”持ってる人”とは?行動や性格の共通点&運を味方につける方法も解説!

持ってる人について知りたい方へ。本記事では、持ってる人の特徴から、持ってる人になる方法まで大公開!気になった方はぜひチェックしてみてください!

そもそも『持ってる人』とは?『持ってない人』との違いは?

『持ってる人』とは?

持ってる人は、自分の力では変えられないものには目を向けず、自分でコントロールできるものに意識を集中させることが出来る人を指します。

そのため、「ここぞ」という重要な場面でしっかりと結果を出すことが出来るのです。

一方、持っていない人は、大事な場面でことごとく失敗してしまいます。

それは、相手の行動など、自分ではどうしようもないものばかりに目が向き、物事に集中できないことが主な原因です。

持ってる人と持ってない人では同じ事柄を見ても視点が全然違うため、結果が大きく変わってしまうでしょう。


持ってる人の特徴|基本的な性格や行動に共通することは?

持ってる人の特徴

「持ってる人って基本的にどんな性格なの?」

「持ってる人の共通点が知りたい」

持ってる人という言葉はよく聞くけど、どんな人のことを差すのかはよくわからないですよね。

そこでここからは、持ってる人に特徴する共通点を13個ご紹介していきます。

どんな人が持ってる人に当てはまるのかを診断していきましょう!


