顔が小さい人の特徴とは?小顔の基準やメリット&小顔効果を出す方法も解説

顔が小さい人の特徴とは?小顔の基準やメリット&小顔効果を出す方法も解説

顔が小さい人って、男性も女性も羨ましいと思う存在ですよね。そこで今回は、顔が小さい人の大きさの基準や特徴、顔が小さいことで得られるメリットを大公開!また、小顔になりたい人に向けておすすめのトレーニングについてもお教えしますので、顔の大きさで悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

顔が小さい人って魅力的ですよね。

顔が小さい人の特徴

若手俳優や読者モデルを見ていると、本当に顔が小さい人が多いですよね。「私もあんな風に小顔になりたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。そもそも顔が小さい人にはどういった特徴があるのでしょう。

また、小顔と言われている人の基準や顔が小さく見えるのに男性や女性の違いはあるのかも気になります。ここでは、芸能人のような小顔になれる効果的な方法もまとめて調べてみました。


そもそも顔が小さい人の基準って何センチなの?

顔の小さい人は何センチなのか

顔が小さいかどうか、一つの基準はA5サイズのノートが顔に収まるかどうかです。A5サイズというと、タテ約21センチ、ヨコ約15センチ。実際ものさしで長さを確認してみると、かなり小さいと感じるはず。

小顔になりたい人でもA5サイズが一つの目安として満足できるといえるのではないでしょうか。顔そのものが小さい場合もあれば、8頭身に近いようなプロポーション抜群の場合も顔が小さく見えます。


男性の平均的な顔の大きさと小顔の基準

日本人男性の場合、顔の大きさの平均はタテ22〜23センチ、ヨコ16センチ前後です。小顔のギリギリの基準といわれるA5サイズに比べるとタテヨコ3センチくらいずつ大きくなっています。

男性が小顔といわれるにはA5サイズよりさらに小さいことがポイントになるので、タテ19センチ以下、ヨコ13.5センチ以下なら顔が小さいといえます。


女性の平均的な顔の大きさと小顔の基準

日本人女性で小顔といわれるには、男性よりさらに厳しいタテ18センチ以下、ヨコ16センチ以下が最低ラインです。タテ約21センチ、ヨコ13.7センチが日本人女性の顔の平均サイズのため、女性の場合は男性より求められるサイズが厳しくなります。

日本人女性の平均サイズより、タテヨコで3センチ程度サイズダウンすると小顔といえます。


顔が小さい人に共通する特徴を紹介!

顔の小さい人の特徴

ここからは、顔が小さい人に共通している特徴を紹介していきます。

小顔の人ならではの顔やスタイル、プロポーションを見ていると平均サイズ以上の人にはない共通点が見つかりました。具体的にどんなものなのか確認していきましょう。


特徴1. 顔の小ささに比例しておでこも狭い

顔が小さい人は、顔が大きい人より全体的にサイズダウンするので、おでこのサイズも狭くなります。それに伴って顔のそれぞれのパーツも小さいことがほとんとです。

特におでこが狭い人で多いのは、おでこそのもの面積が小さいことに加えて、パーツとのバランスを比較して、目などが大きく見える効果もあります。

小顔の男性、女性を見るとおでこと眉毛から下の面積が同じぐらいなことも珍しくありません。


特徴2. マスクや眼鏡を着用すると顔がほとんど覆われる

小顔にするためマスクや眼鏡を着ける人も増えていますが、小顔の人がマスクや眼鏡をするとマスクのほうが目立ってしまうほど大きさの差があります。

平均的な顔のサイズより1、2センチ以上小さい顔の人は、同じマスクを着けても眼鏡とセットなら顔の大部分が見えなくなってしまいます


特徴3. 身長が高く、スラッとした体型をしている

顔の小さい人はスラットした体型をしている

小顔の人ほどスタイルがよく見えるのは、もともとのプロポーションが良いために顔のサイズも小さく見えてしまうからです。

同じ身長の人でも7頭身と8頭身に近い人とでは、たとえ同じ顔のサイズでも背の高さに占める顔のサイズが大きく異なります。

当然8頭身のようにプロポーションの良い人ほど、細身でスラリとした印象になるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. エラの張りがない

小顔の人は顔の骨格がスッキリしています。角張った顔ではなく、丸顔や楕円型の顔をしていて、頬のエラも出っ張りがなかったり、ほとんど出ていない人が大半です。

エラの張りがあると見た目もゴツゴツして、サイズもその分大きくなります。あごから首へと流れるフェイスラインがシャープなことも小顔の人の特徴といえます。


特徴5. 顎がシャープで口も小さいため、歯並びが悪くなりやすい

小顔の人をよく見ると、顎が小さく尖っています。口元がコンパクトな作りになっているため、生まれつき歯並びに問題のある人が多くいます。

現代人は噛み回数が少なくなっていて顎があまり発達しないケースが増えていますが、顎の成長は歯並びにも影響します。

しかし、そのおかげで、顎そのものが小さくあまり成長しないため、小顔に見えるというメリットがあります。


特徴6. 帽子を被ると顔まで覆われることが多々ある

帽顔の小さい人は子をかぶると顔をおおわれる

一般的なサイズの帽子を小顔の人が被れば、帽子と顔のサイズの差が普通の顔の人より大きくなります。フリーサイズの帽子の場合、平均サイズ以上の人なら帽子と顔のバランスが良くても小顔だと帽子の方が目立つことも珍しくありません。

