夫婦円満の秘訣とは|共働きでも夫婦円満な人の特徴と幸せな家族を築く方法

結婚したてはラブラブでも、年月が経つと冷めてしまう夫婦っていますよね。今回は、マンネリとは無縁の「夫婦円満」な人の特徴を徹底解説!夫婦円満の秘訣も大公開します。さらに、夫婦円満になれる幸せな家庭の作り方や関係の築き方も詳しく紹介していきます。夫婦関係で悩んでいる人必見の内容ですよ!

いつまでも、夫婦円満で過ごしたいですよね。

夫婦円満の秘訣

夫婦円満と聞くと絵に描いたような幸せな夫婦、ドラマに出てくるような家庭をイメージしますよね。でも、実際には家庭によって抱える問題が様々であったり、外からの印象とは違っていることも。

そこで今回は夫婦円満の秘訣や、共働きなどケースごとの夫婦円満のコツについて紹介します。夫婦の関係性を今よりも良くしたい方、必見の記事ですよ。


そもそも「夫婦円満」とはどんな状態を意味するの?

お互いに好きで結婚したのだから、いつまでも仲の良い夫婦でいたいですよね。「夫婦円満」とは、夫も妻もお互いのことを尊敬していて夫婦関係が上手くいっている状態のことを言います。

ここで誤解しないでもらいたいのが、夫婦円満は“全く喧嘩をしない”ということではありません。お互いの価値観がぶつかって喧嘩になることがあっても、その喧嘩のおかげでお互いの理解を深められ、より仲の良い夫婦になれる二人は夫婦円満な状態と言えます。


喧嘩や浮気とは無縁の夫婦円満でいる秘訣やコツとは

夫婦円満でいるコツはどこにあるのでしょうか。

共働きで忙しく、夫婦間の会話が無いようなケースでのデートの仕方や、旦那さんや奥さんを束縛せず距離感を保つ方法など、夫婦それぞれが良い道を歩めるような夫婦円満のコツや秘訣をご紹介します。


夫婦円満のコツ1. 共働きで時間が合わなかったり、子供が出来たりしても、定期的に二人でデートする

夫婦間の距離が縮まらない場合の特徴は、共働きですれ違いがちであるという点以外にも、スキンシップ不足というものもあります。デートもご無沙汰では、カップルだった頃のときめきが思い出せず、心があなたから離れていってしまいますよ。

子供ができたからと言って、奥様を女性として見ないようになると夫婦間は冷めきっていきます。女性はいつでも恋愛当初のドキドキを感じて、旦那様との距離を近く感じたいもの。

男性だって、嫁といつまでも仲の良い関係でいたいですよね。そのためのコツが定期的に2人でデートに行くことなのです。


夫婦円満のコツ2. 旦那さん(奥さん)を束縛したり、干渉したりせず、適度な距離感を保つ

相手との距離を適度に保つことができると、夫婦円満な関係を築けます。奥様から距離を置かれてしまう旦那様の特徴は、過度に干渉してしまうこと。

また、奥様の方がスキンシップに積極的になりすぎて、お仕事でお疲れの旦那様との間に溝ができてしまうことも。スマホを覗き見したり、干渉するようなことは避け、適度な距離感を保ちましょう。


夫婦円満のコツ3. お互いに結婚生活だけでなく、自分の人生をしっかりと楽しむようにする

夫婦円満の秘訣は、自分自身の人生をしっかり楽しむこと。趣味であったり、娯楽を持つことで良い感じに息抜きができ、旦那さんの浮気防止にも繋がります。

浮気防止のためには、夫婦お互いが自立していることが重要で、自分の時間がないと家庭外にストレス発散の場を求める傾向も。

また、家事は妻の仕事と決めつけて、全部押し付けてしまわず、プライベートな時間も持てるように配慮してあげましょう。


夫婦円満のコツ4. 日頃から適度なスキンシップをとる

コツなどハウツーにばかり頼らず、好きだという気持ち、大切に思っていることを伝えましょう。そして、その時に手を握ったり、抱きしめてあげましょう。

愛情不足は家庭崩壊への第一歩ですので、意識的にスキンシップを心掛けましょうね。積極的に手を握ったり、抱きしめたりしてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


夫婦円満のコツ5. 1日最低でも1回は会話をしたり、コミュニケーションをとるようにする

浮気を疑ったりすることも、全てはコミュニケーション不足が引き起こします。古代ローマの喜劇家、プブリウス・シルスは名言『興味を抱く人間に対して興味を抱く』を遺しています。

