多くのカップルがキスする場所とは?理想のタイミング/キスの仕方も解説

カップルはいつ、どこで、何回キスするの?と恋人とのキス事情が気になる時ってありますよね。そこで今回は、カップルが1回のデートでするキスの回数から、キスする場所、彼氏彼女がキスしたくなるタイミング、キスの効果、キスの仕方を徹底解説!ぜひ愛情を深めるために、キスを楽しんでくださいね。

カップルがキスをするタイミングって気になりますよね。

カップルがキスする回数&場所

愛している人とのキスは、何よりも愛情を感じるもの。キスは純粋な愛情表現ですが、恋をし始めた人には、キスもハードルが少し高いのかもしれません。

この記事では、恋人との幸せなキスをするための予備知識を詳しくご紹介します。相手が嫌がることや、マナーさえ押さえておけば、愛する人とのキスは難しくありませんよ。


カップルが1回のデートでキスする回数

世の中のカップルは、いつ、どのくらいの回数キスを交わしているのでしょうか。それぞれの性格や間柄にもよるため、個人差は大きいですが、世間一般の感覚を知りたいですよね。

ここでは、カップルが1回のデートでキスする回数をご紹介します。


付き合いたてカップルのキスの回数

付き合いたてのカップルは、1回のデートで1回キスをするのが平均的です。交際して間もないうちは、外で食事やデートをすることが多く、人目につきやすい場所で過ごします。

さらに、お互いに恥じらいの気持ちが強く、いつキスをすべきか悩むことも多い時期。別れ際に名残惜しい気持ちを込めてキスを交わす、というケースが多く回数は少なめです。


熟年カップルのキスの回数

熟年カップルの場合、1回のデートで3回~50回程度といわれています。数字にとても幅がありますが、10回以上キスをすることも珍しくありません。

長く付き合ううちに、お互いの部屋で過ごすことや、ホテルでのお泊りデートなどもあるでしょう。デートする場所やデートのカタチも変わるので、キスの回数はぐんと増えるのです。


多くのカップルがキスする場所

ドラマチックなキスをするためには、いつキスをするかがとても重要です。しかし、適切な場所でないとそのタイミングも計れません。世の中のカップルはどんな場所でキスをしているのでしょうか。

ここでは、多くのカップルがキスする場所をご紹介します。


キスする場所1. どちらか一方の家

恋人の家は、絶好のキスチャンスです。誰にも邪魔されない二人きりの空間ですから、しっかり雰囲気を作ってキスのタイミングを狙いましょう。

部屋に入ってすぐにキスをするのはNGです。いつキスの雰囲気に持っていくかは、焦らず冷静に考えましょう。


キスする場所2. 人通りの少ない場所

デート先でも、周囲に人通りが少なくゆったりとした会話ができる場所なら、キスをするタイミングがあるかもしれません。

人前でなければどこでもいい訳ではなく、夜の公園やシーズンオフの海など、映画やドラマのキスシーンに出てくるような場所を選ぶことも大事です。


キスする場所3. カラオケ

カラオケは二人きりの密室空間なので、恋人に接近するチャンスです。人前でのキスは嫌だし、相手の家に行くのはまだ早い、微妙な交際期間に最適

選曲次第では、とても素敵なムードを作れますので、ぜひ恋人をその気にさせる楽曲選びから計画してみましょう。

【参考記事】はこちら▽


キスする場所4. 夜景の綺麗な場所

キスシーンの定番シチュエーションとしても人気なのが、夜景の綺麗な場所。キスのタイミングに必要な「沈黙」は、何かに見とれたり、感動したりする時に起こります。

お互いが夜景に見とれる間をうまく利用して、キスの雰囲気にもっていきましょう。


キスする場所5. 車の中

ドライブデートでのキスも、安心感がありつつロマンチックです。車の運転席と助手席の距離はとても近く、普段よりも接近した状態になっています。

景色のいい場所や、別れ際など、キスに持っていくタイミングもたくさんあるでしょう。


キスする場所6. 観覧車の天辺

ムードを最高に出すには、観覧車でのキス。密室の空間でありながら、地上から遠く離れている感覚が気分を盛り上げます。

観覧車がちょうど天辺に到達した時にキスをすると、永遠に結ばれるというようなおとぎ話を実践してみるのも悪くありません。

【参考記事】はこちら▽


キスする場所7. デートの別れる時の場所

別れ際は、相手と離れたくないという切ない気持ちから、お互いにキスを求めることがあります。どんなに人が多い場所でも、ムードのない場所でも、別れ際のキスは気持ちがそうさせるものです。

