タフな人とは?特徴と精神的に強く、ストイックになる方法を解説!

タフな人になりたい方へ。本記事では、「タフ」の言葉の意味から、タフな人の特徴まで大公開!タフな人になる方法も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

そもそも『タフ』とは?どんな意味?

タフとは?

タフとは英語で、肉体や精神がたくましく疲れを知らない様子を指します。

「ちょっとやそっとのことでは挫けない強さを持っている人」を表す言葉です。

類義語としては、

「しぶとい」

「不屈」

「粘り強い」

「体力がある」

などがあげられるでしょう。

日常でよく使われるシーンとしては「前日は仕事で終電で帰宅したのに、翌朝5時起床でキャンプに行く人」などに対して「タフな人だね。」と言うことがあります。


タフな人の特徴|たくましい肉体や強い精神力を持っている人の共通点とは?

「タフな人って具体的にどんな人を指すの?」

「私って周りと比べるとタフなのか診断してみたい。」

タフな男性や女性は仕事や趣味や恋愛にいつもエネルギッシュ。

自分も当てはまっていれば自信になりますよね。

ここからはタフな人の共通点を紹介していきます**。

自己診断で5つ当てはまればタフな人**と言えるでしょう。

タフな人の特徴をチェックして、自分や周りの男性や女性がタフなのかどうか診断してみてください。


特徴1. 自分の失敗を素直に受け入れられる

タフな人は強い精神力を持っているため自分に非があれば素直に謝罪できます。

  • 仕事でミスを指摘されても、「すみません、すぐ直します。」と言い訳せず対処する。
  • 恋人との約束を忘れてしまっても「ごめん。次のデート奢るから行きたい場所教えて。」と素直に謝罪し、次のデートプランを提案できる。

