温厚な人の性格/行動/人柄の特徴集。落ち着いた性格の長所&短所も紹介

「温厚な人」と一言で言っても、実は多くの特徴があります。では、普段から優し温厚な人はどのような特徴を持っているのでしょう。本記事では、温厚な人の特徴を性格・行動・人柄に分けて徹底解説!さらに、長所や短所、怒らせると怖いのかという点についてもお教えしていきます。

温厚な人って優しくて魅力的ですよね。

温厚な人の性格・行動・人柄の特徴

なにが起きても怒ることがなく、おおらかで温厚な人っていますよね。何でも受け止めてくれそうな感じに、ついつい甘えてしまう人もいることでしょう。

本記事では、温厚な人の特徴を性格・行動・人柄に分けて徹底解説します。

さらに、温厚になるための方法も紹介しますので、温厚な人に憧れる人は参考にしてみてくださいね。


大前提として、「温厚」とはどんな意味?

まずは何となくイメージはできているけれど、温厚とは具体的な意味なのか知らない人に向けて、単語の意味を解説します。

温厚とは、「穏やかでいつも優しく、嫌なことがあってもニコニコして思いやりがあるさま」を意味する言葉です。

人の性質や性格を形容する言葉で、ポジティブなニュアンスが強い褒め言葉といえるでしょう。


どんな人のことを指すの?温厚な人の特徴14選

温厚な人についてもっと深く把握するため、温厚な人に共通している特徴をまとめて紹介します。

ここでは、温厚な人の「性格」「行動」「人柄」に分けて、それぞれ具体的に解説しますので、自分と違うところがあるかどうか参考にしてみてください。


温厚な人の「性格」の特徴6選

まずは、温厚な振る舞いを続けられる、器の大きい「性格」について、6パターンご紹介します。

温厚な人に憧れているのであれば、考え方や感情のコントールのやり方など、真似できそうなところを探してみてください。


温厚な人の性格1. とにかく優しい

温厚な人は争いやいざこざが嫌いで、どんな時も平和に穏便な毎日を送ることを好むというのが特徴。

そのため、自分が我慢することで平和に収まるのであれば、どんなことでもやろうとする優しさを持っています。

一般的な人からしてみれば考えられないほどの、忍耐力や我慢強さを持っているため、いつでもとにかく優しいです。

【参考記事】はこちら▽


温厚な人の性格2. 小さいことでイラッとしない

気が立っている時は、いつもは気にならないことでも許せなかったり、腹が立ったりするもの。

しかし、いつも精神的に安定していて、一定の穏やかさと広い許容範囲を保っているのが、温厚な人の特徴の一つ。

無性にイライラしてしまうということはもちろん、何となく上手くいかない時でも、心を乱されることは少ないです。


温厚な人の性格3. 他人の立場になって物事を考えられる

温厚な人は大きな優しさを持っているため視野がとても広く、いつも人の気持ちがどう動いているかをじっくり観察しています。

そのため、何事も他人の立場になって物事を考えるのが得意で、他人の満足度を高めようと努力することが多いです。

場合によっては、自分の都合をそっちのけで、他人の問題を優先してしまうというケースも珍しくないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


