“仕事が嫌すぎる”と感じる10の原因|嫌になった時の最強の対処法とは?

「仕事を休んで何もしたくない」って日ありますよね。この記事では、仕事が嫌になってしまった時の原因と対処法を詳しく解説します!

仕事が嫌になる4つの瞬間|ふと気がつくタイミングはいつ? 

仕事が嫌になる瞬間

「ふとした瞬間に、仕事が嫌でたまらない気持ちになった。」

「みんながどんな時に仕事していて嫌になるか知りたい!」

仕事が嫌いになったことはあるけど、具体的にどんな瞬間に感じたのかはっきり思い出せない人も多いでしょう。

仕事が嫌になるタイミングはどんな時なのでしょうか?

ここからは、どんな時に仕事が嫌になるのか、気になる瞬間を解説していきます。


瞬間1. 仕事に対して給料が低いと感じた時

誰でも仕事に見合った給料がほしいもの。重労働にもかかわらず給料が少ないと、「必死に頑張っても、これだけか。」とやる気を失ってしまいますよね。

  • 終電近くまで毎日働いているのに、給料が一向に上がらない
  • この会社で既に10年も働いているのに、新卒の頃とほとんど生活水準が変わってない

など、頑張って働いている自分と給料が釣り合っていないことに気づいた瞬間に、「あ〜あ、仕事に行きたくないな。」と感じてしまいます。


瞬間2. 職場の人間関係がストレスになっていると感じた時

自分の仕事に集中したいのに、職場の人間関係のことが頭をよぎるとイライラしてしまいますよね。

  • プライドの高い新卒社員がミスをしたため、機嫌を損なわないように叱らないといけない
  • 上司の長話を聞かされるのが嫌でたまらない

といったように、人付き合いの悩みを考えると気分が憂鬱になる方も少なくありません。


瞬間3. 会社の将来性に不安を感じた時

仕事が嫌になる瞬間は会社の将来性に不安を感じた時

会社の先行きに不安を感じると、「いくら頑張って仕事しても、報われなそうだな。」とやる気を失ってしまいます。

  • 今年からボーナスが無くなった
  • 外資による買収話があることを噂で聞いた
  • 頼りにしていた上司が会社を辞めると言ってきた

など、会社の経営状況が心配になるような情報を聞くと、働き続けるのが嫌になってしまうでしょう。


瞬間4. やりたくない仕事を任された時

好きな分野の仕事をするために就職したのに、全く畑違いの業務を任されるとガッカリしてしまうものです。

  • 自分の専門性を深められると思って入社してみたら、全然関係ない部署へ配属された
  • 仕事にやりがいを感じてきたのに、突然担当を外された

といったように、会社の都合で業務変更があることも珍しくありません。

やりたくない仕事をやってまで稼ぎたくないと思う人も多く、「会社へ行くのが嫌になった。」と考えてしまうようになります。


“仕事が嫌すぎる”と感じる10の原因|心理を踏まえて解説!

仕事が嫌だと感じる原因

「気づけば仕事が嫌でたまらない状態に…。原因は何だろう?」

「プライベートの時間に仕事のことを考えると、イライラしてしまう。」

希望を持って今の会社に入ったのに、いつの間にか働くのが嫌になったら不安になりますよね。どんなきっかけがあったのでしょうか?

そこでここからは、仕事が嫌だと感じる10個の原因について心理を交えて解説していきます。


原因1. 今の仕事にやりがいを感じないから

何のために仕事をしているのかわからなかったり、仕事をしてても達成感を得られなかったりするのは、あなたが仕事にやりがいを感じていないからです。

  • 勤務時間中にボーッとすることが多く、仕事に集中できていない
  • 家族や恋人に今やってる仕事の話はしたくない

など、普段の仕事への姿勢を振り返ってみましょう

やりがいがないことを毎日続けるのは辛いため、気づいたら「はぁ、もう会社へ行きたくない。辞めるか…。」と考えるようになってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


