目が合うのにそらさない男性の7つの心理|脈ありの見分け方とアプローチ方法とは?

目が合うのにそらさない男性が気になる方へ。本記事では、目が合うのにそらさない男性の心理から、好意の見分け方まで大公開!

目が合うのにそらさない男性の7つの心理|見つめ合ってる時の気持ちとは?

目が合うのにそらさない男性心理

「目が合うのにそらさない男性の心理が知りたい」

「目が合う男性の好意の見分け方を教えて欲しい」

目が合った後もすぐにそらさない男性がいると「どんな理由があるんだろう?」と気になってしまいますよね。

その理由を知るためにも、ここからは「目が合うのにそらさない男性心理」を7つご紹介していきます。


心理1. 仲良くなりたいと思っている

本音は「話してみたい」と思っていても、中々話しかけられずにいる男性も少なくありません。

この場合、相手に恋愛感情があるとは限らず、単純に友達として好意を持っているケースもあるでしょう。

女性が何を考えているのか気になっていて、「仲良くなりたい」という気持ちから見つめてしまいます。


心理2. 好意をアピールしたい

相手にストレートに好意を伝えるのは勇気が要りますが、何かしらの形でアプローチはしたいもの。

そんな男性が恋愛感情を持っている女性を見つめるのは、つまり「自分の気持ちを察して欲しい」という本音があるということ。

関係を発展させようと必死なので、つい熱い視線を送ってしまうのです。


心理3. ただただ気になっている

気になる女性が他の男性と話していると、つい話している内容が気になって見つめてしまうことがあります。

この場合は相手が無意識で見つめてしまっていることも多く、「気づいたら見ていた」という状態といえます。

女性が視線に気づいても、しばらくぼーっとしたような表情をしているでしょう。


心理4. 相手の話を真剣に聞きたい

目が合うのにそらさない男性心理は相手の話を真剣に聞きたい

真面目な男性であれば「話を聞いている時は相手の目を見なくては!」と思うもの。

会話中に目を見つめてくる時は、相手に失礼のないように意識的にやっている可能性があります。

さらに真顔でじっと見つめてくる場合は「話に集中している」と思って間違いないでしょう。


心理5. タイミングを見計らいたい

上司や同僚に見つめられた後に頼みごとをされる時がありますが、これは相手が「いつ手が空くかな」とこちらの様子を伺っていた証拠。

他の人との会話が終わった後などタイミング良く話しかけられた場合、話しかけるタイミングを見計らうために見つめていた可能性が高いでしょう。


心理6. 自分に気付いて欲しい

子供っぽい男性であれば、構って欲しさに女性を見つめることもあるでしょう。

「気づいて話しかけて欲しい」という心理があるので、目をそらすことなくひたすら見つめてきます。

話しかけられた際は喜びますし、気づかれなかった場合は不機嫌になってしまうでしょう。


心理7. 相手を監視したい

職場の厳しい上司などにありがちですが、部下に任せた業務の状況を見るために鋭い目つきで見張っていたりします。

これは相手の「行動を把握しておきたい」という気持ちからくるもの。

この心理がある男性は、結構恐い表情で見つめてくることが多く、一見怒っているように感じるかもしれません。


目が合うのにそらさない男性の好意の見分け方|脈ありかどうか確かめるには?

