マウントを取る女性の特徴あるある15選|マウンティング女子を撃退する対処法とは?

友人や職場の同期など、常に人を見下している「マウンティング女子」ってストレスですよね。この記事ではすぐにマウントを取る女性について解説します。

マウントを取る女性の15の特徴|性格や口癖のあるあるとは?

マウントを取る女性の特徴

「マウント女子ってどんな人?」

「友人や知人がマウントを取る女性なのか知りたい」

マウンティングとは、相手よりも優位に立ちたいという心理で、自慢話をするなどの行動のことを言います。

職場の同僚や友達など、マウントを取る女性が周囲にいると厄介ですよね。

しかし、実際にマウント女子かどうかを判断するのは意外と難しいもの。

そこでここでは、マウントを取る女性の特徴や性格について解説します。


特徴1. プライドが高く、負けず嫌い

プライドが高く他人を目下すような性格の女性は、マウントを取る行動の裏では「他人が自分よりも優れていると認めたくない」という気持ちが隠れています。

  • 自分より早く結婚した同僚に「私は相手を選んでるからね~」とけん制する
  • 高級ブランドを持っている友達に「真のおしゃれは値段じゃないから」と言い放つ

など、どんなに苦しい言い訳だとしてもマウントを取ることで、自分が上の立ち場であることを示したいのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 異常なほど、自分に自信を持っている

マウントを取る女性は実際にそうなのかは関係なく、ある意味本気で「自分が誰よりも一番」と自負しています。

そのため、

  • 仕事でミスが発覚しても「私だからこの程度のミスで済んだのよね」と非を認めない
  • 同僚の飲み会に誘われなかった時に「皆とは生活レベルが違うから話を合わせられなくてつまらなくしちゃうもんね」と見下す

など、不都合なことがあっても自分を正当化しようとしてくるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 話題の中心にしてもらえないと不機嫌になる

マウントを取る女性の特徴は話題の中心にいないと不機嫌になる

幼い頃から両親や周囲に可愛がられて育ってきた女性は「常に注目を浴びていたい」という気持ちが人一倍強め。

  • 自分以外の話題で盛り上がっていると「ねぇ、つまんないんだけど~」と不満を言う
  • 自分が知らない話題を話していると「こないだショッピングに行ってさ~」と無理やり自分の話題をねじこむ

など、他人の話を耳に貸そうとせず、隙あらば自分語りをしてくるのです。


特徴4. 勝手に競って自慢してくる

仕事やプライベートなどで「一番の座を譲りたくない」と気持ちを抱くため、他人に対して対抗心がむき出しになりがち。

他人の持ち物や評価に敏感に気づいて「そのバッグ◯◯ってブランドのだよね、私も新作買っちゃった~」など、さりげなく自慢を交えて見栄を張るのがマウント女子あるあるです。


特徴5. なぜか、上司からの評価だけは高い

同僚や部下には見下す言動をしていても、上司にはよく見られたいと素直でいい子を演じるのはマウント女子あるあるです。

「部長が好きなお菓子買ってきました~」

「言われていた資料、早くお渡ししたくて頑張りました」

など、あからさまに媚びを売り、上司の機嫌を取るためなら周囲にどう思われても構わないのがマウンティング女子。


特徴6. 自分と違う意見を全て否定する

マウントを取る女性の特徴は自分と違う意見を全て否定する

「自分の意見が全て正しい」と謎の自信にあふれているマウント女子は、他の人の言うことに聞く耳を持っていません。

仕事の会議などで別意見が出た時も「それは違うと思うんだけど…」とすかさず否定し、自分の意見に従わせようとあの手この手を使うのです。

最終的に呆れつつも周囲が折れるため、マウント女子の思い通りに意見が通ってしまいがち。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. SNSでめちゃくちゃ愚痴ってる

マウント女子は、普段からがっつり悪口を言うわけではありません。本当は直接言いたいけど、自分の評価を落としたくないので、さり気なく相手を見下して自分をあげます。

なので、普段からストレスが溜まりまくり。本当に言いたかった直接的な悪口や愚痴をどこかで吐き出したいのです。

そんな吐き出し場所に都合がいいのがSNS。鍵付きのTwitterや偽名のInstagramなど、アカウントを作ってそこに愚痴をひたすら書き込みます。

  • 「仕事が忙しいからって、私のこと大事じゃないの?」と彼氏を責める
  • 「店員の態度が最悪、ムカついたから舌打ちしたわ」とイライラしたことを報告
  • 「最近入った新人、仕事はできないのに人気があるの何で?」と職場の不満

など、自分が気に食わないことがあるとすぐにSNSで愚痴を投稿します。


特徴8. 遠回しな表現をしてくる

直接的な自慢や見栄を張るのはスマートではないと考えているので、あからさまな表現を使用せずマウントを取ろうとするのもマウント女子あるあるです。

  • デパコスブランドのバッチリメイクなのに「使ってるコスメも安くてメイクも下手で~」と自虐する
  • モテることをアピールすために「出会いがあってもいい人がいないんだ〜」と愚痴る

