顔が小さい人の特徴あるある|小顔の人が絶対共感できる“31のこと”

小顔あるあるを知りたい人へ。本記事では、小顔の人が共感する良いあるあるから、悪いあるあるまで大公開!面白いあるあるも解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

顔が小さい人の基準サイズとは?何センチが普通なの?

顔が小さい人の基準って何センチ?

顔が小さい人は、縦およそ21cm、横およそ15cmのA5サイズの紙に顔が収まるかどうかが、サイズの基準になるといわれています。

そして、女性と男性では基準となる顔のサイズが変わってきます。

日本人の平均的な顔のサイズは、

  • 女性:縦およそ21cm、横およそ13.7cm
  • 男性:縦およそ22〜23cm、横およそ16cm前後

と言われています。

そして女性の場合は、平均サイズがA5サイズにやや近いため、そこからさらに3cm程度小さい場合、小顔に当てはまるでしょう。

具体的には、縦およそ18cm以下、横およそ16cm以下が一つの目安になりますよ。

また、男性の場合、平均サイズがA5サイズより少しばかり大きいため、A5より小さければ、小顔といえるでしょう。


顔が小さい人の特徴あるある31選|小顔の人が絶対共感できるエピソードとは?

顔が小さい人あるある

「小顔な人にしか共感できないような事って、何かあるのかな?」

「顔が小さいとメリットしかないと思うんだけど、デメリットとかもあったりするの?」

小顔さんが揃って思わず頷いてしまうような共通点って、一体どんな事なのでしょうか?