このように、自らの失敗を認めて謝り、ポジティブな気持ちに切り替えるのがとても上手です。


特徴2. 周りに流されない芯の強さを持っている

常に自分の考えに自信を持っているタフな人は周囲からの意見に惑わされることはありません。

例えば、

  • 車の事故トラブルなどでも慌てることなく警察や保険会社にすぐ連絡を取る。
  • 周囲から煙たがられてる人にも気さくに話しかけ、良好な人間関係を作れる。

このように判断基準は全て自分の中にあるので、周りに流されない芯の強さを持っているのです。


特徴3. 自分を良く見せようと見栄を張ったりしない

タフな人の特徴として他人と自分を比較せず、ありのままの自分を受け入れることがあげられます。

例えばこのように、

  • ファッションに疎いことを隠さず堂々とシンプルな服を着ている。
  • 仕事で良い成績が残せなくても、ありのままを上司に報告できる。

自分に正直に生きるのをモットーにしているため見栄を張り、偽ることを嫌うのです。


特徴4. メンタルが常に安定している

タフな人は自分の物差しで物事を捉えているので周囲の環境に左右されることが少ないです。どんな時も冷静に考え、適切な判断ができるでしょう。

例えば、

  • 仕事でトラブルが発生しても速やかに対処し、被害を最小限に抑えられる。
  • 常にニコニコ笑顔で、イライラしたり怒ったりする表情を見せたことがない。

など精神的に安定しているため、周りにいる人達にも安心感を与えます。


特徴5. 愚痴や文句を言わない

現状に不満がある場合でも、タフな人は精神的に余裕があるため冷静に解決方法を考えられます

そのため、愚痴や文句を言う暇がないのです。

  • 会社の給料が低くても、副業を始めてバリバリ稼いでいる。
  • 恋人に不満があれば、話し合いの場を設ける。

このように不平不満を言う前に行動して、悩みを全て解決してしまうのです。


特徴6. 相手の気持ちに寄り添うことができる

タフな人は自分の軸がしっかりしていますが、それを他人に強要することはありません。

自分と他人の違いを受け入れる大きな懐を持っているため、寄り添う優しさも持っているのです。

  • 友人と旅行の行き先で揉めても、みんなの意見を上手にまとめられる。
  • 職場で仕事が出来ない人がいたら、ミスを指摘せずにさりげなくフォローできる。

このようにタフな人は自分の意見だけでなく相手の主張も大切に考えて行動できるのです。


特徴7. 常に向上心がある

タフな人は成長意欲があり常に夢や目標に向かって積極的にチャレンジします。

例えばこのように、

  • 独立を夢見て資格取得の勉強に励んでいる
  • 理想の体型に近づくため週3でジム通いをしている。

目的がはっきりしているため常に高いモチベーションで継続できるのです。

大人になっても学ぶ姿勢を忘れないのがタフな人の特徴です。


特徴8. 自分に自信を持っている

自分の信念を貫く強さを持っているタフな人は、どんな困難なことがあっても自信を見失わず、ポジティブシンキングなのが特徴です。

  • 仕事で失敗しても正しいと思ったやり方を貫き最終的に成果を上げる。
  • 好きな人が振り向いてくれなくても、めげずに自分をアピールできる。

このように、「失敗も成功するための過程」と捉える強いメンタルを持っています。


特徴9. 精神的に余裕がある

自分の軸があり、他人と比べることをしないのでいい意味でマイペース

その結果、周りを見渡せる余裕が生まれ、周囲の人に優しくできます。

  • 電車の座席に座れなくてもイライラせず、逆に自分が座っていたらお年寄りや小さな子供に席を譲ってあげる。
  • 待ち合わせで待たされても自分なりの時間の潰し方を知っているため、落ち着いたメンタルで相手を待てる。

このように、どこかほっとする安心感を与えるのがタフな人の特徴と言えるでしょう。


特徴10. 視野の広い考え方をしている

偏見や思い込みが少ないためどんな場面でも柔軟に対応できるタフな人。

視野を広げて物事を考えることが得意なのが特徴です。

  • オフ会に参加して多種多様なアイデアを聞くのが大好き。
  • 自分の部署だけでなく、他部署からの意見も参考に仕事の方針を決めている。

このように人の意見を取り入れながら、自分の生き方に反映させているのです。


タフな人になる方法|何事にもくじけない強さを手に入れるには?

