【診断】結婚に向かない人の16の特徴|独身向きな女性の性格や考え方とは?

結婚に向かない女性の特徴を知りたいの方へ。本記事では、結婚に向かない女性の特徴から、円満な結婚生活ができる人の共通点まで大公開!

【診断】結婚に向かない女性の16の特徴|性格や考え方の共通点とは?

結婚に向かない女性の特徴

「どんな女性が結婚に向かない人なのか知りたい!」

「私の性格が結婚に向いてないのかどうか診断したい!」

結婚に向いてない女性はどんな特徴があるのか気になりますよね。

そこでここからは結婚に向かない人の特徴を詳しく解説していきます。

自分が結婚に向いてない人の特徴や性格に当てはまるか、ぜひ診断してみてくださいね。


特徴1. 結婚に対しての理想が高い

理想が高い人は完璧主義なので、自分の思い通りにいかないことがあると嫌がります。

結婚とは育った環境や習慣が違う他人と寄り添っていくため、自分の思い通りにいかないことの方が多くなるもの。

そのため、理想と現実のギャップに常にストレスを感じてしまいます。

例えば、「結婚したら家事は2人できっちり分担する」と思っていても、相手が忙しくて家事をやれないことがある場合もあります。

でも、それに対して寛容な気持ちになれないと相手に対してイライラしたり、不満が高まったりして、結婚したことに失望してしまうのです。


特徴2. 1人で過ごす時間が充実していて寂しくない

結婚に向かない人は、とにかく一人が好きで、誰かに頼らなくても何でも自分でこなせて、精神的自立をしている人が多いです。

そのため、一人なら自由気ままに過ごせるのに、相手がいると制限されるので、誰かと一緒にいるメリットが見いだせなくなります。

例えば、

  • 仕事帰りはジムやマッサージ、習い事に行くのが日課
  • 一人が好きで休みの日はソロキャンプに行くのが趣味

など、自分一人が好きで、一人の人生を謳歌しているので、結婚して自分の趣味やルーティンを相手に邪魔されたくないと感じてしまうのでしょう。


特徴3. 恋愛体質で、色んな人に目移りしやすい

1人の男性では物足りず、常に恋愛していないと気が済まない女性は結婚に不向きと言えます。

このような女性は自分で自分を制御しにくいため、1人の男性と恋愛感情が落ち着いてくると、また別の誰かと恋愛をして刺激を受けたくなってしまうのです。

例えば、結婚したとしてもすぐに結婚生活に飽きて、不倫相手を探してしまうということに。

家庭のことよりも自分の恋愛事情を優先させやすいのが特徴でしょう。


特徴4. 自分の価値観を押し付けがち

結婚に向かない女性の特徴は自分の価値観を押し付けようとする

頑固で許容範囲が狭いため、相手の考えを受け入れられず自分の価値観を押しつけてしまうのです。

すると相手は嫌悪感を抱きやすくなり、徐々に関係性が悪化してしまいます。

例えば、

  • 「男性ならこうすべき!」という考えを持っている
  • 自分が全て正しいと思っているので、相手も自分のルールやこだわりに従わせようとする

など、相手のことは考えていないので、周りからは自分至上主義者と思われて、距離を置かれてしまうでしょう。


特徴5. 家事が苦手 or できない

結婚生活では、人によって家事に向き不向きがあるにせよ、ある程度男女ともに家事をこなす必要があります。

全く家事をしようとしないと相手は負担になってしまい、ストレスに感じてしまうのです。

例えば、

  • 食器を洗うのが苦手で、すぐにためてしまう
  • 掃除や洗濯は調子が良いときにやっている
  • できれば結婚相手に全て家事をやってほしいと思っている

などの習慣や考えを持っていると、「この人は結婚相手としてはちょっと…」と彼から思われてしまうでしょう。


特徴6. 人に合わせて協力するのが苦手

自分が一番正しいと思っている人も結婚に向かない人の特徴の一つ。

相手の意見を取り入れようとせず1人で解決してしまうので、話し合いになりません。

そのため、夫婦で協力することがなくなるため、結婚しても「一緒にいる意味って何?」と相手に疑問を与えやすいのです。

例えば、

  • 自分のライフスタイルを相手に押し付けようとする
  • 貯金や将来計画など2人で行うことに協力しようとしない

など、自分本位な行動をすることが多いので、相手の男性を悩ませてしまうでしょう。


特徴7. マイナスな発言が多い

いつもネガティブな思考をしているため、相手を戸惑わせたり、へこませてしまう恐れもあるでしょう。

そのため、お互い精神的にきつくなってしまい、関係性が悪くなってしまう可能性があります。

例えば、

  • いつも誰かの愚痴を言っている
  • 「自分なんてどうせ…」「私はダメだから…」という発言が多い