特徴1. どんな時でも結果を出せる

持ってる人が大事にしている共通点は過程よりも結果

仮に何度失敗しようとも、結果を出すまで諦めません。

周りから期待されていなかったとしても、ここを頑張り時だと捉えてがむしゃらに作業に打ち込んで最終的に良い結果を出すことが出来るでしょう。


特徴2. 自分を信じ切る力がある

自分の軸をしっかり持っている人は、ちょっとしたことでは考えがブレません

そのため、どんな状況でも前向きに考えることができます。

例えば、

「会社を辞めて企業しよう」

と一度決意したのなら

「会社にいる方が安定しているよ」

などと周りに言われても感情をブラさずにやり通します。

その結果成功した時に、「持ってる人」と言われるようになるのです。


特徴3. 自分の感情をコントロールできる

持ってる人は、自分の芯をしっかり持っているので、何かあっても周囲に影響されず、冷静な判断ができるのです。

例えば、上司が部下に伝えた内容が正しく伝わっておらず、仕事が進まなくなるといったこともあるでしょう。

持ってる人は、そんなトラブルが起きて周りが焦っている時でも、感情的になることなく、落ち着いて対処できるのです。


特徴4. 執着心がない

持ってる人の特徴は執着心がない

持ってる人は正常な判断ができなくなるから、執着心は無駄だと考えているため、過去にとらわれることなく、今を全力で楽しんで生きています

例えば過去にドハマリして課金しまくったゲームがあったとしても、次の楽しいゲームを見つけたらすぐに乗り換えます。

今まで払ってきたお金や、費やしてきた時間を気にしないのです。


特徴5. 適応能力が優れている

冷静に物事を判断出来る人は、どんな状況でもその場に適応した対応をすることができます。

例えば、職場で新しいプロジェクトが発足した時、メンバーの能力を把握し、自分が何をするべきかを臨機応変に見極められるでしょう。

状況に応じて行動を起こして作業を進められるからこそ、しっかりと結果にも繋がり持っていると言われるのでしょう。


特徴6. 現実を見ることができる

持ってる人は人よりも多くの経験をし、失敗も成功も重ねています

そのため理想論だけでなく現実的に問題点を見て、解決する方向で判断することができるのです。

例えば、好きな人がいる場合は

「あの人と付き合えたらいいな〜」

と思うだけでは終わりません。

  • どんな人がタイプなのか
  • どんな場所に誘ったらデートのこぎつけやすいか

などを調査して、好きな人に合わせるためにしっかりと行動に移せるでしょう。


特徴7. 絶大な信頼を持たれている

持ってる人の特徴は絶大な信頼をもたれている

努力して目に見える成果を残していると、その分人から信頼されやすくなります。

そのため持ってる人には努力だけで満足せず、何度も成功している人が多いです。

例えば、

「その人に相談すれば成功に導いてくれる」

というイメージが出来上がっているため、

「困った時にはあの人に相談すればいい」

と言われることが多いという特徴があります。


特徴8. 感謝の気持ちをいつまでも忘れない

感謝の気持ちを持っている人は他者から受けた恩を忘れず、自分がお世話になった人や、助けてもらった人への恩に報いる行動ができます。

誰に対しても優しく公平な態度で接することで、周りから感謝されるようになり、味方が増えて自然と結果を出せるような状況になるのです。

例えば職場で仕事で手伝ってもらった人に対しては、困っていたら全力で手を差し伸べます。

また、お世話になった上司が退職する時には、手書きの手紙を送ったりすることも。


特徴9. 見栄を張ることなく、謙虚でいる

持ってる人は自分に自信を持っているので、相手の意見を純粋に受け取ることができて、謙虚な姿勢でいるでしょう。

  • 自分だけでやろうとせず、みんなの考え方を取り入れる
  • 相手が部下であっても、わからないことは教えてもらう姿勢でいる

こういった考えがあるので、周りからは認められるようになるでしょう。


特徴10. 直感を信じてチャレンジしている

持ってる人は何かを始める時に、できない理由ではなく、結果を出すために必要なのは何なのかを考えることができます。

例えば、 - 今までのやり方(マニュアルなど)と違う方法でも、直感で思ったやり方をする - 他の人が失敗してきたことでも、今ならできそうだと感じると挑戦する

そういった態度で取り組むため、斬新な企画が出来上がり良いものを作り上げられるのでしょう。


特徴11. あらゆる人に細やかな配慮ができる

持ってる人の特徴はあらゆる人に細やかな配慮が出来る

持ってる人は、どんな些細なことでも周囲に感謝の気持ちを持っています

そのため、日頃から周囲への細やかな配慮も忘れません。

例えば、集団で話していて会話に入れていない人がいたら、さり気なく話題を振ったりする気遣いができる性格なので、周りから慕われることが多いでしょう。


特徴12. 自分の時間も人の時間も大切にする

時間はどんな人にも平等に与えられている唯一のもの。

持ってる人は、時間の質が良いと人生が充実していくことを知っているので、自分や相手の時間を大切にするのです。

例えば、遅刻は相手の時間を奪うものだと考えているため、絶対に遅刻をしません。

また、仕事のペース配分をしっかりし、相手の時間を無駄にしないように心がけたりしています。


持ってる人になる方法|運を味方につけるために必要なことは?

持ってる人になる方法

「私も持ってる人のオーラを出したいんだけど、どうすればいいのかな?」

「運が悪いオーラをまとった私が、持ってる人に少しでも近づくにはどうすればいいの?」

持ってる人というと努力だけではなれないような気もします。

しかし、実は明確なこれをすれば持ってる人になれるという方法があるのです。

そこで、ここからは、持ってる人になる方法を詳しく解説します。


方法1. 当たり前のことに感謝する

感謝の気持ちが表現できるようになると、人から信頼されやすくなる傾向があります。

信頼されると味方が増え、他の人よりも多くのチャンスが巡ってくるので、日頃から感謝の気持ちを持つようにしましょう。

例えば仕事なら、

  • 仕事を振ってくれる上司に感謝する
  • 採用してくれた職場に感謝の気持ちを持つ
  • いつも相談にのってくれる同僚に感謝する

など、当たり前過ぎて忘れていることが、当たり前ではないという意識を持つことで、周りの人を大事に出来るようになりますよ。


方法2. リスクを取る選択をする

どんな事でもそうですが、やってみないと成功することはありません

リスクを恐れずにどんどん新しいことに挑戦することで、自分の可能性を広げていきましょう。

例えば、

  • 独立して試してみたいビジネスアイデアがあるから、今の会社の安定を捨てる
  • もっと効率的にできそうなやり方を見つけたら、とりあえず試してみる

なんでもやってみることが重要です。

失敗したとしても、その経験は必ず今後の成長の糧になりますよ。


方法3. どんなことも受け入れるようにする

自分の好きなものばかりを吸収していると、どこかで成長に限界がきてしまいます

持ってる人になるためには、誰が言った言葉でも、どんなものでも一旦受け入れるようにするのがおすすめです。

  • 上司のアドバイスに疑問を持っても一度その通りやってみる
  • たまには普段は読まないような本を読んで見る
  • 友人におすすめされたYouTubeを見てみる

など、とりあえず受け入れてみて自分で取捨選択をすれば、視野が広がりますよ。


方法4. 小さなこだわりは捨て、本当に大切なものだけを考える

持ってる人になる方法は本当に大切な物だけを考える

自分でコントロールできないことは、いくら考えて努力したとしてもほぼ変えられません

そのため、コントロールできないこだわりは捨て、目標に対して必要なことだけを常に考えて行動するようにしましょう。

例えば持ってる人になるという目標があるなら、

  • 相手の行動に反応するのではなく、自分から主体的な態度になる
  • 自分が信じたものだけを取り入れるのではなく、どんなことでもとりあえず受け入れてみる

まずは目標設定をしっかりするのがポイント。

目標があれば、本当に大切なものが明確になりますよ。


方法5. 広く浅い知識をもつようにする

多少なりとも知識があれば、色々な視点から物事を捉えられるようになります。

そのため、日頃からいろんな知識を取り入れるようにするのがおすすめです。

知識の付け方は様々あります。

  • 今話題になっている本を読む
  • 新聞・ニュースを見る
  • 気になっていた趣味を始めてみる

など、様々なものに目を通すことで、どこかで何かに役立つ知識になってくれますよ。


方法6. 人のためになることを積極的にする

誰かを助けるような行いをしていると、人に感謝されることが多くなります

すると、ポジティブな感情が増えて運が味方になってくれるため、持ってる人に近づけます。

なので、積極的に人のために尽くすように動いてみましょう。

例えば、

  • 道端にゴミが落ちていたら拾う
  • 道に迷っている人がいたら声をかける
  • 電車で立っているのが辛そうなご年配の方がいたら席を譲る

など。

大げさなことをしようとしなくても大丈夫です。できることからやってみましょう。


特徴を知って、自分も持ってる人になりましょう!

今回は、持ってる人の特徴診断から持ってる人になる方法まで、とことん深堀りして解説してきました。

「ここぞ」という時にこそ結果を出す持ってる人って格好よくって憧れますよね。

今回ご紹介したように、診断で持ってる人ではなかった人でも、持ってる人になれる可能性はあるのです

ご紹介した方法を参考にして、あなたも持ってる人のオーラを出せるようになりましょう!

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事