原因2. 「精神的に辛い」と感じているから

人によっては、ストレスの溜め込みや仕事のプレッシャーで精神的に負担がかかり、「もう何もしたくない…。」と思ってしまうことも。

  • 営業ノルマに毎日追われ、心の休まる時間がない
  • プロジェクトの責任者に指名されたけど、やりがいより不安のほうがまさっている

といった状態に立たされていたら、仕事が嫌になった原因は精神的な辛さからきているといえるでしょう。

責任感の強い人ほどストレス解消が苦手で、辛い気持ちを我慢してしまいがちです。

【参考記事】はこちら▽


原因3. 今の仕事じゃない、他にやりたいことがあるから

仕事が嫌だと感じる原因は他にやりたい事があるとき

仕事以外に熱中しているものがあったり、他にやりたい仕事があったりする場合は、今ある仕事になかなか集中できないものです。

  • ネットゲームにハマり、勤務時間中も「早く家でゲームしたい!」と思っている
  • 同期の担当している仕事が魅力的で、羨ましい

といったように、自分の興味の対象が今ある仕事以外に向けられてはいないでしょうか。

他のことに夢中で業務に手がつかなくなると、仕事もうまくいかなくなり、「あぁ、今日は仕事行きたくないな。」とネガティブな気分になってしまうでしょう。


原因4. 職場の人間関係が煩わしく、ストレスを感じているから

同期や上司など、気の合わない人との付き合いが嫌で仕事自体が嫌いになることもあります。

  • 早く家に帰りたいのに、上司からいつも飲みに誘われる
  • 性格の合わない同期と一緒のプロジェクトになってしまった

など、職場の人間関係でストレスを感じてはいないでしょうか。

人間関係のもつれは精神的なストレスが強いため、最終的に会社を辞めるケースも珍しくありません。

【参考記事】はこちら▽


原因5. 給料がいつまで経っても上がらないから

仕事に見合った給料は仕事のモチベーションに繋がります。しかし、逆にいくら努力しても給料が上がっていかないケースだと、働く気がなくなり、会社を辞める選択肢が浮かんでくるでしょう。

  • 社会人になってから同じ職場に10年以上勤めているのに、新卒時代と大して給料が変わっていない
  • 中間管理職になって責任も多くなってきたのに、家族を旅行へ連れて行く資金すらない

など、報酬に不満を感じていると「頑張っても無駄だな。辞めるか…。」と気持ちが切れてしまいますよね。

お金について考えるようになってから仕事が嫌いになった方は、給料に原因があるのかもしれません。


原因6. 休日出勤が多く、休みが少ないから

仕事が嫌だと感じる原因は休みが少ないから

休みなく働き続けると、身体と心を休める瞬間がないため、ストレスが蓄積されます。疲れを感じながらの仕事は辛いため、「あぁ、今日は何もしたくない。」と労働意欲を失ってしまうことでしょう。

  • 土曜日は営業先との付き合いでゴルフに行かないといけないから、実質休日は日曜だけ
  • 社長から呼ばれたら日曜でも仕事しなくちゃならないので、ストレス解消する時間がない

といったように、週休二日でない職場は意外と多いものです。

社員の少ない中小企業やベンチャー企業だと、1人あたりの仕事量が増えやすいため、休みが十分とれないケースがあります。


原因7. 就業時間が体に合っていないから

一部の業種では、就業時間が夜間だったり不規則だったりすることがあります。人によっては勤務時間帯の影響で体調を崩してしまい、仕事が嫌いになることもあるので注意しましょう。