などと不平不満ばかりなので、毎日のようにマイナスな発言を聞かされる相手は嫌になって離れていってしまうのです。


特徴8. 情緒不安定になりやすい

結婚に向かない女性の特徴は情緒不安定になりやすい

突然機嫌が悪くなったり、良くなったりして感情の起伏が激しい傾向があるため、突拍子も無い言葉を口にしてしまいがち。

そのため、相手から精神面を不安視され、信頼関係も築きにくくなってしまうのです。

例えば、

  • 嫌なことがあると泣きわめいたり、怒鳴ったりしてしまう
  • 感情のアップダウンが激しすぎて、周りから指摘されたことがある

などと、自分で感情のコントロールができないと、相手は戸惑ってしまうし、一緒に生活すると苦しくなってしまうでしょう。


特徴9. 常に見返りを求めようとする

自分中心な考え方をしているため、「相手のために何かをしてあげた自分」のことだけに意識を持っていかれすぎているのです。

例えば、たくさん相手に尽くしても何のお返しもなかった場合、「私はあなたのためにたくさんしてあげたのに!」とイライラして関係性が悪くなってしまいます。

相手が望んでいないことをしても、見返りを求めようとするので、相手は今後を心配し、結婚を思いとどまってしまうでしょう。


特徴10. ストレートに思ったことを発言する

「自分は自分。周りからどう思われようと構わない」と思っているため、言いたいことは我慢せずに言ってしまう傾向があります。

そのため、色んな事を指摘してくるので、相手は監視されている気分になり、ストレスを感じてしまうのです。

例えば、

「これまたやってなかったよ!」
「何度言ったらわかるの?」
「私の仕事が増えるんから、ごみの分別もっと丁寧にしてくれる?」

などと強い言い方をしてしまいます。

言い方を気を付けなければ、相手が嫌な気持ちになるということがわかっていないため、誰かと一緒に暮らすと衝突が起きてしまう可能性が高くなります。


特徴11. 子供と接するのが苦手

子供と接するのに慣れていなかったり、トラウマがあったりするため、子供に対して苦手意識がある女性も結婚には不向きかも。

結婚した後に子供ができると嬉しさよりも子育ての苦労の方に意識がいきやすく、精神的にも辛くなってしまうでしょう。

例えば、

  • 抱っこしただけで泣き叫ばれたことがトラウマで子供がこわい
  • 子育てが大変そうで親になりたいと思えない
  • 子供の泣き声や叫び声が耐えられない

など、子供や子育てに対して不安がある場合は、相手が子供がほしい人だと子供を巡って揉め事になってしまいます


特徴12. 何事も白黒はっきり解決したがる

結婚に向かない女性の特徴は何事も白黒はっきりつけたがる

結婚に不向き人は、中途半端なことがあるとモヤモヤしてストレスに感じてしまう人が多いです。

そのため、何事もうやむやにせず、はっきり白黒つけさせたいと思っています。

しかし、相手にとってはどんどん面倒に思い、プレッシャーも感じて、一緒の生活に嫌気がさしてしまうことも。

例えば、付き合ってすぐなのにも関わらず、「私と結婚する気あるの?」などと聞いてしまい、相手がはっきりと答えられなければ別れを決断してしまうことも。


特徴13. 男性のプライドを傷つけるようなことを平気で言う

相手よりも優位に立っていたいという思いが強いため、落ち込むと分かっていても傷つけるような言葉を吐いてしまいがち

そのため、相手からは一緒にいたいと思われなくなり、癒しを求めて他の女性に気持ちが移ってしまうこともあるでしょう。

例えば、「え、お給料こんなに少ないの?こんなんじゃ生活できないよ」など、相手の気持ちやプライドを傷つけるようなことを言ってしまうのです。


特徴14. 貯金ができない or 金遣いが荒い

結婚後は結婚式や新生活の準備、さらに2人が住める住居費など独身時代以上にお金が必要

金銭感覚が狂っていたり、そもそも管理ができていないと今後の生活費や子供の養育費などの不安が募ってしまうため、結婚には向かないと言えます。

例えば、収入よりも支出の方が多くなっているのにも関わらず、贅沢をやめないと借金が膨らんでいきますよね。

相手と金銭感覚があまりにも違うと、生活は成り立たなくなってしまうでしょう。


特徴15. 主体性がなく人任せ

結婚して夫婦が支えあって生きていくためには、お互いが自立している必要があります。

そのため、何事も相手に頼って依存してしまうと、相手の男性はあなたを負担に感じるようになってしまうのです。

例えば、

  • 子育てが相手任せにして自分では何もしようとしない
  • 引っ越しや部屋のインテリアなど2人の生活に関わることも相手が全てやると思っている

