ケアレスミスが多い人の特徴&原因|うっかりミスを防ぐ方法も解説!

ケアレスミスが多い人へ。本記事では、ケアレスミスが起こりやすいシーンから、小さな失敗をよくしてしまう人の特徴まで大公開!うっかりミスを防ぐ方法も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

そもそも『ケアレスミス』とは?どんな意味?

『ケアレスミス』とは?

ケアレスミスとは、本来の能力や知識があれば問題なくできるのに、不注意によって引き起こされるミスのことです。

例えば、疲労が溜まり眠かったせいで書類の数字を間違えてしまったり、約束の時間を間違えてしまったりなどがケアレスミスと言えるでしょう。

一つ一つは些細なミスとして片付けられても、積み重なることで職場では信用を失うこともあり得ます。

ケアレスミスが多いと感じる場合は、減らすために対策を練りましょう。


ケアレスミスが起きやすいシーン|どんな時に見落としてしまう?

ケアレスミスが起きやすいシーン

ケアレスミスを減らすためには、まずどんな場面でミスが起きやすいのか把握しておく必要があります。

ケアレスミスの原因は一体なんなのか。

ここでは、ケアレスミスが起きやすい11のシーンを紹介します。

ミスを減らすべく有効な対策を立てるためにも、どんな時に自分がうっかりミスをしてしまうのか確認していきましょう。


シーン1. 最終チェックをしていない時

自分で作成した資料を自分で確認してもミスを見つけにくいということがあります。

「自分で1から作成したものだから全部わかってて当たり前」

「自分で作った後に見直ししたから大丈夫」

など、自分が作り上げたことに対する安心感から、最終チェックを怠ってしまい、後になってミスが見つかることがあります。


シーン2. しなくてもいいことまでしてしまった時

何度も行っている慣れた仕事であれば、頭で考えずに流れ作業的にこなしてしまう場合が多いです。

そんな流れ作業をしている時は、確認作業を怠っている事が多いので、その状態で余計なことまでやってしまうと、ミスが起こってしまうことも少なくありません。


シーン3. 疲れていて注意散漫になっている時

睡眠不足や疲労が溜まっている状態では、集中力が続かず注意力が散漫になってしまいます。

そのため、作業ルールや業務フローを見落としてしまい、ミスを引き起こしてしまうのです。


シーン4. 先入観や思い込みによる勘違いをした時

ケアレスミスが起きやすいシーンは先入観や思い込みによる勘違いをしたとき

思い込みや勘違いは、確認を不十分にさせる原因です。

他の人も知っているという勝手な前提で、物事を進めたり、作業やスケジュールに反映させてしまうことで、情報の共有がしっかりとされずに、ミスを引き起こしてしまうことがあります。


シーン5. 知識・スキル・技量が不足している時

初めて行う作業は、経験不足のため正しい判断をするのが難しいです。

  • 単純に作業を間違えてしまった
  • そもそも異常に気が付かない

など、スキル不足が原因で、ミスを引き起こしてしまうことも少なくありません。


シーン6. コミュニケーションがとれていない時

複数の人が関わる業務は、連絡や連携をしっかりとらないと、正しい情報が相手に伝わっていないという事態を引き起こします。

正しい情報が共有できていない状態では、他の人が間違った情報のまま仕事を進めてしまい、ミスにつながることも。


シーン7. 焦りや慢心による手抜きがある時

やり慣れている作業に対しては、慢心を抱えやすいです。

また、期限に間に合わないなどの理由により、極度のプレッシャーからなんとか期日内に収めるため、い手抜きをしてしまうことも。

その結果、細かい確認作業を怠るなどの手抜きから、ミスが引き起こされてしまうでしょう。


シーン8. 自己顕示欲が高すぎる時

ケアレスミスが起きやすいシーンは自己顕示欲が高すぎるとき

もっと良いところを見せて高く評価されたいという心理から、必要以上に過剰なパフォーマンスや危険な行為をしてミスにつながることも。

特に、仕事に慣れたベテランが起こしやすいケアレスミスで、目標達成への意思が強すぎることで起きやすいです。


シーン9. 過去のミスのトラウマがある時

過去にミスを引き起こしてしまった経験があると、

「同じミスは繰り返さないようにしよう!」

と考えることは少なくありません。

しかし、その気持ちが強すぎるとミスをした箇所にだけ集中してしまい、他の部分でうっかりミスを引き起こしてしまうことがあります。


シーン10. すべきことを忘れてしまった時

仕事の手順が煩雑だったり、同時にこなすべき仕事が立て込んでいたりすると、追い付かずに作業を後回しにしてしまうことも。

そのまま作業のことを忘れたまま進めて、後になってその事に気がつくというミスをしてしまうこともあります。


シーン11. 仕事の全体像が把握できていない

全体像がわからないまま仕事を始めてしまうと、目先の業務だけに囚われて視野が狭くなるため、うまく仕事を進められなくなります。

早く終わらせたいという気持ちばかりが先走るがあまり、確認不足が生じたり、細かい部分を見逃してしまったりしやすくなることも。

本来なら未然に防げるミスを発生させてしまう原因になるのです。


ケアレスミスが多い人の特徴|注意不足で失敗してしまう人に共通することは?

