10日間集中ダイエット方法|短期間で痩せる効果的なダイエット方法とは?

「10日間ダイエットで痩せられるの?」「10日間ダイエットはやってもいいの?」と悩んでいる人必見! この記事では10日間ダイエットのメリットやデメリット、ダイエットメニューをまとめてご紹介します。 短期集中で痩せる注意点を把握して、自分に合うダイエット方法なのかチェックしましょう。

10日間短期集中で痩せるメリットとデメリットって?

 width=

「10日間でダイエットすることはどうなの?」と気になっている人は多いはず。まずは、10日間で瘦せることのメリットとデメリットをご紹介します。

10日間短期集中して瘦せようと思っている人は、ぜひチェックしてみてください。


メリット|期間を決めることでモチベーション高く続けられる

10日間の短期集中ダイエットのメリットはモチベーションを高く続けられる

10日間という期間を設けて短期集中でダイエットをすると、「10日間だけ頑張ろう」とモチベーションが維持しやすくなるところがメリットです。

実際にダイエットを始めて1~2週間内は結果が現れやすい人が多く、毎日少しずつ変化していくため楽しみながらダイエットができるでしょう。また、10日間という短い期間だけダイエットをすればいいのでストレスを感じにくく、手軽にチャレンジできます。


デメリット|急激なダイエットのせいでリバウンドしやすい

10日間の短期集中ダイエットのデメリットはリバウンドの可能性がある

10日間のダイエットでは、脂肪の量や代謝はそこまで大きく変化しないです。そのため、ダイエットが終わったからといって、元の生活に戻してしまうと太ってしまいます

ダイエットをして痩せた身体を維持するには、10日間ダイエットが終わった後も食事に気を遣ったり適度な運動を心掛けましょう。


10日間で痩せていいのは何キロまでなの?

10日間の短期集中ダイエットは何キロ痩せていい?

10日間で無理のある瘦せ方をすると、ダイエット後にリバウンドしやすくなります。また、無理のある目標設定をする体への負担も大きくなり、飢餓状態になってしまうことも

ダイエットを辞めたときに栄養を取り戻そうとして、リバウンドをしてしまう可能性が高くなってしまいます。

10日間で瘦せていいのは体重の1.7%以内を目安として、1ヶ月では体重の5%以内となるようにしましょう

体重80kgの人なら、10日で1.36kg、1ヶ月で4kgくらいを目安に痩せるようにしましょう。


10日間短期集中で痩せるためのダイエット方法

短期間で瘦せるには、食事や運動などどのようなことを始めたらいいのでしょうか?

ここからは、10日間短期集中で痩せるためのダイエット方法をご紹介します。どのような方法が効率よく痩せられるのかぜひチェックしてみてください。


1. 食事制限で摂取カロリーを調整する

10日間の短期集中ダイエットの方法. 食事制限をする

1日の摂取カロリーよりも消費カロリーが増えれば瘦せるため、ダイエット期間中の食事制限は必要です

食事制限をせずに瘦せようとすると、1kg減らすために運動で約7000kcalを消費しなければなりません。1日1万歩いて約300kcalしか消費できないと言われているため、運動だけに頼るのは難しいでしょう。

おすすめなのは、スムージの置き換えダイエット

1食をスムージーに置き換えるなど無理のない範囲で食事制限を取り入れられるため、短期間のダイエットを効率よく進められます。


2. 運動で体についた脂肪を落として痩せる

食事で摂取したカロリーから基礎代謝で消費できるカロリーを引いて余ったカロリー以上にエネルギーを消費しないと、なかなか瘦せていくことが難しいでしょう。

また、運動をして筋肉量を増やすと基礎代謝で消費できるエネルギー量が増やせるため、瘦せやすい体質となります

このように、10日間で瘦せるためには食事制限のみと1つの方法に絞ってしまうと非効率的になってしまうので、運動も組み合わせて行うのがベストです。


1. 有酸素運動で脂肪を燃やす

10日間の短期集中ダイエットの方法. 有酸素運動をする

有酸素運動は脂肪をエネルギーとした運動なので、ダイエットに効果的

有酸素運動を開始し始めのうちは体内に残っている糖分がエネルギーとして使われますが、糖分がなくなると脂肪を燃焼しエネルギーに変えます。脂肪をメインで燃焼するのは20分程度経過してからだと言われているので、30分~1時間程度行うと効果的にダイエットができますよ

