愚痴を言わない人の特徴6つ|悪口を言いたくなった時の対処法をお教えします!

愚痴を言わない人の特徴を知りたい人へ。本記事では、愚痴を言わないほうが良い理由から、愚痴を言いたくなった時の対処法まで大公開!悪口を言ってしまう人には必見の内容になってますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

愚痴を言わない人の特徴|悪口を言わない人ってどんな人?

愚痴を言わない人の特徴

職場や学校などで多くの人が言ってしまう愚痴。しかし、中には滅多に愚痴を言わない人もいて、そのような人に憧れる人は多いと思います。

そこでここからは、愚痴を言わない人にどのような特徴があるのかを詳しく解説していきます。

愚痴を言わない人たちのパーソナリティが気になる人は、ぜひ参考にしてください。


愚痴を言わない人の特徴1. 人の良い部分を見つけることができる

不平不満を言わない人は、基本的に他人の短所に注目することがありません。

どんな人間にも長所や短所があるもの。愚痴を言わない人はそれを分かっているため、短所が目につきがちな人でも良い部分を探すように心がけています。

常に他人の長所に目を向けているため悪い部分が気にならず、愚痴を言いたくなることが少ないのでしょう。


愚痴を言わない人の特徴2. 笑顔が多く周囲を明るくする

いつも笑顔で明るく、ポジティブな発言が多い愚痴を言わない人。

周りの人が明るくなるように振舞うのはもちろん、自分も笑顔で毎日楽しもうと思っているため、マイナスな発言をすることはありません。

常に笑って楽しい話をしたいと考えているため、人の悪口や不満など、場の空気が悪くなるようなことを言わないのが特徴です。


愚痴を言わない人の特徴3. 聞き上手で相手の感情を理解できる

相手の気持ちを理解し、親身になって話を聞く人は愚痴を言う暇などありません。

いつも周りの人のことばかりに気を配り、周囲の人の話に耳を傾けているため、自分の感情を必要以上に口にしないという特徴があります。また、愚痴を聞いている周囲の人が不愉快になる気持ちが分かるため、愚痴に便乗することもありません。

このように、聞き役に徹することが多い人は、他人にアドバイスをすることがあっても、周囲に対する不平不満を言うことはないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


愚痴を言わない人の特徴4. おおらかで感情の起伏が少ない

愚痴を言わない人は自分の感情をコントロールすることが上手く、一時の感情で怒ったり機嫌を損ねたりすることはありません。

他人の失敗や不手際も笑って水に流せる人が多いため、愚痴を言いたくなることが少ないのでしょう。

物事を落ち着いておおらかに考えられるため、感情に任せて悪口や不満を言うことはないと考えられます。

【参考記事】はこちら▽


愚痴を言わない人の特徴5. ストレスが溜まった時の発散方法を知っている

日常的にストレスでいっぱいな人は、つい愚痴を言ってストレスを発散してしまうもの。一方、自分の力で上手く気分転換できる人は、誰かの悪口を言うことでストレスを解消するようなことはありません。

趣味や信頼できる友人との遊びなどを通して上手くストレス解消する方法を知っているため、自分の力でリフレッシュする人が多いです。

日々の生活の中で上手にストレスをコントロールしているため、思わず他人の愚痴を言って憂さ晴らしをするようなことはないと考えられます。


愚痴を言わない人の特徴6. 夢や目標を持ち、努力している

自分のやるべきことに集中している人は、他人の欠点や短所など目に入りません。

夢や目標を達成するために常に忙しいため、他の人の悪いところなど気にせず、自分の成長やスキルアップだけにフォーカスしているのが特徴です。

時間を無駄にせず一心不乱に努力し続ける人が多いため、他人の愚痴や悪口を言う暇などないでしょう。


愚痴を言わないほうが良い理由|どうして言わないほうがいいの?

人生は上手くいかないことが多く、つい愚痴を言いたくなってしまうもの。しかし、愚痴を言い続けることにはあまりメリットはなく、自分にも他人にも悪影響を及ぼすことが多いです。

そこでここからは、愚痴を言わない方が良い4つの理由を具体的に紹介していきます。つい愚痴を吐き出す癖があるという人は、自分を見つめ直すためにもしっかり確認しておきましょう。