さりげないフレンチ・キスであれば、多少の人目があっても良いのではないでしょうか。


カップルがキスするタイミングとは

キスをするには、場所だけでなく雰囲気やタイミングが重要です。恋人がいつキスをしたいと思っているのか、知りたい人も多いはず。

続いては、カップルがキスするタイミングについてご紹介しましょう。男性と女性では、キスしたいタイミングが違うこともあるので、それぞれの性別ごとに解説します。


彼氏がキスしたくなる瞬間とは

彼氏が彼女にキスをしたくなる瞬間は、一体どんな時なのでしょうか。

ここでは、彼氏がキスしたくなる瞬間をご紹介します。男性が女性に対して、キスの欲求が高まる瞬間が分かれば、女優にだってなれそうですよね。


瞬間1. 彼女のことを愛おしいと感じた時

無性に彼女のことを「愛おしい」と思う瞬間は、誰にでもあるはず。ふとした表情や、可愛いギャップを感じた時、一緒にいる時間が残り少なくなって切ない時などがあります。

キスは本能的な愛情表現の方法なので、理屈を抜きにして湧き出る気持ちの表れです。相手への気持ちがグッと盛り上がった時には、キスしたいという願望が強くなります。

【参考記事】はこちら▽


瞬間2. 二人でイチャイチャしている時

カップルでイチャイチャする時間は、気持ちが盛り上がっている状態です。幸せを感じているため、キスしたいと思うのが当然ともいえます。これは、男性でも女性でも同じように相手への愛情が高まる瞬間です。

イチャイチャできる雰囲気さえあれば、相手の気持ちやタイミングを必死になって探る必要もなく、本能的にキスを楽しめるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


瞬間3. 上目遣いで彼女に見つめられた時

彼氏が彼女に対して「可愛い」「愛おしい」という気持ちが、キスの欲求を高めます。つまり、女性的な部分を見た瞬間です。

上目遣いをすると、目が大きく見えるため女性の可愛さが引き立ちます。また下から上に見上げることで、弱い存在であることをアピールすることにもなるのです。「守りたい」という男性的な本能が刺激されるのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


瞬間4. 寝ている姿を見ている時

寝顔にキスをするのは、無防備な姿や隙を見せてくれることに喜びを感じるため。自分だけに見せる姿を見て、男性は女性を「守りたい」と思う本能がわいてきます。

寝顔にキスしたいと思うのは、単純に寝顔が可愛いというだけではありません。寝顔を見て特別な存在であることを実感し、相手への愛情が強まることも理由の一つです。

【参考記事】はこちら▽


瞬間5. 寝起きでむにゃむにゃしている時

キスに大切なのは、それらしい雰囲気です。キスを求める雰囲気には、テキパキ・はつらつとした雰囲気よりも、虚ろげ・物憂げな雰囲気の方が合っています。

彼女がうつらうつらしているところに彼氏がキスをして、目を覚ましてあげるなんて、とても素朴な日常の中のロマンチックな瞬間です。あなたもぜひ試してみてください。


彼女がキスしたくなる瞬間とは

それでは、反対に彼女が彼氏にキスをしたいのはどんな時なのでしょうか?カップルの女性が男性にキスしたいと思うのは、男性としての魅力を強く感じたときが多いようです。

ここでは、彼女がキスしたくなる瞬間についてご紹介しましょう。


瞬間1. 甘えている時

彼氏に甘えている時は守られている感覚があり、とても安心します。女性は安心感を得られないと、キスを受け入れられないもの。

二人きりの落ち着いた空間で彼氏に甘えるシチュエーションでは、キスの欲求も高まってきます。また、彼氏がキスしたい気持ちを察し、それを受け入れる気持ちで甘えるという女性も多いです。


