仕事で失敗した時の3つの立ち直り方|落ち込む気持ちを切り替える最強のコツとは?

「信頼を取り戻さなければ...」と悩んでいる方へ。この記事では、仕事で失敗してしまった時の立ち直り方や対処法、未然にミスを防ぐ対策まで詳しく解説します!

仕事で失敗するのは当たり前!大切なのはその後どうするか。

仕事で大失敗した時の立ち直り方とは?

仕事で失敗してしまい落ち込むときもありますよね。しかし、仕事に失敗はつきもの。気持ちを切り替えて対策を考えることに集中しましょう。

失敗してしまっても、うまくリカバリーすることで、「機転が利く人」「諦めない気持ちを持っている人」と評価が上がることさえあります。

大切なことは、失敗した後の振る舞いや、失敗を教訓に同じようなミスを繰り返さないように対策を立てていくことですよ!


仕事で失敗してしまった時の6つの対処法|最初に何をすればいいの?

仕事で失敗してしまった時の対処法

「仕事で大失敗してしまった。立て直すのに何をすればいいのかわからない。」

「失敗をうまく挽回する対処法はないの?」

仕事で失敗した時、焦りや落ち込みからどう立ち回ればいいのかわからなくなってしまうことがありますよね。

ここから、失敗してしまった時の対処法を紹介していきますので、しっかりと把握していざという時に慌てないようにしましょう。


対処法1. まずはしっかりと謝罪をする

失敗してしまったことはやり直しがきかないので、気が付いた時点ですぐに謝罪しましょう。

謝罪が遅れると相手の心象が悪くなり、第二のトラブルに繋がることも…。

謝る時は「この度は申し訳ございませんでした。今後の対策ですが...」と、まず何よりも先に謝罪して誠意を見せるのが社会人のマナーです。

誠意ある謝罪をすることで、同僚や上司も一緒に挽回しようという気持ちになります。


対処法2. 失敗の原因を分析して改善策を考える

失敗の原因を分析せずに、ただ謝罪してやり過ごしていたのでは、同じ間違いを繰り返してしまう可能性があります。

何度も同じミスをしていると周囲からの信頼を失ってしまうため、なぜミスをしたのか分析することが非常に大切です。

原因分析には「なぜなぜ分析」を活用すると良いでしょう。

なぜなぜ分析は失敗に対して「なぜ」を繰り返して、本当の原因を導き出す手法です。

例えば「計画に対して遅れてしまった」という失敗ならば、「なぜ、計画に送れたのか?」のようになぜを重ねて原因を掘り下げていきます。

分析した結果わかった、失敗の真因に対して改善策を打ち出すことができれば、同じ失敗を繰り返すことがなくなります。


対処法3. 上司や先輩にアドバイスを求める

自分一人では解決できないような失敗をしてしまった時には周囲を頼ることも大切です。

失敗は時間が経つほど挽回が難しくなることがほとんどなので、「自分では解決できない」と思ったら上司や先輩に早めに相談しましょう。

相談する時は「今、このような状況なのですが」と、まずは報告から入ると相談された人も状況を理解してアドバイスしやすいです。

先輩や上司は社会人としての経験も豊富ですから、相談すれば的確なアドバイスをもらえるでしょう。

また、素早く相談することによって、上司や先輩から「手遅れになる前に相談してくれて良かった。彼は的確な報連相ができる」と信頼を無くさずに済みますよ。


対処法4. メモを取るなりして、今後の仕事に活かす

仕事で失敗してしまった時の対処法はメモをとる

失敗を次に活かそうとする時、頭の中だけで覚えておけることには限界があるので、メモなどの記録に残しておく必要があります。

メモを取る時には、ミスをした状況などを事細かくメモしておきましょう。事情を知らない他の人が見てもわかるくらい細かく書くと良いです。

詳細に書き残しておくことで、後から見返して今後の対策を立てやすくなります。

