結婚したら幸せになれる?既婚者が幸せを感じる瞬間と円満夫婦の条件とは

結婚って幸せかどうか気になりますよね。本記事では、結婚を幸せに感じる人の割合から、既婚者の意見、幸せな結婚、既婚者が結婚を幸せに感じる瞬間まで解説!さらに、幸せな結婚生活を送れる男女の特徴と結婚相手の条件も紹介します。結婚が幸せかわからないという方は、参考にしてみてくださいね。

果たして、結婚は幸せなのでしょうか?

結婚に対する男女の意見&既婚者が幸せを感じる瞬間

大きくなったら結婚して幸せな家庭を持つことに夢を持っていた人もいるかと思います。しかし、実際に結婚適齢期になると、なかには結婚だけが幸せじゃないと言う人もいますし、本当に結婚をすることは幸せなのか疑問に思ってしまうことがありますよね。

そこで今回は、結婚をすることで幸せになれるのか、既婚している男女の気持ちや幸せを掴むための条件など、人が羨ましいと思う幸せな結婚生活を送るための秘訣を紹介していきます。


そもそも結婚を幸せに感じる男女の割合とは?

「結婚して幸せ!」と感じる男女の割合は、年齢にもよりますが、全体の大体7割といわれています。

一見幸せと思った結婚も、周りの愚痴を聞いたりすると幸せとは限らないのではないか疑問に思ってしまいますが、割合的にも大半の人は幸せを感じているというのがわかりますね。


「結婚=幸せ」か?既婚者から聞いた意見をまとめました

結婚だけが幸せとは限らないと思っても、自分の周囲の意見だけでは限られてしまったり、既婚者の本音を聞く機会もなかなか無かったりする人も多いかと思います。

そこで実際に、既婚者から結婚は幸せかどうかを聞いた意見を紹介していきましょう。


既婚男性による結婚の意見

男性の場合は女性と結婚した場合は、ほとんどが夫という立場になりますが、結婚のどんなところに幸せや幸せじゃないと感じているのでしょうか

異性の本音はなかなか聞くことができないので、参考にしてみてくださいね。


男性の意見1. 仕事が辛い時に、支えてくれる

男性の場合は何かと社会では厳しい立場に立たされることもあります。残業などで疲れて家に帰った時、好きな人が出迎えてくれたら疲れを忘れるほどホッとするそうです。

また結婚相手は心を許せる相手でもあるので、辛いことがあり愚痴を聞いてほしい時にも、自分の気持ちを理解して支えてくれることが結婚して幸せと感じる要因でもあります。


男性の意見2. 好きな女性といつまでも一緒にいられる

結婚しようと思う理由には「好きな人とずっと一緒にいたい」ということも含まれますが、これは結婚に幸せを感じる理由でもあります。

付き合っている時は別々の家に住んでいる場合や遠距離恋愛などは、2人で過ごせる時間も限られてしまいます。ですが、結婚をすれば同じ家に一緒に住むため、長い時間を2人で過ごすことができます。

【参考記事】はこちら▽


男性の意見3. 仕事と家庭に時間を取られてしまう

独身の時は仕事以外の時間は全てプライベートな時間ですが、結婚をするとそのプライベートな時間は少なくなります。特に子供が生まれると育児にも追われることになり、ますます自分の時間を確保するのが難しくなります。

人によっては独身の時にできていた趣味に没頭する時間も無くなり、諦めざるをえない状況になることもあるようです。


男性の意見4. 喧嘩が多いと、仲が悪い人と生活することになる

お互い住んでる家が違い、短い時間では相手の本当の姿は見えにくいものです。しかし結婚して一緒に住むことで、今まで知らなかった相手の嫌な所が目に入ることもあり、そのせいで喧嘩が多くなることも。

結婚するとなかなかお互いが距離を置くことができないために、喧嘩が多い状態が続けばストレスも溜まってしまいます。


既婚女性による結婚の意見

既婚男性の意見を紹介してきましたが、逆に既婚女性は結婚についてどんな意見を持っているのでしょうか。

男性には無い女性目線で、結婚をして羨ましいと感じる時とそうでないと感じるのはどんな時なのかチェックしていきましょう。


女性の意見1. 旦那からの愛を感じられる

男性は本能的に好きになった人を守りたいと思う部分があります。その愛を妻になることでより一層強く感じることができるのです。大好きな人と生涯一緒に暮らせる生活を、幸せと感じる人も多いはず。