ケアレスミスが多い人の特徴

「部下のミスが多いけれど、一体どんな時におきやすいんだろう?」

「ケアレスミスが多い人には何か共通点があるのかな?」

何度もケアレスミスを繰り返してしまう人には何か共通する特徴があるのでしょうか。

ケアレスミスを防ぐため、ここではケアレスミスが多い人の特徴を解説します。

共通する特徴を把握して、うっかりミスを減らすための対策に役立てましょう。


特徴1. 仕事が多く、常に慌てている

やることが多いと、次々と仕事の期限に追われる状態になるため、

「あれもこれもやらなくちゃ」

注意力が散漫な状態に陥ります。

そのため、

  • 内容を精査する時間が取れず、細かいところを見逃してしまう
  • 慌てて仕事を進めるため、一つ一つの業務が雑になりがち

などの理由から、不注意によるうっかりミスが多くなってしまうのです。


特徴2. 自分に自信が無く他人の顔色ばかり伺っている

緊張しいな人は、他人からの評価を気にしすぎるがあまり、

「失敗したらどうしよう…」

ということばかり考えてしまい、集中力が落ちやすくなります。

その結果作業に落ち着いて取り組むことができず、簡単なことを見逃したり忘れたりしやすくなるので、本来の力を出せずにケアレスミスをするのです。


特徴3. 大雑把でだらしない性格をしている

何事にも大雑把な人は、細かいところまでしっかりやろうという意識が低いことが多いです。

そのため、チェックが甘かったり、仕事をきちんとこなそうという責任感がなかったりなど、ケアレスミスを引き起こしてしまう原因に多く該当します。

「ここまでやったし、これで提出しても大丈夫かな」

という適当さがあるため、不注意によるミスを生んでしまうことが多くなるのです。


特徴4. 自己管理が徹底できていない

ケアレスミスが多い人の特徴は自己管理が徹底出来ていない

自己管理ができていないと、睡眠不足や体調不良に陥りがちです。

例えば、

  • 翌日、朝から仕事があるにも関わらず夜遅くまで飲みに行ってしまった
  • ダラダラとスマホを見て寝るのが遅くなった

といったようなことをしていると、注意力が散漫になるため、ミスを引き起こしてしまいます。


特徴5. 落ち込みやすく、マイナス思考である

過去にミスをしたことがトラウマとなり、

「また同じミスをしたらどうしよう…」

と考えすぎてしまいます。

失敗を恐れるがあまり、過去の失敗に気を取られて、焦りやプレッシャーなどの気持ちに負けてしまい、ケアレスミスを引き起こしてしまうのでしょう。


特徴6. 注意されてもメモを取らない

メモを取るのが苦手な人は、注意されたことは

「頭で覚えておけば大丈夫だろう」

自信過剰なところがある場合が多いです。

しかし、実際にはメモを取らないと、メモを見て確認することもできないため、ミスを頻発してしまうのでしょう。


ケアレスミスを減らすための方法|小さなミスを起こさないために注意することは?