瞬間2. 彼氏にドキドキした時

彼氏の言動にドキッとさせられたときは、キスの欲求も高まります。ドキッとするということは、相手の男性としての魅力をはっきり感じたときです。

優しさや、頼もしさ、色気、ギャップなどを感じた瞬間は、相手を好きだと思う愛情が盛り上がる瞬間。愛情が盛り上がると、自然にキスで気持ちを表現したいという欲求に繋がりますよ。

【参考記事】はこちら▽


瞬間3. 寂しかったり、頼りたい時

寂しさや切なさを感じて、彼氏に頼りたい時にもキスしたい気持ちになります。これは、甘えている時と同じような感覚に似ているかもしれません。

不安な時や、寂しい時には、愛情表現して安心させてあげることが必要です。そのためにも、彼女が不安や寂しさを感じていたら、しっかりと抱きしめてキスをしてあげてください。キスはときに、相手を元気づける効果もあるのです。


瞬間4. 母性本能がくすぐられた時

女性の母性本能は、愛情を表現することに直結しています。彼氏を「愛おしい」「可愛い」と思うことでも、キスの欲求が刺激されるのです。

だからといって、ただ単に甘えたり子供っぽく振舞ったりすれば良いというものではありません。彼女に「この人には私が必要だ」「私も愛情を注いでこの人を守りたい」と思ってもらうことが大切です。

【参考記事】はこちら▽


瞬間5. ロマンチックな雰囲気になった時

忘れられないキスや、忘れられない恋人の思い出には、必ずロマンチックなシチュエーションや、ドラマのキスシーンさながらの雰囲気があるものです。

どんなキスも幸せなものですが、相手を喜ばせるにはムードや雰囲気づくりはとても大切。場所やタイミングなどでキスをする雰囲気づくりをすれば、彼女がそれを察してくれるかも。

【参考記事】はこちら▽


カップルがキスすることで得られる効果

カップルはキスをするのが普通、そして好きな人とキスをしたいのは当然の心理です。でも、実はキスって、たくさんの幸せな効果をもたらす行為なのです。

次に、カップルがキスすることで得られる効果をご紹介します。キスとは、恋人同士にどんなメリットがあるのでしょうか。


キスの効果1. 愛情を伝えられる

好きでもない人にキスはできないし、キスの回数や雰囲気から相手からの愛情を読み取ることだってできます。キスは相手への最大の愛情表現なのです。

キスの頻度が減ってきた熟年カップルは、キスの仕方やシチュエーションを変えながら工夫してみましょう。新鮮さのあるキスによって、関係が再度盛り上がることもあります。


キスの効果2. お互い幸せな気持ちになれる

キスをすると、人の脳にはオキシトシンという幸福ホルモンが分泌されます。結婚歴の長い熟練夫婦でもキスをする頻度の高い夫婦ほど円満で、お互いへの不満が少ないということが分かっています。

また愛情を伝えるのはとても大切なことであり、キスも相手へ気持ちを伝える大事な行為といえます。もっと幸せになるためにも、キスは継続していきましょう。


キスの効果3. ストレスが解消する

キスをすると、ストレスを軽減させる様々ホルモンが働きだします。悩みなどがあっても気持ちが軽くなり、心地良い行為だと脳が判断するのでしょう。そのため、体を重ねることより気持ちいいと感じる人も少なくありません。

幸せな気分になることでストレスが解消し、さらに不安を和らげて精神を安定させる効果もあるのです。


ラブラブ度が上がるカップルの代表的なキスの仕方

カップルがより親密でラブラブになるためには、どんなキスが効果的なのでしょうか。実はキスにもいろいろな種類があり、それぞれに効果が違っているのです。

ラブラブ度が上がるキスの仕方についてご紹介します。


キスの仕方1. 女性から人気の高い「ライトキス」

ライトキスとは、チュッと軽く唇を瞬間的にくっつけるキスの仕方。外国人がいつも、あいさつ代わりに軽く交わしているタイプです。シャイな日本人女性に一番人気があります。

ディープなキスを好まない女性はいますが、ライトキスを嫌がるは人いないといっても良いでしょう。ファーストキスの雰囲気にもぴったりな、ハードルの低いキスです。


キスの仕方2. 何度もキスする「バードキス」

バードキスとは名前の通り、鳥のようにチュッチュッと小さく繰り返すキスの仕方。久しぶりの再会や、サプライズのプレゼントなどに驚いた時など、喜びを表すキスです。外国映画などではよく見られ、仲睦まじく可愛らしい様子が特徴的。