  • 警備員として深夜帯の時間働いていたら、熟睡できなくなった
  • 新聞配達の仕事で、朝早く起きるのが辛い

など、生活サイクルの変化による身体への影響は少なくありません。

また、就業時間のズレで知人と遊ぶことが難しくなるのも、仕事嫌いになる原因です。


原因8. 恋人に振られたショックで、仕事どころではないから

人によっては、失恋することで仕事がどうでもよくなってしまい、「何もしたくない…。」と落ち込むこともあるでしょう。

  • 仕事が忙しくてデートしてなかったら、相手に好きな人が出来たと言われた
  • 結婚するために必死に働いてきたのに、振られて仕事が嫌いになった

といったように、仕事とプライベートは互いに影響を与えています。

恋人に振られてから仕事がつまらなくなってきた場合は、仕事自体の問題ではなく、あなたの心が乱れているのだと認識しましょう。


原因9. 家から遠くて通うのが億劫だから

仕事が嫌だと感じる原因は家から遠くて通うのに億劫だから

何時間もかけて会社へ通わないといけない場合、毎日の出勤が辛く、仕事が嫌になったりすることも。

  • 職場まで片道2時間半かかるので、定時で帰っても家には夜遅く帰宅する
  • 何時間も満員電車に乗らないといけないから、家を出るたび気分が沈む

など、通勤時間が長いとそれだけでストレスが溜まってしまいますよね。

「県外のほうが安いから…。」という理由でマイホームを購入してしまうと、通勤問題から仕事嫌いになってしまう可能性があるため、注意しましょう。


原因10. 会社の業績が不安定で安心できないから

会社が潰れてしまうかもしれない状況では、いくら頑張ろうとしても不安がまさり、やる気を出すのは難しいでしょう。

  • 外資系企業と合併することが決まり、リストラされるかもしれない
  • 会社が潰れるかの瀬戸際なので、自分がいくら成績を上げても意味がない

といったように、会社が不安定だと仕事に身が入りませんよね。

何かのきっかけで事態が好転する可能性もあるため、腐らず自分の業務に専念しましょう。


仕事が嫌になった時に試してほしい“10の対処法”とは?

仕事が嫌になった時の対処法

「ふとした瞬間に仕事が嫌だと感じてからやる気が出ない…」

「仕事嫌いを克服する対処法を教えてほしい」

一度仕事が嫌いになったらずっと嫌いなままになってしまいそうですが、実は、ちょっとした方法で嫌になった気持ちを解消できるんです。

では、一体どのようなことを実践すればいいのか?ここでは、仕事が嫌になった時の対処法を具体的に解説していきます。


対処法1. 何が嫌なのかを書き出して原因を見つける

どうして仕事が嫌なのかを整理してみると、今まで気づかなかった原因が見つかるかもしれません。

ノートに書き出す際は、

  • ささいなことでも書いておく
  • 大きな原因と思ったことにはマークを付けておく
  • 「仕事内容」「プライベート」「職場」といったように、カテゴリに分けて整理する

といったポイントを押さえておきましょう。言葉に書いてみると頭の中もスッキリして、仕事嫌いの気持ちも軽減されますよ。


対処法2. 嫌なことにランキングをつけてみる

仕事嫌いになった原因は、1つではなく複数が積み重なった場合が多いです。全ての原因に対策をとるのは難しいため、順位付けをし、解決すべき大きな原因を洗い出してみましょう。