など、間接的な自慢をして優越感を得ようとするのがマウント女子のやり方です。


特徴9. お世辞の「すごい」でも素直に喜ぶ

マウントを取る女性の特徴はお世辞に満足している

自分に自信があって優越感を感じるのが好きなマウント女子は、お世辞であっても本当に褒められると勘違いしてしまいます。

  • 仕事のペースが早いことを自慢して「見直しせずに提出できるの尊敬します」と欠点を指摘されているのに気づかず満足げになる
  • 何人付き合ったかを自慢して「すごい、恋愛経験豊富ですね」と社交辞令に対しても偉そうにしている

一般的な女性なら言葉の裏を推察して「いやいや」と謙遜するものの、褒められたがりのマウント女子はそのままの意味で受け取ってしまうでしょう。


特徴10. 勝てる部分でしか勝負をしてこない

負けず嫌いで自分の負けを認めたくない女性は、実際は負けていると気づいても見て見ぬふりをします。

そのため、

  • 恋人のいない人に対して「彼氏がね~」と恋人アピール
  • 年下の部下に「女は年齢じゃなくて見た目だからね」とマウント
  • 「プチプラも良いけど、大人になれば高いもの使わないよね」とコスメ自慢をする

など、「自分が勝てる」と感じた分野でしか自慢やマウンティングができないのです。


特徴11. 彼氏や旦那のことを自分のことのように自慢してくる

ハイスペな彼氏や旦那を捕まえた自分こそすごいと思っている女性は、何かと彼氏や旦那の話題を出してマウンティングしてきます。

「彼氏は良い大学卒業してるから、官僚とか社長の男友達紹介できるよ~」

「旦那の仕事が景気良くてね、ボーナスだけで三桁だったの」

など、彼氏や旦那の経歴をさも自分事のように自慢してくるでしょう。


特徴12. ハイブランドがとにかく大好き

マウントを取る女性の特徴はハイブランドガス期

見た目でマウンティングを取る女性は、高額なブランド品を持つことで優越感を感じています

パッと見ただけでハイブランドと分かるものを身につけるのがあるあるで、「それ◯◯のだよね、すごい」と誰かに羨ましがられたいと思っているのです。

本当に好きでハイブランドを身につけるのであれば問題ありませんが、あからさまなハイブランドアピールは周囲から見ればうざいだけということに気づいてないのです。


特徴13. 「でも、〇〇の方が〜」が口癖

自分が他人よりも勝っていると自信過剰なマウント女子は、他人よりも自分の方が優れているとアピールしたがります。

そのため、相手の意見が合っていても耳にせず「でも、◯◯の方が~」とすぐに否定しようとするのです。

これが口癖になっている人は多いので、すぐマウンティング女子だと気づけますよ。


特徴14. すごい友達をまるで自分のことのように話す

マウント女子はすごい友達を持つ自分がすごいと感じているため、友達の話でも自慢に使ってしまいます。

「友達の同級生が◯◯ってイケメン俳優で~」

「友達の友達がね、有名企業で働いていて…」

など、自分とは関係のない話も自慢げにベラベラと喋りだすのが、あるあるの特徴です。


特徴15. 自分と他の人を比較する癖がある

マウントを取る女性の特徴は自分と他人を比較する癖がある

常に自分が上に立場にいるのだと自覚したいため、自分と他人を比較してしまうのもマウント女子あるあるです。

  • 使っているコスメのブランド
  • 彼氏との交際期間
  • 入社時期

など、他の人なら「そんなとこまで比較するの?」と疑問に感じる些細な事も比較したがるのが特徴です。


マウントを取る女性の3つの心理|周りを見下す理由とは?

マウントを取る女性の心理

マウントを取る女性の特徴を知ることで、友達や職場にマウント女子がいるかどうかを判断できたことでしょう。

しかし、マウント女子が「なぜマウンティングを取るのか気持ちが全く理解できない」という人も多いはずです。

そこでここからは、周囲を見下す言動が目立つマウントを取る女性に隠れた深層心理に迫ります。

マウントを取る女性の心理
  1. 認められたい
  2. 安心したい
  3. 自分中心で回っていると思ってる
タップすると移動します

心理1. みんなから「すごい人」だと認められたい

マウントを取る女性は「誰かに認めてもらいたい」という承認欲求が強い傾向にあります。

承認欲求が強い人は、自分自身を認めることができず自己肯定感が低め。

そのため、自分と他人を比べてマウントを取ることで周囲に認めてもらうことでしか存在意義を証明できないのです。


心理2. 誰かより勝っていると感じて安心したい

マウントを取る女性の心理状態は、行動とは裏腹に不安や自信のなさが表れています。

自分に自信があればわざわざ他人と比較することはないはず。しかし、自分に自信がなく不安だからこそ、他人と比べて勝っている部分を見つけて安心しているのです。


心理3. 世界は自分中心で回っていると思ってる

マウントを取る女性の心理は世界は自分中心で回ってると思っている

自己中心的な性格で自分が正しいと本気で信じている心理状態の女性は、マウントを取っている自覚が一切ありません

「自分は偉いのだから周囲が自分に従うのは当たり前」

「話題を決めるのも話を盛り上げるのも自分の役目」

と思っているため、周囲からすれば結果的にマウントを取っているように見えるのです。


マウンティング女子の6つの対処法|うまく受け流すコツとは?