また、せっかくメモを取ったのですから、それを元に手順書をまとめるのも良いでしょう。

作成した手順書を職場内に展開すれば、同じようなミスをする人が出るのを予防することができますよ。


対処法5. 自分が“今”やるべきことを洗い出す

仕事で失敗してしまった時は、頭の中が真っ白になりパニック状態になってしまうことも。

そこで「早く挽回しなくては!」と焦って行動すると、普段しないようなミスを重ねてしまうことがあります。

まずは失敗してしまったら一呼吸おいて、どう対処するべきか洗い出してから動き始めましょう。

例えば、付箋にやるべきことを書いてホワイボードなどに張り出し、見える化してみること。

見える化することで、作業の漏れを防いだり、余計なことをして効率を下げることを防げます。


対処法6. 落ち込んだ気持ちを切り替える

大きな失敗をしてしまい、落ち込む気持ちはよくわかりますが、いつまでも落ち込んでいても失敗してしまったことは取り返せません。

一刻も早く立ち直って、行動で信頼を取り戻すことが大切です。

うまく気持ちを切り替えるには、他人はそれほど自分に興味がないと考えるのがおすすめ。

失敗して落ち込みすぎるのは「周りに迷惑をかけた」「できない自分カッコ悪い」など、人からどう思われるかを気にするからです。

しかし、人の失敗をいつまでも覚えている人はいませんから、しっかり反省したらもう気にする必要はありませんよ。


仕事で失敗した時の立ち直り方3選|気持ちを立て直すコツとは?

仕事で失敗した時の立ち直り方

「仕事で大失敗した時の立ち直り方を知りたい」

「気持ちをうまく切り替えるにはどうしたらいいの?」

仕事で失敗して落ち込んでいる時、「簡単に立ち直れないよ」と思ってしまいますが、考え方を変えるとダメージを小さくすることができます。

では、どのようなことを実践すれば良いのか。ここからは、仕事で失敗した時の立ち直り方を3つご紹介します。


立ち直り方1. 起きてしまったことは戻らないと割り切る

いくら落ち込んで反省していても時間は戻せません。気持ちを切り替えるためにも心の中で開き直ってみましょう。

「生きていれば誰だって失敗する」
「大失敗した分だけ自分は成長するんだ」

などと考えると、気持ちが楽になって、落ち込んでいた気持ちが回復するでしょう。

ただし、開き直りを態度に出すと、失敗したのに仕事を舐めていると思われてしまう可能性があるので、割り切るのは心の中だけにするように注意しましょう。


立ち直り方2. 人のせいにできるところは心の中で責任転嫁しておく

仕事で失敗してしまった時に「全部自分が悪い...」と全てを抱え込むと心がパンクしてしまいます。

自分の責任でないことまで抱え込む必要はありませんよ。

「ミスをしたのは自分だが、このやり方でいいと先輩も言っていたから先輩にも責任はある」と思っているくらいでちょうどいいのです。

ただ、他者への批判を実際に口に出してしまうと、ミスを棚にあげて自分の非を認めていないと思われてしまうので、あくまでも自分の中で思っておきましょう。


立ち直り方3. 自分への過度な期待をしない

自分に期待しすぎると、ちょっとうまくいかなかっただけで自分にふがいなさを感じて自分を責めるようになってしまいます。

逆に自分に過度に期待していない場合、もし失敗しても「まぁ、こんなものかな。次頑張ろう」とすぐに立ち直ることができます。

理想を高く持ちすぎず、現実を見据えた目標設定をすると挫折しにくくなるでしょう。

ちなみに、自分に期待しないというのは、「思うような成果はすぐには得られない」と思っておくことです。

自分に自信を持たないこととは違うので注意しましょう。


仕事の失敗を未然に防ぐ5つの方法|誰にでもできる対策とは?

