別れた恋人と復縁する方法│復縁の可能性を高める5つのコツとは

好きな彼女・彼氏と別れた…復縁したい…でもどうしたら良いかわからない状態ってありますよね。そこで今回は恋人と復縁するために必要な方法を具体的にレクチャーしていきます。復縁成功率を上げる方法や、男性&女性の脈ありサインまで、どうしても復縁したい人にお届けします。

好きな人と「復縁」する方法を大公開!

好きな人と復縁する方法

別れてしまったけれど、「好き」の気持ちがなくならず、忘れられないまま。別れに至った原因は、必ずしも深刻なものばかりではないでしょう。「たまたま仕事が忙しく、すれ違ってしまっただけ」「些細な喧嘩が引き金になってしまっただけ」というケースも多いはずです。

「可能ならば復縁したい」。そう願うあなたに、今回は元カレ・元カノとの復縁方法についてお伝えします。


復縁する方法は別れ方によって大きく変わってくる

別れの原因がひとつではないのと同様、別れ方にもさまざまなケースがあります。「何となく疎遠になってしまい、自然消滅のような形で別れてしまったカップル」と「大喧嘩をして別れに至ったカップル」とでは、その後に残る感情も異なるもの。

別れた原因によって、復縁できる可能性の大小、復縁方法は変わってくるのです。


「元彼や元カノと」復縁したいと思う前に確認しておくべきこと

復縁をしたいと考えている人の大半は焦りが出てきてしまい、冷静な判断ができない状態になります。ここでは、実際に復縁したい!という気持ちを収めて、確認すべきことをお伝えします。


1. 相手に対する気持ちは、本物なのか?

「好きな気持ちが忘れられない」「本当は別れたくなかった」、こうした想いが募り、復縁を望むように。頭の中は、元カレや元カノのことでいっぱいになっているかもしれません。

しかし、ちょっと一度深呼吸をして、冷静になってみましょう。その「好き」「復縁したい」の想いは本物ですか。想いの裏側に、「友人に恋人ができて寂しくて…」といった孤独感や「仕事が失敗続きで辛い」といった心が弱る出来事が隠れてはいないでしょうか。

気持ちのすり替えで復縁しても、お互いに不幸なだけ。本当に好きなのか、復縁すれば今の辛い状況が解決すると思い込んでしまってはいないか、今一度胸に手を当てて見つめてみてくださいね


2. 別れた原因は分かっているか?

あなたは、なぜ元カレ・元カノと別れたのでしょうか。「趣味を理解されなくて辛かった」「相手に魅力を感じなくなってしまった」「相手の言動に傷ついた」など、互いに何かしらの原因があったはずです。

あなたが別れたいと思った側だとしたら、そのときの想いを思い返してみましょう。反対に別れを告げられた方であるならば、なぜ元カレ・元カノに別れたいと思われてしまったのかを理解している必要があります。

原因となったものから何も変わっていなければ、運良く復縁できたとしても、同じ道を辿ることになってしまう可能性が高まるからです。

【参考記事】参考記事はこちら▽


3. もし復縁できた場合、上手くやっていけるイメージはあるか?

過去の恋は美化されがちです。付き合っている間にどれだけ嫌なことがあったとしても、今振り返るときには素敵な元カレ・元カノだったと思えることは珍しいことではありません。

もし復縁できたとしたら、手に入るのは夢ではなく現実の時間です。妄想上の相手ではなく、生身の彼・彼女と今度こそ上手くやっていけるイメージはできますか?


4. 別れた原因によって冷却期間を知る

別れてすぐに復縁を迫っても、上手くいかないであろうことは想像がつくのではないでしょうか。別れを告げた方・告げられた方のどちらであっても、別れた直後に何事もなかったかのようにLINEを送ったり会おうとしたりはしづらいものですよね。

別れた原因に応じた冷却期間を設けることが、復縁の可能性を残すコツ。たとえば、「束縛癖が嫌だ」という理由で別れを告げられた場合、数ヶ月はLINEでの連絡も控え、相手の気持ちが落ち着いた頃に、何気ないLINEを送ってみましょう。

別れた理由が深刻であればあるほど、半年・1年と必要な冷却期間は長くなります。焦りは禁物ですよ。


5. 相手に復縁の期待をしすぎない

「絶対に復縁したい」「きっとまた振り返ってくれるはず」と、復縁に過度な期待を寄せないようにしましょう。思いこみの強さは、行動の暴走にもつながります。復縁へのアプローチの加速は、かえって実らなくなってしまうことも。