やはり、自分から会話をすることが夫婦円満への近道と言えるでしょう。朝の挨拶、その日の振り返りなど、ちょっとした会話を意識的に行うようにしてください。

コミュニケーション不足は会話不足ですので、まずは相手に興味を持ち、話しかけることが大事です。


夫婦円満のコツ6. 四六時中一緒ではなく、お互いに一人の時間のきちんと確保する

共働きだとすれ違いも多い反面、一人で過ごす時間もあるため、適度にスキンシップをとればベタベタな状況は避けられます。お互いのライフスタイルを尊重することが重要です。

いくら好き同士でも、ずっといると窮屈さを感じるものです。

たまには家事を忘れてカフェで一息ついたり、カラオケに行ったりするのも良いでしょう。適度にお互いのプライベートな時間を持ち、二人の時間を沢山楽しめるようにしましょう。


夫婦円満のコツ7. 自分の意見を押し付けず、夫や妻の意見もきちんと受け入れる

夫婦円満の秘訣はお互いを尊重して、異なる価値観、考えを受け入れることです。自分の意見ばかり通してしまうようでは、まだまだ夫婦円満には程遠いのです。

すれ違うときは、まずは意見を聴くようにすると良いでしょう。きっと、お互いのことをよく知る良い機会となるはずです。

自分だけの意見を通してばかりでは、互いに尊重できる関係は築けませんよ。相手のことをよく聴いて、関心を持つことからはじめましょう。


夫婦円満のコツ8. 日頃から感謝や好意の気持ちは口に出して相手へ伝える

あなたは夫や妻の良い所をどれだけ、口に出して伝えていますか。夫婦円満な夫婦は、お互いの良い点を伝えあっています。

不器用でも良いので口に出して感謝を伝え、相手と心から会話することが重要です。心で思っていても伝えなければ意味がないと知りましょう。

ちょっとした時に相手への好意、感謝を伝えることで、夫婦間のムードは良くなります。言葉で伝えるのが苦手なら、抱きしめたり、プレゼントを買ってくるなども一つの方法ですよ。


夫婦円満のコツ9. 結婚記念日や互いの誕生日は毎年一緒にお祝いする

記念日を祝うということは改めてお互いの存在を感じることであり、どれだけ大事な存在かを再認識できる機会でもあります。大切な存在だと強く実感し、絆が深まるのです。

例え一緒に過ごせずとも、メッセージカードを添えたりするのも良いでしょう。お互いの存在を身近に感じられる工夫があることで、満たされます。

毎年一緒に誕生日というイベントを祝うことで夫婦の結束が強まり、互いを大事にする心が育まれます。

【参考記事】はこちら▽


夫婦円満のコツ10. お互いに隠し事はせず、素直な会話を心がける

隠し事があり、心に嘘をついているような夫婦は、夫婦円満とは程遠いことが多いです。旦那さんに隠れてとか、奥さんに隠れてという行動をしていては、溝は深まるばかり。

共働き夫婦の場合は世帯収入が多く、自由なお金もあるため、一緒に食事しない、相手が知らないお金の使い方をしているケースもあります。隠し事はせず、いつでも思ったことを言えるようにしましょう。

隠し事が増えると不信感が募り、心が離れていきます。


夫婦円満になるには?幸せな家庭を築く方法

夫婦円満になるためのヒントとして、お互いの両親との良好な関係構築があります。また、常日頃、相手を褒めるということも大事ですね。

お互いの価値観を認め合い、受け入れることでも夫婦関係は良好になるでしょう。

ここからは、夫婦円満になるための幸せな家庭を築く方法について解説していきます。


夫婦円満のなり方1. 夫婦だけでなく、相手の両親とも良好な関係を構築する

自分の親を大事にしてくれる旦那さんのことは、とても愛おしく思うもの。夫婦だけのことでなく、ちゃんと親を含めた人間関係を構築しましょう。

両親に季節のギフトを贈ったり、たまには一緒に実家に帰るのも良いでしょう。良好な関係構築の鍵は、相手の両親ですよ。

両親を大事にすることで、奥様は自分が大事にされていると感じ、夫婦関係も良好になります。結婚は家族ぐるみの付き合いであると考え、義理の両親も大事にしましょう。


夫婦円満のなり方2. 日頃から相手を褒める習慣をつける

「お前はだめなやつだ」など、ひどい言葉を浴びせているようなら要注意。夫婦円満な二人の特徴は、相手を褒める習慣があること。

夫婦円満の秘訣は、自然と口から相手を褒める言葉が出てくることで、お互いに満たされる所にあるのです。自分を認めてもらって、受け入れられているという実感が幸福感に繋がります。