バードキスは少し勢いがつくので、キスを受ける側は受け身の姿勢を保つのがコツですよ。


キスの仕方3. ソフトに唇を重ねる「プレッシャーキス」

プレッシャーキスとは、唇をゆっくり押し当てていくキスです。ロマンチックで、大人っぽい雰囲気の美しいキスといえばコレ。ライトキスと同様にベーシックなキスであり、ファーストキスにも最適です。

経験の浅い人は、スピード感や距離感がつかみにくく、タイミングが合わないと鼻や歯がぶつかるという失敗もあるので注意しましょう。


キスの仕方4. ディープキスの一種「カクテルキス」

カクテルキスはディープキスの中の一つで「動かす」という意味があります。唇を少し開いた状態から始まり、唇や舌を動かすものです。舌を絡めたり噛んだり、顔の向きを回転させながらじっくり味わうタイプのキス。

初めてのキスには向きませんが、少し慣れてきたら挑戦してみましょう。恋人との愛情をしっかり確かめ合うことができるキスの仕方です。

【参考記事】はこちら▽


キスする時に気をつけたい5つのポイント

相手にキスをしたいという気持ちが先走ると、相手の気持ちや周囲が見えなくなることがあります。キスのマナーや気遣いをしっかり心得て、失敗をしないように準備したいですね。

ここでは、キスの前に注意すべきポイントを5つ紹介します。


ポイント1. 周囲に人がいる場所でキスしない

時と場合にもよりますが、日本では人前や公共の場所で堂々とキスをする人は少ないです。キスはなるべく、落ち着いた場所、邪魔の入らない場所で静かに交わしたいもの。

あなたの恋人も人前でキスをするのは嫌だと感じているかもしれないので、公共の場でのキスはなるべく避けましょう。気持ちが盛り上がるのは分かりますが、時と場をわきまえることも大人の恋愛のたしなみです。


ポイント2. リップで唇を潤しておく

ガサガサの唇でキスをするのは、不快に感じられることもあるので注意しましょう。唇は皮膚が薄いので、刺激を受けやすく、感覚も過敏です。そもそも、唇がガサガサなのは見た目的にもあまり好ましくありません。

ガサガサの唇では、あなたのしっとり優しい愛情も伝わらないでしょう。男性でも、リップクリームで唇のケアをしておくことをお忘れなく。


ポイント3. 口臭ケアをしておく

口臭ケアは最低限のケアです。100年の恋も冷めるといわれる口臭は、キスどころか会話すら嫌になるもの。日常的なケアを心掛け、直前のケアも忘れずに。

口臭や口の渇きが気になる人は、歯ブラシの習慣をしっかりつけ、ガムやサプリメントなどをいつもの生活に取り入れましょう。デートの食事は、においの気になる料理を避けるなど配慮しておくことも必要です。


ポイント4. いきなり激しいキスはしない

相手との初めてのキスは、ライトキスやプレッシャーキスなど軽く交わす程度にしておきましょう。キスは、人により感覚の違いが大きく、相手との信頼関係の上に成り立つものでもあります。

そのため、最初から激しいキスや深いキスをすると、相手にショックや不快感を与えることもあるのです。ライトなキスからはじめ、関係が深くなるごとにキスを深くしていくのが男女のマナーです。


ポイント5. 鼻毛をきちんとカットしておく

キスをする時は、相手の顔と自分の顔が近付くので細かいところもよく見えます。鼻毛は、自分でも気付かないうちに出ていることがあるので気を付けましょう。

キスの前に鼻毛が出ているのを見られたら、もう二度と顔を合わせられないくらい恥ずかしいもの。デートの前日は、洋服や髪形のことだけでなく、鼻毛までしっかりチェックしてください。


幸せなキスで愛情を確かめ合いましょう。

キスにまつわるたくさんの予備知識をご紹介しました。細かいポイントはたくさんありますが、一番大切なのは相手を愛おしいと思う気持ちや情熱です。

最愛の二人なら、気持ちがピタッと合わさって、きっといつでも素敵なキスができるはず。そのためにも、デートの場所選びや雰囲気づくり、身だしなみなど、できることはしっかり準備しておきましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事