一度は原因があって別れた仲。「ダメでもともと」程度の意識で留めておくように心がけましょう。


復縁の成功確率を上げるための方法&知っておくべき脈ありサイン

ここでは実際にアクションを起こす前に、少しでも復縁の可能性を上げる方法についてレクチャーしていきます。どのような行動が元恋人との復縁に近づくのでしょうか。


復縁の成功率をあげるためにできる5つのこと

実際に復縁する方法の中でも、ここの準備が大事になってきます。まずは5つのポイントを抑えて、勝率を上げれるように努めましょう。


1. 別れた原因になった自分の問題を改善する

別れた原因を考え、自分自身が変えられるものを改善していきましょう。

嫌がられていたことに対し、「もうしないから」と言い募って復縁が成功したとして、実は何も変わっていなかったとなれば、元カレ・元カノからの信用はガタ落ち。より一層幻滅させてしまいます。改善方法を模索し、実践していきましょう。

自分を見つめ直すことで、新たに見えてくる原因もありますよ。復縁して良かったと思ってもらえるような自分になりたいですね。


2. 適切な冷却期間を置く

3ヶ月、半年、1年。別れた原因に応じた冷却期間をおくことも、有効な復縁方法です。

相手の気持ちが治まりきらないところに、「やっぱり忘れられない」「どうしても好きなんだ」「せめてLINEで連絡をしてもいい?」と矢継ぎ早に追いすがるのはNG。かえって復縁から遠ざかってしまいます。

冷却期間は、自分を見つめ直し磨く時間にあててくださいね。

【参考記事】参考記事はこちら▽


3. 「久しぶり!」「元気だった?」と軽いノリでLINEをしてみる

冷却期間を設けた上で、まずは軽いノリのLINEをしてみましょう。相手の気持ちを見極めるための方法としても有効です。

ただ、もしもノリよく返事がきたとしても、油断は禁物。「もう大丈夫だ」と思い込み、どんどんLINEを送らないようにしてくださいね。相手は大人の対応をしてくれているだけかもしれません。

「たまに」「ちょっとした」やり取りを重ねていくのが、復縁を引き寄せる方法ですよ。


誕生日やお正月などを言い訳に、LINEを送るのはアリ!

「久しぶり!なんてLINE、不自然に思われてしまいそうで送れない…」。そうした方は、何らかのきっかけがあるときに思い切ってLINEをしてみましょう。

おすすめ方法は、誕生日やお正月など、下心がない友人であってもLINEをするだろうイベント時。はじめは復縁を望んでいることを悟られないよう、さらっとした内容で連絡してみましょう。


4. 友人から改めて関係を構築していく

LINEでの感触が悪くなければ、まずは友人としての関係を復活させましょう。何でもない連絡をLINEで取り、改めて相手を知ろうとすることが大切です。

二人きりで会うのは相手との関係性次第ですが、積極的な誘い文句からは復縁願望が伝わってしまう可能性があります。「会おっか」と相手から言ってきてもらえるまで友人関係の構築に努めるのもひとつの方法でしょう。


5. 相手の脈ありサインを確認しながら距離を詰めていく

友人関係が復活すれば、あとのアプローチ方法は片想い時代とあまり変わりません。相手の様子から脈ありかどうかを判断しながら、徐々に距離を近づけていく方法を取ります。

ただし、過度にグイグイいきすぎないようにすることは必要。片想い時代にガンガン押すタイプだった人は注意してくださいね。相手の反応を確認する冷静さを持っていたいものです。


「男女共通」の5つの脈ありサイン

復縁の可能性を上げる上で、相手が脈ありサインを出しているなら、上手く行く確率は大きく上がります。ここでは男女共通の脈ありサインをレクチャーしていきます。


脈ありサイン1. 「恋人がいない」アピールをしてくる

男女どちらであっても、異性に「恋人がいないんだよね〜」という話題を持ちかけるのは、脈ありサインのひとつ。聞かれもしないのに、わざわざ恋愛の話を異性同士ですることは、あまりないのではないでしょうか。

さらに相手がかつての恋人である場合、復縁が頭にある可能性が高まります。ただし、相手はまだぼんやりと考えているだけであることも少なくありません。「復縁確実!」と早合点しないように注意してくださいね。


