絶対に関わらない方がいい女性の特徴とは?距離を置くべき女の共通点を大公開

関わらない方が女性の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、関わらない方がいい女性に共通する特徴を詳しくご紹介します。関わるとトラブルに巻き込まれやすい女性のポイントも解説するので、気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

関わらない方が良い女性の特徴とは|なるべく距離を置きたい人の共通点を解説

関わらない方がいい女性の特徴とは

プライベートであれ、仕事であれ、人間関係はできるだけストレスなくありたいもの。

そのためには、何かと厄介な人とは上手に距離を置きたいですよね。

今回は、一度ご縁ができてしまうと厄介な事このうえないので、できるだけ関わらない方が良い女性の特徴や、距離を置くべき人の共通点を詳しくチェックしていきましょう。


関わらない方が良い女性の特徴1. すぐに陰口をする

「人の不幸は蜜の味」とはよくいったもの。とはいえ、会うたびに誰かの陰口ばかりお喋りする女性には、関わらない方が良いでしょう。

陰口大好きな女性にとって、常に人の粗を探してお喋りのネタにするのが何よりのご馳走。

その陰口の対象には、もちろん、あなたも含まれています。

関わってしまうと、有る事無い事あちこちであなたの悪口も言われてしまうので、予期せぬトラブルが発生しやすくなってしまうのが、陰口女なのです。


関わらない方が良い女性の特徴2. 人によって態度を変える

女性であれ、男性であれ、好感度が高い人の多くは、「裏表のない人」。

しかし、職場の上司や先輩、好みの男性、ボス的存在のママ友など、自分にメリットがありそうな人の前では、相手が気に入りそうな態度や振る舞いをし、そうでない人の前では、傍若無人に振る舞う女性は要注意。

そう、相手をみてびっくりするほど態度を変える腹黒い女性なのです。

このタイプの女性は、どんな相手でも利用できるかどうかだけで判断しているので、うっかり関わると使われるだけ使われてポイ捨てされてしまいますよ。


関わらない方が良い女性の特徴3. マウントをとる

会社であろうと、プライベートであろうと、人間関係はお互いにストレスなくいたいもの。

しかし、相手が職場の同僚でも、学生時代からの友達でも、何かと比べて自分の方が優位に立っていないと気が済まない女性もいるのです。

この手の女性は、その日のファッションから、仕事の進捗具合、出身校などなど、ありとあらゆる事でマウントを取りたがります。

そして、マウントを取ることで相手に自分を褒めてもらいたがるため、一緒にいる時間が長ければ長いほど疲れるだけ。一切関わらない方が良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


関わらない方が良い女性の特徴4. 感情の起伏が激しい

喜怒哀楽、感情表現が豊かな人って、男女問わず好感度が高いもの。

とはいえ、その起伏が度を超えて激しすぎると、厄介以外の何者でもありません。

挨拶の仕方が気に食わなかったからと、目を釣り上げて大声て喚き散らしたり、誰かに軽く注意されただけで、この世の終わりかというぐらいネガティブになってしまったりと、毎回騒ぎ立てられては、その度に周囲の人は振り回されてしまいます。

このタイプの女性がそばにいると、いつもご機嫌伺いをしなくてはならなくなるため、できるだけ近づかないようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


関わらない方が良い女性の特徴5. 嫉妬心が強い

冗談めかして羨ましがったり、拗ねたりする様子は、側から見てても可愛いもの。

しかし、その嫉妬心が強すぎると面倒なトラブルばかりを引き起こしてしまいます

「〇〇ちゃんの彼氏、誕生日に北海道旅行プレゼントしてくれたんだって。××君は当然、私の誕生日にヨーロッパ旅行ぐらいプレゼントしてくれるよね?」

などと、嫉妬心からとんでもない要求を突きつけて困らせてくる可能性大!

【参考記事】はこちら▽


関わらない方が良い女性の特徴6. 平気で嘘をつく

「嘘も方便」とはよくいったもの。

周りの人のためになる嘘を、ほんのたまにつくのであれば、面倒な事にはなりませんが、息を吐くようにナチュラルに嘘ばかりつく女性は、生粋のトラブルメーカーに他なりません。

その場その場の雰囲気や気分で、嘘をつくため、辻褄が合わないこともしばしば。

そして、その嘘の尻拭いを周囲の人がしなくてはならないことも多いため、できるだけ関わらない方が身のためです。

【参考記事】はこちら▽


関わらない方が良い女性の特徴7. 思い込みが激しい

職場での毎日の仕事や、友達との付き合いの中など、誰かと意見が食い違うことなんて日常茶飯事。

しかし、その意見や解釈の違い、指摘などを「私が間違ってるっていうの!」などと、ネガティブに受け取ってしまビオンテックたり、自分に都合の良いように勝手に解釈してしまう女性は要注意。

「だって、〇〇さんがそうやって言ってたじゃないですか?」

などと、勝手な思い込みで暴走して面倒事を引き起こしやすいのです。


関わらない方が良い女性の特徴8. 日によって言ってることが違う

人間関係で大切なことの一つといえば、信用。

しかし、その日の気分やノリで言うことが毎回違う場合、一体何が真実なのか、周囲の人は誰も分からず、信用も当然できません。

「だって、あの時はそうだと思ったんだもん。あの時と今は違うじゃん!」

などと、簡単に意見を翻すので、周囲の人はひたすら振り回されることになってしまいます。


特徴に当てはまる女性には関わらないように距離を置こう。

関わらない方が良い女性の多くは、社会人年数が長くなってくると巧妙にその本性を隠すようになります。

一見、人当たりがよく面倒見が良さそうな女性であっても、友達付き合いが長くなってくると、徐々にその本性を現し、最初の印象とは全く違う姿を表すようになるのです。

「あれ?この人もしかして、かまってちゃんなのかも?ちょっと苦手なタイプかも?」

などと、感じるようであれば、厄介なトラブルに巻き込まれる前に、とっとと疎遠になりましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事