カップルの「理想の身長差」特集|身長差があるメリット&悩みとは

カップルの理想の身長差を知りたい女性へ。今記事では、恋人同士の理想の身長差から、身長差別の特徴や身長差カップルならではのメリットや悩み、長続きする秘訣まで詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、自分の身長に適した男性像を明確にしましょう!

カップルの「理想の身長差」を大調査!

カップルの理想の身長差

現在彼氏がいる人も、恋人募集中の人も、カップルの身長差は気になるもの。

街を歩いているカップルや友人カップルを見ていて「こんな身長差は理想だな」と憧れることもありますよね。

そこで今回は、カップルの理想の身長差について知りたい人のために、カップルの理想の身長差とはどれくらいなのかを解説した上で、身長差別の特徴やメリットと関係が長続きする秘訣についてご紹介します。


カップルの理想の身長差って何センチ差くらいなの?

彼氏と彼女の身長差はカップルによって様々ですが、一般的に言われるカップルの理想の身長差は15cmと言われています。

15㎝が理想的な身長差だと言われる理由は、彼女がヒールなど少し高めの靴を履いた場合でも、彼氏の方がまだ少し身長が高くなるバランスだから。

会話をしながら並んで歩いている時に互いの顔が適度に近く、手もつなぎやすいバランスが理想的と言われる理由でしょう。

【参考記事】はこちら▽


ぶっちゃけ男性って女性の身長を気にする?

彼氏との理想の身長差があると、「男性も同じように彼女の理想の身長があるのかな」と思うものです。

しかし男性は、付き合う彼女の身長を実はほとんど気にしていません。むしろ、自分の身長よりも背が高い女性がいいという男性もいます。

「これくらいの身長が理想的だな」というよりも、男性は性格や考え方などの内面を重視する傾向が強いです。

【参考記事】はこちら▽


身長差10cm未満のカップルの特徴

彼氏と彼女との身長差が10㎝未満のカップルは、外見ではほとんど身長が同じです。似たもの同士という印象が強く、近い距離感で接することができるでしょう。

身長差が10㎝未満のカップルの特徴についてご紹介します。


特徴1. 身長差があまりないため、女性からキスがしやすい

彼氏と彼女の身長差が10cm未満だと、お互いの顔の距離が近いのが特徴の一つです。

並んで立っている時も、隣同士で座っている時も、横を向けばすぐ近くに彼氏の顔があるため、女性から彼氏にキスする時は理想的な距離感と言えるでしょう。

女性が無理な姿勢をとる必要がないので、雰囲気さえよければ自然な流れでキスがしやすいです。


特徴2. ヒールを履けば彼氏とほぼ同じ目線になる

カップルとして10cm未満の身長差しかないということは、二人ともほぼ同じような身長だということです。

そのため、ローファーや低めのヒールを女性が履いても頭の位置がほとんど変わりません。

視線の高さが彼氏とほとんど同じですから、会話をする際に視線がからみやすく、心理的な距離が近いと感じやすいでしょう。


特徴3. 身長差が5cmくらいなら、お泊りした時に彼氏の部屋着を借りられる

身長差が10㎝未満でほとんど身長が同じだと、男女による骨格の違いがあるとしてもそう大きく体格は変わりません。

そのため、身につけている服のサイズも大きな違いはないと言えます。

付き合うようになって彼氏の家に泊まることになった場合に、彼氏のTシャツやトレーナーをパジャマとして借りやすいのがメリットです。


身長差15cm前後のカップルの特徴

彼氏と彼女との身長差が15㎝前後のカップルは、一般的に言う理想的な身長差と見られることが多いです。

見た目だけでなく、本人たちもしっくりくるという感覚が強いでしょう。

身長差が15㎝前後のカップルの特徴についてご紹介します。


特徴1. 横に並んで歩く時の見栄えが良い

カップルとして身長差が15cm前後あると、高さのバランスが取れているという印象が強くなります。

並んで街を歩いている時、恋人同士としてのシルエットが綺麗です。

彼氏の口元あたりに彼女の頭がくる形になるので、彼氏が彼女の肩に手を回して体を引き寄せやすく、彼女も彼氏の胸に自然と寄り掛かれるため安心感を感じやすい理想的なバランスの高さと言えるでしょう。


