【男女別】カップルでお風呂に入る時の誘い方とポイントを徹底解説!

彼氏・彼女と一緒にお風呂に入りたいと思っている人へ。本記事では、付き合ってどのくらいでお風呂がOKか、お風呂を誘われた時の男女の本音、お風呂に誘う方法や一緒にお風呂に入る時のポイントを徹底ガイド!さらに、お風呂で恋人との親密度を上げる方法と注意点も解説します。

彼氏・彼女と一緒にお風呂に入りたいカップルへ。

恋人と一緒にお風呂に入る時のポイント

付き合っている男女が一緒にお風呂に入るのは、お互いに恥ずかしい姿を晒すことになります。距離が近く親密な関係だからこそ、そんな姿をさらけ出せるもの。

でも、実際パートナーとお風呂に入りたがらない人もいますし、誘っても断られるかもと心配に思う人もいるでしょう。

そこで今回は、お風呂に誘われた時の男女の本音から、お風呂に誘う方法や重要なポイントなどについてご紹介します。

彼氏や彼女との親密度を上げることにも繋がりますので、まずは気軽に誘うことから始めてみてくださいね。


そもそも恋人と一緒にお風呂に入るのってアリ?

人によって、恋人とお風呂に入るかは意見が分かれます。

というのも、お互い裸なので身体を見られくない気持ちの人がいますし、普段とは違うシチュエーションでイチャイチャできるという人もいるからです。

しかし、最初は恥ずかしいと思っていても、何回も入っていれば慣れてくるもの。

その1回の壁を超えるだけで、恋人と一緒にお風呂に入りたいと思う人は多いでしょう。


恋人同士で一緒にお風呂に入るのは、いつから?

付き合ってすぐだと、自分の身体を見られることに不安や心配も大きいものです。

恋人との距離がある程度近づいて信頼関係を築いていれば、そんな心理的な懸念も払拭されます。

会う頻度にもよりますが、目安としては約3ヶ月の交際期間が過ぎたぐらいが妥当でしょう。

お互い気を遣わずに、なんでも話せる関係になっているタイミングがベストです。


【男女別】一緒にお風呂に入ろうと言われた時の本音

恋人から一緒にお風呂に入ろうと言われたとき、男性はポジティブに考える人が多いですが、女性は逆にネガティブに思う人が多いかもしれません。

だからといって、女性は一緒にお風呂に入ることを嫌っているわけではありませんし、男性の中にはあまり好きではない人もいます。

どんな意見があるのか、男女別にお風呂に誘われた時の本音を見ていきましょう。


一緒にお風呂に入ろうと言われた彼氏の本音

男性の方が性的欲求は強くオープンな面があるため、自分の身体に自信がなくても気にしません。

それよりも、恋人の身体を見たい欲求の方が強いでしょう。

だから一緒にお風呂に誘われることは、たとえ冷静な反応であったとしても本音では嬉しいと思っている人が多いです。その具体的な本音について解説していきます。


彼氏の本音1. 信頼されている気がして嬉しい

女性が裸を見せるのはとても勇気があることというのは、男性も分かっています。

だからこそ、頑張ってさらけ出してくれる彼女に対しては信頼されていると感じるのです。

そもそも仲が良くても、自分の身体を見せてくれる異性なんて普通はいません。

自分だけが彼女の普段見せない部分を知れるので、独占欲が刺激され嬉しくなります。


彼氏の本音2. イチャイチャすることを期待している

お風呂ではお互いの素肌が見えており、体を洗うなどで彼女の身体を触る機会があります。

普段いきなり身体を触るのは不自然ですが、お風呂場では自然と触れ合うことができるのです。

その空間を利用して、イチャイチャすることを期待している男性は少なからずいるでしょう。いつもとは違う雰囲気で距離を縮められるので、一緒にお風呂に入りたいと思う男性は多いのです。