温厚な人の性格4. 前向きに捉える傾向にある

過去に起きたことをくよくよ考えてしまうと、なかなか前向きになれず、ついつい表情も暗くなってしまうもの。

その点、温厚な人はいつもポジティブでプラス思考なため、ストレスを溜めにくい性質があります。

穏やかで優しい表情を保ち続けられる理由は、「いつか必ず上手くいくだろう」という、ある意味楽観的な考えから来ていることが多いです。

【参考記事】はこちら▽


温厚な人の性格5. 心に余裕を持ちやすい

温厚な人は、人から傷つくようなことを言われても、怒ったりイライラしたりせず、聞き流すことが多いです。

そのため、そんな負の感情に捉われて胸がいっぱいになることがなく、心にゆとりを持ちやすいという特徴があります。

自分で自分の感情をコントロールして制御しているからこそ、他人に気を配る余裕ができるのでしょう。


温厚な人の性格6. 気持ちを切り替えるスピードが早い

平和主義なため、滅多に怒らないことが温厚な人の最も分かりやすい特徴の一つですが、時には嫌な気持ちになってしまうことも。

しかし、誰かに注意された時など、マイナスな感情になっても、しっかりとそれを受け止めて周囲と平和な関係を保とうとします。

気持ちの切り替えも早いことが理由で、怒りの感情を周りに漏らすことが少ないということです。

【参考記事】はこちら▽


温厚な人の「行動」の特徴4選

温厚な人は、行動によって人の気持ちを害したり、自分の抱えるイライラや怒りをむやみにぶつけることをしません。

ここでは、そんな温厚な人の行動に関して、よく見られる特徴を4パターンご紹介します。


温厚な人の行動1. 人の悪口は言わない

温厚な人は、自分の発言が、周りの人に対してどんな印象を与えるのかについて、常に配慮しています。

基本的に悪口や陰口を快く思っていないため、どんなシーンにおいても、人の気持ちを害するような表現は少ない傾向にあるでしょう。

また、人をけなしてしまうと、いつか自分にも返ってくる可能性があることを理解しています。


温厚な人の行動2. 思いやりのある気遣いができる

優しい性格をしているため、周りの人がどんな状況に置かれているか、広い視野を持っているのが、温厚な人の特徴。

思いやりがあって、痒いところに手が届く最適な気遣いができるのも、おおらかな優しさを持っているからこそです。

困っている人やトラブルに巻き込まれている人にとっては、そんな思いやりが何よりもありがたいものになります。

【参考記事】はこちら▽


温厚な人の行動3. 規則正しい生活を送っている

睡眠習慣や食生活が乱れていると、精神的にも不安定になってしまうものです。

温厚な人が、いつでも穏やかな心を忘れないのは、規則正しい生活によって肉体的に健康で、そのおかげで精神的にも安定しているというのが理由になります。

日々を真面目に生きており、無駄な夜更かしや暴飲暴食は避ける傾向にあるでしょう。


温厚な人の行動4. 定期的にストレスを解消している

温厚な人でも、人間ですから当然ストレスが溜まることや、嫌なことはあります。

そんな負の感情を表に出さないのが、温厚な人の大きな魅力ですが、それは独自のストレス解消法を持っているからこそです。

休みの日に趣味に思いっきり打ち込んだり、定期的に体を動かしたりということで、精神的なケアを忘れないという特徴があります。

【参考記事】はこちら▽


温厚な人の「人柄」の特徴4選

温厚な人は、行動や発言だけでなく、そこにいるだけで優しそうな雰囲気と親しみやすさを醸し出していることが多いです。

ここでは、そんな温厚な人が持つ人柄の特徴のうち、代表的なものを4パターンご紹介します。


温厚な人の人柄1. 周りの人から好かれやすい

いつもストレスを溜めて怒っている人よりも、どんな時でも穏やかな表情をしている人が好意的な印象があるのは当然ですよね。

温厚な人は、行動や発言も真面目でおおらかですが、その独特の柔らかい雰囲気によって、周りの人から好かれやすい傾向にあります。

頼りがいがあるという印象も持たれやすいので、たくさんの人に囲まれていることも多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


温厚な人の人柄2. いつも笑顔でいることが多い

温厚な人は、ポジティブな性格をしており、些細なトラブルや失敗で気持ちが揺れることがありません。

そのため、いつもニコニコと笑顔を保っていることが多く、イライラした表情を見せることが少ないです。

機嫌やテンションがいつも一定なため、日によって取っつきにくいことがあるということはあまりないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


温厚な人の人柄3. 包容力があって、人を許すことができる

どんな人が相手であっても、その人の気持ちや背景を推し量って、理解することができるのが温厚な人の魅力的な特徴。

そのため、感情的になることがほとんどなく、他人が失敗してしまっても、多くの場合はすんなり許してしまいます。

どんなことでも受け止めてあげる包容力は、そういった他人への理解度が高いからなのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