特徴2. 手をつないだり、ハグしたりしやすい

男性と女性との間で身長差が15cm前後ある場合、男性と女性の体格差が自然な形で馴染むことが多いです。

並んで歩いている時にお互いが自然に腕を伸ばした形で手を繋げますし、男性が女性を包み込むような形でハグすることも可能。

頭や肩の位置がちょうどいい距離で上下にずれているため、自然に体を密着できる身長差です。


特徴3. ヒールを履いても彼氏の身長を追い抜かさない

カップルの身長差が15cm前後だと、女性が彼氏の身長を気にせずにファッションを楽しめるのが大きな特徴です。

彼女が7cmや10cmといった高めのヒールを履いて、彼氏がスニーカーを履いていても、彼女が彼氏の身長を追い越すことはありません。

女性にとっては自由に履きたい靴を選べるのは理想的。おしゃれができるのでデートで楽しめるファッションの幅も広がるでしょう。


身長差20cm前後のカップルの特徴

彼氏と彼女との身長差が20cm前後のカップルは、見た目にも身長差が大きいという印象が強くなります。

座っている時はあまり感じなくても、並んで立ったり歩いている時は顔の距離が離れているので身長差があることを自覚しやすいでしょう。

身長差が20cm前後のカップルの特徴についてご紹介します。


特徴1. 抱きついた時に安心感を得られる

カップルとして20cm前後の身長差があると、女性にとっては圧倒的な安心感が得られやすいです。

並んで立った時に自分の頭が胸の下あたりになるため、彼氏に守られているという安心感が強くなります。

男性と女性との体格差が大きくなるので、ハグすると男性が女性をすっぽり包みこむようなバランスになり、親近感が高まるでしょう。


特徴2. 手は繋ぎにくいため、基本は腕を組む

彼氏と彼女の身長差が20cm前後になると、肩や腕といった体のパーツの位置が二人の間で大きくずれます。

身長が高い彼氏の方が腕が長いとはいえ、二人の手の位置が違いますから、手を繋ぐ場合は彼女が腕を持ち上げる不自然な体勢になりやすいです。

その体勢でずっと過ごすのは疲れるので、手を繋ぐよりも腕を組む方がお互いに楽でしょう。


特徴3. 男女どちらも高身長なら、スタイルが良いカップルに見られる

カップルの身長差が20cm前後あると、二人のそれぞれの身長によって見た目が大きく変わります。

例えば、男性が170㎝で女性が150㎝というカップルと、男性が185㎝で女性が165㎝というカップルだと、身長差が同じ20cm前後であっても周囲に与える印象はずいぶん違うでしょう。

男性女性どちらも長身の場合は人の目を引きやすく、かっこいい印象のカップルとして見られる確率が高くなります。

【参考記事】はこちら▽


身長差があるカップルのメリットとは

理想的なカップルの身長差は15㎝前後と言われますが、身長さがあるカップルは様々なメリットがあります。

恋人同士としてお互いに過ごしやすいポイントがあるので、上手に生かすことが大切。身長差があるカップルのメリットについてご紹介します。


メリット1. 彼女がヒールの高い靴を履ける

彼氏と彼女の身長差がある場合、お互いに好きなファッションを気兼ねなく楽しめるという点が大きなメリットです。

彼女がヒールを履いて彼氏がスニーカーを履いているという場合でも、彼氏の方が背が高いため、彼女が彼氏を気にして服を選ぶといったことはありません

高めのヒールで颯爽と歩くスタイルであっても、彼氏にふんわりとハグされるので、女性としては安心感が強いでしょう。


メリット2. 横に並んだ時、女性が華奢で可愛らしく見える

彼氏が彼女よりも背が高いカップルだと、身長差によって男性がより大きく見えます。

例えば170㎝前後の男性でも、女性が150㎝前後だと、身長差があるため背が高いような印象を与えるのです。

逆に女性にとっても、背の高い彼氏だと自分が華奢に見えやすいというメリットがあります。

多少ぽっちゃりした体型であっても、彼氏がすらりとしているために周囲に華奢な女性だと感じさせやすいです。


メリット3. 高い所にある物を取ってもらえる

長身の彼氏と付き合うと、女性にとっては男性に頼れる場面が増えるというメリットがあります。

身長が低めの女性は、高い場所にある物が自分では取りづらいという経験が多いもの。でも、彼氏が長身なら簡単に取ってもらえます。

しかも、彼氏から必死に背伸びしている様子をかわいいと思ってもらえるのもメリットでしょう。


身長差カップルならではの悩みはあるの?