など、自分では何もせず、相手がやってくれるものだと思っていると、関係性が悪化してしまう可能性が高いでしょう。


特徴16. 男性のスペックを何よりも重要視している

結婚に向かない女性の特徴は周りが結婚している事に焦っている

結婚に向かない人は、何でも周りと比較して考える癖があります。

自分の彼氏のことが大好きで結婚したいと思っていても、親友の彼氏や旦那がハイスペックだと知ると急に自分の彼氏が魅力的じゃなく感じてしまうのです。

こんな性格なので、年を取れば取るほど彼氏の理想がどんどん高くなってしまう傾向に。

その結果、結婚もハードルが高くなって気づいたらずっと独身という人も少なくありません。


円満な結婚生活ができる女性になる5つのポイントとは?

円満な結婚生活ができる女性のポイント

「離婚せずにずっと幸せな結婚生活を送れる女性になりたい!」

「結婚に向いてない性格だけど、どうすればうまく結婚生活ができるの?」

せっかく好きな人と結婚したなら、離婚せずに円満な結婚生活を続けたいと思うでしょう。

ただ、どうすれば相手との結婚生活が上手くいくのか分からないという人もいますよね。

ここでは、円満な結婚生活を送る女性のポイントをご紹介していきます。


ポイント1. 思いやりを持ち、感謝を口に出して伝える

結婚生活において相手に対する感謝の気持ちは、相手を最も嬉しくさせ信頼関係を維持させるのに必要。

些細なことでも感謝の気持ちを口にすることで、マンネリ化を防いで円満な関係を築けます。

例えば、

「ごみ捨ててくれてありがとう」
「いつも遅くまで仕事ありがとうね」

など、「するのが当たり前」と考えずに感謝の気持ちを伝えることが大切ですよ。


ポイント2. お互いの価値観を受け入れる

結婚生活ではお互いの小さな意見の相違がやがて大きな問題へと発展する場合があります。

それに備えて、事前に夫婦間での解決方法をつくっておくことで、価値観の違いを受け入れやすくなるのです。

例えば、

  • すぐに相手の意見を否定しない
  • ケンカはその日のうちに終わらせる

など、相手の価値観を受け入れ、些細なケンカを大きくしないためのルールがあると円満な家庭生活を送れるでしょう。


納得するまで話し合いをすることが大切!

相手と価値観が違うのは当たり前のことなので、大切なのはどこまで価値観のずれを許容できるか

価値観のズレがあったときも、しっかりと2人で話し合いができれば、問題が起こった時でもお互いに思いやりを持って解決することができるでしょう。


ポイント3. 何でも話して何でも聞くようにする

円満な結婚生活ができる女性のポイントは何でも話し合う

お互いの信頼関係を築くために必要なのは、自分をさらけ出すことです。

まず自分の悩みをさらけ出し、相手が話してくれたときは口を挟まずに聞いて寄り添ってあげるのがポイント

すると相手も「特別なことを話せる大切な存在」と感じて、信頼関係がうまく築けるでしょう。

例えば、「最近悩んでいることがあって、話聞いてくれない?」などと切り出し、

最後に「あなたも悩みあったら聞くからね」と言うと相手も話しやすくなりますよ。


ポイント4. お互いに干渉せず、期待しすぎない

自分のライフスタイルに関して過剰に干渉されると相手は窮屈に感じてしまいます。

そのため、結婚してもお互いの自由な時間を確保できれば、結婚生活の拘束に不満を感じることもなくなるでしょう。

例えば、

  • 相手の独身時代からの趣味には口出しをしない
  • 相手のライフスタイルを一方的に否定しない

など、お互いに思いやり、不必要な干渉はしないように意識しておくのがおすすめです。


ポイント5. 相手を対等なパートナーとして尊重する

結婚はパートナーとの共同生活です。

お互いに対等な存在でないと、結婚生活の中で片方が不満を抱えてしまい、大きくぶつかり合う可能性があります。

例えば、

  • 一緒に生き抜く同志という気持ちを持つ
  • どちらかが主導権を持つことなく、対等な立場になるようにお互いが意識する

など、お互いに様々な役割をこなして対等であるという意識を持つことで、信頼関係が上手く続きやすくなりますよ。


結婚に向いてない人の特徴に当てはまりましたか?

「自分って結婚に向いてないのかな…」と悩むこともありますよね。

今回ご紹介した特徴に当てはまっているのか診断してみると、自分が結婚に向き不向きなのかを知ることができますよ。

さらに、円満に結婚が続くポイントを押さえれば、結婚に不向きな特徴に当てはまっていても幸せな結婚生活を築けるでしょう。

一人でも二人でも自分が幸せに生きていける道を見つけてみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事