関わると運が悪くなる人の13の特徴|絶対に距離を置くべき“不幸を呼ぶ人”とは?

関わると運が悪くなる人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、一緒に行動を共にすると運が悪くなると言われている人の特徴から、運気が悪い人との接し方まで詳しくご紹介します。

関わると運が悪くなる人の13の特徴|一緒にいると不幸になる人の共通点とは?

関わると運が悪くなる人の特徴

「〇〇さんと知り合ってから、なんだか嫌な事ばっかり続いてる気がするなぁ。」

「嫌いなわけじゃないんだけど、〇〇さんと会った後って、なんだかイライラしちゃうんだよね。」

などと、なぜだか分からないけど、一緒にいると嫌な気分になったり、嬉しくない事が起こってしまったりする人、周りにいませんか?

その人って、もしかしたらあなたにとって「一緒にいると運が悪くなる人」なのかもしれません。

まずは、うっかり関わると自分の運が悪くなる人の特徴や、主な共通点などを一つずつチェックしていきましょう。


特徴1. 「でも」「だって」など否定や言い訳から入る

誰だって、自分の話を否定されたら、嫌な気分になってしまうもの。

しかし、世の中には厄介な事に、なんでもかんでも否定し、自分なりの持論を語る事で「ちゃんと自分の意見持ってる俺って、カッコいい!」と面倒な勘違いをしている人がいるのです。

それが、業務遂行に係る大切なアドバイスだったとしても、「いや、それ、先輩のやり方っすよね?その手順、古くないすか?俺は、こっちの方が慣れてるんで。」などと、必ず否定的な返答や、ダラダラと言い訳から始まります。

そして、相手の意見は完全スルー。

あなたが、いくら丁寧に話しても、片っ端から否定されてしまうので、話終わる前に、あなたの気分もすっかり下がって、嫌な気分しか残らなくなってしまうのです。


特徴2. 30分以上、平気で遅刻してくる

良好な人間関係を築くために欠かせないものの一つが、相手を思いやって行動するという気持ち。

しかし、関わると関わるだけ、あなたの運が悪くなる人は、あなたを思いやった行動をしてくれません。

常に自分本位で行動しているため、待ち合わせをしても、30分だろうと1時間だろうと、悪びれずに平気で遅刻してくるのです。

「あれ?早いねー。え?待ち合わせ12時だったっけ?もう、13時じゃん、ヤベェ、お前、1時間もここにいたの!?暇なヤツだなぁ。」

などと、あなたがどんな気持ちで待っていたかなどを全く気にしないため、ただただ振り回されてしまいます。

プライベートでの遊びの予定だけならまだしも、この傍若無人な振る舞いは職場などでも平気で繰り出されるので、場合によっては、仕事に大きな悪影響を与えて来る人もいます。


特徴3. 「自分はこんな目にあった」と頻繁に不幸自慢をしてくる

関わると運が悪くなる人の特徴は不幸自慢をしてくる

「悲劇のヒロイン」が、他のどんな登場人物よりもキラキラと輝いてみえるのは、物語の中だけのお話。

しかし、現実社会でも、この悲劇のヒロインポジションにいる事で、常にみんなの注目を浴びていたいと願ってしまう人がいるのです。厄介ですね。

  • 「最近どう?」と聞かれたら、「最近寝れなくて、肌荒れがひどい…。」などと、必ず体調不良の話をする。
  • 同僚や友達の失敗談が始まったら、「私もこの間、お財布盗られて…」などと、自分の方が可哀想だと最大限のアピールをする。
  • 楽しいはずの飲み会の場でも、みんなの気分が盛り下がるような話題を延々と話す。

こんな不幸自慢を事ある毎に聞かされていたら、その人のネガティブな感情まで、あなたに伝染してドッと疲れてしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 自分の思い通りに物事が進まないと、感情的になって怒鳴る