また愛されていると実感することで、自分も夫のために何か尽くしてあげたいという気持ちが生まれることもあります。

【参考記事】はこちら▽


女性の意見2. 子供を持つという幸せを感じられる

結婚をすると自分たちの子供を持ちますが、好きな人の子供を持てることに幸せを感じる人も多いようです。また女性は自分のお腹で10ヶ月近く共に過ごし、痛みを感じながら出産するため、子供はより愛おしいと感じます。

産んでからも子供の日々の成長を2人で一緒に楽しめることは、結婚することで得られる幸せの特徴ですね。


女性の意見3. 家事や育児が負担に感じる

独身時代は自分の食事や洗濯をすれば良かったのに、結婚するとことでその量は倍以上になります。家事や育児を率先してやってくれる夫ならば負担も分担されますが、もしあまり積極的でない場合はほとんどのことを自分がしなくてはいけません。

家事や育児に時間を取られる分、自分の自由な時間が少なくなるために結婚は幸せじゃないと感じでしまうのです。


女性の意見4. 万が一夫が職を失った時に支えられず、不安になる

結婚すると嫁と夫で働く共働きか、夫だけが働く専業主婦になるかの2パターンになります。夫だけが働いている場合、全ての収入は夫の給料だけが頼りになりますが、ある日突然リストラになることも無いとは言えません。

そうなると今までの収入が一気に無くなり、今までの生活が一変してしまう可能性もあるため、専業主婦の人は特に不安を感じてしまいます。


幸せな結婚とはどんな状態?

幸せの定義は人それぞれなため、実際幸せとは限らないと思いますが、人が羨ましいと思う程の幸せな結婚と聞いてもいまいちピンとこない人もいるかと思います。

実際にはどんな状態が幸せな結婚と言うのか、これから詳しく解説しますので疑問に思っている人は参考にしてみてくださいね。


幸せな結婚1. 経済的に安定している

独身でも生活をしていくにはお金が必要ですが、結婚すると最低でも2人分の生活費がかかります。金銭的に余裕があると心にも余裕が生まれるため、結婚生活が幸せかどうかは、経済的な安定も重要になってきます。

経済的に余裕があれば家族と一緒に旅行も行けますし、生まれてくる子供の将来のためにも貯蓄ができるようになります。


幸せな結婚2. お互いのことを信頼しきっている

元は他人の2人が同じ屋根の下に住むわけですから、お互いが信用できないと結婚生活も厳しくなりがち。幸せな結婚生活を送るために信頼関係を築くことが重要です。

結婚したては、まだお互いの知らない部分も見えてきたりするために不安に思うこともありますが、長い時間をともに過ごすことでより相手を知り、心から信頼できるようになります。


幸せな結婚3. どんな時でも笑顔で過ごせる

一緒に住んでいると、理不尽なことや思い通りにいかないこともあります。そんな時はついつい不機嫌な顔をしてしまいがちですが、幸せな結婚生活を送るには常に笑顔でいることが大切です。

しかし、お互いを尊重しあわない関係だと、笑顔も生まれてきません。時には生活する上で困難な壁に当たることもありますが、どんな時でも一緒に乗り越えることで、信頼関係が築けて笑顔の絶えない家庭になるのです。


幸せな結婚4. 自分の素を出せて、一緒にいると落ち着く

付き合いたての頃は自分を良く見せようとするため、素を見せる人は多くありません。自分を着飾って見せようとすると落ち着かないですし、結婚して一緒に暮らすとなれば、自分の素の状態で暮らしたいですよね。

結婚生活が幸せかどうかは素を出すことができ、なおかつ一緒にいても心から落ち着く人かどうかでも決まってきます。

【参考記事】はこちら▽


幸せな結婚5. 価値観を押し付け合わない

今まで違う環境で育ってきた2人が同じ家で共同生活をすると、価値観の違いを感じることがあります。ですがお互いがお互いの価値観を押し付けあえば、どうしても亀裂が生まれる原因にもなりかねません。

幸せな結婚生活を送るためには、お互いに相手を尊重し、時には妥協することも大切です。自分と相手の価値観をすり合わせて、うまく折り合いをつけていきましょう。

【参考記事】はこちら▽


既婚者の幸せとは?結婚を幸せに感じる5つの瞬間

幸せな結婚生活を送るにはお互いの思いやりなども大切ですが、それだけではありません。普段の生活のちょっとした瞬間にも結婚に幸せを感じることがあります。実際に既婚者はどんな時に幸せを感じるのか見てみましょう。


瞬間1. 一緒にご飯を食べている時

仲のいい友人と一緒にご飯を食べる時、会話も弾んで楽しい気持ちになりますよね。これは結婚生活にも言えることで、心を許している人と一緒も食べる食事は楽しいですし、幸せも感じる人も多いようです。

