おおらかな人の意味とは|優しい男女の特徴と性格&穏やかになる方法を解説

優しくて穏やかな『おおらかな人』っていますよね。そこで今回は、おおらかな人の定義や意味から優しい性格をしている男女の特徴まで詳しく解説していきます。また、異性からおおらかな人がモテる理由とおおらかな人になるための方法をお教えします。おおらかな人になりたい人必見ですよ!

おおらかな人って素敵ですよね。

優しい男女の特徴と性格&穏やかになる方法

いつもニコニコと笑顔で優しくて、仕事でミスをしてもイライラするのではなく、フォローしてあとから指摘してくれる頼りになるおおらかな人はいませんか。

何であんなに人に優しく、おおらかになれるの?と疑問を持つこともあるでしょう。そこで今回はおおらかだと言われている人の特徴とおおらかな人になるための方法を紹介します。少しずつ取り入れることで近づくことができますよ。


おおらかな人とは?おおらかの意味を解説

おおらかとは、心に余裕があり些細なことではクヨクヨしないことを意味します。

何事にも動じず、せこせことした態度は取らずに堂々としています。堂々としている中にも、優しさや気遣いがあるので周囲からの信頼も厚く頼られる存在です。


おおらかな人の10個の特徴

おおらかになりたいと考えているなら、まずはおおらかな人の特徴を知っておくべきです。性格や言動、行動まで知ることで、普段どのように人と接しているかを知ることができます。自分と比べて何が足りないのかも分かるでしょう。

この章では、おおらかな人の10個の特徴について紹介します。


おおらかな人の「性格」の特徴

自分の周りにも「おおらかな」と思う人は1人はいるのではないでしょうか。

実際に、どのような人がおおらかに見られているのか、共通する性格を次の章で確認しましょう。自分でも真似できる部分があるかもしれませんよ。


性格1. 感情の起伏が少なく、落ち着きがある

おおらかな人の特徴は常に冷静でいることです。例えば、自分に嫌な出来事があったとしてもいきなり怒り出すのではなく、冷静に物事を考えてから発言をしたり、行動を起こしたりします。

そのため、常に周囲からは冷静沈着でおだやかな人と思われていることも。人前で喜怒哀楽を表現することはほとんどないので、いざという時に頼りにされることも多いのです。

【参考記事】はこちら▽


性格2. 表裏がなく、誰に対しても優しく接する

おおらかな人は相手を見て、どのような態度を取るか判断するのではなく、まずは誰とでも平等に接します。

「自分で相手を観察しなければわからない」と思っている部分もあるので、他の人が相手の悪口や嫌なことを言ってもそれだけで「あの人は嫌い」という判断することはありません。

そうした行動を取り続けることで周囲からは「表裏のない人」と認識され周囲に人が集まってくるのです。


性格3. ささいなことでも感謝の気持ちを持つことができる

誰かに優しくされた、助けてもらったことに対しては「ありがとう」と相手に表現することはあります。しかし、おおらかな人は小さなことでも感謝の気持ちを持つようにしています。

例えば、子供がいる人は「元気で毎日過ごしてくれている」ことや妻や旦那に対して「いつも家事や仕事ありがとう」といった日々の小さな感謝を忘れません。当たり前になっていることも、おおらかな人は忘れずに感謝の気持ちを持っているのです。

【参考記事】はこちら▽


性格4. 人の意見を柔軟に受け入れることができ、否定しない

仕事やプライベートなどで相手と意見が割れている時は、真っ向から否定するのではなく、まずは相手の話をよく聞き、意見を理解しようとします。

おおならかな人は「面白い考えだな」「自分の考えにはなかったな」と相手の意見を尊重し否定はしません。

お互いの意見が食い違った時にはどこがお互い納得できる点なのかを話し合いながら解決していきます。


性格5. 他人のミスを許すことのできる心の広さがある

おおらかな人の特徴は、余裕を持って過ごしていることです。例えば、仕事で相手がミスをしてしまった場合でも自分は計画的に早めに終わらせているので、相手のミスを一緒にカバーすることもできます。