一見、人当たりが良さそうに見えたとしても、関わると運が悪くなる人の心の中は、常に自分中心で動いています。

そのため、自分が期待していた通りに物事が進まないと、それだけでカッとなって怒鳴り散らしたり、ヘソを曲げて黙り込んだり…。

「はぁ?今日中に5件、新規の契約取ってこいって言ったよなぁ?俺の部下だったら、俺のために今すぐ新規探して来いよ!」

などと、理不尽な怒りをぶつけてきたり、言い訳には一切耳を貸さなかったりするので、冷静な話し合いができなくなってしまいます。

このやりとりは、もちろん、1回きりでは終わりません。一方的に怒鳴られ続けてしまうため、徐々にあなたの運も悪くなっていってしまうのです。


特徴5. 自分は与えないけど、相手からは貰おうとする

「持ちつ持たれつ」は、円滑な人間関係に欠かせません。とはいえ、どこにでも、一方的におねだりする人っているものです。

「ねぇ、それ限定コスメでしょ?私も欲しかったんだよねー。イエベの〇〇ちゃんより、ブルベの私に似合う色だよね。だから、頂戴。」

などと、自分は何もあげる気が無いのに貰う事が当然のように言い放ちます

厄介なのは、狙った獲物が手に入るまで、驚くほどしつこくつきまとってくること。

そのうえ、根負けしておねだりされたものをあげてしまうと、その後も、事ある毎におねだりされるため、最終的にあなたが疲れ切って運が悪くなってしまいます。


特徴6. 友達や上司について、悪口でしか語れない

関わると運が悪くなる人の特徴は悪口でしか語れない

「他人の不幸は蜜の味」とは、よくいったもの。

関わると運が悪くなる人の好物の一つといえば、友達や上司、同僚など、自分の周りにいる人や、本当はよく知らないけど、テレビやネットで見かける芸能人などの根も葉もない噂話や悪口。

「〇〇さんってさー、男の前だと、ホント声高くなるよねぇ。やたらとあざとい仕草もするしさぁ。会社に何しにきてんだろうねー。」

などと、口を開けば呼吸するように、悪口や噂話が延々と出てくるのが特徴です。

その場にいない人に対して有る事無い事好き勝手お喋りするのは、それはそれで楽しい時間かもしれませんが、所詮は悪口、ギスギスとネガティブな空気しか生まれません。

その空気があっという間にあなたに伝染し、運が悪くなってしまいますよ。

周りから「最近言い方きつくなった?」とか言われたことがあるなら、その人から悪影響を受けてる可能性が高いですよ。


特徴7. 自分の都合が悪くならないために嘘をつく

自分自身が誰よりも一番大好きなのが、関わると運が悪くなる人。

そのため、自分に何か火の粉が降り掛かりそうな時や、自分のミスがバレて、他人から責められそうになったら、真っ先に自分自身の保身に走ります。

自分自身に都合が良いようナチュラルに嘘をつくという厄介な特徴があります。

そのうえ、この手の嘘はつき慣れているため、周囲も騙される事が多く、その結果、一緒にいるとあなたに対しても悪く言われる事が多くなってしまうのです。

そして、気がついた頃には、身に覚えのない事で、周りの人達からあなたに対して取り返しがつかないほどのネガティブなイメージを持たれてしまう危険が潜んでいます。


特徴8. 「この人は自分と合わない」と思ったら、あからさまに冷たい態度をとる

関わると運が悪くなる人は、手のひら返しが得意中の得意。

「自分大好き!自分がいつだって中心!」という、ある意味最強マインドの持ち主でもあるので、そんな自分の気分を害する人は、誰であろうと側に置きたくないと考えているのです。

そのため、昨日まではにこやかに一緒にお喋りしてたはずなのに、次の日から、挨拶しても無視されたりと、急に態度を一変します。

また、自分をいつだって持ち上げてくれるイエスマンだけではなく、自分にとってメリットがあるかどうかでも、他人を判断するという特徴も備えています。

「ねぇ、〇〇さんのご主人って、建築家なんですってね。うちね、そろそろ家を建てたくて。相場の半額以下で素敵なお家建ててくれない?」

などと、強引なお願いをしつこくしてくることがありますが、そのお願いが叶えられないと一転して、あからさまに冷たい態度を取るので、空気も関係も一気に悪くなってしまうのです。