マウンティング女子の対処法

「職場にいるタチが悪いマウント女子をどうにかしたい」

「マウント女子と良好な関係を保つ方法はあるの?」

どうしてもマウントを取る女性と付き合わなければいけない状況となると、困ってしまうもの。

プライドが高くトラブルメーカーになりやすいマウント女子とは、できるだけ穏便に付き合うのが正解です。

そこでここでは、マウント女子をうまくあしらうために最適な対処法を解説します。


対処法1. 「またなんか言ってるな」程度で聞き流す

理不尽で自己中なマウント女子の話は、真面目に反応しているとストレスが溜まるだけです。

マウント女子はマウントを取ること自体に満足しているため、会話を無理に広げる必要もありません。

「そうなんですか、すごいですね」

「分かりました、参考にします」

など、マウント女子の言葉を聞き流すことは、イライラやモヤモヤを極力避けるのに最適な対処法です。

マウント女子が満足げに帰ってくれるまで省エネな対応を取れば、マウント女子に対して何も感じなくなることでしょう。


対処法2. どうでもいい相手なら「すごいね〜」と、露骨におだてる

相手に褒めてもらいたいという気持ちは強いものの、あからさまな褒め方は嬉しくないと感じるのがマウント女子あるあるです。

例えば、

  • 「すごい」「ヤバイ」「最高」など語彙力のない抽象的な言葉で褒めちぎる
  • 「私には到底無理です」「さすが◯◯さん、憧れます」など、自慢する前に自虐してしまう

など、大げさすぎる返しをするのがマウント女子に自慢させない対処法です。

マウント女子が嫌がることをあえてすることで「この子には自慢してもムダ」と感じさせることができますよ。


対処法3. 話しかけられないように距離を取る

マウンティング女子の対処法は話しかけられない距離を意識する

マウントを取る女性は、自分に身近な人を標的にする傾向にあります。

そのため、できる限りマウント女子との距離を取ることが最適な対処法です。

  • 極力目を合わせない
  • 自分から話しかけない
  • マウント女子のいる場所に近づかない

など、直接的な距離だけでなく心理的な距離も遠ざけるよう注意してください。

マウント女子との距離が離れれば離れるほど、マウントを取られる機会も減ることでしょう。


対処法4. マウントを取れないくらいの成果を出す

マウント女子は人と比較することで優越感を感じたいため、基本的に自分の方が優れていると感じる相手を標的にします。

そのため、マウントを取る女性より優れた成果や部分を相手にアピールするのが確実な対策方法。

  • マウント女子より仕事を早く終わらせる
  • マウント女子が持っていない資格を取得する
  • マウント女子よりもハイスペ男子を彼氏にする

など、マウント女子に対して間接的なマウンティングすることで、マウント女子もマウンティングをやめてくれることでしょう。

また「マウント女子に負けたくない」という気持ちが強ければ強いほど、成果を出すモチベーションになりますよ。


対処法5. 話題を逸らすように仕向ける

自分が優れた部分のみ自慢するため、マウント女子がマウンティングをする内容は大体決まっています

そのため、

  • 自慢話が始まったら「あ、そういえば最近出たスイーツで~」など適当な話題をふって話を逸らす
  • マウントを取りだしたら「仕事残ってるところあったので、先にお邪魔します」と強制的に話を終わらす

など、マウント女子にマウントを取らせる手段をなくしてしまいましょう。

何回も同じようなことが続けば「この子はこの話をするのが嫌なんだ」とマウンティング女子も気づいてくれるはず。


対処法6. プライベートに関する話をしない

マウンティング女子の対処法はプライベートの話しをしない

職場にマウントを取る女性がいる場合、仕事だけでなく様々な内容からマウントを取ろうとする傾向にあります。

仕事のことならまだしも、プライベートな内容まで根掘り葉掘り聞かれてマウントを取られるのは気分が悪いもの。

もしも、マウント女子にプライベートを聞かれそうになったら、

  • 「私、秘密主義なんです」と言い訳をして話さない
  • 「最近ちょっと色々あって…話したくない気分で…ごめんなさい」と聞き出せない雰囲気を作る

など、マウントを取る女性に情報を与えないためにも、職場では仕事以外の話を極力避けるのが正解です。

プライベートは話さないキャラを確立すれば、マウントの標的になるのを避けられることでしょう。


マウント女子の心理や特徴を知って、上手に付き合ってみて!

マウント女子の特徴や心理を理解した上で上手く対処しよう

職場だけでなく仲の良い友達の中にも、マウントを取る女子は意外と多くいます。意識的にマウントを取る女性もいれば、無意識にマウントを取っていることも。

そんなマウンティングに困っているという人は、マウント女子の特徴や心理を理解した上で上手く対処しましょう。

今回紹介した情報を参考にすれば、マウントを取る女性の前でもストレスを感じず自然体でいられますよ。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事