告白して振られた後は連絡しない方がいい4つの理由|逆転する方法は何もないの?

告白して振られただけでも辛いのに、そこからLINEしないほうがいいというのは残酷な話。どうして振られた後に連絡をしちゃいけないのでしょうか。今記事では、告白後に振られた人がLINEをしないほうがいい理由を相手の心理をふまえて紹介していきます。

告白されて振った人の心理4つ|今後の関係をどう考えてるの?

告白されて振った人の心理

「告白して振られたけど、振った人の心境はどんな感じ?」

「玉砕したけど諦めずにいたら重たいって思われる?」

このように、振った人の心理が気になる男性や女性は多いのではないでしょうか。

相手の気持ちが分かれば、諦めないで待つのもありなのか、未練を断ち切って連絡しない方が良いのか、分かるようになりますよね。

本記事では、告白されて振った人の心理について具体例を挙げながら解説していきます。


心理1. 今までと変わらない関係でいたい

告白されて断ったけれど、できることなら気まずい関係性にはなりたくないというのが振った側の正直な気持ちです。

何事もなかったかのように、友達としては良い関係を継続したいと思っている人がほとんど。

特に学校や職場などでよく顔を合わせる場合は、「いつも通りに接したいけれど、振られた人の反応次第だからどうかなぁ」と思っている人が多いですよ。


心理2. 正直、もう関わりたくない

告白して振った事実は消えないし、今後もあなたと付き合う気はないから、もう今までのような関係には戻れないと、事態を深刻に受け取る人も少なくありません。

恋愛面で面倒くさいことになりたくないため、縁を切りたいと思うケースも。

それまでの関係性や知り合いだった期間にもよりますが、振った相手との連絡はもちろん、一切関わりを持ちたくないという心理になるのです。


心理3. 振って気まずいのでしばらく会いたくない

告白されて振った人の心理はしばらく会いたくない

告白してくれたことは嬉しいけれど、付き合えないという人は、直接顔を合わせるのは気まずいので、しばらくは会わない期間が欲しいと思ってしまいます。

一生会わないと思っているわけではないため、2週間〜1ヶ月など、しばらく顔を合わさない日々が続けば前の関係に戻れるのでは…と考えているでしょう。


心理4. 特に何も思っていない

『ただ告白されて、振っただけ』というドライな考え方ができる男性や女性もいます。他の部分が変わることはないので、特になんとも思っていません。

友情関係や仕事関係でつながっていたとしても、私情で対応が変わったり悩んだりすることもなく、気にしないタイプです。

告白されることに慣れている人に多く見られる心理と言えます。


原則はNG!告白して振られた後に連絡をしない方が良い4つの理由

告白して振られた後に連絡をしない方が良い理由

「どうして、振られた相手に連絡しない方が良いの?」

「告白後に失恋はしたけど伝えたいことがあるのに…LINEを送ったら迷惑かな?」

など、振られたとしても好きな人に連絡をしたいと思うことがありますよね。

ただ、連絡するのはやめた方が良いケースも多いのが正直なところ。

ここからは、告白して振られた後に、連絡しない方が良い理由について解説していきます。


理由1. 「しつこい」と思われてしまうから

一度振って話が終わったと思ったのに、また連絡が来ると対応しなければならないため、「正直うざい」「ちょっと迷惑…」と感じてしまう人も。

例えば、以下のように思われてしまう可能性があります。

「はっきり断ったはずなのに、まだ言ってくるんだ。正直、面倒くさいなぁ」

「これ以上しつこくされるのは嫌だから、もう関わりたくない」

好感度を無駄に下げてしまい、逆転のチャンスすら失われてしまうかもしれないため、なるべく連絡しない方が良いのです。


理由2. 「振られても平気なくらいの気持ちだったんだ」と思われるから

告白して振られた後に連絡をしない方が良い理由は軽い人だと思われるから

振られて本当に好きだったら悲しくてショックを受けるのは当然ですよね。そんな時に、振った相手からあっけらかんとしたLINEが来たら、「え?」と拍子抜けしてしまいます。

