痩せているのに足が太い理由とは|効果抜群の下半身痩せダイエットを徹底解説!

痩せているのに足が太い理由を知りたい方へ。本記事では、痩せているのに足が太い理由から、効果的に足痩せするダイエットまで大公開!下半身が痩せたい人はもちろん、体重を落として美脚にする方法も紹介しているので、気になった方はぜひチェックしてください!

痩せているのに足が太い理由とは|下半身だけ太くなる原因は何?

痩せているのに足が太い理由とは|下半身だけ太くなる原因は何?.jpg

ここでは痩せているのに足が太い理由について解説します。

ダイエットしても足が太い、細い下半身にならない、美脚にならないなど、下半身も痩せたいとのに太ってしまうとお悩みの人は参考にしてください。原因がわかれば対策も打ちやすくなるはずです。


痩せているのに足が太い理由1. 脂肪がセルライト化して落ちにくくなっている

痩せているのに足が太い理由1. 脂肪がセルライト化して落ちにくくなっている.jpg

セルライトは肌表面にデコボコをつくるのが特徴的で、肥大した脂肪細胞と排出されずに体内に残っている老廃物とが一緒に固まってできます

脂肪がセルライト化してしまう原因は、加齢や運動不足、むくみ、脂肪分の多い食事をよく摂取しているなどがあげられます。

セルライトができると代謝が低下するため脂肪が燃焼しづらくなり、結果として脂肪が蓄積しやすく太ってしまいます。特にお尻や太もも、お腹周りなど、脂肪がつきやすい部分によくできるため、痩せていても足が太ってしまうわけですね。


痩せているのに足が太い理由2. 血行が悪く、むくんでいる

同じ体勢が続くと足に疲れが溜まりやすく、血行不良を起こしやすくなります。職業柄立ちっぱなしの仕事の人や、デスクワークなどで同じ姿勢が長時間続くことが習慣化している人は、下半身が血行不良を起こし、むくんでしまうんです。

血行を改善するためのストレッチや、下半身を意識的に動かすことなどをせず放置してしまうと、よりむくみやすくなるでしょう。

このむくみによって、痩せているのに下半身だけ太って見えるということなんです。


痩せているのに足が太い理由3. 骨盤が歪んで体のバランスが悪くなっている

痩せているのに足が太い理由3. 骨盤が歪んで体のバランスが悪くなっている.jpg

骨盤の歪みはどこから来るのかといえば、日頃からクセになっている姿勢のせい、あるいは女性の場合は妊娠・出産など経験することで生じやすいと言われています。

骨盤が歪むと姿勢のバランスも悪くなるため、普通に立っているだけでも足に負担がかかるところと、かからない部位がで出ることに。そして負担がかからない足の部位には脂肪がつきやすくなります。

また、骨盤が歪むと骨盤まわりの臓器の位置がずれてしまい、圧迫され血行も悪くなり、むくみを誘発します。つまり、それらが結果的に足を太くしてしまうわけですね。


痩せているのに足が太い理由4. 歩き方が悪く余計な筋肉が付いている

猫背の人など、前のめりに歩いてしまう場合、ふくらはぎに負担がかかるため、筋肉が発達しやすくなります。

また、すり足歩きをしていると、無意識的に太ももの前側の筋肉を強く使っている傾向があるため、太ももが大きくなりやすいでしょう。

さらに内股の人は、太ももの外側の筋肉が発達しやすくなります

つまり正しい歩き方ができていないと、筋肉が正しくつかず、余計な筋肉がついてしまい、上半身は痩せているのに足だけ太く見えてしまいます。


痩せているのに足が太い理由5. 塩分やアルコールの摂取量が多い

痩せているのに足が太い理由5. 塩分やアルコールの摂取量が多い.jpg

塩分が多い食事を摂取すると、体内では塩分濃度を下げようと水分を溜めこむ性質があります。水分が溜まると、むくんでくるため太って見えるわけですね。

また、アルコールの過剰摂取も注意が必要です。お酒を飲む際は、一緒に塩分が多い食事をすることが多いですよね。また、アルコール摂取後にすぐに寝ると、本来排出されるべき水分が体内に残ったままになります。

食事量は適量で体はスラッとしても、塩辛いものやお酒を飲んだりするのが好きな場合、むくみを引き起こして、下半身だけ太くなってしまうんです。


痩せているのに足が太い理由6. スポーツをやっていて、下半身に筋肉がついている

筋肉には遅筋と速筋というものがあり、特に筋肥大に影響を与えるのが瞬間的な動きに役立つ速筋です。

特に瞬間的なパワーが要求されるスポーツをしていた人は、速筋が発達している傾向にあるため、筋肉が大きくなっている傾向にあるでしょう。

例えば陸上競技やサッカー、自転車競技などをしてきた人の場合、下半身を中心に筋肉がつきやすいです。そのため、上半身が痩せていても筋肉で足だけ太く見えてしまうといえます。


