不倫をやめるべき7つの理由|最適なタイミング&不倫相手との別れ方とは

駄目だと分かっていても、なかなか不倫をやめられない女性へ。本記事では、不倫をやめるべき理由から、やめるタイミング、やめることによるメリット、実際に不倫をやめて別れる方法まで徹底解説します。不倫相手との関係に終止符を打ちたい女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

禁断の恋である不倫をやめたい女性へ。

不倫をやめるべき7つの理由

既婚者との許されざる恋である不倫。だめだと理性では分かっていても本能では抑えられないものですよね。不倫はタブーと思っている人も多いので、誰にも相談できず思い悩んでしまうことも少なくありません。

そこで今回は、不倫の悩みを抱えている人に向けて不倫をやめるべき理由、やめることで得られるメリット、やめる方法などをご紹介します。不倫を続けることで起こるリスクとやめた時のメリットを把握しておきましょう。


不倫はやめるのが吉?既婚者との恋を諦めるべき理由とは

好きな人と一緒にいたいと思うのは不倫も同じです。しかし、相手は既婚者。奥さんや子供のいる環境では、不倫相手は影の存在です。堂々と外を二人で歩くこともできず、将来進展を期待することもできません。

好きな人と永遠に一緒にいることを望めない関係は辛いですよね。ここでは、不倫の悩みを抱えている人に向けて不倫をやめるべき理由、やめたいと思っている人向けのやめる方法をご紹介します。


やめるべき理由1. 相手が離婚しない限り、付き合ったり結婚したり出来ないから

不倫ということは、相手には結婚していて相手には奥さんがいるということ。妻子持ちのこともありますよね。相手の男性と結婚を考えている場合、まずはその奥さんと別れることが必要になります。

男性には世間体を大切にしたいという気持ちが強いので、たとえ好きでも家庭を壊してまで不倫相手と家庭を持つのは、リスクが高いと感じる傾向にあります。そのため、奥さんと離婚して、不倫相手と結婚する可能性は低いと言えます。


やめるべき理由2. バレたら相手の奥さんから慰謝料を請求されるため

不倫を続けていると、遅かれ早かれ、相手の奥さんに気付かれると思っていた方が良いでしょう。不倫する前よりも男性の帰りが遅くなり、出張と称した泊りが多くなれば不倫を疑うのが普通です。

不倫がばれた場合、男性が結婚していることを承知で肉体関係を持っていたら、奥さんは、不倫相手からも慰謝料を請求することができます。男性と別れることになる上に、慰謝料も請求され、何も得ることができずに終わってしまいます。


やめるべき理由3. 社会的信頼を失うリスクがあるから

不倫をしていることが会社にばれると、直接的に解雇を言い渡されることはありませんが、周りの目が確実に変わります

今まで築き上げてきた信頼は失い、会社に行き続けることが辛くなり最終的には辞める結果に。奥さんにバレた時、職場を調べられ嫌がらせや迷惑行為をされることも。会社に不利益が被る場合は、解雇されることも認められます。


やめるべき理由4. 不倫相手の都合のいい女性になりやすいから

不倫相手の男性には家庭があり、子供もいる妻子持ちの場合もありますよね。不倫の場合、男性は、第一に家庭を優先するでしょう。

奥さんと子供が実家に帰っていたり、残業と嘘をついたりすれば、不倫相手に会うことができます。

会う予定を入れていても子供の行事などがあれば会わないことになります。一方で男性がさみしくて、会いたいと思った時には連絡が来て、男性の都合に不倫相手が合わせることが多く、都合良く使われる可能性も高くなります。自分を一番に思ってもらえない悩みは、いつまでも付きまといますよ。


やめるべき理由5. 周囲に関係を秘密にする必要があるから

彼氏ができたら友達や家族に言うことができ、どのような人か、なれそめなどを一緒に共有することができますが、不倫をしていると、そう簡単には話せませんよね。

何でも話している家族や友達にも不倫をしていることを話したら、友達から距離を置かれるかもしれませんし、親には心配や悲しい気持ちにさせることになるので伝えるのは諦めるしかありません。