彼氏の本音3. ベッドの流れに持っていきたい

彼女とお風呂に入ることで、彼氏は性的欲求が刺激されてその後の展開も期待します。特にイチャイチャした後なら、さらにその気持ちは強くなるでしょう。

彼女側としてはただのスキンシップで一緒に入りたいつもりでも、男性にとっては下心が膨らみます。

お風呂でやたらボディタッチが多いのであれば、その後に体の関係を求めてくることでしょう。

【参考記事】はこちら▽


一緒にお風呂に入ろうと言われた彼女の本音

女性は、男性よりも恋人とお風呂に入ることに抵抗があります

しかし、身体を見せることなどに抵抗があるだけで、少なからず一緒に入りたい気持ちはあるものです。

女性はどんな本音を抱えているのか、その複雑な本音を見ていきましょう。


彼女の本音1. 一緒に入るのは恥ずかしい

彼女は、自分の身体を見られる恥ずかしさから一緒に入ることを嫌がる人がいます。しかし、本音では「嫌ではないけど恥ずかしい」といったの複雑な心境であることも多いです。

だからついつい「今日は一緒に入りたくない」と言ってしまいがちですが、彼氏とお風呂に入りたい気持ちもあります。

そういった女性は、何度もお風呂に誘うことでいつか一緒に入ってくれるようになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


彼女の本音2. 体型を見せてどう思われるか怖い

自分の身体に自信がない女性は、男性に見られることで嫌われないか心配な気持ちになります。

特に女性は、男性からだと痩せているように見えても「全然太っているから」とネガティブに考える人が多いです。

普段から「私は可愛くないよ」「私はデブだから」と自虐的に話している人ほど、彼氏に身体を見られたくないと思っているもの。

神経質になり過ぎた気持ちが引っかかってしまい、彼氏とお風呂に入るのが怖いという本音があります。


彼女の本音3. 普段できない会話ができる

恋人と一緒にお風呂に入ることは、お互い裸を晒しているため心も開放的になりがちです。

一緒にお風呂に入る仲というだけでも2人の距離は近いですが、その状態で会話することでさらに親密な関係を築きます。

いつもは触れないような身体の話ができたり、良いムードになって「好き」という気持ちを伝えやすくなるでしょう。

だから彼女としても、「普段とは違った刺激のある会話ができるかも」という本音を持っていることがあります。


【男女別】恋人に「一緒にお風呂に入ろう」と誘う方法

実際どういう方法で誘えば、恋人は一緒にお風呂に入りたいと思ってくれるのでしょうか。

ここでは、相手に嫌な気持ちをさせないようなお風呂の誘い方について解説していきます。

そして男性と女性では誘い方に違いがあり、うまくいけば恋人との距離をさらに縮められますよ。


男性が彼女を一緒にお風呂に入るよう誘う方法

基本的に男性から誘う時は、「一緒にお風呂に入らない?」とストレートに言う方法が最も無難です。

彼女としては、入っても良い日や入りたくない日が気分によって変わることもあるため、相手の反応を伺うのがポイントになります。

そして彼女が迷っているだけなら、断れるよう少しだけ押してみるのも良いでしょう。

ただし、しつこくお風呂に入ることを誘うのはNGです。旅行先の宿など、雰囲気のある場所で行うとより誘いやすくなります。


女性が彼氏を一緒にお風呂に入るよう誘う方法

女性の場合、自分から誘うのが恥ずかしい気持ちがあるためストレートに言うのは難しい人も多いでしょう。

そのため、自然な言い回しで「一緒にお風呂に入ろう」というメッセージを伝えた方が誘いやすいです。

例えば、「いい入浴剤を見つけたから」「たまにはお背中流しますよ?」などです。

また、先にお風呂に入ってから「○○の入っておいで〜」と可愛く言うことで、彼氏をキュンとときめかせるテクニックもあります。


カップルで一緒にお風呂に入る時のポイントを徹底ガイド!

