既婚者を好きになってしまった女性へ。恋愛のリスク&辛い恋の諦め方を解説

既婚者を好きになってしまった女性へ。今記事では、既婚男性を好きになってしまった女性の心理から、既婚者を好きになりやすい女性の特徴や不倫のリスク、諦め方まで詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、結婚してる男性への恋心を清算して次の恋へと進みましょう!

既婚者を好きになった時の対処法を解説します。

既婚者を好きになってしまった女性の恋愛のリスク&辛い恋の諦め方

「ダメだと分かっていても既婚者を好きになってしまった」という女性は少なくありません。

気づいたら本気になってしまって諦めきれず、かといって、将来が見えなくて不安と感じて、その悩みは辛いものです。

今回は、既婚者を好きになる女性の心理や特徴を解説した上で、不倫をしてしまうリスクや関係を終わらせる方法についてご紹介します。


既婚者を好きになってしまった女性の心理

好きな人が既婚者だと分かった時、多かれ少なかれショックを受けたという経験をした女性は多いでしょう。

真剣だけに苦しい気持ちも強く、かといって誰かに相談できることでもないだけに一人で悩むのです。

そもそも、なぜ女性が既婚者を好きになってしまうのか、その心理についてご紹介します。


女性心理1. まさか本気で好きになるとは思っていなかった

知り合った時に相手の男性が既婚者だと分かっていた場合、初めは恋愛対象として見ていなかったケースが多いです。

話したり会ったりしているうちに魅力的だと思い始めたものの、不倫になるので好きにはならないという自信を持っています。

しかし、気がついたら彼のことが気になって仕方なくなっていて、本気になってしまったというパターンは多いでしょう。


女性心理2. 好きになった後に既婚者だと気付いた

出会った時から実は素敵な男性だと感じていたというケースも少なくありません。

会っているうちに本気になって、男性からも同じような気持ちだと言われて嬉しかったのもつかの間、実は結婚していることを告げられたり気づいたりします。

しかしこの時点では、たとえ男性が既婚者だとしても既に好きな人になってしまっているため、諦めきれず気持ちを抑えきれなくなってしまうのです。


女性心理3. 自分の好みにぴったりだった

出会った時に男性が既婚者だと知っている場合でも知らなかった場合でも男性が自分の好みのタイプだと気持ちを止められないケースに陥りやすいです。

外見や性格だけでなく、社会的立場や年齢など、自分が思い描く恋愛の理想にぴったりだけに、男性が既婚者であっても関係ないと考えてしまいます。

本来なら「既婚者だからやめておこう」とブレーキが掛けられるのに、あまりにも理想に近いだけに気持ちを抑えられないのです。

【参考記事】はこちら▽


女性心理4. アプローチや告白はせず、自分の心に留めようと思っている

本気で相手の男性を好きになったものの、既婚者だと知るとやはり一歩を踏み出すのは躊躇するものです。

「もっと早く出会っていれば」「奥さんが羨ましい」などと考えることはあっても、それ以上の行動は起こしません。

告白すると男性に迷惑をかけてしまうかもしれないため、辛い気持ちを抑えて相手への思いを一人胸の内に閉じ込めようとする心理が働くでしょう。


どんな人が多い?既婚者を好きになりやすい女性の特徴

恋愛対象が結婚しているかどうかをあまり気にせず、自分の気持ちに正直に行動する女性は一定数います。

相手の男性と自分の気持ちが一致していればいいと考えるのです。

既婚者を好きになりやすい女性にはどんな特徴があるのか、5つの特徴をご紹介します。


特徴1. 好奇心旺盛で恋愛で安定よりも刺激を求める

既婚男性を好きになってしまう女性は、非日常的なものに憧れる傾向が強いです。

様々なことに興味を持って行動するような、好奇心旺盛な面があるため、相手が既婚者だったり、職場の上司など近い存在だとしても「ドラマみたい!」などと言って動じません。

恋愛には何よりもトキメキが大切だと思っているので、安定感のある恋愛よりも危なげな雰囲気のある恋愛にハマりやすいと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 甘えん坊な性格で年上男性が好き