好きで一緒にいる男性を身近な親しい人に隠すのはメンタル的にも辛いものです。


やめるべき理由6. だらだらと時間だけを無駄に過ごしてしまう恐れがあるため

相手に妻や子供がいる妻子持ちの場合、別れて結婚できる可能性は、普通に付き合って結婚するよりも極端に低く、不倫のまま終わることがほとんどなので諦める方が無難でしょう。

不倫に費やした時間は、罪悪感は残ることはあっても得るものはありません。結婚や、周囲を気にせずに恋人と堂々と過ごすなど、幸せをつかみたいと考えているなら不倫はやめるべきです。


やめるべき理由7. 不倫をしていると後ろめたさから、なかなか次の恋愛へ進めないから

不倫をしている時、「誰にも悪いことをしていない」と全く罪悪感がない人はいないと思います。その悩みは、不倫が終わっても引きずってしまいがち

誰にも言えない関係を経験していると、新しい恋が始まりそうになった時に躊躇してしまうでしょう。

過去の恋愛を聞かれた時になんて言えばいいか、彼はどう思うのか、新しい恋をする喜びよりも認めてもらえるかという不安な気持ちの方が勝ってしまうことも考えられます。


不倫をやめるのに最適なタイミングとは

不倫はダメだとわかっているのに、やめられないという人もいるでしょう。ここでは、不倫をやめるのに適したタイミングを具体例と共にご紹介します。

もしかしたら自分でも気づかずに不倫をやめるタイミングは訪れているかもしれません。

やめたいと思っている人は、やめられないと諦める前にベストなタイミングが訪れていないかチェックしてみてくださいね。


タイミング1. そろそろ潮時かな〜とふいに思った時

不倫は会いたい時に会わない、秘密の恋でもあるので会っている間は、その分燃え上がります。しかし、会わない間は、冷静に物事を考えられるものです。

これからのことを何気なく考えた時、「このままでいいのかな?」「潮時かな?」とふいに思う瞬間が訪れるでしょう。そう思った時は不倫を止めることができる良いタイミングだと言えます。


タイミング2. 自分が30歳を目前に控えた時

結婚して、子供を欲しいと思っている女性には、タイムリミットがあります。今では高齢出産でも無事に出産できることが多くなりましたが、それでもリスクは高くなります。

出産の後には子育てがあり、体力的にもやはり若いうちに出産することのメリットはあります。

20代から30代に変わる前は、気持ちの中でも変わる時期。「30になる前には新しい恋をして、結婚したい」と思う女性は多いです。30代目前に不倫をしていて、結婚を考えているなら、やめるきっかけになるでしょう。


タイミング3. 不倫相手が奥さんに疑われはじめた時

不倫は既婚者との恋なので、相手の奥さんにバレるリスクはいつでも付きまといます

今ではスマホのGPS機能でどこにいるかを知ることができたり、LINEやメールのやり取りを消し忘れていれば内容を確認されたり、様々な不倫を発見できるツールが豊富にあります。

「奥さんにバレたかもしれない」という状況になったら「会うのやめる」と告げ、別れた方が無難でしょう。


タイミング4. 自分も本気で幸せになりたいな〜と感じた時

既婚者との不倫は、会っている間の一時的な幸せは感じられますが、会わない時はうしろめたさや罪悪感に悩み、その気持ちはずっと背負わなければいけません。心の底から幸せを感じられる恋とは異なります

友達の結婚式に行ったり、彼氏を紹介されたりして「私も幸せになりたい」と感じるなら、それは不倫関係で幸せを感じていない証拠。幸せを諦めることなくみんなに祝福される幸せを望んでいるのです。


不倫をやめることで得られるメリット

不倫をしていると、普通の恋にはない精神的、肉体的な困難が幾度となく訪れます

相手に夢中な時には、そんなハードルを超える自分に酔っているのかもしれません。

しかし、体には確実に負担がかかるので異変が出てくることもあり、会わないことで体調が改善することも。ここでは、不倫をやめれば得られるメリットをご紹介します。


メリット1. 後ろめたさや罪悪感から解放される

不倫相手の奥さんや友達、親など身近な人に知られないように、いつもコソコソ会っていた不倫関係。不倫をやめることで、秘密にしなくてはいけないという後ろめたさや罪悪感なく過ごせるので、重荷がなくなり気持ちも軽くなります