仕事の失敗を未然に防ぐ方法

「そもそも仕事の失敗を防ぐにはどうしたらいいの?」

「ミスをしなくなるいい方法はある?」

失敗から立ち直ることも重要ですが、ミスを減らすことも同じくらい重要ですよね。

どうしたらミスが減らせるか知りたいとお悩みの方も多いでしょう。

そこでここからは、仕事の失敗を未然に防ぐ方法を具体的に解説していきます。


対策1. 行動する前に毎回確認をする癖をつける

事前確認なしに作業を始めると、作業の抜け漏れや、誤った作業に繋がります。

これからやろうとする仕事に着手する前に、工程や手順を確認して不明点がない状態にすることを習慣付けましょう。

  • 手順書があるなら最後まで読んでから作業する
  • 仕事の流れを紙に書き出して整理し、不明点を上司に確認する

などを実践してみてください。

また、仕事の進捗をこまめに報連相するのも大切なポイントです。

上司や先輩にこまめに報告することで、思い込みによるミスがあった場合でも早い段階で気づいてもらい修正することができますよ。


対策2. 「なぜこれをするのか?」という論理的思考を身につける

自分の取り組んでいる仕事の意味を理解せずに言われたことをやっているだけでは、間違いに気づくこともできずミスをしやすくなります。

論理的に自分の頭で考えて仕事に取組むことが必要です。

論理的思考を身に付けるには、自分に対して「なぜ?」と質問を重ねるのが有効です。

  • なぜこの仕事をするのか
  • なぜうまくいったのか
  • なぜこの選択をしたのか

このように、自分へ質問すると「〇〇だからこの作業をする必要がある」と今取り組んでいる作業の根拠が明らかになり、ミスを未然に防ぐことができます。


対策3. 終業前に1日を振り返る習慣を作る

毎日終業前にその日の振り返りをすることで、仕事への理解が深まりスキルアップできるので知識不足によるミスを削減できます。

振り返りを習慣化するためには、仕組み作りが大切です。例えば、「毎日17:00から振り返りをする」と時間を決めてしまう。

「明日から毎日振り返りをしようと思います」と上司に宣言してしまうなどがいい仕組み作りです。

振り返りをする時は、振り返ったことに満足してしまい、実際の行動を起こさないことに注意してくださいね。


対策4. 言われたことを頭ではなくメモで残す

仕事の失敗を未然に防ぐ方法は言われたことをメモで残す

仕事の指示を聞いて完璧に覚えたと思っても、メモを残していないと作業に抜けが出てしまう可能性が高いです。

指示を受ける時には必ずメモを残すようにしましょう。

メモを取る時は、以下のポイントに気を付けると後から見返した時に役立ちますよ。

  • 日付とタイトルを記入して、何についてのメモなのか明らかにする
  • 「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように」の5W1Hを意識して具体的に書き残す

また、バラバラの場所に書き留めるとメモを紛失したり、どこに何を書いたのかわからなくなるので、メモ帳は一冊だけにするのがおすすめです。


対策5. 上司や先輩の姿を常に観察して盗む

自分で一から失敗しない方法を考えるのも良いことですが、既に職場の人が実践している方法を取り入れた方が早いし効果的であったりします。

せっかく同じ職場に勤めているのですから、自分よりも社会人経験を積んでいる先輩社員から技術をもらいましょう

デキる人はミスを減らすために何をしてるのか、失敗ばかりしている自分との違いは何なのかに注目して仕事ぶりを観察。

目で盗む癖をつけることで、スキルアップし凡ミスが減らせるでしょう。


それでもどうにもならない時は?“最終手段”となる秘訣を紹介!

最終手段となる秘訣

「どうやっても仕事の失敗が減らない」

「自分は今の仕事に向いていないのかもしれない」

一生懸命ミスを減らそうと努力しているのに、一向にミスがなくならない。

自分のふがいなさに悲しくなるでしょうし、周囲からの視線も気になりますよね。

そんなあなたのために、ここからは、失敗しすぎてどうすればいいかわからない時に落ち込まない秘訣を紹介していきます。


秘訣1. 逃げる場所を用意しておく

仕事に打ち込むのはいいのですが、自分の全てが会社や仕事でいっぱいになってしまうと失敗した時にストレスのはけ口がありません。

仕事以外に心の支えとなるものを持っておきましょう。

  • 休みの日に家族と自宅でゆっくりと過ごす時間
  • 友人とスポーツや趣味を一緒に楽しむ時間
  • オンラインゲームでの繋がり

など、会社以外に安らげる居場所があると仕事の失敗が辛くても耐えられるものです。

家族や友人には弱いところを見せても大丈夫なので、仕事で辛いことがあったら「こんな失敗しちゃって...」と打ちあけてみて。

話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になりますよ。


秘訣2. 他の道もあるということを覚えておく

仕事で失敗すると「やってしまった...。」と焦りで頭がいっぱいになり、思考停止してしまうことがあります。

そんな時、落ち着きを取り戻すには、少し視野を広げてみるといいでしょう。

例えば、

  • 仕事は大切だが自分の人生の全てではない
  • どうしても今の仕事がうまくいかなければ転職もできる

などと考えると、思い詰めていた気持ちが楽になるので実践してみてください。

ただし、これはあくまでも"気持ちが楽になる考え方"です。「失敗したら辞めればいい」と投げやりになることとは違うのでご注意ください。


仕事の失敗は成長するチャンス!と思って、落ち込みすぎないこと。

仕事で失敗してしまうと、自分を責めたり落ち込むことがありますよね。

「自分はこの仕事に向いていないんだ」と悲観的に考えてしまうこともあるでしょう。

しかし、仕事の失敗は誰しもが経験することで、あなただけに問題があるわけではありません。

大切なのは、いかに早く立ち直り挽回して見せるかです。

この記事で紹介した立ち直り方や対処法を参考に、ミスと上手に付き合い、上司や同僚からの信頼を勝ち取りましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事