「小さなことで悩む自分を改善したいな。」

「タフな人になるにはどんな風に考えたらいいんだろう。」

タフな人は一緒にいるだけで心強い存在ですよね。

「自分もそのような存在になりたい。」と誰もが憧れてしまうでしょう。

そんな彼らになるにはどのような行動をしていけばいいのでしょうか。

ここからはタフな人になる方法を紹介していくので、簡単な項目からチャレンジしてみましょう。


方法1. 身の回りのものを断捨離する

物がたくさんあると、執着心や未練の気持ちが強くなり依存心が生まれます。

すると物だけでなく人にも依存してしまい精神的に強くなれません。

  • 一年間使用しなかった服や物は捨ててしまう。
  • あまり仲良くない人の連絡先は思い切って消す。

など身の回りものを断捨離することで身軽になり、執着心が薄くなるのを実感できるでしょう。

物を捨てることや連絡先を消すことに迷ったら、

「もう一度買い直せるか。」

「共通の知り合いに連絡先を再度聞き直せるか。」

を基準に判断するとすぐに決断できますよ。


方法2. 他人の成功を素直に喜ぶ

タフな人になる方法の一つに嫉妬やひがみの感情を持たないことがあげられます。

  • 同僚が昇進したら「おめでとう。追いつけるように頑張るよ」と伝える。
  • 友人から結婚の報告をされたら、「末永くお幸せに。」と祝福する。

このように、「自分ごととして捉える」ことで、嫉妬することなく過ごせるのです。

もし嫉妬心が生まれてしまったら「正直悔しいけど、」と素直に話してしまいましょう。

その方が自分の感情に向き合えて、ポジティブな思考に切り替えられますよ。


方法3. 愚痴や文句は言わない

不平不満を言うと自分の印象も下がりますし時間のロスにもなります。

まずはどのように改善したら良いかを考えて行動することがタフな人になる方法への近道です。

  • 職場で苦手な人がいたら長所に注目してみる。
  • 渋滞でイライラしそうになったら好きな音楽を流し車内でカラオケして気分転換する。

など視点を変えることで人生が楽しくなります。

しかし悩みが深刻で体調不良になってしまったら無理に我慢する必要はありません。

信頼できる人に相談してみることも大切です。


方法4. できないことを無理してやろうとしない

人には向き不向きがありますので、どうしても乗り越えられないこともあります。

その時は執着を捨てて、出来ることを頑張った方が良い結果を生むはず。

  • 営業職はどうも向いていないので思い切って事務職へ異動届を出してみる。
  • ダイエットでランニングを始めたが苦手なことに気付き、筋トレにシフトチェンジしてみる。

このように視野を広げて出来そうなことに挑戦してみましょう。

ただし、努力の末に出来るようになり得意分野になり得る可能性もあります。

ある程度期間を定めて集中して取り組んだ上で、それでも無理そうなら諦める決断をすると後悔が少ないですよ。


方法5. 相手の非を受け入れる

相手の非によって起こったトラブルでも一緒に問題解決に取り組んだ方が自分も相手も良い方向へ向かいます。

そうすることで精神力が鍛えられタフな人に近づけるでしょう。

  • 部下のミスを責めることなく解決策を一緒に考える。
  • 友達が約束を忘れてしまっても怒ることなく次の予定を提案する。

など「誰にでもミスはあるもの。」と大きな心で相手を許してみましょう。

ただし何回も同じ相手からそのようなことがあれば関係性を見直す必要がありそうです。

一度しっかり話し合いの場を設けてみましょう。


方法6. 自分の弱さを認める

自分の弱さが分かっている人は努力の方向がはっきりしているため、常に前向きに行動できます。

その積み重ねで強い精神力が手に入るのです。

  • 朝が弱いので夜更かしや飲酒を控えて少しでも目覚めをよくする。
  • 人見知りなのでなるべく人と話す機会を増やしている。

のように、タフな人になるには、まず弱い自分を受け止めてから行動を変えてみましょう。

「自分の弱い部分がよくわからない。」という人は、家族や信頼できる知人などから、あなたの印象を聞いてみると前向きになるヒントをもらえますよ。


方法7. 常に笑顔でいることを心掛ける

辛いことがあっても常に笑顔を心掛けることで気持ちが穏やかになります。

すると今まで悩んでいたことも小さく感じてポジティブな気持ちを取り戻せるでしょう。

  • 鏡を見るたびに口角を上げて笑顔を意識づける。
  • 人と話す時は常に微笑みを忘れないように心掛ける。

など、笑顔でいるからこそポジティブになれることを知り、積極的に実践していきましょう。

笑顔の素敵な芸能人の画像を参考に研究してみるのもおすすめです。


方法8. 成功のイメージトレーニングをする

スポーツ選手が必ずやっていると言われるイメージトレーニングは日常生活にも効果を発揮します。

気持ちが前向きになり、どんな挑戦にも乗り越えられる精神力が培われるでしょう。

  • 納期に間に合いそうにない仕事でも、効率よくこなす自分をイメージして集中して取り組む。
  • プレゼン前は流暢かつ自信満々に話す自分をイメージしてテンションを上げる。

イメージトレーニングをする際はお気に入りの場所や音楽に囲まれるのがおすすめ。

リラックスすることで気持ちが前向きになり、ポジティブなイメージがどんどん浮かんでくるはずですよ。


方法9. 小さな目標を設定してクリアしていく

自信を培うには成功体験の積み重ねが効果的です。

小さなことでもいいので日頃から目標をクリアしていくことで自尊心が高まりますよ。

  • 会社では「元気な声で挨拶する。」「電話に誰よりも早く出る。」など小さな目標を掲げてクリアしていく。
  • 「毎日スクワット最低10回」など体づくりの簡単な目標を立て、すきま時間などに行う。