秘密がなくなるので、素直に話せたり、気分も明るくなたり、精神的にも安定した生活を送ることができますよ。


メリット2. 周りの目を気にせず人を好きになれる

常に周囲を気にしていた不倫生活。相手が既婚者なので、どこで誰が見ているかわからないからと、待ち合わせの場所や連絡を取り合う方法など細かいことまで気をすり減らして過ごすことを余儀なくされます。

その時は、好きな人とのやりとりとして必要なことなので苦だとは思わなくても、やはり、既婚者との不倫ではなく、堂々と会える生活が良いと思うはず。独身男性と後ろめたさのない恋を始めれば、周りを気にせず好きになれます。

当たり前のようですが、堂々とできるということは、大きなメリットとなりますよ。


メリット3. 周囲に堂々と恋愛トークができる

女性同士で盛り上がるトークの種類の一つが恋愛話。既婚者が相手の不倫の話は、なかなか話せないので聞く一方になりがち。

話をしたとしても同意を得られることは少なく、「早くやめた方が良い」と言った批判的意見を聞くはめになり、楽しくありませんよね。

普通の恋を始めれば、後ろめたいこともないので、恋愛トークを心の底から楽しめるようになりますよ。


では、実際に不倫をやめて別れる方法とは

不倫をやめればメリットがあることは知っていて、気持ち的にもやめたいと考えていても、いざやめるのは難しいですよね。ここでは、不倫をやめるための方法をいくつかご紹介します。

ここで紹介した方法を参考に、相手の様子や付き合い方に合わせた適切な方法を導き出し、失敗のない別れ方を見つけてくださいね。


不倫のやめ方1. LINEや電話など、連絡をとるのをやめる

不倫の関係をやめて彼と別れたいと考えているなら、まず連絡を断つことから始めましょう。

こちらからの連絡を一切せず、相手と会わないで距離を取ることができ、お互いに見つめる時間が作れます。相手の男性は、「どうしたのかな?」と思うはず。

何度も連絡してくるなら気持ちがまだあり、別れる気がないということ。逆に連絡がなかったら、興味がなくなったか、気持ちに整理が付いていないのかも。相手の気持ちを探るためにも効果的ですよ。


不倫のやめ方2. 直接相手へ「関係を終わろう」と告げる

本気で不倫の関係を終わりたいと思うなら、直接会って相手にしっかりと自分の気持ちを伝えましょう。

会わないでLINEやメールなどで伝えると、伝えたいことが上手く伝わりずらく勘違いされる恐れもあるので、直接会って誠実に伝えることがポイント。2人きりの場所でなく、にぎやか過ぎない落ち着いた場所を設定すると安心。

前もって、「大事な話がある」など事前に別れをにおわせると、切り出しやすくなり言いたくても言えないという失敗を回避しやすくなります。


不倫のやめ方3. 相手から連絡がしつこい場合、着信拒否やブロックをする

こちらから「不倫をやめて会うのやめる」と別れ話を切り出すと、納得できずその後、何度も連絡がくることも。

エスカレートすると時間関係なく頻繁に連絡が来て、その連絡のしつこさに体調を悪くしてしまうことも。

しつこく連絡が来る場合は、着信拒否やブロックをすることで諦める場合も。相手から連絡がきたことも分からないので、精神的にも楽になりますよ。


不倫のやめ方4. 家がバレている場合、思い切って引っ越して関係を断つ

連絡が取れない状態を作ると、未練のある男性ならどうにかして引き止めたいと考えます。自宅を知っていれば、直接現れるかもしれません。

彼とすっぱりと別れるために引っ越しをして、新天地で新たな生活を送ることで「彼が来るかもしれない」という恐怖から逃れられ、過去の気持ちを振り切ることができるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


不倫をやめて、心から笑顔になれる恋愛をしましょう。

不倫は世の中には認められない恋。友達と恋愛トークで話したり、親に紹介したりもできません。それでも相手への気持ちは本当で、真剣な気持ちは普通の恋と変わりませんよね。

異なるのは、不倫は報われにくい恋だということ。こそこそとせずに幸せになりたいと思い始めたら不倫のやめ時です。

やめられないと諦めるのではなく、しっかりと不倫相手に「会うのやめる」ことを告げ、新しい恋に踏み出しましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事