既婚者を好きになってしまう女性は、男性に甘えたいという潜在的な願望を持っています。仕事はきちんとやるものの、プライベートでは好きな人に優しくされたいという甘えん坊な性格なのです。

年上の男性は自分を甘やかしてくれると分かっているため、年上男性としか付き合わないと決めていることも多く、その結果既婚者を好きになる機会が増えると言えます。


特徴3. 恋愛体質で男性へ依存しやすい

いつも恋愛をしていたいと考える女性は、既婚者を好きになる確率が他の女性よりも高いです。

一人でいると辛いと感じて耐えられないため、誰でもいいからそばにいてほしいと考えます。

知り合った男性が既婚者だとしても、相手の条件にはさほどこだわらないため、すぐに好きになり「いつもそばにいたい」などと依存しがちになるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 飽き性な性格で目移りが多い

既婚者を好きになってしまう女性には、強い好奇心を持っているという一面があります。

男性の好みは一応あるものの、好きになる対象の範囲が広く、外見や内面、年齢などに強いこだわりがありません。

話してみて楽しいといった理由ですぐに交際しますが、相手をじっくり見ないで付き合い始めるため飽きるのも早く、「やっぱり合わないわ」などとあっさり別れて次の出会いを探すのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 素直な性格で自分に嘘がつけない

一度好きになるとごまかせない、そんな特徴が既婚者を好きになってしまう女性にはあります。

恋愛に対して常に真剣なだけに、相手の男性を好きになったと自覚したら、諦めようとはしません。

たとえ相手の男性が既婚者だと分かっても、好きな人として大切にしたいと思うため、相手へ素直に思いをぶつけて思いを遂げようといった態度を取るのです。

【参考記事】はこちら▽


既婚者を好きになったら諦めるのが基本!既婚男性と恋をするリスクとは

好きになった男性が既婚者でも思いを貫き通したい、そう考える女性は多いでしょう。

しかし、どんなに本気でも、既婚者との恋愛には様々なリスクがあるため、基本的には諦める方向で考えたいものです。

既婚者との恋愛においてどのようなリスクがあるのか、考えておくべき5つのリスクについてご紹介します。


リスク1. 奥さんに慰謝料を請求されるリスクがある

既婚者との恋愛においてもっとも大きなリスクは、相手の奥さんにバレてしまうというもの。

男性は法的な婚姻関係を結んでいる女性がいるわけですから、不倫関係がバレた場合は、婚姻関係を脅かしたとして奥さんから訴えられる可能性は少なくありません。

訴えられるということは慰謝料を請求されるということですから、精神的に辛い思いをする確率が高いのです。


リスク2. 社会的地位や信頼を失う

既婚者との恋愛によって負うリスクは、金銭的な責任だけではありません。

相手の男性の奥さんに不倫がバレた場合、慰謝料請求に加えて自分の会社に連絡されるなど、事実が公表されて退職しなければならなくなる可能性もゼロではないのです。

特に相手が職場の上司ならさらに風当たりが強いもの。どんな職業であっても、社内で信頼を失うのはかなり大きな打撃になると言えるでしょう。


リスク3. 相手が離婚しない限り、一生結ばれない

独身者との恋愛と異なり、既婚者との恋愛は先が見えません。

既に相手には奥さんがいますから、どんなに好きな人であっても、相手の男性が離婚しない限り一緒になることはできないのです。

「僕も本気だよ」などと言いながら、家庭ではいい夫として過ごしているというあやふやな態度を取る男性は多いもの。

将来が見えない恋愛を続けるのは想像以上に苦しいと言えます。


リスク4. ずるずると引きずってしまい、次の恋愛のチャンスを逃しやすい

既婚者との恋愛を続ければ続けるほど、婚期は遅れます。

相手の男性が本気で奥さんと離婚しようと思っていない場合はずるずると付き合うだけですし、本気で奥さんと離婚しようとしても奥さんが抵抗すれば簡単には離婚できませんから、結局引きずってしまうのは同じです。

