“気さくな人”の特徴7つ|親しみやすいフレンドリーな人になる方法とは

フランクで話しやすい気さくな人って素敵ですよね。そこで今回は、気さくな人の特徴やメリットから、気さくな人になる方法まで詳しくご紹介します。フレンドリーな人になれば、周囲へ好印象を与えられるので、ぜひ参考にしてみてください!

気さくに話せる人って素敵ですよね。

気さくな人の7つの特徴

女性でも男性でも、フランクに接してくれる人って魅力的に見えますよね。口下手で人見知りに悩む人は、気さくな人の明るさに憧れてなりたいと思うことも多いでしょう。

今回は、気さくな人の特徴やメリットから気さくな人になる方法まで、詳しくご紹介します。

周囲から親しまれるようなフランクな人になって、仕事に恋愛に活躍してくださいね。


前提として「気さく」の意味とは?

まずは大前提として、気さくとは、「人柄や日々の言動が穏やかで話しかけやすく、さっぱりとしていて親しみやすい」という状態を意味する語句です。

「相手によって自分の態度を変えず、差別や区別をすることがない人あたりのよさ」を形容することもあります。

ポジティブなイメージを持つ単語ですので、人を褒める時に使用されることが多いでしょう。


「気さく」と「馴れ馴れしい」の違いについて

「馴れ馴れしい」とは親しくない相手に、失礼でくだけた態度で接することです。

積極的に人と会話する点において同じですが、「気さく」は謙虚と礼儀を忘れないので、相手に不快感を与えないという特徴があります。


具体的にどんな人?気さくな人の特徴とは

どんな人を気さくだと表現するのか、イメージではわかっているつもりでも具体的に伝えるのは難しいですよね。

ここでは、気さくな人に共通する代表的な特徴を、「性格」と「態度や行動」に分けてご紹介します。


気さくな人の「性格」に関する特徴

ここではまず、気さくな人が持っている性格に関する特徴を5パターンご紹介します。

気さくになりたいと思っている人は、見かけの行動だけでなく、内面を変えていく必要があるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


性格の特徴1. 謙虚で誰に対しても優しい

気さくな人は、相手が男性でも女性でも、どんな役職や肩書きの人でも、お互いを信頼しあう人間関係を作れます。

それは、気さくな人には、謙虚さを忘れずに、誰に対しても無償の優しさをもっている人が多いという特徴があるからです。

自分の都合や望みだけを押し付けるのではなく、相手の立場や想いを常に観察し、適切な距離感で人と接します。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴2. 見栄を張ったりせず、素の自分をさらけ出せる

気さくな人は謙虚のため、自分の実力や地位を見せびらかしたり、それによって周りを威圧することがありません。

どんな立場にあっても見栄を張らず、相手に対して素の人間性をもって接しようとする特徴があります。

先に自己開示ができるため、相手からも心を開かれやすいという傾向にあり、仲良くなるスピートも早いです。


性格の特徴3. 社交的で人と会話するのが好き

なぜか初対面の人からも、「声をかけようかな」と思われることも多いのが、気さくな人の特徴の一つ。

それは、いつも笑顔で社交的であることを忘れないため、優しい雰囲気が表情や顔つきから出ているからでしょう。

気さくな人は会話自体も好きなことが多く、知らない人であっても上手に場を取り持ち、気まずい感じになりません。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴4. いつも明るく話しかけやすい

気さくな人は、イライラや不満を抱えていたとしても、周りの人にぶつけてしまうことは滅多にありません。

暗い表情をしていたり、怒っているようなことがなく、どんな時も優しい明るさを持っている特徴があります。

テンションや機嫌が安定しているため、相手も気を遣うことなくフレンドリーに話しかけてくるというケースも多いです。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴5. 楽観的で物事をプラスに捉える