ケアレスミスを減らすための方法

「ケアレスミスをするのはもうイヤ!減らす方法はある?」

「ケアレスミスをしないためにはどうすればいいの?」

自分では気を付けているつもりでも、なかなかケアレスミスを減らすことができずに悩んでいる人もいるはず。

では、どのような対策をすればいいのか。

ここではケアレスミスを減らすための方法を具体的に解説していきます。


方法1. 仕事に対して真摯な気持ちを持つ

仕事への気持ちが中途半端だと、集中力に欠けて、ミスを犯しやすくなります。

一つ一つの仕事を丁寧に進めるためにも、真摯な気持ちで仕事に向き合うことが大切です。

仕事には真面目に取り組もうという風に意識することで、丁寧に仕事を進められるようになり、ケアレスミスも減るでしょう。


方法2. 危機管理能力を持つようにする

失敗することにより、どのような影響を与えてしまうのか考えることで、注意力が上がり、ミスが生じにくくなります。

  • 同僚や上司から>「この人では不安」と信頼をしてもらえなくなる
  • ミスを改善するために、同僚や部下の仕事が増える

など、自分のミスにより、どのような可能性があるのかイメージしておきましょう。


方法3. 体調管理を整える

疲れが溜まりすぎていたり、寝不足だったりすると、仕事をしていても集中できず、仕事に対するモチベーションが低下します。

そのため、体調を万全に整えることがケアレスミスを減らすために必要です。

  • 就寝時間を守り、翌日仕事がある日は夜更かしせず睡眠をしっかりとる
  • 無理のないスケジュールで行動する

など、規則正しい生活を心掛けるのがポイント。

体調を維持するには習慣化させることが大切なので、自分ができそうなルールから試してみましょう。


方法4. 最終チェックを怠らない

ケアレスミスを減らすための方法は最終チェックを怠らない

その場では大丈夫だと思っていても、後から確認するとミスが見つかることもあります。

たとえ作業に自信があっても、最終チェックをすることがケアレスミスを未然に防ぐために大切です。

例えば、自分が資料を作った場合は、あえて少し時間をおいてからチェックしてみましょう。

時間をおくことで、資料作りをしている時には見落としていたミスに気付きやすくなりますよ。


方法5. 他の人にダブルチェックをお願いする

文字の変換ミスやデータの誤入力など、自分では見つけることができなかった細かなミスは、他の人に見てもらう方が発見しやすいです。

ケアレスミスを防ぐためには、自分で最終チェックをした後には、他の人にダブルチェックをしてもらいましょう。

周りに協力をしてもらいながら対策することで、次第にケアレスミスが減ってくるはずですよ。


方法6. メモをしっかりと取って、チェックリストを作る

見たり聞いたりした時は覚えられると思っていても、今日覚えたことは次の日までに7割以上忘れてしまうとも言われています。

そのため、自分の記憶力を過信せずしっかりとメモを取るようにしましょう。

メモを取っておけば、後から何度も見直すことができます。

また、あらかじめチェックすべき項目をリスト化しておけば、やるべきことを忘れてしまうというミスも次第に減らすことができますよ。


方法7. 仕事の優先順位を決める

複数の仕事を抱えている場合は、優先順位を明確にしておくことで、目先の仕事に集中しやすくなるため、ミスが減り作業効率が上がります。

依頼された仕事は、タスクごとにTODOリストで管理するようにしましょう。

優先順位が高いものから取り掛かれるのはもちろん、タスク漏れも未然に防ぐことができますよ。


方法8. 曖昧な部分は確認作業を徹底して行う

ケアレスミスを減らすための方法は曖昧な時は確認作業を徹底して行う

仕事を進めていく中で

「これって確かこうだった気がするけど、どうだったかな?」

と、はっきりしないことは必ず出てくるもの。

曖昧に感じる部分を勘違いや自己判断で進めたことによりミスを引き起こすケースは多いです。

思い込みで進めないためにも、職場の上司などに確認や相談をする習慣を徹底しましょう。

少しでも曖昧な部分は早々に確認することで、不具合に対して早い段階で気づき、ミスを未然に防ぐことができますよ。


方法9. 作業スペースは常に片付けておく

仕事で使う資料や道具がごちゃごちゃの状態では、頭の中もごちゃごちゃで整理しにくいため、集中力不足や注意力が散漫になりやすいです。

綺麗に整った環境だと、資料や書類の紛失を防ぐことができるので、作業スペースは常に整理整頓をしておくようにしましょう。

思考も整理されて、自然とケアレスミスを減らすことができるでしょう。


方法10. 時間に余裕を持って行動する

今まで何度もこなしてきた仕事だとしても、期日がギリギリで余裕がないと、確認が疎かになったり、注意力が散漫になったりで、うっかりミスを起こしやすくなります。

焦るような状況にしないことも、ケアレスミスを防ぐために大切な対策です。

1日のスケジュールや仕事の納期までのスケジュールをしっかりと立て、計画的に行動することで、心に余裕が生まれますよ。

時間に追われることもなくなるため、落ち着いて仕事を進められて、ミスを減らすことができるでしょう。


ケアレスミスを減らして信用を失わないようにしましょう!

防げたはずのミスをしてしまうのは、周りからの信用や評価を下げてしまいます。

ケアレスミスを完全になくすことは難しいかもしれませんが、努力次第で減らすことは可能です。

どんな時にケアレスミスが起こりやすいのかを理由を把握しておくことで、対策も取りやすいでしょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事