ここからは、顔が小さい人あるあるや小顔の人が共感する出来事について、一つずつチェックしていきましょう。


あるある1. 服がオシャレに着こなせる

顔が小さい人は、身長に関係なく全体のスタイルがよく見えます。

例え、小柄であっても、顔が小さいと頭身のバランスが良くなるため、すっきりとスタイルの良い人に見えるのです。

そのため、デザインやカラーに関係なくどんな服でも着こなせてしまいます。

その結果、オシャレでセンスの良い人だと言われることが多くなるのです。


あるある2. ショートカットなど、どんなヘアスタイルも似合う

顔が小さい人は、全身のバランスが整っているため、顔が大きく見えない髪型を選ぶ必要がありません

そのため、自分の好みに合わせてふんわりとしたボリュームのあるヘアスタイルから、すっきりタイトなヘアスタイルまで選び放題。

フェイスラインを隠したり、髪を梳いて毛量を少なくしたりといった小顔見せカットをすることなく、自由にヘアスタイルを楽しめます。


あるある3. マスクが大きすぎて顔が隠れる

顔が小さい人にとって、通常の大人用サイズのマスクは大きすぎるというデメリットがあります。

かといって、子供用のマスクでは小さすぎるため、自分の顔のサイズにぴったり合うマスク探しが大変だという人も多いのです。

通常の大人用マスクを無理やりつけると隙間だらけだったり、緩くてずれてしまったりするため、いろんなメーカーのマスクを試し続ける必要があります。


あるある4. 肩幅がごつく見えてしまう

顔が小さい人あるあるは肩幅がごつく見える

顔が小さい人は、身長に関係なく頭身のバランスが良くなる一方、その顔の小ささゆえ、肩幅との差が必要以上に目立ちがち。

実際はそんなに肩幅が広くなくても、他顔が小さい分だけ他の人よりも肩幅が広くごつい体格のように見えてしまうのです。

そのため、華奢で可憐な雰囲気よりも、がっしりと頼り甲斐のある雰囲気を作りやすくなってしまいます。


あるある5. 顔の大きいパーツがコンプレックスに感じる

顔が小さいと、普通サイズの顔の人よりも、目や鼻、口のパーツがより目立ちやすくなります。

そのため、

「鼻が大きめなのが気になる。」
「口が大きいねって、よく言われる。」

などと、大きさが気になる顔のパーツがより強調されやすくなるのです。

そのため、パーツの大きさに強いコンプレックスを感じやすくなってしまいます。


あるある6. 身長が低くてもスタイルがよく見える

顔の大きさに関係なく、一般的に背が高い人の方が、背が低い人よりもスタイルがよく見えるもの。

しかし、背が低くても顔が小さければ、全身のプロポーションが一気にバランス良くなるのです。

そのため、背が高い人に負けないぐらいスタイルが良く見えるようになり、低身長という骨格のスタイルの欠点も自然とカバーしてくれます。


あるある7. サイズの合う帽子が少ない

顔が小さいということは、頭のサイズも小さいということ。

そのため、市販されている帽子の大半は大きすぎて、頭のサイズにぴったりとあう帽子がなかなか見つからないというデメリットもあります。

アジャスターでサイズ調整できる帽子の場合でも、サイズが合わないことが多いので、帽子を被りたくても被れないという人も多いのです。


あるある8. 圧倒的に写真写りが良い

顔が小さい人あるあるは写真写りが良い

写真を撮る時、顔の大きさによって写真写りも大きく変わるもの。

顔が小さい人は、カメラを向けられた時に、少しでも小顔に見せようとみんなより一歩後ろに下がるような小細工をする必要がありません。

そのため、顔に余分な力が入らず、不自然なポーズをしなくても済むので、いつでもナチュラルな笑顔で写真に写る事ができます。


あるある9. いびきをかきやすい

顔が小さいと、必然的に顎も小さくなり、どうしても気道が狭くなってしまいます。

気道の狭さは骨格的な要因なので、仕方がないことではありますが、その影響でいびきをかきやすくなってしまうのです。

睡眠中のいびきは、本人が気が付きにくいため、顔が小さい人の中には、自分が毎晩いびきをかいていることを知らないケースもあります。


あるある10. ファンデーションがなかなか減りにくい

顔が小さい女性の場合、顔全体の面積が他の人よりも小さい分、ファンデーションもなかなか減りません。

もちろん、減りにくいのはファンデーションだけではありません。

  • 化粧水など、朝晩使うスキンケアアイテムもなかなか減らない。
  • チークやハイライト、フェイスシャドウなどのメイクアイテムは、どれだけ使っても底見えすらしない。