足痩せする方法とは|下半身痩せ効果抜群のダイエット5つを大公開

足痩せする方法とは|効果的に下半身を引き締めるダイエット法を大公開.jpg

原因があることには具体的な解決方法があります。ここでは、足痩せする方法を大公開。

それぞれ詳しく解説するので、太い足をなんとか解消したいという方は自分に合った方法を参考にしてみてください。


足痩せする方法1. 筋トレで脂肪を落として引き締める

足痩せする方法1. 筋トレで脂肪を落として引き締める.jpg

筋肉をつけることで、代謝が上がり脂肪燃焼効果を期待できます。

そのため、脂肪がついてセルライト化してしまっている人におすすめの方法が筋トレです。筋トレで脂肪を落として引き締め効果を狙いましょう。

効果的な筋トレとして、スクワット、ヒップリフト、スタンディングカーフレイズの3種類、それぞれについて解説します。

足痩せできる筋トレ3選
  1. スクワット
  2. ヒップリフト
  3. スタンディングカーフレイズ
タップすると移動します

足痩せする筋トレ➀ スクワット

足痩せする筋トレスクワット

スクワットは、太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋と裏側のハムストリングス、お尻部分の大臀筋、内ももの内転筋に負荷をかけることができます。

動作のポイントは、胸を張ってあごを引き身体を真っ直ぐに、そして常にかかとに体重を乗せること。

足の幅は肩幅の約1.5倍の広さで、つま先はやや外側に、ひざはつま先と同じ方向に曲げます。身体が前傾にならないようして、かかとに体重を乗せ、かかとで床を蹴るように屈伸運動を行いましょう。呼吸は、身体を下ろすときに吸って、あげる時に吐きます。

猫背にならない、つま先に体重を乗せない、ひざを前に出しすぎない、という3点には注意してください。

【参考記事】スクワットのやり方はこちら


足痩せする筋トレ② ヒップリフト

足痩せする筋トレヒップリフト

ヒップリフトはお尻の大臀筋や腰回りの筋肉に刺激を加えられます。

まずは仰向けで両膝を立てます。足は腰幅に開き、かかと重心でお尻に力を入れて、腰を反らないよう常にお腹に力を入れながらお尻を上げます。肩から膝が一直線になるまで持ち上げましょう。

お尻を2秒で持ち上げて、上げた状態で1秒キープし、下ろすときは3秒かけてゆっくり下ろします。骨盤が床に触れたくらいで、再度上げる。これを繰り返しましょう。

下ろす時にお尻がペタッと床についてしまうと、お尻の力が抜けてしまうので、注意してください。15回3セットが基本ですが、最後の1セットは足を開いて行うと、お尻の外側へも効きますよ。

お尻が垂れ下がっている、お尻のセルライトが気になる、短足に見える、などという人におすすめです。

【参考記事】ヒップリフトのやり方はこちら


足痩せする筋トレ③ スタンディングカーフレイズ

足痩せする筋トレスタンディングカーフレイズ

ひざを伸ばして行う、ふくらはぎの筋肉を鍛えるエクササイズです。カーフレイズには、ひざを曲げて行うパターンもありますが、ヒラメ筋に負荷がかかり、ふくらはぎが筋肥大しやすくなります。そのため、ふくらはぎを細くしたい人はスタンディングカーフレイズが良いでしょう。

動作は片足ずつで行えば、バランスを取る必要があり、その分多くの筋繊維に負荷がかかるためおすすめです。また、日常動作では与えられないような刺激を加えられるので、しっかり伸ばしてストレッチできますよ。

やり方の1つは、かかとを上げきったところで1秒止めて、4秒かけてゆっくりおろしてストレッチさせる。これを合計20回行う方法。

もう1つは、3/7法を用います。これはトレーニング動作を3回、4回、5回、6回、7回行い、各15秒のインターバルを設けるやり方です。

今回の場合はカーフレイズの動作を3回〜7回行い、それぞれのインターバルの15秒間を、かかとを下げた状態でキープするやり方です。ふくらはぎへ効率よく刺激を加えられますよ。