他愛もない会話をしながら食べたり、2人の時間が合う時は食事を一緒に作ったりすれば、よりお互いの信頼関係も強くなります。


瞬間2. 楽しみを共感できた時

アウトドアやスポーツなど、趣味を持っている人もいるかと思います。育った環境が違うと好みも変わってきますが、お嫁さんと同じ趣味や楽しみを共感できたら嬉しいですよね。

同じ趣味を持てば一緒に楽しむことができますし、それにより夫婦の会話も盛り上がります。お互いどんな趣味があるのかを聞いて一緒に楽しむことも、夫婦ならではの嬉しい瞬間です。


瞬間3. 子供の話をしている時

結婚すれば自分たちの子供も欲しいと思う夫婦もいます。夫婦の会話の中で、何人くらい子供が欲しいか、将来どんな子に育てたいか、子供について2人で話し合っている時にも幸せを感じる人も多くいます。

また、既に子供がいる夫婦も、将来どうなるのかを想像しながらする会話は楽しいですし、何より夫婦の絆もより深まります。


瞬間4. 老後の話をしている時

結婚して子供ができれば、にぎやかな毎日を送れますが子供が成人すれば夫婦だけの時間が訪れます。お互い長生きして、老後はどう過ごすか話し合うのも夫婦ならではの会話です。

老後の話をするということは、これからもずっと一緒に寄り添って生きていくということでもあります。いつまでも仲良く暮らせるのは、幸せなことですよね。


瞬間5. パートナーから「愛してる」という言葉を言われた時

日本人はシャイな人も多く、告白やプロポーズの時以外はあまり「愛してる」の言葉を言わない人がいます。また結婚生活が長くなると、なんとなくなあなあになりがち。

ですが相手から「愛してる」と言われれば、相手の自分に対する気持ちもすぐに理解でき、幸せも感じられます。人から羨ましいと思われるラブラブな夫婦の秘訣は、愛の言葉もお互いに伝え合う関係かもしれません。

【参考記事】はこちら▽


幸せな結婚生活を送れる男女の特徴

結婚生活が幸せかどうかは、実は男性と女性にも左右されます。2人が夫婦として一緒に過ごす以上、どちらかが良くても上手くはいきません。

人に羨ましいと思われる幸せな結婚生活を送るためにはどうしたらいいのか、男女それぞれの特徴を見ていきましょう。


特徴1. 感謝の気持ちを常に持っている

結婚生活が長くなると相手が何かしてくれることに慣れてしまい、ついつい感謝の言葉を言わなくなってしまいます。何かしてもらうことが当たり前になってしまうと、対等な関係で無くなるだけでなく、一方に不満が募る原因にもなりかねません。

ですが、幸せな夫婦はお互いに感謝の気持ちを忘れず、きちんと言葉で相手に伝えるのができるのです。


特徴2. 愛情表現をしっかりできる

「愛してる」などの言葉や愛情表現がきちんとできる人は、日本人ではなかなかいません。ですが愛しているかどうか確かめたい気持ちは誰にでもあり、あまりにも言われないと不安になってしまいます。

幸せな夫婦は相手を不安にさせないためにも、日ごろから愛情表現をしっかりとすることができます。この愛情表現が周囲が羨ましいと思う夫婦関係を作りだしている要因でもあるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 我慢せず、思ったことを素直に話せる

長く続く結婚生活の中で自分の思ったことを素直に離せずにいると、相手の気持ちがわからないためにストレスが溜まり、喧嘩が絶えない不幸せな結婚生活になってしまいます。

もちろん、お互いの意見を尊重することは大切ですが、違う環境で育った2人が一緒に暮らすには思ったことを話し合い、解決していくことが重要なのです。


特徴4. 友人関係などパートナー以外との関係性も大切にしている

同じ屋根の下で暮らしていても、それまでに培った人脈がお互いにあるかと思います。この人脈は結婚したからと言って切れるものでもなく、結婚後もこの関係は大切にしていかなければいけません

度が過ぎる付き合いはいけませんが、ある程度は信頼しあってお互いの友人関係などの付き合いを尊重してあげられる人が、幸せな結婚生活を送れます。


特徴5. 相手を幸せにすることに喜びを感じる

独身時代は自分の幸せのためだけに行ってきたことも、結婚すれば相手を幸せにしなければいけません。もちろんどちらか一方がこの気持ちではだめで、お互いがお互いを幸せにしようと思うことで成り立つのです。

幸せな結婚生活を送れる人は、自分が相手を幸せにしようと思って行動しても、見返りは求めずにやっていることが多いです。


【男女別】幸せを掴める結婚相手の4つの条件

結婚をしたいと思っている人は、男女それぞれ相手に求める条件があります。ですが、どんな条件の人と結婚すれば幸せか、わからないことも多いですよね。幸せな結婚をするための条件を男女別に解説していくので、チェックしてみてくださいね。


