2015年8月5日

合コンは自己紹介で決まる!成功例10パターン

合コンの自己紹介、準備してますか。女の子は第一印象であり・なしを判断するため、ツカミがとっても大切。今回は合コンマスターの成功例から女子ウケする10パターンをご紹介。ポイントは印象付けと共通点探し。ぜひとも男女の素敵な出会いにしてください。

合コンの勝敗は自己紹介で決まる

合コンも飲み会同様、最初はやっぱり乾杯から。そしてその後に待ち受けているのが「自己紹介タイム」。合コン初心者や人前で話すのが嫌いな人、面白い話が苦手な人にとっては苦痛の時間。しかし、そこは勝負の場「合コン」。女の子は第一印象で「あり・なし」を決めるので、ツカミがすべての勝敗を左右します。自己紹介タイムで相手の心を掴み、好印象を残しましょう!

 

大前提として、話し方には気をつけましょう

自己紹介をする上で、何よりもまず話し方が大事になってきます。

  • 緊張してモジモジする
  • 不安になり下を向く
  • テンパってしまい何を言っているのか分からない

まずは最低限、明るく元気に自己紹介しましょう。絶対に笑顔を忘れないこと。では本題、10パターンの成功例を解説します。

 

1. 女子との共通点「趣味」で探る

名前や年齢、職業などはあえて普通の自己紹介にして、「趣味」や「休日の過ごし方」でアピールするパターンです。狙いは、共通点をつくる or 興味を持ってもらうこと。

共通点を作るコツは、掘り下げすぎず、幅広い自己紹介をすること。アウトドア&インドア、どちらの趣味も話すと良いでしょう。

逆に興味を持ってもらう場合は、強烈な趣味を話して面白い話題に持って行きましょう。自己紹介タイムで周りと差のつく印象を残すことができれば、この後の会話の話題も広げりますよね。

 

テンプレ① 趣味<筋トレ・トレーニング>

「僕の趣味はプロテインを飲むことと筋トレです。今日は一緒に筋トレするトレーニングパートナーを探しにきましたー!一緒にジムに通いましょう。よろしくお願いします!」(男性陣から「何しに来てんだよ!」というツッコミがあったら、ちょっと面白くすることができます。)

テンプレ② 趣味<音楽鑑賞>

「音楽が好きで、アーティストは◯◯好きです。夏になると野外フェスとか行ったりします!好きな人、一緒に行きましょー!カラオケ好きだから、今日の2次会楽しみです!」

テンプレ③ 趣味<旅行>

「旅行が好きで、人生も仕事も旅行に捧げています。今までで一番印象的な旅は、ケニアに行った時。パスポートもお金も全部盗まれて一週間ホームレス生活してたら、死にそうになりました!だからサバイバル生活なら負けません。」

 

2. 鉄板、ボケる自己紹介

とにかくボケる!完全テンプレがあるため、誰でも簡単に真似できます。このテンプレを応用してボケるのも当然あり。ただ、合コン慣れしている女の子だと「またこのボケ~」みたいに思われる可能性もあるかも。自虐ネタも駆使して、オリジナルの自己紹介を展開しましょう。

【テンプレ】
  • 今日は真面目な気持ちで、一晩限りの相手を探しにきました
  • 好きなタイプは優しくて、氷のように冷たい人です
  • 今日は合コンということで、軽い気持ちで結婚相手を探しに来ました
  • 今日は一緒にデートしてくれる女子もしくは、男の子を探しに来ました


 

 

自虐ネタでボケる

  • 体が大きい人だったら「この中で一番体は小さいですが、器は一番大きいです。」
  • 身長が低ければ「今日は身長が縮む薬を飲んでますが、いつもは背が高いので気にしないでください。」

など、自虐ネタを出して空気を和ませるのはおすすめ。女の子に、絡みやすい人だ!という安心感と優越感を与えることができます。自分にあった自虐ネタをいくつかストックしておきましょう。

 

3. 「〇〇と呼んでください!」

 

あだ名で呼び合う空気を作れる最高の自己紹介。普段あだ名やニックネームで呼んでもらう機会は意外と少ないもの。合コン中にあだ名で呼び合う雰囲気を作ることができれば、それだけで親密な雰囲気になるためおすすめ。

あらかじめゲームしやすいように、3文字以内などの制約を付けたりしたら面白いです。制約をつけることで、新しいニックネームができたら素敵な合コンにもなりますよ。

 

4. 方言丸出しで自己紹介

地方出身者は、あえて訛りを出して自己紹介してみましょう。さりげなく女の子の地元を探る話にも発展しますし、このあとの話題も広がります。

おすすめは最初標準語で、途中からいきなり訛りが入ること。方言がいきなり入ると周りは驚きますが、確実に印象を残せるだけでなく、ギャップを見せることもできますよ。特に関東出身の女性は、関西弁の男性に弱かったりします。ここを上手く利用しましょう。