うまく誘うことができたら、今度はお風呂の入り方にも注意しましょう。

1人で入る時のように自分のことだけを考えるのではなく、相手に見られているのを意識する必要があります。

恋人と良い雰囲気になるためには、いくつか重要なポイントがあるのです。


【男女共通】カップルでお風呂に入る時のポイント

まずカップルでお風呂に入る基本的なポイントについて説明します。

特に初めて入る際には、お互いのことを意識しすぎてスムーズにできないこともあるでしょう。

だからこそ、お風呂に入る動作を事前にシミュレーションしておくことが重要です。


ポイント1. 大前提として、お風呂に入って良いかをチェックする

いきなり2人が同じタイミングでお風呂に入ることは少ないと思います。特に先に入っている方は、いつ来るかとドキドキしながら待っているもの。

だから後から入る方は、「これから入るよ」と直前にチェックするようにしましょう。お互い心の準備をする時間を設けることで、余裕を持った態度で接することができますよ。


ポイント2. 下着はきちんと畳んで、なるべく見えない位置に置く

お風呂から出る際に下着が乱雑に置かれていると、濡れてしまうし雑な人だと思われてしまいます。マイナスのイメージを持たれないように、下着はきちんと畳んでなるべく見えない位置に置きましょう。

特に、普段から衣服を脱ぎっぱなしにしてお風呂に入る人は、いつもの癖で雑になってしまいがち。

そうした細かい部分ができていれば、恋人からさらに好印象を持ってもらえますよ。


ポイント3. 身体はなるべく隠しながら入る

あまり身体を隠さずに堂々とし過ぎていると、本人にはその気が無くても気遣いの足りない人と思われます。できるだけ上品な動作を心がけることが、恋人に配慮した行いです。

いつもはタオルを持って入らない人でも、彼氏や彼女と入る時ぐらいは用意しても良いかもしれません。

身体を隠しながら入ることで、お互い穏やか気持ちで過ごせます。


ポイント4. 強引にイチャイチャしようとしない

相手に恥ずかしい気持ちがあるにも関わらず、自分勝手に行動してしまうと嫌がられることがあります。

触れたい気持ちもわかりますが、あからさまにボディタッチが多いと下心があると思われることも。

恋人なのでイチャイチャしたいものですが、まずは相手を思いやることが一番です。

だからといって何もしないのも嫌な人は、少しずつ恋人の様子を伺いながら行いましょう。


彼氏が彼女とお風呂に入る時のポイント

男性はお風呂でイチャイチャしたいと思う人も多いですが、まずは紳士的な行動を意識するのが大事なポイントです。

彼女を大事にしているという気持ちがあれば、お風呂での雰囲気やその後のムードも良くなること間違いなしでしょう。

それでは、具体的にどんな気遣いをすればいいのかご紹介します。


ポイント1. 優しく洗ってあげる

男性は、自分の身体を洗う時ついつい力を入れてゴシゴシ洗ってしまいがち。ですが女性の身体は繊細です。力を入れ過ぎると「痛い」と言われてしまうこともあります。

そのため彼女の身体を洗ってあげる際は、素手で撫でるように優しく洗うことがポイントです。

特に言葉で愛情表現できない彼氏は、行動で愛を示すことで彼女にその気持ちが伝わります。


ポイント2. 汚れをしっかり洗い流してあげる

女性は綺麗好きな人が多いので、雑に洗うとちょっとした洗い残しで不満に思われる可能性があります。

だから男性は、自分の身体を洗う時以上にしっかり流してあげることが大切です。男性としても、せっかく洗ってあげたのに文句や不満は言われたくないでしょう。

喧嘩の原因にならないためにも、汚れをしっかり洗い流すことは重要なのです。


ポイント3. 彼女が適温に感じる温度に設定してあげる

お風呂のちょうど良い温度は人によって変わるため、自分ではなく彼女に合わせてあげることがポイントです。

誰だって、お風呂ではリラックスして身体の疲れを癒したいと思うもの。彼女の適温に合わせてあげることで、気遣いのできる優しい男性のイメージを与えられます。

旅行先や普段から適温がわからない場合は、事前に「何度ぐらいでいつも入ってる?」と聞いておくのも重要なポイントです。


ポイント4. 気遣いの言葉をかけてあげる

女性は誰でも、お姫様のような丁寧な扱いに憧れるものです。

だからちょっとした「熱くない?」「痛くない?」と言う気遣いで、彼女の自尊心を満たしてあげられます。さらに「湯加減はいかがでしょうか?」など、丁寧な言葉で接するのも人によってはアリです。

