や会話のポイントなど、合コンでモテるためのテクニックを5つ紹介していきますので、ぜひ参加前にチェックしてくださいね。


テクニック1. 男性、女性どちらも清潔感のある服装や髪型で行く

自分を覚えてもらうためにインパクトのある服装で行こうと考える方は多いですが、初めての合コン参加で目立ってしまうと、本当に初参加かどうか疑われてしまいます。

そのため男性、女性どちらもいわゆる清潔感のある普通の服装をしていきましょう。

清潔感のある服装は男女ともに好感度が高いです。合コン慣れしている人なら目立つ服装も可ですが、初めてであれば、まずは無難な服装をおすすめします。

【参考記事】はこちら▽


テクニック2. 親しみやすいよう常に笑顔を心がける

合コンに限らず、話している相手から嫌な顔をされたら不愉快な気持ちになりますよね。特に初めて会う合コン参加者の前で不機嫌そうにしていると、印象は非常に悪くなってしまいます。

最初の印象で失敗しないよう、緊張していてもなるべく笑顔でいるよう心がけてください。あなたが笑顔で振舞えば親しみやすさを感じ、異性の方から話しかけてくれることも少なくありません。


テクニック3. 相手の持ち物などを褒めてみる

初対面の人からでも、自分のことを褒められるのは嬉しいものです。

いきなり相手の顔を褒めるのは不愉快に思われる可能性があるのでNGですが、合コンではまず相手の持ち物やセンスを褒めて、距離を近づければ上手く好感度を上げることができます。

褒める対象として王道なのが、相手の服やカバンです。特にファッションにこだわりを持っていそうな異性であれば、きっと喜んでくれるはずです。


テクニック4. さり気なく相手の名前を呼ぶ回数を増やす

男性、女性問わず自分の名前をたくさん読んでくれた人に好感を持つ人は多いです。その特性を活かし、気になった人の名前を会話の中で積極的に口にするようにしましょう。

また、相手にオリジナルのあだ名をつけるのも効果的です。

あだ名をつけられるのが嫌という異性でなければ、その人の名前を活かしたあだ名を決め、何度もその名前を呼んでみましょう。


テクニック5. 気になる人の聞き役に徹して、話していて楽しいと思わせる

相手に好意を持ってもらうには、相手のことを受け止めるという姿勢を見せることが大切です。

特に自分の話を誰かに聞いてもらうと、相手は「話していて楽しい」と感じるため、好感度を急上昇させることができます。

気になった異性に自分の自慢話をするのではなく、相手に喋らせるという気持ちで相槌を打つことを心掛けてくださいね。


合コン中に気をつけるべき4つの注意点

初めての合コンで一番怖いのが、相手に「失礼な人」「嫌な人」と思われてしまうことです。

お酒を飲んで騒ぐ合コンではついつい失礼な行動をしてしまいがちですが、異性からの好感度を上げるには相手の気持ちを考えた言動をすることが最も大切でしょう。

ここからは初めての合コン中に気をつけることを4つ紹介していきますので、必ず事前にチェックしてください。


注意点1. 過度なスキンシップをとろうとしない

女性、男性問わず体に触られること自体を嫌がる人も少なくありません。そのため、いくら仲良くなる目的でやっていることでも、過度なスキンシップはやめるようにしましょう。

もちろん、うっかり触ってしまった程度なら相手も不愉快に思いません。しかしスキンシップを取りすぎると失礼な人と認定され、会話をしてもらえなくなる可能性もあるので、合コンの場では周りの人に触らないよう意識しましょう。


注意点2. 同性の友達とばかり話さない

初対面の人と連続で話さなければいけない合コン。特に人見知りの方だと「初対面の異性と話すなんて怖い!」と、同棲の友人とばかり話してしまうこともあります。

しかし、友人とばかり話しているとあなたが合コンに来た目的が分からず、周りの異性も困惑してしまいます。

多少の緊張は仕方ありませんが、なるべく異性と積極的に会話をするよう意識しましょう。


注意点3. 空気を乱すような言動や行動は控える

合コンにも、場の空気や雰囲気があります。その空気を乱すような言動をしては参加者から迷惑と思われ、次回以降の合コンに誘われなくなるかもしれません。

会話の流れを無視して自分の話ばかりしたり、他の参加者同士が良い雰囲気になっているところに無理やり入っていく行為はルール違反です。

通常の飲み会と同じく、他人を不愉快にさせる言動はやめましょう。


注意点4. タバコは席を外して吸うようにする

最近は店内全面禁煙のお店も増えてきました。しかし、もし喫煙可能なお店であっても、参加者の中にはたばこの煙が苦手な人もいるかもしれません。

もし合コン中に煙草を吸いたくなった時は、なるべく席を外して、たばこ休憩はさっと済ませて会話に戻るようにしましょう。

何度もたばこのために席を立っていると「会話が楽しくないのかな。」と異性に思われ、好感度が下がってしまうこともあります。


初めての合コンを成功させる鍵は事前準備ですよ!

合コンの流れやマナー、異性にモテるポイントなどを事前に抑えておけば、初参加の不安は解消されます。

人見知りの方だと「どうやって異性と話せば良いんだろう…」「緊張で変なことを言ったりしないかな…」と怖くなってしまうかと思いますが、まずは落ち着いて目の前の異性との会話に集中しましょう。

初めての合コン参加をぜひ楽しんでくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事