例えば、

「自分は振って罪悪感があったのに、そんな軽いテンションならこれ以上気にするのをやめよう」

「全然平気そうだけど、大体本気で好きって思ってたのかな?」

など、少しでも振って罪悪感を覚えていた自分が馬鹿馬鹿しいと思われます。


理由3. キープにちょうどいい相手と思われるから

振ったのに連絡をしてくるような相手は、放っておいても好きでいてくれると思われてしまいます。

アッシーやセフレなど、自分が望めばどんな形でもつながっていられると勘違いされてしまうことも。

都合のいい相手として、一生付き合えずに相手の良いように使われてしまう可能性があるので、連絡することはおすすめできません。


理由4. もしかしたら相手に寂しいと感じてもらえるから

告白をするまで頻繁に連絡を取り合っていたような関係性であれば、告白を境に連絡がパッタリとなくなることで、相手に寂しさを感じさせることができるかもしれません。

2,3日前までは毎日連絡していたのに、それがなくなることで寂しさを感じ、「あれ?好きじゃないと思って振ったけど、もしかすると気になっていたのかも…」と、改めて気づく感情が出てくることもあります。

自分にとって必要な相手だったと分かれば、向こうから連絡をくれる可能性も十分にあるので、一旦我慢してLINEを断ってみるのも一つの手ですよ。


どうしても振られた後に連絡したい時の注意点とは?

振られた後に連絡をする場合の注意点

「連絡せずにそのままだと、逆転のチャンスすら失われてしまうため、どうしても連絡したい」

と思う方は、最悪の場合相手との関係が悪化してもいいと覚悟した上で、連絡を送ってみましょう。

LINEを送る際は、守るべき注意点があります。ここからは、振られた後に連絡をする場合の注意点について紹介。

最後かもしれない機会にかけて、恋愛を成就させたい女性や男性は必見ですよ!


注意点1. 長文LINEは重いと思われるので控える

告白した時と同じ内容を繰り返して文章にしたり、相手への想いをだらだらと書いたりするのは逆効果です。

「またその話か…この前と言ってること同じなんだけど」「なんか重いなぁ…」と思われてしまうので、長い文章にするのはやめましょう。

できるだけシンプルに伝えたいことを書いて、3〜5行くらいに読みやすくまとめるのが良いでしょう。


注意点2. 未練たらたらな内容は重いので控える

諦めたくない気持ちがあったとしても、振られた相手に連絡する時に感じたままのことを伝えてしまうと、重くてしつこいと思われます。

相手は振った手前気まずいだけでなく、連絡を返すのが億劫になってしまいます。

まだ返信がくるなら良いですが、「これ以上連絡をしたら相手のためにも良くない」と思ってLINEをブロックされたり、未読無視、既読無視なんてことも。

どんなに好きな気持ちが溢れてもLINEでは伝えないようにしましょう。


注意点3. 何事も無かったかのような軽い感じの連絡は避ける

もしも振られた後に連絡をする場合の注意点は何事も無かったような連絡は避ける

ケロッとした余裕のある感じで連絡をするのも、振られた後の切り替えが早すぎると思われるためおすすめできません。

「そんな軽い感じで告白してきたんだ」「真剣に考えて返事をしたのに損した」と相手が不愉快な気持ちになってしまうこともあります。

一応前置きとして、マジメな感じで告白のことに少し触れたうえで、話をするようにしましょう。


振った相手が好印象に感じる告白後のLINE|逆転チャンスに繋がる内容とは?