ノリの良い彼女だと話題に乗ってくれるため、そうしたちょっとした気遣いが彼女と一緒にお風呂を楽しめるポイントになります。


ポイント5. タオルで優しくしっかりと拭いてあげる

お風呂上がりに彼女の身体を拭いてあげると、大切にしていると言う気持ちが伝わり仲が深まります。

特に重要なのは、優しく丁寧に拭いてあげること。男性の方が力は強いため、少し弱めに拭いてあげるのがポイントです。

また、しっかり拭いてあげて身体を冷えないようにすることで、彼女への思いやりがある印象を与えられるでしょう。


ポイント6. お風呂上がりに温かい飲み物を用意してあげるとGOOD

彼氏からの不意打ちの優しさは、彼女の心をときめかせることができます。

そのため、喉が渇いているお風呂上がりに飲み物を出すことで、気が利く人と思われ好印象を与えられるのです。

特にお風呂上がりは湯冷めする可能性があるため、夏以外は温かい飲み物にするのが最適でしょう。

お風呂に入っている時だけでなく、常日頃から彼女を大切に思う気持ちがラブラブになる一番大切なポイントです。


彼女が彼氏とお風呂に入る時のポイント

女性の方が普段から丁寧にお風呂に入っている人が多い傾向なので、そこまで男性に気を遣う必要はありません。

ですが、女性特有の気を遣う部分も存在します。

カップルで気持ち良くお風呂に入れるように、いくつかのポイントを抑えた上で入浴しましょう。


ポイント1. 彼女から先に入る

女性の方が身体を洗うのに時間がかかり、洗っている姿が恥ずかしいと思う場合も多いです。

彼氏と楽しい時間を少しでも長く過ごすには、彼女が先に入る方がのぼせてグダグダになることを防げます。

ですが男性の中には、彼女の身体を洗ってあげたい人もいるでしょう。

「時間がかかるから先に入って洗っておくね」と事前に断れるのも、男性をがっかりさせることなく一緒にお風呂に入るポイントです。


ポイント2. 髪の毛をまとめてから湯船に浸かる

男性によっては髪が湯船に入るのを、汚いなどの理由で嫌がる人もいます。そのため、髪の毛が長い女性は、湯船に髪が浸からないようまとめた方がベストです。

髪を括ることでいつもと違う彼女の姿を見せられるため、彼氏をキュンとさせることもできます。

だからカップルでお風呂に入る際には、マナーと実益を兼ねた髪の毛をまとめることを忘れないようにしましょう。


恋人と一緒にお風呂に入って親密度を上げる方法

せっかく恋人と一緒にお風呂に入るなら、より良いムードを演出した方が親密度も高まります。

男性と女性のどちらも実践できる行動があるので、一つ一つ見ていきましょう。

些細なことですが、今まで以上にラブラブな雰囲気になりますよ。


親密度の上げ方1. 間接照明にして、雰囲気を出す

少し薄暗い雰囲気にした方が、身体を見られることを気にせず入浴できるためリラックスした心理状態でお風呂に入れます。

「少し暗めの方が落ち着けるね」や「これならあまり気にせずに身体を洗えるね」と、男性の方からリードして上げることが重要です。

特に旅行先の宿では、凝った間接照明が設置していることもあります。お互いの緊張をほぐすためにも、暗くして雰囲気を出した方が親密度は高まります。


親密度の上げ方2. 入浴剤を使ってお風呂を楽しむ

せっかく恋人と一緒に入るなら、少し贅沢をしてお風呂自体も楽しみたいもの。入浴剤を使うことで、良い香りを2人で楽しむことができ話題も広がります。

どんな入浴剤が良いかを話し合ったり買いに行ったりするので、お風呂に入る前からワクワクできるのです。

少しマンネリ化してきたカップルなどでも、お風呂に入ることと会話が弾むことで新鮮な状況を楽しめます。

【参考記事】はこちら▽


親密度の上げ方3. 何気ない日常の会話を楽しむ