 

5. 呑みますイケイケキャラを前面に出す

オリラジ藤森慎吾のような、あげぽよ~!な「呑みますイケイケキャラ」で自己紹介するパターン。このキャラは、女性陣の面子を考慮しないと、大怪我をする可能性があります。事前リサーチを徹底しましょう。

テンプレ① 呑みますキャラ

「今日は可愛い子と呑めるということでワクワクしています。趣味は、女の子が一気で呑めなかった飲み残しを代打飲みすること。ちなみに、ほろよい2缶でぶっ潰れます。今日は気合入れてるので、ほろよい3缶いけるよう頑張ります!よろしく〜!」

テンプレ② イケイケキャラ(ツッコミ必要)

「趣味はカラオケでAKB48のポニシュシュに合いの手を入れること。あと毎日クラブに行ってナンパしてます。一日にナンパした人数は最高で130人。ちなみにナンパのときにホテル行こうって直接声をかけた場合131人目で本当にホテルに行けるみたいです。だからラスト1人ナンパしたらそのままホテルに行けました!こんなに凄く真面目な奴ですが、今日はよろしくぅ〜!」

 

ギャップを見せることができれば完璧

呑みますイケイケキャラの場合、ギャップを上手く見せることができれば完璧です。「この人チャラそう…。」「遊んでそう…。」と思わせたあとは、雑学を披露したり、鋭いツッコミをしたり。知的で頭の回転が早い人と思わせましょう。うまくギャップを見せれるなら、極限まで藤森慎吾キャラでもいけます。

 

6. 一風変わった趣味で話題作り

【1. 女子との共通点「趣味」で探る】の振り切ったパターン。一風変わった自己紹介で話題を作りましょう。理解されない趣味を披露できたら、印象付けもばっちり。自己紹介タイムのあとの話題もできるので、一石二鳥です。

テンプレ① <天体観測>

「僕の趣味は天体観測。星が好きです。星を見つけては自分なりの名前をつけていたりします。彼女ができたらプラネタリウムに行ったり、一緒に星座観察とかしたいと思ってます。星のことなら何でも聞いてください。星座100個は覚えてます!」

テンプレ② <人間観察>

「暇なときはスタバやマックで人間観察をしています。渋谷スクランブル交差点のTSUTAYA上のスタバには毎週4日くらいはいます。今日はみなさんのことを隅から隅までしっかり観察させていただきます!(気持ち悪い…という雰囲気orツッコミ)すいません。一旦飲んでおきます。そして自重します!」

テンプレ③ <トライアスロン>

「趣味でトライアスロンをやってます。正直本当に辛い競技です。自分に勝つためにやってます。自分の身体を痛めつけるのは好きです。でもSです。たまにケイン・コスギとか室伏広治ってイジられます。今日は言わないでください(フリ)

テンプレ④ <天気図を書く>

「暇なときは天気図を書いています。小学生の頃からほぼ毎日やってたら雲を見れば天気がわかるくらいにはなってきました。今日は合コンの天気図を荒らさない程度に、荒らしていくつもりです。ちなみに、僕の歴代彼女は僕を天気予報のように使ってました。生きるの辛い…よろしくお願いします!」

変わった趣味は話題を呼びます。全力でボケる必要はありませんが、大人のユーモアあるボケをかますことができたら素敵ですよね。こちらも仲間からのツッコミを入れる場合は、あらかじめテンプレとして相談しておきましょう。

 

7. 〇〇に似ているとよく言われます

相手に印象付けしやすい「〇〇に似ています!」の自己紹介。大概の場合、自分の名前ではなく似ている芸能人の名前で覚えられてしまいますが…。どこかしら似ているパーツを探したり、モノマネを一つ練習しておいたり、何かしら似ているパーツを作っておきましょう。

顔が似ている場合

イケメンはNGです。あと女性に人気のある芸能人もNG。たとえ似ていたとしても、ファンだった場合かなりのこだわりを持っています。実際に似ていたとしても「福士蒼汰」に似てるって言われますって言った途端に、空気が凍ったり、女の子が苦笑いします。無難なのは「お笑い芸人」or「かっこ良くない芸能人」。錦織圭や石川遼とかスポーツ選手もちょうど良いですね。※うっちーはアウトです

▷▷▷テンプレ

「斜め45°から見たら、◯◯に似てるって言われます。」「遠くから目を細めて見たら◯◯に似てるって言われます。」「顔を上下左右から30回くらい殴ったらキムタクになるって言われます。」

声が似ている場合

軽くモノマネしながら普通に自己紹介すると良いでしょう。似ていたら基本的にツッコまれます。アーティストや歌マネが似ていると言われる場合は軽くアピールしておきましょう。二次会のカラオケが大いに盛り上がります。※いきなりモノマネは空気を凍らす可能性があるため気を付けましょう