いつもイキイキとしていて、どこか楽しそうな表情をしているのも、気さくな人の大きな特徴。

それは、常にプラス思考でチャレンジ精神に富んでおり、楽観的な考え方をしているからでしょう。

失敗やミスをしてしまってもくよくよと引きずることがなく、すぐに切り替えて、どんな場面でも楽しもうとすることを忘れません。

【参考記事】はこちら▽


気さくな人の「態度や行動」の関する特徴

続いては、気さくな人の「態度や行動」の中で、代表的なものを5パターン紹介します。

周りにいる親しみやすいと感じている人がいるなら、当てはまるケースも多いでしょう。自分とどこが違うのか確認してみてくださいね。


行動の特徴1. フットワークが軽く行動力がある

気さくな人は、いつも適度に忙しくしており、ワクワクした表情でいる傾向があります。

それは、フットワークが軽く、主体性を持って行動できるため、仕事や恋愛など、自分がやりたいことに取り組んでいるという特徴があるためです。

知らない人がいる場面でも物怖じせず、「まずは行動することから始めてみよう」と考えていることが多いでしょう。


行動の特徴2. 人の話を聞くのが上手くて、話し上手でもある

会話に関するスキルが高く、コミュニケーション能力にも優れるのが、気さくな人の特徴。

自分が話すのももちろん得意ですが、口下手な人でうまく話せるように、会話を引き出すのがうまいです。

相手が男性でも女性でも、初めて会う人や大人数を相手にしている時でも、楽しそうに会話をすることができるというメリットがあります。

【参考記事】はこちら▽


行動の特徴3. フレンドリーでノリが良い

気さくな人は、相手がどんな人であっても分け隔てなく付き合おうとし、人を選別したりしません。

どんなノリにも対応できる社交性や、コミュニケーションスキルがあるため、フレンドリーな人が多いという特徴があります。

友達もたくさん存在しており、単に会話するだけでなく、積極的に笑いを取ろうとすることもあるでしょう。


行動の特徴4. ムードメーカーで場の雰囲気を明るくする

重苦しい会話が続く場面でも、明るく楽しい空気を持つ人が一人入るだけで、大きく場の雰囲気が変わる時があります。

気さくな人は、それをすることができるムードメーカーな一面を持っており、周囲にも好影響を及ぼすのも特徴。

いるだけで場が優しい明るさに包まれるため、会社でも友人関係でも重宝されることが多いでしょう。


行動の特徴5. 人の陰口など、ネガティブな言葉を口にしない

気さくな人はいつも謙虚で、前向きな人が多いです。

そのため、人の陰口など、ネガティブで周囲の空気が悪くなるような言葉を口にすることなく、そんな会話には参加しません。

ポジティブで元気が出るような言葉が会話の中心なので、周囲の人たちを不快な気分にさせたり、敵を作ってしまったりということが少ないという傾向にあります。


気さくな性格の方が良いことが多い?気さくな人の魅力やメリット

気さくな性格をしていると、特に人間関係を構築していく上で、たくさんのメリットがあります。そんな気さくな人のメリットや長所の中で、代表的なものを4パターンご紹介しますので、参考にしてみてください。


メリット1. 初対面の人でも信頼関係を構築しやすい

気さくな性格をしていると、誰とでもフランクに話すことができ、すぐに仲良くなることが可能です。

そのため、初対面の人が相手でも全く気後れすることなくコミュニケーションが取れ、信頼関係を構築しやすいメリットがあります。

目上の人や取引先の人でも、仕事の垣根を超えた親しい間柄になることもあるでしょう。


メリット2. 話しやすく一緒に居て楽しいので、異性にモテる

恋人に求める条件として、一緒にいることの居心地の良さや、素の人間性が楽しいことをあげる人は多いもの。

そのため、女性であれ男性であれ、いつもニコニコして優しい雰囲気で、会話が楽しい人はモテるものです。

悩みや相手に対する不満も話しやすいので、お互いが我慢し合うことも減り、安定した関係性が築けるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