温厚な人の人柄4. 人から頼られやすい

温厚な人の穏やかで、かつ真面目な性格は、困った時にも助けてくれる感じがするため、どんなコミュニティにおいてもとても重宝されるものです。

困ったことや予期しないトラブルがあった時に、まずはじめに頼られるのは温厚な人であることが多いでしょう。

真摯に対応してくれるため、ついついどんなことでも相談してしまうような、器の大きさがあります。


温厚な性格の長所&短所とは

温厚でいられる人は、周りから愛されることが多いです。しかし、実はいいところだけでなく、デメリットといえる性質も持っています。

ここでは、温厚な人の性格における長所と短所について解説していきます。


温厚な性格の長所3つ

温厚でいることは、精神的に穏やかで安定しているという特徴によって、たくさんのメリットがあります。

そんな温厚な性格の長所のなかで、代表的なものを3つご紹介しますので、参考にしてくださいね。


温厚な人の長所1. 感情に流されず、仕事で冷静な判断ができる

怒りの感情や苛立ちが強いときは、頭に血が上って視野が狭くなり、さらにミスやトラブルを引き起こしやすくなります。

その点において、温厚でいられれば、感情をコントロールできて、冷静でいられるため、判断力が鈍ることがありません。

いつも同じ感情で取り組めることで、パフォーマンスも上がりやすいという傾向があるでしょう。


温厚な人の長所2. 職場や友達など、友好な人間関係を築けやすい

友人としても、同僚としても、いつも優しくて何でも親身になって受け止めてくれる温厚な人は、かけがえのない存在です。

そのため、職場や学校など、どんな場所においても、素早く友好的な人間関係を築くことができます。

困った時に助けてくれることで信頼度が増し、場の中心的な存在になることも珍しくありません。

【参考記事】はこちら▽


温厚な人の長所3. 男女ともに異性からモテる

小さなことで気がたたない性格の人は、異性からしても非常に安心されやすい傾向があります。

そのため、長く付き合っていけそうな印象が強く、男女問わず異性から人気でモテる人も多いでしょう。

自分の素をだしても余裕を持って受け止めてくれて、いつも優しい対応をしてくれそうな点も、モテる理由の一つになります。


温厚な性格の短所2つ

温厚な人は、穏やかで優しいため、当然周りの人からは好かれる傾向にあるでしょう。

しかし、そんな誰にでも優しくしてしまう性格によって損をしてしまうことも。そんな、温厚な人の短所を2つご紹介します。


温厚な人の短所1. 自分の主張を強く言えない

温厚な人は他人の立場に立って考えることができるため、ついつい他人を優先してしまうことが多いです。

自分の意見や考えがあっても、それを伝えることで、「相手が傷つかないか」と考えて躊躇することも少なくありません。

他人と意見が食い違ってしまった時、人よりも我慢するストレスをたくさん抱えてしまうことは短所の一つです。


温厚な人の短所2. 裏表があると思われてしまう

失礼な振る舞いや、悪意のある発言をぶつけられても、温厚な人は、大きなリアクションをせずに、受け流すことができます。

そんなやりとりを見ている人の中には、「あの人は裏表がある人かもしれない」と思ってしまう可能性も。

表情や顔に負の感情が出てきにくいからこそ、悪く勘ぐられてしまうのも短所の一つでしょう。


温厚な人が怒ると怖い?

温厚な人は滅多なことがない限り、声を荒げたりしてわかりやすく怒ることがありません。しかし、どうしても許せないことがあると、人間ですから当然怒ることもあります。

人によりますが、一度怒ると手がつけられなくなるようなイメージがあって、とても怖いと思われる確率が高いでしょう。

普段の穏やかな表情からのギャップも、より怖い印象になる原因といえます。


【番外編】温厚じゃない人が、普段から温厚な性格になるには?

イライラしてしまった時、他人に八つ当たりしてしまう性格を変えたくて、温厚になりたい人も多いでしょう。

最後に、温厚ではない人がいつも温厚な性格をキープするための、具体的な方法を3つご紹介します。


温厚な性格になる方法1. 当たり前と思っていることでも、感謝をする

温厚な性格になるためには、まずは自分の心を温めることから始めるのがおすすめです。

身近な所では、誰かが助けてくれたり、協力してくれることがあれば、積極的に感謝の言葉を口にしてください

感謝の言葉を口にすることで、相手も穏やかな気持ちになるのと同時に、自分の心が満たされる感覚をつかめるでしょう。


温厚な性格になる方法2. 自分にも他人にも優しくなる

他人の気持ちを推し量ったり、感情を理解しようとするためには、まず自分の心理状況を安定させる必要があります。

自分に優しくなってあげることで、心に余裕が生まれて、穏やかになっていく実感がするでしょう。

他人に優しくするあまり、パンクしてしまうことのないように、自分の気持ちにも敏感になることを意識すると効果的です。


温厚な性格になる方法3. ポジティブ思考を身につける

他人のミスが許せなかったり、うまくいかなかった結果が忘れられなかったりするのを防ぐため、感情の切り替え方を覚えましょう。

ポジティブ思考になることで、「他人の失敗やミスも成長のきっかけ」と切り替えて考えられるようになるため、おすすめです。

人の長所や、自分が上手くできたポイントなどに注目することで、前向きな思考ができるようになります。

【参考記事】はこちら▽


温厚な性格になる方法4. よく笑うこと

温厚な人はいつもニコニコと、穏やかで優しい笑顔を保つことを忘れません。

そんな笑顔は他人から見ても、和む雰囲気を感じますが、実は笑顔でいることは本人にとっても好ましい効果があります。

ストレスが解消されるというだけでなく、優しい気持ちにもなりやすいという傾向があるので、表情を保つことはとても重要です。

【参考記事】はこちら▽


温厚な人を真似して、穏やかな優しい人になりましょう。

温厚の意味や温厚な人の特徴について、詳しく解説しました。温厚な人はいつもおおらかで優しく、柔らかい雰囲気を持っていますよね。

ストレスがあるからといって、イライラした表情を見せるのは、人間関係にとっても、自分の精神の健康にとっても、あまりいいことではありません。今回ご紹介した、温厚な人のいいところを真似して、素敵な人になってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事