キャラが似ている場合

友人に他己紹介してもらうのがおすすめ。

  • 松岡修造:こいつ松岡修造並みに真面目真っ直ぐで暑苦しいやつ。良いところは浮気しないところくらい!
  • 江頭2:50:変態でアホだから、あだ名はエガちゃん。今日は寒い一発芸とかしなくていいかんな!
  • 高田純次:こいつテキトー過ぎて、社内じゃ高田純次、普通の人って言われるくらいだよ。

 

8. 強みを存分に活かす

自分の強みを活かして、うまくアピールします。もちろん自慢ではありません。得意分野を話すことで「この人奥が深そう…」と印象づける自己紹介ができます。

テンプレ① <電車大好き>

「電車ヲタクで、むっちゃ詳しいです。駅で写真撮ったり、みたいなちょっとキモがられることはやりません!山手線デームとか駅名になったら絶対に負けないので、今日の山手線ゲームのお題は駅名でいきましょう!」

テンプレ② <アパレル好き>

「服が大好きで、毎週服買ってます。ただの浪費です、はい。でもお陰で、女性用の服もむっちゃ詳しくなって、コーディネートの資格まで取りました!似合う服とかブランド知りたかったら、教えてください!フルコーデします(笑)」

テンプレ③ <カフェ好き>

「女子みたいですけど、カフェが好きで毎週一つカフェを開拓してます。渋谷・原宿・表参道のおしゃれカフェは行き尽くしました!仲良くなれたら、カフェ巡りとかしましょー!案内も、もちろんできます!」

テンプレ④ <本好き>

「読書が好きで、もちろんマンガも大好きです。一日5冊は読んでます。もちろんちゃんと仕事もしてます!少女漫画から少年漫画まで全部読みます。今上映中の図書館戦争も原作全部読みました!好きな人語りましょー!」(映画化した原作などは、女の子によっては読んでいる可能性があるため話題を作れます。)

自分の得意分野を軽くアピールすることで、自分に興味を持ってもらうことができます。他にもアウトドア系でダイビング・サーフィン・バンジージャンプなど、この人アクティブ!という好印象を与える強みを作っておくと女子ウケ抜群です!

 

9. 弱みを敢えて活かす

相手の意外な一面を知ると、好感をもちやすくなることがあると言われます。特に、自分の弱みを相手に話すのは効果的。もちろん話し方を間違えると、自分の評価を落としてしまいますので、要注意。

テンプレ① <隠れデブ>

「痩せて見えますが、実はお腹出てます。プーさんってよくいじられます。でも逆にプーさん好きの女の子からはむっちゃ好かれます!」

テンプレ② <童顔>

「生まれつき童顔で、いつも年確されます。今日は奇跡です…。でも、顔が幼いから、それだけ男らしい人間です!!!誰よりも男らしい生き方してます。無人島に行ったら絶対に最後まで生き残れます!よろしくお願いします!(ネタっぽく松岡修造のようにアツく語る)」

などとポジティブな結論で終わるのがベスト。ネガティブな雰囲気にすると、空気を壊してしまいます。自分の意外な一面を見せて、ギャップをつくりましょう。ギャップが大きければ大きいほど人間的な魅力は増します。

 

10. ペットの話題で自己紹介

ペットを使った自己紹介は女子ウケ抜群。下記の統計はリサーチバンクという様々な統計調査会社が10〜60代の男女に対して「現在の居住地でペットを飼っているか」をインターネット調査したデータです。有効回答数は1200件の内、ペットを飼育している人は全体の約3割という結果が出ました。

統計上では合コンに来た女の子の約3人に1人がペットを飼っている計算になります。ちなみにペットを飼っている人の約8割が「犬・猫」を飼育しているという統計も出ています。


つまり、自己紹介の際にペットの話題を出すことができれば会話のツカミも抜群。もしペットを買っていなくても「写真見せて〜」ってなるので、話も盛り上がります。動物嫌いな女性はほとんどいないので、おすすめの自己紹介です!


 

「インパクト」と「共通点作り」を重視する

合コンの自己紹介では、①相手の印象に残るインパクトのあることを言えるか、②女性との共通点をいくつ作ることができるか、の2つが重要になってきます。自分の長所と短所をうまく利用してギャップをうまく見せましょう。興味を持ってもらえればこの後の会話も盛り上がること間違いなし。ボケやツッコミ、オリジナルな自己紹介をしっかりと準備して、最高の合コンの思い出を作りましょう!

【参考記事】合コンで答えちゃダメな女性芸能人とは▽

【参考記事】合コンでお持ち帰りできる女性を見極める方法

【参考記事】合コンを含む、出会いの場を36個お教えします▽

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。