愚痴を言わないほうがいい理由1. 周囲の人を不快にさせてしまうから

愚痴を言ったり聞いたりして楽しく感じるのはごく一部の人だけ。大抵の人は、聞いてるだけでも疲れてしまうものです。

特に、同じ会社の同僚や学校の友人の愚痴を言っている人がいると、場の空気が悪くなるため耐えられない人もいるでしょう。

このように、聞いているだけでも人を不愉快にさせてしまう愚痴を言うメリットは、何もないと考えられます。


愚痴を言わないほうがいい理由2. 自分自身の評価を下げてしまうから

悪口ばかり言う人と一緒にいると疲れてしまうため、愚痴を言う人は基本的に好かれません。

その上、一度人の悪口を言うと職場などですぐに広まることが多いため、上司や同僚からの評価が下がる原因にもなるでしょう。一度下がった評価を上げることは難しいもの。

このように、一時の感情で愚痴を言うデメリットはとても大きいため、極力愚痴は言わない方が良いと考えられます。


愚痴を言わないほうがいい理由3. 解決すべき問題と向き合えないから

不平不満を言っても状況が変わる訳ではなく、愚痴を言うだけでは何も問題は解決しません。

例えば、会社で自分が教えている後輩がミスばかりしているという愚痴をこぼしたとしても、自分が後輩の指導方法やフォローの仕方を変えない限り何も解決しませんよね。

愚痴を言っているだけでは人のせいにしてばかりになるため、変えられるものも変えることができないです。


愚痴を言わないほうがいい理由4. 自分自身もネガティブな感情になってしまうから

人の悪口ばかり言っていると、ネガティブな言葉を聞き続けるため明るい気持ちになれないもの。

最初はストレス発散ができているように感じる人もいるかもしれませんが、後々愚痴を言ったことを思い返し自己嫌悪に陥る人もいるでしょう。

このように、周囲に不快感を与え自分もネガティブな気持ちになってしまうため、愚痴を吐くことには何のメリットもありません。


愚痴を言いたくなった時の対処法7つ|愚痴を言わない方法とは?

だめだとは分かっていても、会社や学校などで嫌なことがあるとつい言ってしまう愚痴。自分で自分をコントロールすることは難しく、対策に悩む人もいるでしょう。

そこでここからは、どうしても愚痴を言いたくなった時の対処法を7つ紹介していきます。愚痴を言わないための方法を理解し、自分の感情を上手く抑えましょう


愚痴を言わない対処法1. 紙に不満を書き出す

周囲の人に聞かせたくない愚痴ですが、飲み込んでばかりだと爆発してしまいそうになる人もいると思います。

そんな時は、口で言う代わりに紙に愚痴を書いてみましょう。

誰にも見られないように紙に愚痴を書き出すことで、周りには迷惑をかけずに不満を吐き出すことができますよ。自分自身でマイナスな感情を上手く吐き出すことで、周囲にも余裕を持って接することができるはずです。


愚痴を言わない対処法2. 相手の立場になって一度考える

人は、自分が理解できない言動をする人にイライラしがちです。相手がなぜそんな行動をしたのかが分からないため、つい愚痴をこぼすという人もいるでしょう。

そこで、相手のことをできる限り理解するために、一度相手の立場になって物事を考えるようにしてみましょう。

相手の行動や気持ちを慮ることを意識すると、人それぞれ能力や考え方が違うことを理解できるので、愚痴を言いたくなることも少なくなりますよ。


愚痴を言わない対処法3. できることから取り組んでみる

愚痴を言いたくなる気持ちは、何もしなければなかなか変えられないもの。そこで、ちょっとしたことでもいいので自分を変える努力をしてみましょう。

例えば、職場の人の愚痴を言う代わりにその人のいい所を探そうとしたり、本当に信頼できる友人以外には一切愚痴を言わないと決めたりするなど、できることから試してみましょう。

少しずつ自分をコントロールすることで、だんだんと愚痴を言わない人になっていくはずですよ。


愚痴を言わない対処法4. 愚痴ではなく、周囲に相談してみる

愚痴と相談では周囲の印象はかなり違うもの。愚痴は聞きたくなくても、悩み相談であれば助けてあげたいと感じる人は多いです。

そこで、どうしても周囲に話を聞いてほしい場合は、誰かを悪く言う愚痴ではなく、アドバイスを求める相談をしてみましょう。

誰かに相談することでいいアイデアが出ることはよくあるため、愚痴を言いたかった問題が解決に向かう可能性がありますよ。


愚痴を言わない対処法5. ストレスの発散方法を見つける

「愚痴を言うのをやめたい」と思っていても、日々のストレスを発散するためについ愚痴を言いたくなってしまう人は多いでしょう。そんな場合は、愚痴や悪口を言う以外にストレスを発散する方法を探してみるのがおすすめです。

スポーツや趣味など、自分でできるストレス解消方法を見つけると、気分をリフレッシュでき愚痴を言いたいと思うことはなくなるはずですよ。


愚痴を言わない対処法6. ポジティブな言葉を発し、前向きに考える

言葉は心理学的に行動に大きな影響を与えるとされているため、ネガティブな発言を繰り返すと考えまでネガティブになり、つい誰かの悪口を言ってしまうもの。

そこで、後ろ向きな発言はできるだけ避け、ポジティブな言葉を発するようにするのがおすすめです。

ポジティブな発言には考え方や行動まで前向きにする効果があるので、意識して続けることで誰かの愚痴や悪口を言いたい感情などなくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


愚痴を言わない対処法7. 愚痴を言うことでは何も解決にならないことに気づく

ストレスやイライラからつい言ってしまいそうになる愚痴。しかし、愚痴を言い続けても一時的に気持ちがすっきりするだけで、問題が解決する訳ではありませんよね。

そこで、愚痴を言いたくなった時は一度立ち止まり、愚痴を言っても根本的に何の解決にもならないことに気付くようにしましょう。

愚痴や悪口を言っても無駄なことが分かると、それだけで愚痴を言いたくなる気持ちは薄れるはずですよ。


愚痴をこぼしそうになったら、あえて前向きな言葉を発してみよう!

自分でコントロールすることが難しい愚痴や悪口を言いたい気持ち。ストレスが溜まってつい愚痴を言ってしまい、後から後悔する人は多いでしょう。

ただし、愚痴を言わない方が良い理由をしっかりと頭に入れておき、正しい対処法を実践することで、愚痴を言いたい気持ちを上手くコントロールすることが可能です。

自分ができることを少しずつ試しながら、自分にも周りにもいい影響を与えるポジティブな発言ができる人を目指しましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事