結婚相手の条件:男性編

まずはお嫁さんとなる、女性が男性に求める結婚の条件を紹介します。気になる女性がいる場合は、これから紹介する条件に自分が合うかどうかチェックしてみたり、条件に合うように努力したりすることで幸せな結婚に一歩近付けますよ。


男性の条件1. 子供が好き

結婚して子供を授かった場合、女性が育児がする割合は多くなりがちですが、そこで子供と遊んでくれたり世話をしてくれる人が旦那だと、女性は気持ち的な負担も減りますし、そんな人と結婚できたことを幸せと感じることもあるようです。

育児や教育にも一緒にしてくれる子供好きな人は、特に結婚相手に求められる条件でもあるのです。


男性の条件2. 誠実で一途に愛してくれる

女性は結婚しても自分のことを一番に愛してくれる人を、結婚相手に求めます。またお互いの気持ちや行動を包み隠さずに話せる誠実さも重要視しています。

隠し事や浮気などをされることを嫌がります。女性があなたと出会えて幸せすぎると思ってもらえるように、結婚したら女性を一途に愛し、隠し事はしないよう包み隠さず話せる関係を築きましょう。

【参考記事】はこちら▽


男性の条件3. いざという時に頼りになる

女性は理想の男性像として、頼れる人を求める傾向があります。もし結婚して何でもかんでも「わからない」と女性に任せっきりでは、女性の負担が大きくなりストレスを感じて不幸せにしてしまいます。

何かあった時は自分が率先して対応する他、普段から一緒に対応してあげるようにすると、女性も安心して生活を送ることができますよ。


男性の条件4. 安定した収入がある

結婚当初は共働きでも、妊娠して子供ができれば女性は働けなくなります。また将来自分たちや子供の生活などお金がかかるため、安定して収入を得られる人を求めます。

男性が一人でも家族が暮らしていけるだけの収入があるかも大切ですが、趣味にお金を使っている人は、結婚をすることで諦めなければいけないこともあります。

【参考記事】はこちら▽


結婚相手の条件:女性編

女性が男性に求める条件は、子供好きかどうかと安定した生活を送れるかどうかの項目でしたが、逆に男性が女性に求める結婚の条件はどんなものがあるのでしょうか。

自分が持っている条件も入っているかどうかチェックしてみてくださいね。


女性の条件1. 料理ができるなど家庭的な面を持っている

最近は家事を夫婦で分担して行う人も多くなりましたが、それでもやはり男性は女性に家事全般をこなせる人を条件としている人がいます。

しかし、女性に任せっきりにしては、女性は結婚したことが幸せかどうか疑問に思ってしまうこともあるでしょう。

家事が苦手な男性は、できれば料理やその他の家事など一緒に手伝いながら徐々に覚えていくと、女性も喜びます。

【参考記事】はこちら▽


女性の条件2. 仕事への理解がある

男性は職場では仕事量が多い職に就くことも多く、その分どうしても仕事の残業で帰りが遅くなってしまうことがあるかと思います。そんな時に女性の理解が無いと、帰りが遅くなったり留守にしがちになったりすることで不満を抱かれてしまうことも。

出張や残業などで家を空ける機会が多い人は、仕事に理解のある女性を見つけ、事前に2人で話し合っておくのがおすすめです。


女性の条件3. 思いやりがあって、人を大切にする

結婚して子供が生まれたら、子育てをしていくわけですが、やはり子供やその他の人にも優しく接することができる女性を求める人が多いようです。

子供だけでなく、どんな人にも思いやりをもって接することができる人は女性としても魅力的ですし、家族を大切にしてくれるイメージがありますよね。結婚する前は他の条件と同様にチェックしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


女性の条件4. 本音をしっかりと話してくれる

自分の思っていることを何でも話してくれる人は、逆に相手を信頼している証拠でもあります。結婚する女性にも、本音でしっかりと話してくれる人が求められています。

本音を隠し過ぎるとどうしてもストレスが溜まってしまい、ケンカの原因になることもあります。また、本音で会話することで、よりお互いの信頼度もアップしていきます。


自分にとってどんな結婚が幸せか、よく考えてみましょう。

結婚が幸せとはかぎらないと思っていた人も、今回の記事で結婚が幸せかどうかが分かっていいただけたのではないでしょうか。

人から羨ましいと思われる結婚生活は、お互いの信頼関係や努力があってこそ

この人と結婚できて幸せすぎると思えるような出会いがあるように、男性や女性が求める条件を参考にし、幸せな家庭を築いてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事