特徴9. お金に余裕がないのに、生活費をかけてギャンブルをする

関わると運が悪くなる人の特徴は生活費をかけてギャンブルをする

後先考えず、目先の欲望についフラフラと流されてしまう人って、どこにでもいるもの。

でも、ちょっと待って!この手の人の中にも、関わると運が悪くなる人が潜んでいるのです。

特に、金銭的な余裕がないにも関わらず、有金叩いてギャンブルをしてしまうような人も、関わるとあなたの運が悪くなってしまいます。

「悪いんだけどさ。8万でいいから貸して!お願い!今日中に振り込まないと、家追い出されちゃうんだよぅ。ダメなら5万!いや、3万でもいいからさ。」

などと、事ある毎にお金の無心にやってくる可能性大

もちろん、貸したお金は永久に返ってきません。一緒にいればいるだけ、あなたの大切なお金がむしり取られていくのです。


特徴10. 「昔はこうだった…」と過去の自慢話ばかりする

「俺、昔はヤンチャだったんだよ。」などという昔話ほど、聞いていて退屈な話はありません。

特に、現状に満足できず不満だらけなのに、頑張ろうとする気概の無い人に多いのが、この過去の自慢話なのです。

  • 高校の時に、野球部で甲子園にまで行った事がある。
  • 就活の時に、内定を10社以上から貰っていた。
  • 自分から告白した事はないのに、結婚するまで恋人が途切れた事がなかった。

など、どの話にも共通しているのは、「未来の事が考えられず過去に縛られている」という事。

どんなに盛った過去のすごい自慢話であろうと、ただの現実逃避にしか過ぎないので、話を聞いていてものすごく疲れてしまうでしょう。


特徴11. 自分の考えが正しいと思っているから他人の意見を聞かない

いつだって自分が一番だと信じ込んでいる、ある意味おめでたい性格であるため、どんな状況でも他人の意見には耳を貸さないのが、関わると運が悪くなる人。

例え、それが業務に関わる重要なアドバイスだとしても、「俺は、俺のやり方でもうやってるし。その方が効率的だし。」などと、ハナから思い込んでいるため、あからさまに聞き流します。

特に、自分が嫌っている同僚や先輩後輩などからのアドバイスは、どんなに正しいアドバイスだったり意見だったりしても、絶対に受け入れようとしないのです。

そのため、何度アドバイスしても改善できないばかりか、アドバイスを重ねる度に態度が頑なになっていくため、物事が余計に円滑に進められなくなってしまいます。


特徴12. 友達に紹介したくないくらい“清潔感がゼロ”

関わると運が悪くなる人の特徴は清潔感ゼロ

世の中にはTPOというものも存在しますよね。関わると運が悪くなる人の中には、トンデモない見た目で、どこにでも出かける人もいます。

黒いジャケットのはずなのに、肩に降り積もったフケでグレーのように見えていたりと、そばに近寄る事すら、躊躇してしまうような人に限って、「人を見た目で判断するもんじゃないよ。」などと、ドヤ顔でのたまうのです。

この手の人と一緒にいると、それだけであなたまで清潔感のない人だと判断されてしまうので気をつけましょう。


特徴13. Instagramのストーリーズに小さい文字で愚痴を吐く

一見、ごく普通そうに見えて、実はとんでもない「かまってちゃん」な人って、どこにでもいるもの。

特に、SNSに思わせぶりな独り言を投稿したり、Instagramのストーリーズに、ギリギリ読めるぐらいの小さくて薄い文字で悲劇のヒロインばりの愚痴を綴ったりしている人は、要注意!

「〇〇ちゃん、どうしたの?良かったら話聞くよー。」

などと、親切な誰かが引っかかるのを待っているのです。

この厄介なかまってちゃんに1度捕まると、その人の気が済むまで延々無限ループで不幸自慢を聞かされてしまいます。

解放される頃には、あなたの体力気力、全てその人に吸い取られてしまっていますよ。


関わると運が悪くなる人への対処法3つ|厄介な人と良い距離感を保つコツとは?