目が合うのにそらさない男性の好意の見分け方

「自分に好意があるかどうかを見分けたい」

「目をそらさない男性が脈ありか脈なしかどうかを知りたい」

目が合った後もそらさずに見つめてくる男性。その人の態度や表情から、自分への好意がわかる可能性があります。

それは一体どんなものなのか。

ここからは、目が合うのにそらさない男性の好意の見分け方を紹介していきます。


見分け方1. 女性の反応を気にしているかどうか

脈ありか脈なしか探ろうとする男性は、こちらの反応を見て嫌か嫌じゃないかを確認しようするでしょう。

  • 長時間じっとこちらを見つめてくる
  • 落ち着かない様子で何度もちらちら見てくる

など、見つめる時間が長かったり頻度が多い場合は、こちらの反応を伺っている証拠。

「嫌がられていないか」をかなり心配しているので、脈ありの可能性が高いでしょう。


見分け方2. どんな目つきをしているかどうか

男性は女性に比べて感情が顔や目に出やすい傾向があるので、相手の目つきをチェックすることも見分け方の一つ。

  • 目がキラキラしている
  • 優しそうな目をしている

などは、あなたに対しての好意が瞳に表れている証拠。

ただ緊張しいの人は仮に好意があっても顔が強張ってしまうので、男性の性格も考慮して判断した方がいいでしょう。


見分け方3. 話しかけてくるかどうか

「話すチャンスを伺うため」という理由で見つめている場合もあります。

  • 他の人との会話が終わった時
  • 仕事がひと段落ついた時

など、タイミング良く話しかけられた場合はこちらの状況を伺っていた証拠。

仕事とは関係ない話や、デートの誘いだった場合、あなたに対して何らかの好意があると言っていいでしょう。

反対に、話しかけられた内容が事務的な内容であれば、脈なしの可能性が高いですよ。


見分け方4. 他の女性に対してはどうか

目が合うのにそらさない男性の好意の見分け方は他の女性に対してはどうか

他の女性との会話中にデレデレしているようなら、ただの”女好き”で脈なしである可能性が高いです。

ですが、

  • 周りの女性に対してはそっけない
  • 職場内では女性とあまり話そうとしていない

など、他の女性に対してあまり興味がないようであれば、あなたのことを特別好きだからかもしれませんよ。


見分け方5. 笑顔を見せてくれるかどうか

見つめ合って喜んでくれているなら、その気持ちが相手の表情にも出てくるでしょう。

目が合ってから表情の変化にも注目しましょう。

  • 恥ずかしそうに笑ってくれる
  • 嬉しそうに無邪気な笑顔を見せてくれる

など、つい顔がほころんでしまうようであれば、「見てくれて嬉しい」と思っている証拠です。


目をそらさない男性へのアプローチ方法|より自分を意識してもらう5つのコツ

目が合うのにそらさない男性へのアプローチ方法

「目をそらさない男性にはどのようにアプローチすればいいんだろう?」

「こちらを見つめてくる奥手な男性を意識させる方法が知りたい」

相手に好意があることがわかっても、どのように距離を縮めたらいいのかってわからないですよね。

ここからは目が合うのにそらさい男性へのアプローチ方法を紹介していきます。


アプローチ方法1. 長時間見つめ合う

女性から見つめられるだけでも男性はドキッとしてしまうものですが、見つめ合う時間が長くなるとより相手を意識させるもの。

  • 相手が恥ずかしがっても見つめ続ける
  • 相手から視線を外すまでやめない

など、とにかく「あなたと見つめ合っていたい!」と目で伝えることが重要。

頬杖をついてまじまじと見つめると”セクシーな印象”も与えることができるので、相手をメロメロにさせることができるでしょう。


アプローチ方法2. 目が合った時に微笑む

笑顔は「嬉しい」「幸せ」という感情を示すもの。

男性と目が合った時の微笑みは「あなたと見つめ合えて嬉しい」というサインになるのです。

  • 口角を上げる程度に少しだけ微笑む
  • 声を出さずに表情だけで静かに微笑む

など、とにかくわざとらしくない”自然に出てくるような笑顔”を意識しましょう。

真顔よりも相手に好意を伝えられることはもちろん、女性らしい可愛さを見せることにも繋がりますよ。


アプローチ方法3. 口パクでささやく

相手が遠くから見つめてくる時は、何を言っているのかが気になるためこちらを意識するでしょう。

職場や学校などあえて周りに人がたくさんいる場所でやることによって、”2人だけにしかわからないドキドキ感”を演出できます。

  • 片手を口の横に添えて「どうしたの?」ささやく