脈ありサイン2. 相手からの質問が多い

「質問する」アクションは、「あなたのことを知りたい、気になっている」サインです。好意を抱いた人のことを知りたいと思うのは、自然な欲求ですよね。

「最近どうしてるの?」「仕事の調子はどう?」など、相手からの質問が増えたと感じたら、少なくとも元カレ・元カノのあなたへの心象は悪いものではないでしょう。


脈ありサイン3. 付き合ったときの思い出話をしてくる

別れたときの感情が色濃く残っている間は、付き合っていたときの記憶もあまり思い出したいものではないはず。

だからこそ、「あの店のランチ、おいしかったよね」「ここ行ったよね」など、付き合っていたときの思い出話が相手から出ることは、想いが浄化されているといえるでしょう。

綺麗さっぱり過去のものにしてしまうケースもあるため、「思い出話をする=復縁確実」とはいえませんが、悪感情は薄まったと思っていいのではないでしょうか。


脈ありサイン4. LINEの返信が途切れない

LINEのやり取りが長続きするようになってきたと感じたら、元カレ・元カノにとって、あなたは「やり取りをしていたい」と思ってもらえるところにまで戻ってきているのかもしれません。

自分からしつこくやり取りを続けようとするのはNGですが、相手が続けてくるようであれば受けていいでしょう。「~?」と疑問文で終わるLINEであれば返さない方が失礼ですしね。

【参考記事】参考記事はこちら▽


脈ありサイン5. 相手からデートの誘いが来る

相手から「今度二人で会わない?」と二人きりで会うお誘いが来たら、かなり脈ありだと考えてもいいでしょう。

もちろん、相手によっては「だってもう友人だし」と思っている可能性はあります。そのため、「二人きりで会う=デート=復縁成功!」と思い込むのは危険です。

ただ、デートに誘ってもらえる時点で、大きく前進できたことに変わりはないでしょう。

【参考記事】

・脈あり女性が男性に見せる好きのサインを人別でまとめ!

・男性が気になる女性に見せる「脈ありサイン」を総まとめ


復縁の可能性をグッと高める5つのコツ

最後に紹介するのは、復縁の可能性を高める方法について。闇雲に走る前にまずは、着実にポイントをおさえていきましょう。


1. 過去の自分の否を素直に認めること

復縁の可能性を高めるために大切なことは、まずは自分の非を素直に受け入れ、認めること。カップルが別れに至った原因は、決してあなたひとりだけのものではないでしょう。

しかし、復縁を願うのであれば、元カレ・元カノの非を責める前に、まずは自分を見つめ直すことが大切です。

素直に認めることが、変化の一歩。遠回りなようで、実は近道の復縁方法です。


2. 焦って復縁を匂わせるような行動はしない

じっくり時間をかけることが復縁方法の鉄則。焦りから復縁を望んでいると悟られてしまう行動を取ってしまうと、そのつもりではなかった相手から距離を置かれてしまいかねません。

音信不通にされてしまうと、友人としての関係性すら持続できなくなってしまいます。冷却期間はじっと耐え、連絡のやり取りが復活しても、気持ちを抑えた行動を取りましょう。


3. 自分磨きをして、魅力を高める努力をする

「忘れられなくて辛い」「連絡を取りたくて仕方がない…」。こうした想いに苛まれているのなら、その時間を自分磨きに費やすことも復縁方法のひとつです。「別れるんじゃなかった」と思わせられるくらい、魅力を高めていきましょう。

残念ながら復縁が実らなかったとしても、新しい恋のチャンスを得られる可能性を高められますよ。魅力的な人を目指しましょう。

【参考記事】参考記事はこちら▽


4. 趣味や仕事を楽しく取り組み、充実させたモノにする

自分磨きは、何も外見だけの問題ではありません。趣味や仕事と、公私ともに充実させた生活を送っている人は、にじみ出る雰囲気が明るくて魅力的に思えるものですよね。

「恋人が忘れられない…」といつまでも別れた地点に留まっているあなたより、顔を上げて前に進んでいるあなたの方が素敵です。元カレ・元カノが思わず振り返るような人になりたいですね。


5. 追い過ぎず、適度な距離感を保つ

人は、追われると逃げたくなる心理が働きます。そのため、復縁を望んでいるからこそ、追い過ぎないように注意しましょう。適度な距離感を保つことで、復縁の可能性をぐっと上げられますよ。

追うのではなく、追わせてやろうと思うくらいのスタンスでいましょう。特に男性は、追われるよりも「追いたい」人が多い傾向にあります。


復縁する方法で一番大事なのは“自分を見つめ直すこと”

一度別れてしまった相手だからこそ、次は上手くいくように努めたいですよね。復縁を望むのであれば、まずは冷静に自分を見つめ直し、改善できるところを改めていきましょう

絶対的な復縁方法はありませんが、自分の魅力を高めることは、復縁の成功の可否に限らず意味のあることです。

過去の思い出や相手への幻想を「好き」と勘違いしていないか、自分に問いかけてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】参考記事はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事