関わると運が悪くなる人への対処法

「できれば関わりたくないけど、直属の上司だから無視できないし、どうしよう…。」

「〇〇ちゃんが来るといつも不幸自慢しかしないんだよなぁ。できれば、〇〇ちゃん抜きで女子会したいけど、難しいよねぇ…。」

などと、関わると運が悪くなる人と、なかなか距離を置くことができない場合、一体、どのように接するのが良いのでしょうか?

ここからは、関わると運が悪くなる人への対処法や当たり障りなく接するコツなどを、一つずつチェックしていきましょう。

運が悪くなる人への対処法
  1. 共感しない
  2. 素直に指摘する
  3. ポジティブな人といるようにする
タップすると移動します

対処法1. ネガティブなことを言っても共感しない

他人の悪口や、不幸自慢は、関わると運が悪くなる人にとってこの上ないご馳走です。

「ねぇ、見た?〇〇さんの長くて派手な爪。あんな爪してるから仕事がいっつも遅いのよ。あなたもそう思うでしょ?」

などと、些細な事でも、大袈裟にアレコレ悪口言いながら、同意を求めてくる事も多いもの。

しかし、ここでうっかり同意してしまうと、同類認定されて、さらに様々な悪口や愚痴を聞かされてしまいます。

こんな時には、悪口部分は聞き流して、標的になっている人の良い部分をさりげなく伝えてみるのがおすすめ。

「〇〇さんといえば、この間、企画書の確認お願いしたら、すごく丁寧にフィードバックしてくれたんですよ。」

ポイントは、悪口への同意を求められていた事なんで聞いていなかったフリをする事。

「他人の悪口で一緒に盛り上がってくれない人」と認識されれば、自然と離れていくはずですよ。


対処法2. 間違っていると思ったら素直に指摘する

できれば関わらないでいたいけど、そうもいかないのが、人間関係。

特に、職場の同僚などが、関わると運が悪くなる人の場合、状況に応じてミスを指摘しないと、業務にも大きな支障をきたしてしまいます。

とはいえ、やたらとプライドが高く自分本位な性格な人が多いので、指摘する時は、慎重に言葉を選びましょう。

「〇〇さん、手術大変だったみたいですよ。あれだけ健康に気をつけてる〇〇さんでも、病気になっちゃうんだから、私達も明日は我が身ですよ。だから、あんまり悪く言うのはやめときましょうよ。」

などと、やんわり指摘するのがおすすめですよ。


対処法3. 相手に深入りせずに、ポジティブな人といるようにする

関わると運が悪くなる人への対処法はポジティブな人と居るようにする

関わると運が悪くなる人は、自分の話をじっくり聞いてくれる相手か、一緒に他人の愚痴や悪口で盛り上がれる相手か、動物並みに察知して近づいてきます。

そのため、少しでも優しく話を聞くそぶりを見せたり、悪口が好きそうなそぶりを見せると、仲間認定されてしまうので、常に一定の距離を保ち、優しさを見せずにいる事が重要です。

それでもめげずに話しかけてくる可能性もありますが、「あー、そうなんですねー。」「そういうの俺、よく分かんないんですよ。」と、多少よそよそしい対応を続けていくうちに、話しかけられる事も無くなります

また、可能であれば、常日頃からポジティブな考え方をする人達と積極的に関わるようにしていると、運が悪くなる人が付け入る隙がますますなくなるのでおすすめですよ。


一緒に不幸にならないうよう、運が悪い人とは距離を置いてみて。

関わると運が悪くなる人が身近にいる場合は距離を置くようにしよう

関わると運が悪くなる人は、不幸や愚痴などネガティブな事が大好きな性格です。

「いつか、悪口とか言わなくなるかもしれないし。」などと、淡い期待をして付き合いを続けていても、あなた自身の気力体力を消耗してしまい、気がつかないうちにあなたの運が悪くなってしまいます

関わると運が悪くなる人が身近にいる場合、速やかに離れたり、仲良くならないようにできるだけ近づかないようにしたりなどの対処をとりましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事