ランキングをつける際は、「我慢できる」「ずっと続くと我慢できない」「我慢できない」といったように基準を作っておくと、スムーズに順位が付けられます。

順位付けを通じて自分の性格も知ることができるので、自己分析を兼ねて実践してほしい対処法です。


対処法3. 自力で解決できるものは、解決できるように努力してみる

仕事が嫌になった時の対処法は努力してみる

仕事が嫌になった原因が洗い出せたら、まずは自分で解決できるものはないか探してみましょう。

今まで放置していただけで、真剣に解決しようと思ったらすんなりいくケースも珍しくありません。

自力で解決できる例としては、

  • 通勤時間が長くて辛いので、会社の近くへ引っ越す
  • 恋人に振られて仕事が嫌になったらマッチングアプリを使って新しい恋人を作る

などが挙げられます。

仕事嫌いになった原因の中でも比重の大きなことが解決できれば、心機一転した気分で働けるでしょう。


対処法4. どうしても解決できないことは我慢できるか考える

会社の経営不振であったり、不規則な就業時間といったりした問題は、自力では解決できません。

なので、発想を切り替えて「我慢できるかどうか」で考えてみると、乗り越えられるものかどうかが把握できるでしょう。

我慢するコツは、嫌なことの中でも良い点を見出すことです。

「休みが日曜しかなくて辛いけど、給料が良いから我慢しよう」

「仕事に見合った給料がもらえなくて嫌になるけど、上司との相性が良くて働きやすいから我慢しよう」

といった具合に、辛さを感じる中でも我慢できそうな理由を探してみるといいでしょう。


対処法5. 仕事のストレスが限界な時は上司や人事部に相談する

どうしても自分では解消できない問題があるようなら、会社や上司の力を借りましょう。自力では難しくても、他人のサポートがあれば解決できる問題はいくつもあります。

例としては、

  • 仕事にやりがいが感じられないので、上司と人事課に相談し部署変更をしてもらう
  • 営業ノルマで精神的ストレスが溜まっていたので、上司にノルマ達成のコツを教えてもらう
  • 家から職場まで遠いので、リモートワークができないか上司へ相談する

といったような問題解決のシナリオが挙げられます。一人で抱え込まず、辛い時は周囲に相談して対処法を探しましょう。


対処法6. どうしても無理な場合は転職を考える

仕事が嫌になった時の対処法はどうしてもダメなら転職を考える

勤めている会社に原因がある場合、転職をすることで自分の望む社会人生活が送れる可能性があります。

ただし、転職は時間やお金のかかるものなので、踏み切る前に「本当に解決不可能か?」と自問してみましょう。

  • 仕事にやりがいが感じられないなら、部署異動してはどうか
  • 仕事できる精神状態ではないなら、休職申請はできないか

といったように、転職で解決できる問題の中には、今の会社でも解決可能な問題が存在します。

まずは社内で解決できないか検討し、どうしても無理な場合は会社を辞めることを考えましょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法7. うざい上司は思い切ってシカトする

「性格が合わない」「なんとなく相性が悪い」といった上司が身近にいる場合は、無理に関わるとストレスが溜まってしまうため、最低限の付き合いに留めておきましょう。

上司と必要以上に関わらないコツは、次の通りです。

  • プライベートの付き合いは避け、仕事の時だけ最低限の会話をする
  • 長話が始まりそうな場合は、仕事を理由にその場から立ち去る
  • 会話する時は相槌を少なめにし、話が弾まないように仕向ける

露骨に相手を無視する態度を見せないよう、さり気なく距離を取るのがポイントです。相性の悪い上司との関係に悩んでいる場合は、ぜひ試してみてください。

【参考記事】はこちら▽


対処法8. 心機一転、引っ越しをしてみる

自宅が遠いことで通勤が大変になり、仕事が嫌になることもあります。

そんな時は、思い切って会社の近くへ引っ越してみると、通勤のストレスから解放されて仕事に精力的になれますよ。引っ越しの例としては以下の通りです。

  • 会社へ乗り換えなしで行ける駅の近くに住む
  • 自転車やバスで通勤できる距離に引っ越す

会社によっては、会社近くに住む社員への住宅補助を設けているところもあるので、自分の働く会社にもあるか確認してみましょう。


対処法9. 安定した会社に転職する

仕事が嫌になった時の対処法は安定した会社に転職する

会社の先行きが不安だったり、精神的ストレスの多い職場であったりした場合、より待遇のいい会社へ転職してみるのも有効な対処法です。

仕事が嫌になる環境だった今の会社と比べたら、転職先のほうが快適に働ける可能性は高いでしょう。

転職先を選ぶ場合は、今の職場で不満に感じている点がなさそうな会社を選ぶよう心がけてください。特に、仕事嫌いの原因となったことが転職先にも存在すると、再び働くのが嫌になってしまう可能性があるため、注意が必要です。

【参考記事】はこちら▽


対処法10. しんどい時は、周りを気にしないで『有給』を使う

身体的- 精神的疲労から仕事が嫌になった時は、自ら休みを設けてストレス解消を図りましょう。

土日の休みだけでは疲労が取れない場合、有給の活用がおすすめです。

「ひと目を気にして、社会人になってから一度も有給を使ってない。」という方は、以下の申請ルールを最低限把握しておきましょう。

  • 当日ではなく事前に申請する(申請期限は会社によって異なる)
  • 有給休暇の取得理由を会社へ伝える義務はない
  • 消化できなかった有給は、翌年に繰り越せる

細かなルールは会社ごとに異なるため、有給を使ってストレス解消を図りたい人は、まずは就業規則を確認してみましょう。


仕事を好きになる4つの秘訣|今後も楽しく働き続けていくコツとは?