余裕がなければ、怒ったり、イライラしたりとしてしまいがちですがおおらかな人はいつも時間に余裕を持って行動しているのです。


おおらかな人の「行動や言動」の特徴

おおらかになりたいと考えている方であれば、まずはおおらかな人を見習いましょう。

どのような言動や行動をしているのか知ることで自分に取り入れられる部分があるかもしれません。いきなり変わることは難しいですが、少しずつ見習いましょう。


行動や言動1. 常に笑顔で、話し掛けやすい雰囲気がある

ふんわりとした雰囲気で優しい人が多く、なんでも受け入れてくれそうな印象があります。時間や心に余裕があることで、無駄にストレスを溜めていないので自然と笑顔が多くなり優しい雰囲気が出せるのです。

本人は、「おおらかになろう」と特別に意識しているわけではなく、当たり前に行っている普段の行動が既におおらかになる動きをしているのです。


行動や言動2. 所作がゆっくりとしていて丁寧

せっかちでなぜか見ているだけで慌ただしいと感じてしまう人もいる中、おおらかな人は動作がゆっくりで余裕のある立ち振舞いをします。その理由は、初対面で会う人は相手の話し方や体の動きでどのような人かを判断するからです。

細部まで丁寧な動きをすることで、相手は「余裕のある人、おおらかな人」という印象になります。

本人は意識していないことも多い部分ではありますが、マイナスな印象に取られないことで、その後の関係を作りやすくなるのです。


行動や言動3. 空気を読み、場に見合った気配りができる

周囲との付き合いで大変だと感じるのは、仕事やプライベートでお互いの意見が割れギスギスとした雰囲気になった時です。しかし、おおらかな人は空気に飲まれて黙ってしまうのではなく、角が立たないよう周囲の状況を判断し話を進めます。

その場の空気を読むことにとても長けていて、客観的に物事を考えられ意見できるのでその場が丸く収まることもあるのです。

【参考記事】はこちら▽


行動や言動4. 人間関係でトラブルが少ない

人付き合いもよく、全てを受け止めてくれそうな雰囲気を持っているので相談されることも多いおおらかな人。相手の話をよく聞き、ポジティブ思考でもあるので人付き合いでトラブルを起こすことはほとんどありません。

トラブルになる前にきちんと相手と話をしたり、解決策を一緒に考えたりとお互いが不快にならないよう色々と行動します。おおらかな人は雰囲気だけでなく、周囲をよく観察しているのです。


行動や言動の特徴5. その人の目線に合わせて言葉選びができる

おおらかな人は、相手の立場にたって物事を考えることができます。例えば、仕事で営業をする時にクライアントが困っていることをクライアントの目線に立って説明ができるのです。

押し付けるのではなく「◯◯に困っていると思いますが、弊社の商品で◯◯は解決できます」といった、相手の目線に合わせて話し方のトーンを上手に選ぶことでおおらかな人は信頼されるのです。


おおらかになりたい!おおらかな人になるための6つの方法は?

気配りができて、客観的に物事を考えられるおおらかな人になりたいと考えても、今日からいきなり変わることは難しいでしょう。しかし、おおらかな人の特徴や考え方を知ることで自分に取り入れていけば少しずつ変わることができます。

この章では、おおらかな人になるための6つの方法を紹介します。


1. 気持ちの余裕を持つために、無駄のない時間の使い方をする

自分で決めたスケジュールはきっちり行動します。おおらかな雰囲気なので、マイペースに見られますが、実は無駄な時間を過ごさないよう自分なりに時間の使い方を決めているのです。

例えば、待ち合わせには余裕を持って10〜15分前には到着しておきます。時間がギリギリになれば走ったり、相手を待たせてしまったという申し訳ない気持ちになるのを知っているからです。おおらかな人は意外と時間の管理が上手なのです。


2. 人の良いところを見つける癖をつける

おおらかになりたいと思うなら、相手をよく観察することです。おおらかな人の性格は、相手の良いところを見つけるのが得意です。

つい、人の嫌な部分に目が行ってしまう方は相手の良いところを見つけるように見方を変えてみましょう。

よく相手を観察すれば「この人は意外と優しい」「あまり目立たないけど、しっかり周りをサポートしている」といった意外な一面を知ることができます。おおらかな人になる方法は、相手の良いところを見つけることから始めることです。


