ストーリーを見ないのは駆け引き?心理&インスタを使ったアプローチ方法も解説!

ストーリーを見ない駆け引きについて知りたい方へ。本記事では、ストーリーを見ない駆け引きをする心理から、ストーリーの駆け引きに意味があるかまで大公開!インスタを使ったアプローチ方法も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

脈なし?ストーリーを見ない駆け引きをする心理や理由とは?

好きな人のストーリーを見ない駆け引きをする心理や理由とは

「脈ありだと思ったのに、インスタのストーリーを見てくれないのはどうして?」

「好きな人もオンラインだからすぐに見れるはずなのに、履歴がつかない…」

ストーリーを投稿したら、自分の好きな相手には見て欲しいですよね。

しかし、相手がすぐに見てくれないのはどうしてなのか、理由知りたいと思う方も多いのではないでしょうか。

ここでは、好きな人のストーリーをすぐに見ない男性や女性の心理について解説していきます。


心理1. 見ると履歴が残るのが嫌と感じている

ストーリーを閲覧すると閲覧した履歴がついてしまいます。

そのため、ストーリーが上がる度にいつも自分が見ていることを相手に気づかれたら恥ずかしいという心理から、あえて見ないようにしているのでしょう。


心理2. 好きなことを悟られたくないと感じている

ストーリーを見ている時点で、少なくとも相手に対して興味関心があるという証拠。

そのため、自分が相手が好きだという気持ちを相手に悟られてしまわないように、ストーリーをギリギリまで見ないようするのです。


心理3. 「恋人がいるかも。」と不安になるから、内容を見たくない

気になる人がストーリーで発信する内容からは、彼氏や彼女の存在など、知りたくない事実まで分かってしまう時もあります。

そのため、見るのが怖いという心理が働いてしまうので、敢えて見ないということも。


心理4. 恋の駆け引きに使いたいと感じている

好きな人のストーリーを見ない駆け引きをする心理や理由とはは恋の駆け引きに使いたいと感じている

頻繁にストーリーを見てコメントなどをしていたにもかかわらず、急に既読をつかないようと相手は不安に思って気になってしまうもの。

そんな相手の心理を動かして、恋の進展につなげたいと思っている人もいるでしょう。


心理5. そもそもインスタに興味がない

普段からSNSを使っておらず、好きな人だけではなく友達や芸能人のインスタグラムも殆ど見ていないというケースもあります。

そのため、気になる人だからと言って、わざわざインスタのストーリーを細かくチェックしようという心理にならないため、すぐに見ないのでしょう。


心理6. ストーリーという機能を知らない

自分がインスタに投稿をしない人は、そもそもSNSの使い方について詳しくない場合も。

ストーリーと言う機能自体を認識していないので、気になる人が情報を投稿していることさえもよく分かっていません。


心理7. 相手への興味がなくなった

これまでは相手に好意があったから、ストーリーをチェックしていたものの、気持ちが冷めるとどうでもよくなってしまうことも少なくありません。

ストーリーを見ることにあまり興味が持てなくなり、急に見なくなってしまったのでしょう。


心理8. 相手に不満を感じている

好きな人のストーリーを見ない駆け引きをする心理や理由とはは相手に不満を持っている

相手に自分の想いや考えを分かってほしいという心理から、敢えてストーリーを見ないことで、不満を伝えようとしています

例えば、

「どうして連絡をくれないのだろう。脈なしだから?」

そんな不満に気づいてほしくて、わざとストーリーを見ないのです。


心理9. 仕事や趣味などで忙しい

相手への興味はあるものの、時間に追われていてインスタを頻繁にチェックできない場合も。

残業が多かったり趣味でスポーツを頻繁にやっていると、気になる人が投稿したストーリーもすぐには見れないのです。


ストーリーを見ない駆け引きをしたら恋愛に効果的?実際はどうなの?

ストーリーを見ない駆け引きをしたら恋愛に効果的?

「好きな人の気を引くために、ストーリーをすぐ見ないようにする心理作戦は、本当に効果があるのだろうか?」

そう疑問に感じる人もいるでしょう。

実際のところ恋愛のアプローチとしては弱く、気になる人が自分の本音を理解するのは難しいと言えます。

そのまま

「自分に興味がないんだな」

と思われて逆効果になるケースもないとは言えません。

そのため、ストーリーをわざと見ない駆け引きをしたからと言って、関係性が急に進展する可能性は低いです。


好きな人からストーリーに反応してもらう方法|インスタを使った効果的なアプローチとは?