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は、筋肉への負荷が少なく取り組みやすいのでおすすめです。

【参考記事】10日間ダイエットに効果的な有酸素運動はこちら


2. 筋トレで基礎代謝を上げて痩せやすい体になる

10日間の短期集中ダイエットの方法. 筋トレをする

基礎代謝とは、私たちが生活するうえで使うエネルギー量です

基礎代謝は筋肉量が多ければ多いほど高くなるので、同じ生活をしていても筋肉量が多いほうがカロリー消費量が増えて自然と太りにくく痩せやすい体質になれます。そのため、ダイエット期間中は筋トレをして筋肉量を増やすことも大切です。

まずは体の中でもエネルギー消費が多く大きな筋肉がある大胸筋や太ももを鍛えるのがおすすめ。スクワットやプッシュアップなど自宅で手軽にできる筋トレから取り入れてみましょう。

【参考記事】痩せるのに効果的な筋トレはこちら


10日間短期集中ダイエットの注意点|痩せるために意識すべきこととは?

10日間という短期間でダイエットをするには、気を付けなければならないポイントがあります。

最後に、10日間短期集中ダイエットの注意点をまとめてご紹介します。どのようなことに注意しなければならないのか、ぜひ確認してみましょう。


1. 過度な食事制限はNG

10日間の短期集中ダイエットの注意点. 過度な食事制限は辞める

極端な食事制限をすると単純に摂取カロリーが減らせるため、短期間でも痩せやすいです

しかし、無理な食事制限で体重が減るのは脂肪が減ったのではなく、胃や腸内に貯まっていたものや体内の水分量が減少しただけ。そのため、ダイエット終了後に普通の食事にするとリバウンドしやすくダイエット効果が維持しにくくなります。

過度な食事制限をして一時的に瘦せようとしても、脂肪が減り本当に瘦せたことには繋がらないため注意しましょう。


2. 激やせからのリバウンドを繰り返さないように

10日間の短期集中ダイエットの注意点. リバウンドに気をつける

一時的に瘦せてリバウンドをしてまた短期的なダイエットをしてと、瘦せて太るを繰り返してしまうことをヨーヨーダイエット体質と言います

なぜこのようなことが起こってしまうのかというと、過度な食事制限で体が飢餓状態となり元の食事に戻ったときに生命維持機能が作用し、脂肪や栄養を蓄えようとしてしまうからです。

10日間ダイエットでリバウンドを繰り返してしまう場合は、長期的な視点でゆっくりと体重を落としていくようにしましょう


3. 単品ダイエットによる栄養不足に注意

10日間の短期集中ダイエットの注意点. 栄養不足に気をつける

「バナナしか食べない」「ヨーグルトしか食べない」などの単品ダイエットは体重が落としやすいので、短期間のダイエットで取り入れられがちです

しかし、栄養バランスが偏ってしまうのでダイエット期間中に貧血や肌トラブル、イライラなどの不調を引き起こしてしまう可能性があります。また、ダイエットを辞めたときに栄養不足で飢餓状態になっているため、体が栄養補給をしようとしてリバウンドしやすいというデメリットも。

ダイエット期間中も栄養不足にならないよう、バランス良く食事をしましょう。

【参考記事】栄養不足に陥ると起きる症状とは?▽


短期集中のダイエットでモチベーションを高めよう

10日間ダイエットは短期集中型のダイエットなので、メリットとデメリットがあります。

今回ご紹介した運動や食事制限などのダイエット方法を取り入れれば、短期間でもダイエット効果は見込めるでしょう。

しかし、無理なダイエットをするとリバウンドや体調不良などのリスクがあるので、無理のない範囲で実践してみてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事