3. 気分が下がった時、イライラした時こそ笑顔を意識する

仕事やプライベートで嫌なことがあるのは、おおらかな人でも同じです。しかし、その後の行動が違います。嫌なことがあっても、悪口や文句を言うのではなく笑顔に切り替えます。その理由は、悪口や文句を言っても事態はいい方向へ進まないことを知っているからです。

ですから、笑顔になって気分を少し自分で盛り上げて「どうしたら事態を変えられるだろう?」とポジティブに考えるようにするのです。最初はイライラしているのに「笑顔なんて無理」と思いますが、少しずつ慣れていくことでおおらかな人になっていきますよ。

【参考記事】はこちら▽


4. 物事を客観的に見るようにする

自分のことばかりを考え、発言や行動をしている方は、まずは相手のことを考えて物事を見るようにクセをつけましょう。

例えば、仕事でトラブルがあった場合「私はミスをしていない」と主張するのではく、相手がこのミスによって何に困っているのか何を要求しているのか客観的に考えることです。

相手のことを考えれば自ずと何を解決策や改善策が出せるようになります。おおらかな人は、相手のことを考えられる人なのです。


5. おおらか人と一緒に過ごし、良いところを真似る

自分が良いな、素敵な人だなという相手をまずは見つけましょう。その人のどこが良いと思うのかを考え、なるべく一緒にいる時間を増やしてみることから始めます。

話し方や相手との接し方、どのような行動をするのか間近で見ることで普段どのように人と接しているのか方法を知ることができます。

あとは、自分が真似できる部分を少しずつ取り入れていくだけです。


6. 自分なりのストレス発散方法を見つける

いつもおおらかな人で怒ることもなく、ストレスが溜まっているのでは?と思うこともあります。

しかし、おおらかな人ほどこそストレス解消を上手に行っているのです。例えば、1人でカラオケに行く、映画を見る、ゲームに集中するなど、人によってストレス解消の方法は異なります。

オリジナルのストレス解消法を取り入れることで、気持ちを切り替えて相手と接することができますよ。


おおらかな人が異性からモテる3つの理由とは?

あの人はなぜかモテるという人は周りにいませんか。優しそうな雰囲気で落ち着いていると男女問わず好かれる傾向になります。おおらかな人がモテるのは一体なぜなのでしょうか。

そこでこの章では、おおらかな人がモテる理由について紹介します。思わず「おおらかな人はだからモテる」と納得できるでしょう。


モテる理由1. 一緒にいて癒される

優しい雰囲気といつも余裕のある振る舞いで、ギスギスすることがなく疲れていてもなぜか包み込まれているような感覚になります。

悩み事があれば一緒に考えてくれたり、常に笑顔で前向きに行動するので一緒にいても疲れることがなく居心地が良いのです。

「あの人は外見は美男美女という訳ではないのに何故かモテる」という人は、一緒にいて癒やされるというのがモテる理由なのです。

【参考記事】はこちら▽


モテる理由2. 価値観を受け入れてくれる

おおらかな人の性格は、まずは相手がどんな人なのか観察し話をよく聞きます。色々な人の話を聞くことで様々な価値観があるということを知っているので、相手がどんな人であってもまずは耳を傾けます。相手は自分のことを受け入れてくれていると思い好きになってしまうのです。

モテる理由は、相手の話をきちんと聞いて否定を言うのではなく「そうゆう考えもあるのね」と価値観を受け入れることです。


モテる理由3. 周りから慕われているため、将来有望

おおらかな人は、物腰が柔らかく無駄に相手を攻撃することがないので、人望も厚く誰からも慕われる傾向にあります。本人からすると意識的に行ってはおらず普通に行動していることが人をひきつけていることも。

自分ではおおらかで、人気があることにも気がついていない人もいますが、周囲からすれば将来素敵なパートナーになるだろうと思われモテるのです。


異性からも人気な『おおらかな人』になりましょう!

「おおらかな人になる」と言っても今日からすぐになることはできません。しかし、少しずつ考え方や言動を意識することで、自分でも気が付かないうちに周囲から信用されていることが増えるでしょう。

周囲に人が集まることで、あなたが困っても助けてくれる人が増えてきます。おおらかでいることは相手のためにもなりますし、自分にもちゃんと返ってきますよ。まずは自分ができることから取り入れていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事