好きな人からストーリーに反応してもらう方法

「どうしたら気になる人が、ストーリーでリアクションをくれるのか知りたい」

「インスタのストーリーを活用して好きな人にアプローチする方法は?」

そんな悩みを抱えている人は多いはず。

最近では、ストーリーを通して相手と友達になり、そこから恋愛関係に発展するケースも多いです。

ここからは、好きな人からストーリーに反応してもらえる方法についてお伝えしていきます。


方法1. 好きな人の好みに合わせたストーリーを載せる

自分の興味のある内容がストーリーに投稿されているとチェックしてリアクションをしたくなるものです。

なので、好きな人の趣味や好みに合わせた内容を発信してみましょう。

例えば、

  • 相手が動物好きならペットに関する内容
  • 共通の趣味がテニスなら練習風景を載せる
  • ファッションに興味がある相手なら、買い物した服を紹介する

など、相手が見てみようと思うような内容がおすすめですよ。


方法2. ご飯や映画など相手が誘いやすいストーリーを載せる

もし相手が自分のストーリーを見てくれるくらい自分を意識しているのなら、あなたに近づきたいけど、きっかけを探している可能性が。

しかし、ストーリーを見ていても、反応がしにくい内容のものだと、相手も困ってしまいます。

そのため、ご飯や映画など会話が広がりやすく、相手から誘いやすい内容を投稿しましょう。

具体的には、

「イタ飯大好き!」 「今流行りの映画が気になる!」

といった内容なら、相手も

「俺もイタリアン好き!今度一食べに緒に行こうよ」 「来週、あの映画観に行かない?」

など、反応をもらえる可能性が高くなります。

投稿する際に

「食べに行きたいな~!」

「観に行こうかな~」

など一言添えると、さらに相手も誘いやすいですよ。


方法3. アンケート機能を使う

中には相手に反応したくても、コメントやリアクションすることに慣れていない人も少なくありません。

そんな相手に対しては「はい」か「いいえ」の二択で答えられるアンケート機能を使って質問をすると反応を示す敷居を下げられますよ。

具体的には、以下のようなアンケートを作ってみるのも一つの手。

  • どっちの髪型が好き?髪をおろす or アップ
  • このカフェに行ってみたい? はい or いいえ

などと集計を取ると、相手からの反応が期待でき、相手の好みなどや心理なども探ることができますよ。


方法4. 質問機能を使う

好きな人からストーリーに反応してもらう方法は質問機能を使う

好きな人とのコミュニケーションを深めるためには、自分からも積極的に相手を知ろうとすることが大切です。

趣味や嗜好などについて、次のようにインスタの質問機能を使って相手に聞いてみましょう。

  • 好きなスポーツはなんですか?
  • 普段どんな音楽を聞いてるの?

など、具体的な質問をされると相手も回答しやすくなります。

あらかじめ、相手の得意分野などが分かっている場合は、そこを質問していくと反応がもらえやすいですよ。


方法5. 「○○で暇な人?」というストーリーを載せる

相手にリアクションをすることに抵抗がある人もいるので、こちらから好きな人が住んでいる場所やよく遊んでいる地域で、暇な人を募集すれば気軽に反応してもらえる可能性が高いです。

例えば、

  • 今週の土曜日〇〇に行くんだけど暇な人?
  • 〇〇で遊ぼうかと思ってるんだけど暇な人いますか?

といったように募集をすると、お目当ての人が暇な場合は、自然な流れで連絡をしてデートができるかもしれませんよ。


方法6.「 ○○に詳しい人教えてください」などのストーリーを載せる

人は自分が得意な分野や知識があることに対しては、発言したくなってしまうもの。

そのため、相手が詳しいことについて、インスタのストーリー上で、以下のように聞いてみましょう。

  • PCの動作が最近重く感じるんですが、解決方法分かる人教えてください
  • 自宅で簡単にできる筋トレ方法知ってる人いますか?

そうすることで、

「この方法試してみたら?」

など反応しやすくなり、会話も広がります。

その後はお礼や後日談をDMやLINEで送るなどすると、相手との距離が縮められますよ。


ストーリーを見ない心理を知って、より効果的なアプローチで仲良くなりましょう!

インスタのストーリーを敢えて見ない駆け引きをする心理について、具体例を挙げながらご紹介してきました。

「気になる人がオンラインなのに既読にならないのは、脈なしだから?」

と感じていた人も、恋の駆け引きなど複雑な要素も絡み合っていることがお分かりいただけたと思います。

本記事でご紹介した、インスタを使った効果的なアプローチ方法も参考にし、好きな人からストーリーに反応してもらえるよう工夫しましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事