振った相手が好印象に感じる告白後のLINE

「振られた相手に連絡する時は、どんな内容なら好感を持たれる?」

「告白してダメだったけど、また連絡して逆転のチャンスにつなげたい」

そう思って、告白後にどんな文章を送るべきか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

最後に、振った相手からの印象がアップするLINE内容をご紹介します。


好印象なLINE1. 「正直な気持ちを伝えてくれてありがとう」

少なからず相手も罪悪感を感じながら振っているので、告白に対して真剣に向き合ってくれたことに感謝の念を表すと、相手は救われた気持ちになります。

気まずい想いをしながら、本音を伝えてくれた相手を思いやり、以下のようにLINEを送ってみましょう。

「真剣に答えてくれて、本当にありがとう」

「結果は残念だけど、正直な想いが聞けたから良かった。考えてくれて感謝してます!」

相手も「こちらこそありがとう!」などの連絡を返しやすいことがポイント。

これをきっかけに徐々に普通のやり取りを再開させることができ、前向きな関係性を保っていれば、いつかチャンスにつながる可能性はありますよ。


好印象なLINE2. 「突然告白して驚かせてごめんね」

あなたからの告白は、相手にとっておそらく予想もしていなかった突然の出来事。びっくりさせてしまったことに対して触れて、LINEを送りましょう。

告白後の1発目の連絡として、自然な形で会話に持ち込むことができます。

例えば、「この前は、突然で驚いたでしょ?ごめんね」と伝えてみてください。

相手も「うん、すごくびっくりした!でもありがとうね!」といった内容の連絡を返してくれるはず。

そこから良い雰囲気で世間話などもできれば、また連絡しやすいので、そのうち関係性が変化してチャンスにつながるかもしれませんよ。


好印象なLINE3. 「これからも友達として仲良くやっていきたい」

振った相手が好印象に感じる告白後のLINEは友達としていたい

「友達として」という言葉を付け加えれば、相手も「諦めてくれるんだな」と安心できます。

それならいいかなと思って、友達としてやり取りを続けられる可能性が高いですよ。

以下のようなLINEメッセージを送ってみましょう。

「今後も、友達としていい関係性を築いていければ嬉しいです」

「友達として、これからもよろしくお願いします」

それをきっかけに、ある程度の期間をかけて、関係性を築き上げ、再チャレンジの機会を狙いましょう。また、その間、自分磨きも忘れずに行うと、変わった自分をアピールできますよ。


好印象なLINE4. 「2人ではなく複数人でまた遊ぼうね!」

2人で遊ぶとなると、あなたの気持ちを知った以上重いものがのしかかります。しかし、他の友達や仲間も交えて遊ぶならありと思ってくれる人は多いです。

自分としては、今後会うことになっても問題ないという気持ちを、下記のように伝えてみましょう。

「また、いつものメンバーで一緒に遊ぼうね~!」

「友達も一緒に、また遊んでもらえると嬉しいです」

サークルやいつメン、職場内で告白した相手にはこの言葉を伝えるようにしましょう。


好印象なLINE5. 絶妙な距離感でLINEを続ける

告白して振った後は、お互いに気まずかったり恥ずかしかったりで、なんとも言えない微妙な関係性です。

もし、LINEでのやり取りが再開できたとしても、距離を近づけすぎないようにするのが大切。

具体的には、

  • しばらくはLINEのみで電話に誘わない
  • 誘われても2人きりでご飯や飲みに行かない
  • 相手の返信が即レスじゃない時は自分もすぐに返さない

離れすぎず、近すぎずの心地良い距離が保てれば、「なんだか全然気まずくないかも…!」と好印象を持たせることができたり、相手があなたのことを気になってくるようになりますよ。


振られた後のLINEは相手とどうなりたいかで送るか決めてみて。

告白して振られた後にやり方次第で恋が成就するかも

告白して振られた後に連絡すべきかどうか迷っている男性や女性に向けて、告白されて振った人の心理や連絡しない方が良い理由などをご紹介してきました。

「振られたけど、このままじゃ未練があって諦められない…!」と悩んでいた方も、どう行動すべきか見えてきたのではないでしょうか。

やり方次第では、時間をかけて新たな関係を築くことができ、再び告白のチャンスが訪れることも。恋愛の成就に向けて正しい選択をしていきましょう! 


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事