彼氏と彼女の身長差が大きいカップルには、メリットがある反面、身長差があるゆえの悩みも生まれます。

身長差がほとんどないカップルと比べると、体格の違いを考慮してコミュニケーションの仕方を工夫しなければならないからです。

身長差があるカップルならではの悩みについてご紹介します。


悩み1. 身長差がありすぎると手を繋ぎにくい

恋愛関係にあるとデートをする機会が多く、二人で並んで歩くことは多いもの。

その際に手をつなぎたくても、身長差があると肩の位置が大きく違う上に腕の長さにも差があるため、手を繋ぎにくいという悩みが起きやすいです。

身長差が20cm以上あるなら、歩いている時は手を繋ぐよりも腕を組むほうが歩きやすく、お互いに自然な体勢で体を寄せやすいでしょう。


悩み2. 常に見上げるため、首が痛くなりやすい

彼氏と彼女の身長差が大きいと、立っている時や歩いている時にはお互いの顔が近くにありません。

彼氏は彼女を見下ろす姿勢になるのであまり辛くありませんが、彼女は常に彼氏の顔を見上げていなければいけないため、首や肩に力が入りがち

特に首が痛くなりやすいので、会話中に顔を見ない時間が増えやすくなる可能性があります。


悩み3. 歩幅が違う分、歩くスピードにズレが出やすい

身長差が大きいカップルの場合、脚の長さも大きく違うため、自然に歩いているとどうしても男性の方が前に出てしまいがちです。

女性が小走り状態で男性についていくことになるため、リラックスしたデートになりにくいケースも。

歩くスピードにずれが生じやすいので、男性が女性に合わせてゆっくり歩いてあげる配慮が必要ですが、男性がこまやかな気遣いができるかどうかによっては恋愛関係そのものにも影響が出るかもしれません。


身長差があっても長続きさせる恋の秘訣とは

身長差があるカップルはたくさんいますが、うまくいっている場合とうまくいかない場合とで大きく分かれます。身長差に影響されずいつまでも仲が良いカップルは素敵ですよね。

身長差があっても恋愛関係を長続きさせられる秘訣についてご紹介します。


秘訣1. お互いに身長差を気にしないようにする

男性も女性も、自然に成長してきた結果が今の身長です。二人でいると身長差が生まれてしまうというだけで、それぞれの体格は生まれ持ったもの。

お互いの価値観や性格といった内面で惹かれ合ったことを忘れてはいけません

身長差があるという点ばかりに注目して悩むのではなく、二人の間に流れる安心感や信頼感といった雰囲気を大切にしていくようにしましょう。


秘訣2. なんでも本音で言い合える関係を築く

たとえ彼氏と彼女の身長差が大きいことで何か問題があるとしても、立っている時や並んで歩いている時など問題を感じる瞬間は限定的です。

座れば身長差を感じなくなることも多いのですから、身長差があることを必要以上に気にするのはストレスがたまるだけ。

それよりも、お互いの気持ちをさらけ出せる関係か、信頼し合い支え合える関係かを考えて、本音を言い合える絆の深い関係を築くことを目指しましょう。


秘訣3. お互いの身長をイジるなど、ネタにする

身長差があることを悩みとしてとらえるのではなく、個性としてとらえるカップルは長続きしやすいです。

お互いを信頼していれば、「おちびちゃん」「のっぽさん」などと呼び合いお互いに軽くいじるというコミュニケーションが成立します。

身長差があることは、二人の関係においては大した問題ではないと互いに自覚する前向きさを持ちましょう。


身長差を前向きに捉えて、長続きするカップルになりましょう。

身長差があるカップルには、見た目には男性が頼れそうに見えたり女性が華奢でかわいく見えたりするメリットがある一方で、コミュニケーションの工夫が必要になるという悩みもあります。

しかし、自然な気持ちで恋愛を楽しむために大切なのは、お互いの価値観や性格といった内面であり、身長差の悩みは工夫次第で改善できるもの。

理想の身長差にこだわってなかなか恋愛できないのなら、この記事を参考に、身長差の悩みを前向きにとらえながらお互いの良さを認め合える相手を探してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事