骨格ストレートさん向けのダイエット方法|本当に痩せる食事&運動法を解説!

骨格ストレートさんのダイエット方法を知りたい人へ。本記事では、骨格ストレートさんの太り方の特徴から、ダイエットのコツまで大公開!おすすめの運動法や食事法も紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

骨格ストレートさんの太り方の特徴は?

骨格ストレートさんの太り方の特徴は?

  • 筋肉質で体に厚みがあり、バストやヒップの位置が高くボリュームもある
  • 首は短めで鎖骨が見えず、肌にハリ・弾力がある

体型にこれらの特徴を持つ人は、骨格ストレートタイプです。

そんな骨格ストレートさんは上半身が太る傾向があり、しかも体の高い部分からお肉がつきます。

首から肩にかけて、二の腕、胸の高い位置に脂肪がつきやすいのですが、筋肉量の関係でぶよぶよした感じではなく、パーンと張ったように。また、下半身は太ももに脂肪が付き、それに比べて膝下はスラっとした印象。

上が大きく下に行くほど細くなる一般的な分類でいう『リンゴ型』です。


骨格ストレートさんもダイエットの基本的な考え方は変わらない

骨格ストレートさんもダイエットの基本的な考え方は変わらない

骨格タイプによって有効な運動方法に少しの違いはありますが、痩せるために必要なことは同じです。

ダイエットの基本は、摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やすこと。それさえできれば、どのタイプの方でも体重は減り、スリムにもなれるでしょう。

骨格ストレートさんは筋肉量の関係で骨ばった顔より丸顔が多く、また、痩せればメリハリの利いた美しい体形になりやすい傾向にもありますので、頑張ってダイエットを成功させて、童顔グラマーを目指しましょう。


骨格ストレートさんのダイエット方法|痩せるコツを解説!

骨格ストレートさんのダイエット方法|痩せるコツをお教えします!

いくらダイエットの基本は同じでも、やはりその体型・体質に合った方法でないと効果が表れるのが遅いため、挫折に繋がりやすいものです。

そこでここからは、骨格ストレートさんにとって効果的なダイエットのやり方について、食事と運動の両面からそのコツをご紹介します。


ダイエット方法1. バランスの取れた食事を意識しつつ、タンパク質の摂取量を増やす

バランスの取れた食事を意識しつつ、タンパク質の摂取量を増やす

ダイエットのための食事の基本は、

  • 脂肪になりやすい糖質・脂質・炭水化物を抑えること
  • 筋肉のもととなるタンパク質の量を増やすこと

の2つ。筋肉を増やせば基礎代謝が上がり、より体脂肪を効率よく燃焼できるようになります。

でも、だからと言って、いきなり糖質を完全に控えるといったやり方は、あまりおすすめできません。慣れない糖質制限は挫折に繋がりやすいことに加え、急激にエネルギーを失った体は脂肪を蓄えやすくなり、リバウンドの危険性も高まるからです。

そのため、まずはバランスの良い食事を心がけ、良質のタンパク質を多めに取る努力をしてみてください。


ダイエット方法2. 毎日上半身を中心にストレッチを行い、痩せやすい体を作る

老廃物が停滞してむくみなどを生み出している体は、代謝が低下しているため、脂肪を燃焼しにくくなっています。

大切なのは、血流を良くして老廃物の排出を促し、痩せやすい体を作ること。

骨格ストレートさんはリンゴ型に太りやすいので、まず上半身のストレッチを毎日行いましょう。

【参考記事】上半身におすすめのストレッチメニューを紹介!▽


ダイエット方法3. 有酸素運動を行い、脂肪を燃やす

有酸素運動を行い脂肪を燃やす

ストレッチによって体の状態を痩せやすくしたら、今度は有酸素運動で脂肪を燃焼させましょう

  • ウォーキング
    あまり運動に慣れていない方は、まず歩くことから始めてください。少し早足にすると効果的です。

  • ジョギング
    ウォーキングに慣れたら取り入れること。初めから全行程である必要はなく、疲れたら歩き、息が整ったらまた走るというやり方でも大丈夫です。

  • サイクリング
    歩いたり走ったりするより楽なため、長く続けられるメリットがあります。また、足腰への負担が少ないということもポイントです。

  • スイミング
    浮力の関係で足腰への負担は少なく、水圧の影響で負荷は結構高め。腰痛など体の故障を抱えている方にもおすすめの有酸素運動です。

  • 縄跳び
    脂肪燃焼効果の他に、跳ねる動作が足腰の筋肉を引き締めることに効果的です。


ダイエット方法4. 週に2,3回自重トレーニングを行い、基礎代謝をアップする

有酸素運動で脂肪燃焼を促すと同時に、筋肉の密度を上げて基礎代謝をアップすることが早く痩せるコツです。

ただ、もともと骨格ストレートさんは筋肉がつきやすいので、マシンなどを使った筋トレは必要なく、自重トレーニングで十分。あまり高い負荷をかけると筋肉がつきすぎて、かえって太って見えるようになる可能性さえあります。

軽い負荷で回数を多くし、筋肉を引き締めることを心がけること。また、隔日で週3回、最低でも週2回は行うということも重要なポイントとなります。

  • フロントブリッジ
    ゴツイ見た目になりにくいインナーマッスルを鍛えられる体幹トレーニングの一種。主に腹筋・背筋・お尻の筋肉を引き締められます。

  • 腕立て伏せ
    主に胸・肩・上腕三頭筋に効くトレーニング。セット毎に手幅を変えると刺激に変化が出て、より効果的です。

  • 懸垂
    広背筋が主体のトレーニング。肩甲骨が大きく動くように行うと褐色脂肪細胞が刺激されてダイエット効果が上がります。

  • クランチ
    お腹痩せにはどうしても必要となるエクササイズ。腹筋を引き締めることでお腹まわりのぜい肉を落ちやすくなります。

  • スクワット
    スクワットは体の中でも大きな筋肉に当たる大腿四頭筋や大殿筋に効くため、基礎代謝が上がり痩せやすい体作りに効果的。


効率よく痩せて、美しいスタイルをキープしましょう!

骨格ストレートさんは筋肉量が多いため、痩せてもあばらの浮き出たガリガリとはならず華奢に見えにくい傾向にあります。

でも、それは裏を返せば、出るべきところは出ている、人もうらやむメリハリボディになりやすいということでもあるのです。

また、筋肉がつきやすいということは基礎代謝も上げやすく痩せるには有利ですので、ご自分の骨格タイプに合ったダイエット法で、健康的で美しいスタイルを目指しましょう。


【参考記事】本当に痩せる筋トレメニューを徹底解説!▽

【参考記事】短期間で激ヤセする食事法も取り入れよう!▽

【参考記事】自宅で行える有酸素運動も挑戦してみて!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事