メリット3. 飾らない性格なため、後輩や部下から慕われやすい

気さくな人は、普段から誰に対しても平等に接しており、自分が目上だからといって威張ることはありません。

そのため、そんな飾らない性格から、後輩や部下など立場が下になってしまう人でも、親しみを感じやすいでしょう。

優しい態度を保ってくれていることで、慕われやすく、厚く信頼されていることも多いです。


メリット4. 誰とでも仲良くなれるため、交流関係が広がりやすい

フランクで飾り気がなく、コミュニケーションが上手であれば、どんな人からも好かれる人になるでしょう。

さらに気さくな人は、フットワークが軽く行動力もあるので、交友関係がますます広がりやすいという傾向も。

いつも場の中心的な役割を担うことが多いので、一人一人と密接な関係になりやすいことも影響しています。


魅力あふれる気さくな人になる方法とは

気さくでいることのメリットを知って、気さくな性格に憧れる気持ちが強くなった人も多いでしょう。

ここでは、そんな魅力あふれる気さくな人になるための具体的な方法を6パターンご紹介しますので、ぜひ真似できるところから取り入れてみましょう。


気さくになる方法1. 自分から積極的に話しかけることを意識する

相手が女性でも男性でも、緊張しすぎず、考えすぎず、ライトな感覚でいることが重要です。

最初は挨拶や、体調を聞いてみるなどといった内容でもいいので、自分から積極的に話しかけてみましょう。

人見知りしてしまって話しかけるのが苦手人でも、そういった軽い会話を重ねることで、気さくな感じが徐々に身についていていきます。


気さくになる方法2. 普段から笑顔で過ごすことを心がける

会話の内容やスキルも大切ですが、まずは相手に安心感を与えることを意識するのも、効果的な方法です。

普段からできるだけ笑顔で過ごし、取っ付きやすく親しみのある雰囲気を保つように心がけましょう。

普段からそうしていることで、相手から話しかけてくれるという機会も増えて、自然と会話を増やすことができます。

【参考記事】はこちら▽


気さくになる方法3. いつも明るくポジティブな姿勢で日々を過ごす

陰口や他人に対する愚痴といった内容より、前向きなテーマの方が会話は楽しみやすいです。

そのため、いつも明るくプラス思考な考え方で、生き生きとした生活を送ることも重要。

ポジティブな人の方が話していて楽しいので、そういう前向きな姿勢でいることで、相手からの印象やイメージを向上させることができます。

【参考記事】はこちら▽


気さくになる方法4. 誰に対してもフラットに接することを意識する

相手によって対応を変えるずる賢さを持っていると、いずれどこかでセルフイメージが破綻してしまいます。

媚を売っているような場面を見られると印象が悪くなって逆効果なので、誰が相手でもフラットに対等に接することを意識してください。

裏表のない人だ」と思ってもらうことで、初めて素の人間性を信頼しあえる関係を構築することに繋がります。


気さくになる方法5. 相手から親切をしてもらった時は、しっかり感謝を述べる

明るく会話を楽しむことに意識がいきすぎ、その他の対応がおろそかになってはいけません。

どれだけ親しくなっても、礼儀や謙虚さは持ち続け、相手から何か協力してもらった時には、感謝をはっきりと口にしましょう。そうすることで、相手との信頼構築ができますよ。


気さくになる方法6. 見栄をはらず、ありのままの自分をさらけ出す

気さくな人は、飾り気のない、ナチュラルな人間性の良さを持っているというのが魅力の一つ。

そのため、メンツやプライドを大事にし過ぎず、ありのままの自分の良さを磨いて、相手にさらけだすことが重要です。

作られたものではない、素の人間性を出すことによって、信頼されやすくなり、周囲に安心感を与えます。


気さくな人を目指す際に気をつけたい注意点

気さくとは、ただ単純に明るく愛想良くしていればいいというものではありません。相手に迷惑をかけないようにするため、気をつけたい注意点を3つご紹介します。

女性からも男性からも愛される気さくな人になりたいのであれば、注意しておきましょう。


注意点1. YESマンにはならず、自己主張はしっかりとする

社交的になろうとするあまり、なんでもお願いされたことを聞き入れようとすることは、よくある間違いの一つです。

単純なYESマンになってしまうと、「便利な人」止まりとなってしまいますので、自己主張は忘れずに。

意見をしっかりとぶつけあうことで、お互いをフラットに尊重した、いい人間関係を構築できやすくなります。


注意点2. 守れない約束はしない

「周囲に愛されよう」、「優しい人になろう」とすると、ついつい自分が果たせそうもない約束をしてしまうことがあります。

しかし、表面的にそんな約束をしてしまっても、破ってしまうと結果的に大きく信頼を失い、逆効果となるでしょう。

無理なことは無理だとはっきり伝えることで、本当の自分を認識してもらえて、お互いの理解が深まります。


注意点3. 馴れ馴れしくならないよう気をつける

笑顔でフレンドリーに接することはいいことですが、度がすぎると失礼な態度になってしまうこともあります。

特に目上の人や、初めて会った人など、相手の立場をわきまえて、礼儀と謙虚さを忘れないように注意が必要です。

相手にとって心地良いバランスを保つことで、適度な親しみやすさが自然と身についていくでしょう。


積極的に話して、気さくでフレンドリーな人になりましょう。

気さくとはどういう意味なのかということや、気さくな人の特徴についてご紹介しました。明るくて話しやすい人は、女性でも男性でも魅力的に見え、モテる傾向にあります。

優しくて親しみのある雰囲気をまとうことで、様々な人間関係を構築でき、人生の楽しさを最大限に引き出してくれるものになるでしょう。

こちらを参考に、より明るく楽しい人生を送ってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事