そんな終わりのない恋をしている限り、次の恋愛にも踏み出せませんから、結婚できる相手との出会いもつかめないままになってしまうでしょう。


リスク5. 恋愛の悩みがあっても周囲へ相談しにくい

仲のいい友人同士、お互いの恋愛の話で盛り上がるというのは女性にはよくあることです。

しかし、既婚者との恋愛で、さらに相手が職場の上司や取引先関係といった近い存在だと、相手の男性のことを気軽には話せないので、悩みを相談しにくいでしょう。

自分の真剣な気持ちを理解してくれる友人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は不倫に否定的。相談しにくい状況になりやすく、苦しい立場が続くのです。


既婚者への恋を諦めてやめる方法とは

既婚者である男性との恋愛は、自由に会ったり電話をしたりといったことができないため、女性側が辛い思いをしがちです。

既に相手は家庭があるということを踏まえると、成就することは難しいですから諦めるのが現実的でしょう。

報われない既婚者男性との恋愛を諦めたい時、関係をやめるおすすめの方法を5つご紹介します。


諦め方1. 連絡を取らない、会わないなど、物理的に距離を置く

既婚者である相手の男性への思いを断ち切るには、自ら行動しなければいけません。

好きな人なので諦めるのは辛いことですが、連絡が取れなくなる状況を強制的に作ることが必要です。

連絡をしない、二人だけでは会わないと決めて実行すると同時に、連絡先を消してしまいましょう。

なかなか諦められずまた連絡を取ってしまうなど、態度を変えてしまわないよう、諦めたいという気持ちを優先して関係を断ち切ることが大切です。

【参考記事】はこちら▽


諦め方2. 仕事や趣味に熱中して、恋愛について考えないようにする

本気で付き合っている、交際期間が長いといった場合は、きっぱりと別れるのは辛いものです。

会う頻度が多かったなら、好きな人との時間が生活の一部のようになっているでしょうから諦めきれないでしょう。

しかし、別れると決めたのなら、できるだけ相手のことを考えずに済む環境を作ることが重要です。

仕事に集中する、習い事を始めてみるなど、しばらくは恋愛を頭から追い出して過ごすのがおすすめ。


諦め方3. 出会いの場へ足を運んで、新しい恋を見つける

好きになってしまったこの人は運命の人だと思っても、相手が自分とは違う女性と家庭を持っているのが現実です。

諦めるのは辛いことですが、もっと自分が楽しめる恋愛をするのが幸せになれる最大のコツと言えます。

相手の男性との関係はきっぱりと清算し、新しい恋愛へと目を向けましょう。

いい出会いがあれば、今固執している既婚者の男性への思いも自然と消えていって、正々堂々と付き合える恋愛の本来の楽しさを実感するはずです。

【参考記事】はこちら▽


諦め方4. 諦められない時は、不倫のリスクを思い返して冷静になる

たとえ既婚者でも、相手の男性しか目に入っていない時は「不倫関係でもいい」と思いがちです。

しかし一方では、この恋が報われることがないと悟っているもの。

奥さんから訴えられ慰謝料を請求される、家族や会社にバレて非難される、そんなリスクを抱えた状態での恋愛に先がないことは理解できるのですから、不倫はよくないから諦めたいと冷静に判断し、相手と距離を置くことが大切です。


諦め方5. 自分磨きに力を注いで、次の恋の準備をする

既婚者である相手の男性に気に入られようと、今の恋愛においても外見を磨く努力はしていたでしょう。

しかし、報われない恋愛だと分かっていて努力することほど虚しいことはありません。同じ努力をするなら、対等な立場で正々堂々と付き合える次の恋を見つけるために努力しましょう。

外見だけでなく内面も磨くために頑張っていれば、きっといい出会いがつかめるはずです。

【参考記事】はこちら▽


既婚者を好きになったら、一度冷静にリスクを考えてみて。

既婚者との恋愛であっても、純粋な気持ちであることに変わりはありません。

だからこそ、先が見えない辛い恋愛ではなく、独身者同士で前向きに過ごせる恋愛にその純粋な気持ちをぶつけたいものです。

既婚者との恋愛を終わらせリスタートしたいと思っているなら、この記事を参考に不倫のリスクをしっかり把握して、不毛な関係を終わらせ前向きな気持ちで次の恋愛に目を向けていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事