相手の良い所を褒めて、認めてあげるようにしましょう。きっと、夫婦間の関係性が変わっていくはずですよ。


夫婦円満のなり方3. 自分と価値観や考えが違うとこは否定せず、お互いの良さだと思って目をつぶる

価値観や考えの違いは、生まれ育ったバックグラウンドの違いです。いくら好き同士で結婚した夫婦であっても、全ての価値観が同じだとは限りません。

価値観や考えの違いをお互いの良さだと思い、目をつぶることで、尊重されている実感を得られます。その結果、相手のことも大事にしようと考えるようになるでしょう。

自分を受け入れてもらうためには、価値観や考えの違いを否定してはいけません。


夫婦円満のなり方4. 「毎月◯日は二人でデートする」など、夫婦独自のルールを作ってみる

デートをする日を決めていますか。「毎月1日はデートする」というように、強制的なルールを決めてしまうのも一つ。

夫婦円満を目指すなら、夫婦だけのルール、秘め事を作るのが大事です。スキンシップや会話も増えるだけでなく、連携も強まるので、よりお互いを大切に感じることがでるでしょう。

当然、ルールを決める過程では話し合いをするので、自然とお互いの心の距離が縮まります。


夫婦円満のなり方5. 女性に家事や育児を任せっきりにせず、お互いに支え合う姿勢を意識し続ける

女性が家事、育児をするものだと思っているならば、今すぐ改めましょう。家庭は二人で支え、子供は二人で育てるのです。

夫婦円満な夫婦の特徴は、旦那さんが適度に家事や育児に参加している点。お互い支え合う姿勢があれば、感謝の心も芽生えますし、それぞれの苦労も察することもできます。

支え合う姿勢を意識し続けることで、お互いの偉大さを実感し、より大切にし合う夫婦関係を構築できます。


夫婦円満のなり方6. 夫婦喧嘩をした時は、きちんと話し合って仲直りをする

喧嘩が多いのは、仲が良い証拠という考えもあります。でも、そのまま喧嘩をしっぱなしでは、二人の距離は広がっていくだけです。

夫婦円満のコツは話し合って仲直りすることです。夫婦円満になるには、しっかりと目を見て、お互いが感じたことを話し、悪い所は謝罪しましょう。

きちんとお互いが向き合って、都度仲直りをすれば深刻な夫婦喧嘩は避けられます。なるべく早期に話し合い、仲直りをするのが大事ですね。


夫婦円満のなり方7. 辛いときこそお互いに支え合って困難を乗り越える

辛くて旦那さんや奥さんに八つ当たりしたいこともあるでしょう。そんな時こそ、思っていることを伝えて、お互いで支え合うと良いですね。

夫婦円満を目指すなら、辛さをお互いで認め合うため、まずは話さないといけません。辛さを共有し、二人で乗り越えることで絆も強まります。

日々辛いこと、悲しいことがありますが、それを一人で抱え込まないことが重要。悩みを共有して絆が強まることで、お互いが一番の理解者になるので、夫婦関係が良好になります。


夫婦円満のなり方8. 夫婦円満に関する名言などからヒントを得てみる

夫婦円満の名言をご紹介します。

『結婚前には両眼を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ』という名言は、聖職者で歴史家のトーマス・フラーによるもの。とても示唆に富んだ名言だと思いませんか。

結婚前には良いところも悪いところもしっかり見定めて、結婚後には欠点は目を閉じるという、とても深い名言。欠点ばかり見ていてはダメで、ある程度の寛容さも大事なのですね。


夫婦円満のなり方9. お互いに依存せず、夫婦どちらも自立した関係を目指す

依存傾向が強いことは、相手を好きという気持ちや必要とする感情が、他の人でも良いというケースもあります。

今まで旦那さんに依存していて、ベッタリだった奥さん。旦那さんが忙しくなってしまって、全く一緒になれない時は、自分で何か趣味を見つけるなど、一人の時間を楽しめる工夫をしてみましょう。


夫婦円満のなり方10. 相手を思いやる気持ちを夫婦揃って意識する

夫婦円満にはスキンシップ、会話が大事だと触れましたが、その根底にあるのは思いやる気持ちです。夫婦円満になるには。思いやる気持ちを忘れてはいけません。

相手が少し疲れているようなら家事を代わってあげたり、マッサージしてあげるなど、ちょっとした思いやりが必要ですね。思いやる気持ちがあれば、夫婦仲も自然と良くなります。


夫婦円満を目指して、二人でルールを決めてみましょう。

夫婦円満な人は会話やスキンシップ、二人だけのルールを作っているというな特徴がありましたね。お互いを尊重して行動する一面があるから、いつまでも夫婦仲が良いのです。

スキンシップの大切さを理解して、お互いのことを思いやった言葉を選び、本記事で触れた夫婦円満の秘訣を参考に仲良い夫婦を目指していきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事