そのため、スキンケアやメイクにかけるお金も他の人より少なくて済むのです。


あるある11. 顔の大きさに比例しておでこも狭い

顔が小さい人は、普通サイズの人よりも全体的に顔の大きさがサイズダウンします。

そのため、おでこの大きさも狭くなりがちです。

前髪を上げておでこ全開の髪型にしている場合、どうしても、このおでこの狭さが目立ちやすくなってしまいます。

また、前髪でおでこの狭さをカバーしても、前髪が薄いと浮きやすくなったり、すぐに目にかかりそうになったりと、地味に面倒なのです。


あるある12. メガネが大きすぎて似合わない

顔が小さい人あるあるはメガネが似合わない

視力補正としてだけでなく、おしゃれアイテムとして使う人も多いメガネですが、メガネのサイズが合わないのも顔が小さい人のあるあるです。

顔全体が小さいと、顔の大きさに比べてメガネが大きすぎてしまうため、かけることすらできなくなってしまいます。

また、なんとかかけられるメガネを見つけても、メガネの大きさがやたらと目立って、周りの人はメガネばかりが気になってしまいがちです。


あるある13. フェイスラインがシャープ

顔の肉付きが薄く骨格もすっきりとしているのが、顔の小さい人のあるある。

頬やエラの出っ張りが少なく、顎から首筋にかけてのフェイスラインもシャープなシルエットになりがちです。

そのため、「かわいい」よりも「かっこいい」「美人」といったクールビューティーな雰囲気になりやすくなります。

子供の場合は、どことなく大人びたところのある子という印象を与えやすくなるのです。


あるある14. 口が小さく、歯並びが悪くなりやすい

すっきりとシャープなフェイスラインということは、それだけ顎が小さく尖っているということになります。

そのため、口元がどうしてもコンパクトな作りになりやすく、歯並びも悪くなりがち。

歯それぞれがまっすぐに生えるだけのスペースを確保しにくくなってしまうため、生まれつき歯並びに問題のある人が多くいるのです。


あるある15. 首がスラッと細く長い

顔が小さい人の中には、生まれつき他の人よりも首が長い人もいます。

首が細く長いと、それだけ身体と顔の距離が離れ華奢な雰囲気になるため、より顔が小さく見えるようになるのです。

また、背が低いとどうしてもずんぐりむっくりとした印象になりがちですが、首がスラッと細く長いと、すらりと引き締まった印象を与えます。


あるある16. 高身長でスラッとしたモデル体型の人が多い

顔が小さい人あるあるはモデル体型がおおい

身長に対して占める顔の割合が少なくなればなるほど、顔は小さくスタイルが良く見えるようになります。

そして、それは性別関係なく8頭身や9頭身などになれるぐらい、背の高い人が当てはまる傾向にあるのです。

そのため、顔が小さい事が注目されやすい人は、必然的にモデルのようにすらりとした体型や高身長の人に多くなります。


あるある17. 華やかな印象を持たれやすい

顔が小さいということは、目や鼻、口といった顔のパーツがより大きく見えるということ。

例え、目や鼻が普通サイズだとしても、顔が小さい分、各パーツが自然と強調され、はっきりとした顔立ちになりやすくなります。

そのため、くっきり濃いメイクやギラギラ光るラメを使ったメイクなどをしていなくても、外国人風の華やかな印象を持たれやすくなるのです。


あるある18. 女性から羨ましがられる

大半の女性は、すっきりとした小顔さんに憧れを持っています。

そのため、明らかに他の人よりも顔が小さい人は、一体何をしてそんなに小顔になったのか質問受けることもしばしば。

「どんなマッサージしたら、そんなに小顔になれるの?」
「もしかして、美容医療とかした?だから、そんなに顔が小さいの?」

などと、事ある毎に顔のサイズについて質問攻めにされるのも、顔が小さい人あるあるなのです。


あるある19. モデルに間違えられることがある

顔が小さい人は、全体のバランスやスタイルの良さから、一般人とは違うオーラが自然に出てしまいがちです。

そのため、ただ友達と待ち合わせをしていただけなのに、モデルのスカウトに会う事も少なくありません。

「ねぇ、あそこにいる人、めちゃくちゃかっこいいね。モデルさんかな?」

などと、すれ違った人からこっそり言われる事もよくあります。


あるある20. 「可愛いね」と言われることが多い

顔が小さい人あるあるはかわいいねと言われることが多い

高身長だと「かっこいい」「美人」と言われがちですが、背が低めで顔が小さいと、まるで小動物のような可愛らしさを感じさせます。

顔の小ささゆえに顔のパーツがはっきりと目立つため、リスやハムスター、ウサギのような愛くるしい雰囲気を作りやすくなるのです。

これは、女性だけではなく、男性で顔が小さい人のあるあるでもあります。

「〇〇君って、かっこいいっていうより、ホントかわいいって感じだよね。こんな弟欲しいわぁ。」

などと、言われる事も多く、周りの人から可愛がられがちです。


あるある21. 美意識が高くなりやすい

顔が小さい人は、その見た目から周囲の視線を集めてしまいがちです。

「めちゃくちゃイケメンだよね。」
「美人でかわいいとか、ホント羨ましい。」

などと、羨望の眼差しを受ける事も多いので、自然と美意識も高くなっていくのです。

「メイク落とすの面倒だけど、落とさないと肌荒れて汚くなるからなぁ。寝る前にスキンケアだけはやらないと。」
「夜中のケーキは、肌荒れしちゃうから、明日の朝食べよ。」