冬場のニット帽なら顔の一部だけが覗いている状態になることも。帽子のサイズによっては顔が見えなくなることもあります。


特徴7. 首がスラッと細く長い

生まれつき首が長い人ほど、体と顔との距離が離れるので、ずんぐりむっくりした感じがなくなり顔が小さく見えます。もし顔のサイズが同じであっても首が長い人の方が、短い人よりプロポーションで有利になるため、小顔になるのです。

よく痩せると顔が小さくなったといわれるのは、顔のサイズがダウンしたことに加えて、首が見えるようになったからでしょう。


小顔はいい事だらけ?顔が小さいメリットとは

顔の小さい人のメリットは

ここからは、顔が小さいことで手にできるメリットをご紹介します。小顔には他の人にはない魅力がいっぱいです。

もしスタイルで気になることがあっても、カバーできるだけのメリットを持っています。具体的に顔が小さい人が知らない間に手にしているメリットを見ていきましょう。


メリット1. 身長が低くてもスタイルがよく見える

顔のサイズが小さいと全身のプロポーションがよくなります。顔が小さい分、7頭身、8頭身近くまで周囲の印象が変わりますので、もし身長が低い人でも全身のバランスが良く見えるのです。

低身長で顔が大きな人は、顔のサイズがかなり目立ってしまうのに比べ、小顔だけで低身長による骨格のスタイルの悪さをカバーできますよ。


メリット2. ショートカットなど、どんな髪型でも似合う

顔のサイズが小さいと全身のプロポーションが整うので、ボリューム感のある髪型でもライトなショートカットでも、バラエティー豊かなヘアスタイルにマッチします。

顔が大きい人は髪をすいて全体の毛量を少なくして印象を軽くするというテクニックを美容師はよく行いますが、小顔の人にはそういったアプローチは最初から必要ありません。

顔のサイズが大きい人より、髪型と顔とのマッチ度が抜群だからです。


メリット3. 目や鼻など、顔のパーツがハッキリと目立ちやすい

顔の小さいは顔のパーツがはっきりしている

顔のサイズと目や鼻などのパーツの比較の問題で、人から見ると部位がそれぞれ大きく見えます。小さな顔に大きな目や口が印象的に残るからです。

特に目や鼻の大きさはイケメンや美人の代名詞。小顔なので顔のパーツとのバランスが良い意味で崩れ、目鼻立ちが強調されます。

小顔な人ほど目や鼻が大きく見えるのは、遠近法のようなサイズの差によるものも大きいのです。

【参考記事】はこちら▽


小顔になりたい人へおすすめの方法とは

小顔になる方法は運動

生まれつき顔のサイズが大きかったり、骨格ががっちりしている人でも努力次第で小顔に見せることができます。

遺伝的な要素が絡むので、実際に顔のサイズを小さくすることはできませんが、生活習慣の改善だけでできる小顔対策をご紹介します。


1. 表情筋のトレーニングを行い、顔全体リフトアップをする

表情筋は頬の周りにある筋肉で顔全体のお肉を支える役割を担っています。そんな表情筋が緩むと顔全体のお肉落ちてぼってりした印象になるので、顔のサイズも大きく見えがちです。

そこで、口元を横に開いて頬に力を入れたり抜いたりするトレーニングを続けると、顔全体をリフトアップしてスッキリとした小顔に見せられます。

【参考記事】はこちら▽


2. 日頃から運動する習慣を身につけ、顔の余分な脂肪をなくす

肥満や運動不足が原因で余分な脂肪が溜まり、頭部の肉付きがよくなると顔の印象も太って見えてしまいます。

ダイエットしても顔が痩せるまでには時間がかかると言われますが、日常的に運動することで顔についた脂肪を落としたり、リフトアップできたりします。

また、新陳代謝が良くなるので全体的に若々しくスッキリした顔立ちになりますよ。


3. お風呂上がりに小顔マッサージする習慣をつける

お風呂から上がっている時にマッサージ

顔のマッサージをすると、血流やリンパの流れが改善し新陳代謝がアップします。むくみがとれて顔のぼてっとした印象がスッキリして小顔に見えるのです。

一番手軽にできるマッサージ方法は、顔全体を手のひらで包み込むようにして両耳の方向に両手を開くようにやさしく撫でることです。

力を入れるより、さする程度のほうが効果があります。顔にはツボがたくさん集まっているので、一度に刺激を与えられたら、顔全体を引き締めてくれます。


顔が小さい人になって、自分に自信をつけましょう!

小顔になって自信をつける

小顔サイズの日本人はなかなか少ないかもしれません。芸能人のようにプロポーションが良く、小顔なのは生まれつきの骨格の関係も大きいからです。

顔のサイズをもっと小さくしたい人は、生活習慣でトレーニングやダイエットを続けると、小顔に見せることができます。

好きなファッションや髪型を楽しむためにも、ぜひここで紹介した小顔になれる効果的な方法を試してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事