キスしやすい身長差は何センチ?身長差別に”キスのコツ”も紹介!

キスしやすい身長差はどのくらいなのか?を知りたい方へ。本記事では、カップルがキスをしやすい身長差から、身長差別でおすすめのシチュエーションまで解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

カップルがキスしやすい理想的な身長差は?

キスしやすい理想的な身長差は?

カップルがキスしやすい理想の身長差は、お互いが無理な体勢をとらないで済む12~13cmだと言われています。

男性が無理に身体をかがめる必要もなく、女性もちょっと背伸びする程度で済むため、お互いキスに集中出来るでしょう。


【身長差別】キスのポイント|どんなシチュエーションがおすすめ?

身長差別のキスのポイント

「身長差があるんだけどどうしたらいいの?」

「キスをする時体勢的に厳しい時がある」

身長差があるカップルは、どのようなことに気を付けてキスをすべきか悩みますよね。

ここでは、身長差ごとのキスのポイントや方法をご紹介します。

いいムードになった時に焦らないためにも、参考にしてみてください。


身長差が大きい|25cm程度の場合

身長差が25cmほどのカップルは、頭一つ分くらいの身長差があります。

互いが普通に立ったままの状態ではキスができないので、女性に負担がかからないように、男性が膝を曲げて少し屈んで、女性が背伸びをする方法がベスト。

身長差が大きいからこそハグしやすいメリットがあるので、女性を抱きしめながらキスに持っていくシチュエーションがおすすめです。


身長差が20cm程度の場合

身長差が20cmほどのカップルは、彼女が背伸びをするとキスができる身長差です。

頑張って背伸びをしてバランスを取る女性を愛おしく感じる男性が多いですが、背伸びが女性の負担となっている場合も。

階段や椅子などの段差を使い身長差をカバーするキスが、イチオシのシチュエーションです。


身長差が10〜15cmの場合

理想的な身長差である10~15cmの場合は、彼女の頭が彼の首辺りに来る身長差です。

彼女が少し上を向いてキスをすると、上目遣いになって彼がドキドキすること間違いなし。

理想的な身長差なので自然な流れでハグからキスに移行させやすく、ラブラブなひと時を楽しめます。


身長差が5cm程度の場合

身長差別のキスのポイント 5cm以内はキスがしやすい

身長差が5cmのカップルは、ほぼ身長差を感じることがなくキスがしやすいところがポイント。

身長差を意識することなく自然な流れでキスができるので、リラックスした状態でスキンシップをしてみましょう。


身長差がない|身長が同じ場合

身長差がないカップルはお互いに同じ目線なので、無理な姿勢になることがありません。

そのため、女子からもキスがしやすく、男性をドキっとさせることができるでしょう。

かわいらしい雰囲気を出したい時は、女性側があえてかがみ、上目遣いになるよう工夫することがおすすめです。


女性のほうが男性よりも大きい場合

男性よりも女性のほうが高身長の場合は、男性が背伸びをしたり女性がかがんだりすることでバランスを取るのがオススメ。

目線を合わせることで、ドキドキする気持ちが高まるはず。

女性側が甘えたい時は寝ている時や座っている時など、男性のほうが身長が高くなるシチュエーションを狙ってキスをおねだりしてみてください。


身長差がある恋人とキスをする時のコツ|押さえておくべき注意点は?

身長差がある恋人とキスをする時のコツ

「身長差がある恋人とキスをする時の注意点は?」

「身長差がある彼とのキスで失敗したくない」

身長差があるからこそ、どのようにキスをすればいいのか悩むことがあるはず。

ここでは、身長差があるカップルがキスをする時の注意点を解説していきます。

ドキドキするシチュエーションを作るためにも、ぜひ参考にしてみてください。

身長差がある恋人とキスをする時のコツ
  1. 身長差に合わせてヒールの高さを調整する
  2. シチュエーションを変える
  3. 2人きりの空間を作る
タップすると移動します

コツ1. 身長差に合わせてヒールの高さを調整する

男性との身長差が少ない場合は高いヒールを履くことで、彼の身長を抜かしてしまう可能性があります。

そのため、ヒールのある靴を履く時には、彼との身長差に合わせた調整が必要です。

上目遣いをしてかわいく見せたい場合は、低めのヒールがおすすめ。

一方で、男性と変わらない目線にしてキスをしたい場合や大人っぽく見せたい場合は、高めのヒールを選びましょう。

ヒールの高さによってキスの仕方が変わるので、あらかじめ考えておきましょう。


コツ2. シチュエーションを変える

いつも立ったままキスをしていると、互いの目線や姿勢が同じだとマンネリ化しやすいです。

異なる雰囲気を味わうためには、シチュエーションを変えてみましょう

  • 椅子に座って上目遣いでキスをする
  • 階段の段差を使い身長差をなくす
  • バックハグから首元にキスをする
  • 寝ころんだ状態でキスをする

など、互いの身長差を変えるシチュエーションに挑戦してみてください。

今までと異なる雰囲気に、更にラブラブになれるはずです。


コツ3. 2人きりの空間を作る

公園や駅など周囲に人がいると恥じらいが出てしまい、キスに持っていきにくいです。

また、身長差があるカップルだと、人目を引いてしまうことも。

ドキドキするムードでキスをするためにも、二人きりの空間を用意しましょう

  • 彼や彼女の部屋
  • 旅行先などのホテルや旅館
  • 車の中

など、他人が介入できない空間にすると、恥じらいを感じにくくなります。

特に付き合いたての頃は雰囲気づくりをして、キスがしやすい状態を作ることが大切です。


自分たちの身長差にベストなキスを知って試してみましょう!

何センチの身長差があっても、ちょっとした工夫をすれば身長差があるからこそできるキスができます。

ただし、身長差が大きいとどちらかに負担がかかる可能性があるので配慮が必要です。

今回ご紹介したキスの方法やシチュエーションを参考にしながら、カップルでドキドキするシチュエーションを楽しんでくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事