仕事を好きになる秘訣

「今めちゃくちゃ嫌いな仕事を好きになる方法はある?」

「仕事を楽しんで充実した社会人生活を送りたい!」

人生の長い時間を占める労働、どうせなら楽しく充実感を感じながら働きたいですよね。実は誰でも実践可能な方法で、仕事を楽しいものに変えられるんです。

ここでは、仕事を好きになれる方法を具体的に解説していきます。


秘訣1. 自分の仕事で誇れる部分を探す

人に自慢できることが一つでもあれば、仕事に誇りが持て、毎日生き生きと働けるでしょう。

小さなことでも構わないので、自分の仕事で誇れる部分を探してみてください。具体例としては、

  • 自分たちの提供するサービスが、お客さんの笑顔を生み出している
  • 一度訪れたお客さんが、リピーターになりやすい

など、「誰に話しても伝わる」ことを見つけるのがポイントです。

自分の仕事が誰かの役に立っていることを認識できれば、「もっと仕事頑張ろう。」と前向きな姿勢になれるでしょう。


秘訣2. 別業種の友人と話して自分の仕事を客観視する

違う業界に勤める人達と交流してみると、自分の仕事が客観視できるようになり、良い面にも気づきやすくなります。 友人であれば気楽に仕事の話もできるので、

  • 近場で働いていれば、お昼のランチを一緒にとる
  • 大学時代のサークル仲間を誘って飲みに行く
  • 遠距離の場合はZoomなどを使ってオンライン通話してみる

など、自分の試しやすい方法で業種の異なる友人と話す機会を作ってみましょう。


秘訣3. 尊敬できる『理想の上司』を見つける

仕事を好きになる秘訣は理想の上司を見つける

尊敬し乗り越えたい上司が職場にいれば、その人を目標にして仕事に全力投球できるでしょう。

上司に認めてもらおうと仕事に熱が入っていけば、知らずしらずの内に仕事が好きになっているはず。

目標としたい上司は、次のような特徴を持った人がおすすめです。

  • 皆から好かれ、頼りにされている
  • 管理業務だけでなく、現場業務もそつなくこなせる
  • 情熱を持って仕事に取り組んでいる

上司との付き合いを深めていきたい場合は、メンターとして指導してもらえないかお願いしてみるといいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


秘訣4. プライベートをとことん充実させる

仕事だけの日々だと、嫌になってしまうのも当たり前です。プライベートの時間に疲れを取ったりストレス解消したりすることで、「よし、また仕事頑張ろう!」という気持ちを作れますよ。

「そうは言っても、プライベートを充実させる方法がわからない…。」という方は、どのような方法があるかチェックしてみてくださいね。

  • 習い事を始める
  • 趣味に没頭する
  • 恋人とデートする
  • 美味しいものを食べに行く

ポイントは、プライベートの時間を心から楽しむこと。

プライベートの充実度がそのまま仕事へのモチベーションに繋がることも多いため、仕事を楽しみたい方はプライベートの充実を意識してみましょう。

【参考記事】はこちら▽


仕事が嫌いになった時は、原因を明確にして早めに対処しよう!

仕事が嫌いになったと思う瞬間は、誰にでもあるものです。原因を探り対処しよう

「仕事が嫌いになった。」と思う瞬間は、誰にでもあるものです。上司との付き合いや仕事上のストレスに頭を悩ませ、どうしたらいいのかわからない方もいらっしゃるでしょう。

仕事が嫌になるのには原因があるので、まずはその原因を探り、適切な対処法をとることが大切です。「辛いから辞める。」と安易に結論を出すのではなく、本記事を参考に原因の把握と対応を試みましょう。

自分の仕事を好きになり、生き生きとした毎日を過ごしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事