お風呂だからといって変に気を遣いすぎる必要はなく、いつも通りの対応を心掛けることも有効な手段。

少し開放的な気分になっているので、何気ない日常会話でも普段より盛り上がること間違いなしです。

また、身体の疲れが癒されるため、気の抜けた恋人の可愛らしい表情を見られるかもしれませんよ。

そうした何気ない日常を楽しむのも、親密度を上げラブラブになるポイントです。


親密度の上げ方4. 彼女側から甘える

身体の疲れはお風呂で癒せますが、男性の心理的な疲れはパートナーである彼女の甘えが最も効果的です。

彼氏が仕事や人間関係などの愚痴をこぼしているなら、彼女の可愛らしい一面を見せて疲れを取り除いてあげましょう。

特に一緒にお風呂に浸かると、距離が密着しているため甘えるチャンスですし断れる男性はいません。彼氏の疲れを癒す有効な方法であり、さらに親密度を上げられます。

【参考記事】はこちら▽


カップルで一緒にお風呂に入る時の注意点

恋人との楽しい時間も、一歩間違えばあまり楽しめなかったり険悪なムードになることもあります。

事前にできる準備やお風呂に入ってから注意することなど、様々な場面で気をつける必要があるでしょう。

次からもお互い「一緒にお風呂に入りたい」と思ってもらえるよう、いくつかの点に注意してください。


注意点1. 前もってムダ毛は処理しておく

あまりにもムダ毛が残っていると、不清潔で面倒くさがりだと思われてしまいます。それに湯船に抜け毛が浮いているとお風呂に入りたくない人もいるでしょう。

特に女性のムダ毛に敏感な男性もいるので、彼氏に引かれないよう前もってムダ毛は処理しておいた方が無難です。

ムダ毛の処理をしていないと、相手が不快になるだけでなく自分も恥ずかしい思いをしてしまうため気をつける必要があるでしょう。


注意点2. お腹など身体を引き締めておく

カップルでお風呂に入ると、必ずと言っていいほど恋人に自分の身体を見られます。

そのため見た目に自信がない人は、日頃から筋トレや有酸素運動などで身体を引き締めておきましょう。

1日10分ぐらい腹筋をするだけでも、多少の効果が期待できます。だらしない身体を見せて、恋人に幻滅されないよう注意しましょうね。

【参考記事】はこちら▽


注意点3. 性欲は表に出さない

確かに恋人と素肌を見せ合うことになるため、少なからず性欲は沸くでしょう。しかし、あまり下心を出しすぎると、恋人に引かれてしまいます。

全く性欲が沸かないもの問題ですが、あまりボティタッチなどが過ぎると相手にウザがられます。

多少のスキンシップなら大丈夫ですが、恋人と良い雰囲気を演出するためにも性欲は抑えておいた方が無難です。


注意点4. 水しぶきを飛ばしすぎない

身体や心の疲れを癒すためにお風呂に入っているため、はしゃぎすぎると相手に全く気遣いがない人と思われます

特に水しぶきを飛ばされてイラっとくる人もいるので、落ち着いた動作を心がけましょう。

カップルでお風呂に入ることを、相手はとても楽しみにしているかもしれません。相手に心理的な負担を与えて、苛立ちや不満を持たせないよう気をつけることが大切です。


カップルで一緒にお風呂に入って、もっとラブラブになりましょう。

恋人とお風呂に入ることは、お互いにとっての癒しであり2人の親密度を上げられる貴重な空間です。相手を気遣う心を持っていれば、自然と正しい行動に繋がります。

でも、これから一緒に入ろうと思っている人は、様々な不安や緊張があるはず。

段々慣れてしまうからこそ、初めて一緒にお風呂に入る際には、しっかりとした準備をして楽しい時間を過ごしてください。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事