など簡単であればあるほどハードルが下がり達成しやすくなります。

達成できた日はカレンダーや手帳に印をつけると視覚化でき更にモチベーションが上がりますよ。


方法10. 自己啓発本やメンタル強化に関する本を読む

自分の体験だけでは限界がありますので、他の人の経験を参考にすることで新たな発見ができるでしょう。

一番手っ取り早いのが読書です。

自分の悩みを解決してくれそうな本を探して読んでみましょう。

  • 人前で話すのが苦手なので、コミュニケーション能力の向上について書かれている本を読む。
  • ストレスを抱えやすいので楽になる考え方が書いてある本を読んで参考にする。

「本を読む時間がない。」という人は、電子書籍で購入すると、通勤中や昼休みなどのすきま時間にサクッと読めるのでおすすめです。


『ポジメンタル 悩みを夢に、困難を感動に変える思考法』増田 真一 (著)

ポジメンタル 悩みを夢に、困難を感動に変える思考法

ホームレスから講演家・作家になった驚きの経歴をもつ著者の増田さんは、ポジティブは『才能』ではなく『技術』と伝えています。

自身の体験を通してメンタルを鍛える方法が具体的に解説されており、二度三度と読み直す愛読者が続出。

タフな人はどこまでも前向きです。こちらを読むことで『ポジティブ』への理解がより深まること間違いありません。

Amazonで詳細を見る


『ものごとに動じない人の習慣術』菅原圭 (著)

ものごとに動じない人の習慣術(新装版): 冷静でしなやか、タフな心をつくる秘訣 (KAWADE夢新書)

ストレスの最大の原因である人間関係に振り回されて傷ついている人のために書かれたこちらの書籍。

動揺しないための考え方や実践方法が紹介されています。

タフな人の特徴であるどっしりとした心構えのヒントが見つかりますよ

Amazonで詳細を見る


『ストレスゼロの生き方 心が軽くなる100の習慣』Testosterone (著)

ストレスゼロの生き方 心が軽くなる100の習慣 (きずな出版)

筋トレのツイートでとても有名なテストステロンさんが書いたこちらの書籍は、人間関係、お金、仕事、健康などあらゆる悩みを100のアドバイスで解決する爽快感溢れる内容となっています。

タフな人になるためには「ストレスゼロ」で生きることが最も大切です

熱い言葉で綴られた著者の熱意につられてタフな人のマインドに近づける一冊です。

Amazonで詳細を見る


方法11. ポジティブに考える習慣をつける

何事もポジティブに捉えることで、常に改善策を考えるようになるため悩む時間が減ります

やがてポジティブなアイデアが行動に変わりいつの間にか問題解決しているでしょう。

  • 上司に注意されてしまったが、成長のチャンスだと捉え、改善するために努力する。
  • せっかくの旅行が雨になってしまったが、室内でも楽しめるプランを考えて、忘れられない思い出になるように行動する。

など、タフな人ほど柔軟な思考を持っています。

どうしてもポジティブになれないなら、「旅行 雨」など、自分の状況をそのままネットで検索してみましょう。

前向きになれるヒントが溢れていますよ。


方法12. 筋トレに励んで自分と向き合う

筋トレはやればやるほど、努力の成果が目に見えて実感できるのでぜひ挑戦してみましょう。

体力が付いてきたり、ハードなトレーニングを乗り越えたりすることでどんどん自分に自信が持てますよ。

  • パーソナルジムに通ってトレーナーに本格的な指導をしてもらう。
  • ダンベルを購入して自宅でいつでも筋トレが出来る環境を整える。

このように日常的に生活に筋トレを取り入れてどんどん体力をつけていきましょう。


タフな人を目指して、力強く生きてみて。

タフな男性や女性はただ強いのではなく、柔軟性と協調性を兼ね備えています。

自分の弱い部分を受け止めた上で前向きに行動しているため常にポジティブなのです。

「タフな人になりたいけど、すぐには難しい。」

そう思う方もいらしゃるでしょう。

まずは小さくてもいいので自分が出来そうなことから積み上げるのが近道です。

いつの間にかタフな人のマインドに近づけるはずですよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事