【参考記事】スタンディングカーフレイズのやり方を解説▽


足痩せする方法2. 正しい歩き方をして余計な筋肉を落とす

足痩せする方法2. 正しい歩き方にすることで余計な筋肉を落とす.jpg

歩き方が改善できれば、必要のない筋肉を落として、足を引き締める効果を期待できます。また、血行がよくなるため、むくみの改善にも効果があるでしょう。

正しい歩き方は、かかとから着地することが基本です。そして、蹴り出すときは足の指全てを意識し、膝を伸ばして、重心をスムーズに移動して進むのがポイント。

歩幅については少し広めにすれば運動強度も上がります。さらに、足だけでなく腕も意識しましょう。肩甲骨を寄せ、腕を後ろに軽く振り上げるようにするとGOOD。自然と胸が張れるため正しい姿勢を維持しやすくなりますよ。


足痩せする方法3. ストレッチで本来の足の細さに戻す

足痩せする方法骨盤ストレッチで本来の足の細さに戻す

日頃から骨盤に効くストレッチを取り入れることで、やわらかい筋肉になるだけでなく、バランスの良い体型になるため、スタイルのいい下半身を手に入れられるでしょう。

まずは、あぐらをかいて股関節をほぐします。その体勢のまま、ゆっくり前に身体を倒しましょう。

続いて、足を横に開き鼠蹊部(そけいぶ)を手で押してほぐします。鼠蹊部は老廃物が溜まりやすいため、ほぐしてあげるとセルライトやむくみ対策となります。その後そのまま身体を前に倒します。

片足を立てて座り、反対の足を立てた足につけて胸の方に近づけると太ももの外側に効果的です。仰向けに寝て、太ももを片方ずつ曲げれば太ももの前側に効くストレッチとなります。

ふくらはぎは、手を前にしてくの字になるような大勢で伸ばしましょう。最後に正座の体勢から両手を後ろにして、足首を伸ばしましょう。足首にも老廃物は溜まりやすいため、効果的です。

【参考記事】寝ながらできるストレッチを解説▽


足痩せする方法4. リンパマッサージでむくみを解消する

足痩せする方法リンパマッサージでむくみを解消する

むくみが原因で足が太い場合は、マッサージが効果的です。リンパや血流を良くして老廃物を流しましょう

まずは仰向けで両手両足を上げて、ブラブラとほぐします。そして、両足だけ上にあげたまま壁に立てかけ、5分〜10分そのままにしましょう。

ボディオイルなどを使うとより効果的です。基本は下から上の順番でマッサージを進めていきます。最初は、足指から。一本一本伸ばし、ぐるぐる回しましょう。そして手の指を足の各指に入れてぎゅっと握ったあと、パッと離します。

足の甲の骨の間にグーにした手を当て、疲労を流すように上方向に。くるぶし回りも同じように行います。かかとの上部分も老廃物が溜まりやすいため、ぎゅっとつまんでパッと離すを繰り返します。

ふくらはぎは、両手をグーにして下から上へ擦り上げます。軽い力で痛気持ちいいくらいで十分です。続いて両手でぎゅっと揉み込むように下から上へ押し上げましょう。そして、ひざ裏のリンパを押してリンパを流します。押し過ぎには注意です。

太ももは外側の下から上へほぐし、内側も同様です。裏側は手で揉み込みましょう。最後に足の付け根にあるリンパを押し込みます。

【参考記事】太もも補足するマッサージを解説▽


足痩せする方法5. 着圧アイテムでむくみを解消する

足痩せする方法5. 着圧アイテムでむくみを解消する.jpg

筋トレやストレッチ、マッサージなどは時間を作らないとできませんよね。その点、着圧アイテムは加圧によって代謝がよくなるため身に付けるだけでむくみ解消効果が期待できるわけですね。着圧アイテムでのむくみ解消は、普段から簡単にできる足痩せ対策といえるでしょう。

特に長時間にわたるデスクワークや、立ちっぱなしの仕事で足が疲れやすく、むくみが気になる人にとってはおすすめです。

種類としては、タイツ、スパッツ、靴下、ストッキングがあるので、インナーとしてや、仕事時のストッキング、あるいは就寝時など用途によって使い分けが可能です。

【参考記事】おすすめの着圧タイツはこちらで紹介▽


原因を知って的確に対処し、美脚を手に入れましょう!

上半身は痩せているのに、なぜか足が太い、足だけ痩せない、ということの原因がわかりました。

セルライトや、生活習慣によるものなど、原因は様々です。仕事柄どうしても太くなってしまう人もいるようですね。

しかし、日頃から行える対策で足のダイエットが可能です。筋トレや軽いストレッチ、マッサージなどを継続すれば、効果が期待できるでしょう。

バランスが悪い下半身をどうにかして細くしたいという人は参考にしていただき、細い、スタイルのいい美脚を手に入れましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事