などと、日頃から自然と摂生できるほど、美意識の高さが身につきやすくなりますよ。


あるある22. 異性からモテやすい

顔が小さい人は、そのスタイルの良さと身についた美意識の高さから、自然と異性からも好感度を集めやすくなります。

「〇〇君みたいなイケメンが、彼氏になってくれたらいいな。」
「あんなに美人な彼女がいたら、俺も鼻が高いよな。」

などと、どこにいても憧れる存在になるため、アプローチしてくる異性が後を絶ちません。


あるある23. 集合写真で優越感に浸れる

顔が小さい人が、自分の顔の小ささをより実感するのは、集合写真を撮る時。

友達同士の楽しい集合写真でも、職場のかしこまった集合写真でも、いつだって明らかに他の人よりも自分の顔が小さく写っているのです。

そのため、他の人が集合写真のたびに少しでも小顔に見せようとしているなか、そのままで小顔である自分自身に優越感を感じている人もいます。


あるある24. 顔の彫が深く見える

顔が小さい人あるあるは顔の彫りが深く見える

目や鼻、口といった顔のパーツがくっきりと目立ちやすくなるのは、顔が小さいから。

そのため、普通の顔の大きさの人に比べ、顔の彫りがなんだか深く見えるのです。

特に、目がぱっちりと大きい人の場合は、より顔の彫りの深さが際立つため、まるでヨーロッパやアメリカあたりとのハーフのような印象を持たれやすくなります。


あるある25. サングラスが目立ちやすい

一般的に、サングラスはメガネに比べると、レンズ部分が大きいデザインが多くなります。

そのため、顔が小さい人がサングラスをかけると、サングラスの大きさが必要以上に際立ってしまうのです。

また、顔の横幅にサングラスが合わなかったり、顔の大部分がサングラスで隠れてしまったりするというデメリットもあります。


あるある26. 髪の毛のボリュームが気になりやすい

顔が小さい人は、どんな髪型でもしっくりと似合いやすいものの、その頭部の小ささゆえ、髪のボリュームが目立ちやすくなってしまいます。

普通の顔の大きさの人と毛量は変わらなくても、頭全体の面積が小さいため、髪の量がかなり多いように見えてしまうのです。

特に、ふんわりとしたエアリー感を感じさせる髪型だと、より髪の毛のボリュームが増し増しになったようなシルエットを作ってしまいます。


あるある27. むくみが分かりにくい

顔が小さいということは、顔を大きく見せる要因にもなる顔の脂肪が少ないということ。そのため、自然とむくみも少なくなります。

お酒を飲みすぎたり、泣き腫らしたりした翌日に顔がむくんでも、そのむくみは自分が気づく程度。

「あれ?昨日あんなに飲んでたのに、顔全然むくんでないよね。いいなぁ。」

などと、他の人にむくんだことが気づかれにくいのです。


あるある28. 同性から憎まれやすい

顔が小さい人あるあるは同性から憎まれやすい

顔が小さい人は、異性からモテやすくなる反面、同性から嫉妬されやすくなります。

特に、顔のサイズを気にしがちな女性の場合、その嫉妬が起こりやすくなるのです。

「〇〇さんと並んで写真とか、絶対イヤ。私の顔ばっかり大きく見えるだもん。」
「よく一緒に〇〇ちゃんと、遊ぶけどさ。〇〇ちゃんと撮った写真だけは絶対SNSに載せないよ。」

などと、その顔の小ささ、スタイルの良さから、同性からは敬遠されてしまうのです。


あるある29. 感情が分かりにくいと言われる

顔が小さい人は、顔のパーツが目立ちやすいものですが、目立つだけであって各パーツがとりわけ大きいわけではありません。

そのうえ、口元が小さめの人もいるため、微妙な感情の変化などが分かりにくいと言われてしまいます。

なぜなら、口元が小さいと感情表現に欠かせない口角の向きが分かりにくいから。

そのため、他の人からは「〇〇さんって、美人だけど、ホント何考えてるのか分からないよね。」などと思われがちです。


あるある30. 不機嫌そうに見られることが多い

顔が小さい人は、顎がすっきりとシャープなラインになり、口元が小さくなりがちです。

笑った時に、口が縦に開きやすく、他の人が見たときに、笑顔が不機嫌そうな顔に見えてしまうこともあるのです。

そのため、本人はフレンドリーで明るい性格なのに、「〇〇さんって、いつも不機嫌そうだよね。」全く正反対の性格に勘違いされがちです。


あるある31. イメージとのギャップがコンプレックスに感じる

顔が小さいと、「かっこいい」「かわいい」「イケメン」などと、綺麗なイメージを持たれがちです。

しかし、本人が本当はもっとワイルドだったり、貫禄があったりするイメージを作りたくても、なかなか思う通りのイメージを作りにくくなってしまいます。

特に、俳優さんの場合、外見ゆえのイメージが強すぎて、演じたい役をできなかったりと、他の人には分かりにくいコンプレックスを抱えやすくなってしまうのです。


小顔な人の特徴は、当てはまりましたか?

生まれながらにして顔が小さい人は、多くの人の憧れとなります。

しかし、顔が小さい人には、メガネや帽子が似合わなかったり、同性に妬まれやすくなったりと、実は多くの悩みやコンプレックスがあることがわかりましたね。

他人の顔の小ささを羨むのではなく、今の自分の顔のサイズももっと受け入れていくのがおすすめですよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事