  • 周りを見渡してからこそっと「今日飲み行きたくない?」とささやく

など、とにかく「あなただけにこっそり伝えている」と感じさせることがポイント。

時間が経った後も何を言っていたのか気になってしまうので、あなたのことが頭から離れなくなってしまうでしょう。


アプローチ方法4. 話しかけてみる

目が合うのにそらさない男性へのアプローチ方法は話かけてみる

奥手な人は相手から「話しかけてほしい」と思っているので、その気持ちに応えれば喜んでくれるでしょう。

こちらから話しかける時ははごく自然に、

「今日もおつかれ!」
「最近何か楽しいことあった?」

など、明るい話題や相手を褒めることから始めるようにすると、2人の距離も縮まりやすくなります。

相手を緊張させないためにも、会話中は「見つめられていたこと」にはあまり触れないようにしましょう。


アプローチ方法5. 首を傾げてみる

女性の仕草の中でもきょとんとした仕草に惹かれる男性は多いもの。

相手に可愛らしい印象を与えるだけでなく、男性から話しかけやすくさせる効果もあるでしょう。

  • 上目遣いで相手を見ながら傾げる
  • 数回に分けて小さく傾げる

など、ちょっとだけかわいこぶるように首を傾げてみるのがポイント。

「無邪気で可愛いな」と思わせることが出来て、男性側から積極的にアピールしてくれる可能性が高くなりますよ。


目が合うのにそらさない男性への3つの対処法|興味がない相手への接し方とは?

目が合うのにそらさない男性の対処法

「興味がない男性と目があった時はどうすればいいんだろう?」

「相手を勘違いさせない方法が知りたい」

相手だけが恋愛感情を持って見つめてくる場合、どう対応すれば正解かわからないですよね。

間違った対処をすると男性を勘違いさせてしまい、それが人間関係のトラブルにも発展しかねません。

変な期待を持たせないためにも、興味がない相手への接し方を把握しておきましょう

目をそらさない男性への対処法
  1. 早めに視線を外す
  2. 気付いていないフリをする
  3. 何か気になることがあるか聞いてみる
タップすると移動します

対処法1. 早めに視線を外す

目線を合わせる時間が長いと、好意があると勘違いされやすいです。

そうは言っても「視線を外すタイミングがわからない…」という人はこのように対処しましょう。

  • 電話が来たフリをしてスマホを取り出す
  • 何か用事を思い出したフリをして仕事に戻ったり、別の場所へ移動する

焦ったり急いでいる雰囲気を出すと自然に見えるので、「偶然目が合っただけ」という印象に留めることができます。

勘違いを未然に防いでその場を切り抜けることができるでしょう。


対処法2. 気付いていないフリをする

そもそも「見つめ合っている」と思われるだけでも勘違いの原因になりえます。

相手から「見つめられているな」と感じたら、気づいていないフリをしてみましょう。

  • 表情を変えずに真顔のまま作業を続けたりスマホの画面を見続ける
  • 相手自身やその周辺に目線を向けないようにする

など、相手が見つめてくる内は、とにかく"目の前のことに集中しているフリをする"ことがポイント。

ただあからさまに嫌な表情をしたり背を向けたりすると、わざとやっている感が出てしまうので注意が必要です。


対処法3. 何か気になることがあるか聞いてみる

見つめてくるのは必ずしも好意があるわけではなく、単純に心配して見ている可能性もあります

このような場合は相手の男性に何か気になることがあるか素直に聞いてみましょう。

  • 自分が複雑で難しい仕事をしている時
  • 自分が寒がったり咳き込んだりしている時

直接聞いて見ると案外「大丈夫かなと思って見ていたんだ」という返事が返ってきて、こちらの勘違いだった場合も。

その人と会うたびに「期待を持たせないようにしないと!」と気を張る必要が無くなるので、気持ちが楽になりますよ。


目が合うのにそらさない男性がいたら、その本心を見抜いてみて。

目が合った後もそらそうとしない男性の心理や考えていることは様々。

意中の男性に見つめられたとしても「これって脈ありなのかな?それとも別の意味?」と混乱してしまう時があるかもしれません。

ですがそんな時でも相手の表情や目つき、仕草などで”脈ありかどうか”を見分けることが出来れば、自信を持って自分からアプローチできるようになるでしょう。

相手からの視線をヒントにして、ぜひ素敵な恋を楽しんでくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事