キスマークを首に付ける男性心理|場所によって違う彼氏の愛情の意味とは

キスマークを彼女に付けだがる彼氏っていますよね。そこで今回は、キスマークを彼女の身体につける男性の心理やキスする場所で変わる男性の本音について解説していきます。また、キスマークを付けてくる彼氏を止める、とっておきの対処法もお教えしますよ。

キスマークを付ける彼氏を不思議に思っている女性へ。

キスマークを首に付ける男性心理

愛情の証とも言えるキスマーク。「彼氏がキスマークを付けたがる理由が知りたい」と思っている女性も多いことでしょう。

今回は、首にキスマークをつける男性心理や、つける場所によって異なる意味を徹底解説。

さらに、キスマークの隠し方や、キスマークをつけるのをやめてもらう方法についても、詳しくお伝えしていきます。

彼氏がキスマークをつけたがる理由とは、一体どんなものなのでしょうか。


首にキスマークをつける8つの男性心理

事あるごとに首にキスマークをつけたがる彼氏を、不思議に思う女性もいることでしょう。どうして首にキスマークをつけたがるのか、理由や意味が気になりますよね。

ここでは、首にキスマークをつける男性心理を8つ、解説していきます。


男性心理1. 独り占めしたいという独占欲によるもの

男性は女性より、独占欲や所有欲が強いと言われています。

キスマーク=マーキング」という感覚で、他の男性を寄せ付けないようにしているのです。

また、優越感を感じたい心理から、「彼女は俺だけのものだ」という意味を込めて、キスマークをつけることもあります。

キスマークを他人から見えやすい首筋につけたがる男性は、独占欲や所有欲が人一倍強いと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性心理2. 女性が恥ずかしがる姿を見たい

男性の中には、「好きな女性の困った顔が見たい」という、ちょっとしたイタズラ心のような心理的欲求があります。

これは、小学生の男の子が、好きな女の子をいじめて泣かせてしまう行動とよく似ています。愛情を持っているからこそ、つい意地悪なことをしたくなるのでしょう。

自分のせいで女性が恥ずかしがる姿や困っている姿に快感を覚えるため、わざとキスマークをつけるのです。


男性心理3. 支配をしているという優越感を味わいたい

男性は、本能的に支配欲を持っているもの。支配欲とは、思い通りにコントロールして優位に立ちたい欲求のことです。

彼女にキスマークをつけることによって、まるで自分の所有物のような感覚が味わえます。自分の方が優位な立場でいられるように感じられ、支配欲が満たされていくのです。

支配欲が強い男性は、束縛したい心理も同時に持ち合わせています。

【参考記事】はこちら▽


男性心理4. 愛の証拠を残しておきたい

彼女への深い愛情を、キスマークという目に見える形で伝えようとする男性もいます。

愛情表現には、キスをする、抱きしめる、頭を撫でるなどがありますが、どれも形としては残りません。

深い愛情の証拠をずっと彼女に残しておきたい」という心理から、キスマークをつけるのです。

「彼女がキスマークを見るたびに愛情を感じて欲しい」「自分の存在を思い出して欲しい」と、彼氏は考えています。


男性心理5. 浮気予防のため

首筋にキスマークがついた女性を見れば、「きっと彼氏持ちなんだろうな」と他の男性は推測します。

他の男性を彼女に寄せ付けたくない心理から、わざとキスマークをつける男性もいるようです。

また、もし彼女に浮気心があったとしても、首筋にキスマークがついている状況では、他の男性にアプローチすることはできません。

彼女のことが大好きで心配だからこそ、「彼女を誰にも取られたくない」という心理が働くのです。


男性心理6. 無意識につけてしまっている

彼女を愛する気持ちが強いゆえに、男性はキスをする際、無意識に力が入ってしまうことがあります。

キスをするのに夢中になったり、無意識にきつく吸い付いたりした結果、キスマークがつくのです。

キスをしているうちに気持ちが高ぶってしまうのは、男性なら仕方がないこと。「彼女のことを独り占めしたい」「もっと愛情を伝えたい」、という無意識の心理でいっぱいになっている証拠です。


男性心理7. 自分の事を忘れさせないため

基本的に男性は、女性の前では弱さを隠す傾向があり、会えない時間が寂しくても、その気持ちを上手く伝えられません。

しかし、「離れている間も自分のことを思い出して欲しい」という気持ちを抑えきれず、代わりにキスマークという形で自分の気持ちを表現します。

「キスマークを見るたびに、彼女は自分のことを思い出すはず」、彼氏はそう計算した上で、キスマークを彼女の体に残すのです。


男性心理8. キスマークをつけることに憧れがある

キスマークに対して、大人の恋愛のイメージを抱く人も多いことでしょう。首筋のキスマークを見れば、つい大人の関係を想像してしまうものですよね。

特に、あまり恋愛慣れしていない男性の場合、キスマークに特別な憧れや思い入れを持っていることがあるようです。

長年ずっと憧れていた、大人の恋愛を実感したい心理から、女性にキスマークをつけたくなるのです。


キスマークの場所別で意味が違う?場所別の心理を解説

首筋だけでなく、肩や腕、背中など、キスマークをつける場所によって、その心理や意味が異なるのをご存知でしょうか。

つまり、キスマークをつける場所から、男性の気持ちを読み取ることができるのです。ここでは、キスマークをつける場所別の男性心理を解説していきます。


心理1. 首筋や喉のキスマーク

人目につきやすい首筋や喉のキスマークは、執着心や欲求不満の表れ。

「彼女を誰にも渡したくない」という心理から、あえて目立つ首筋や喉にキスマークを残すのです。

また、喉のキスマークには、強い欲求不満や性的欲求の心理があります。

急所とも言える喉に口をつける行為には、「相手を自分の思い通りにしたい」「食べてしまいたいほど愛している」という、無意識の気持ちが隠されています。


心理2. 肩のキスマーク

男女が抱き合う際、男性の口元が女性の肩の辺りによくあることから、肩はキスマークを無意識に残しやすい箇所だと言われています。

彼女を抱きしめている間に気持ちが高ぶって、口元の近くにある肩に、つい激しいキスをしてしまうこともあるようです。

肩のキスマークは、男性からの強い愛情や、感情の高ぶりの証と考えられます。


心理3. 腕のキスマーク

腕にキスマークをつけるのは、彼女への純粋な愛情の表れです。

女性の細い手首や、やわらかな二の腕が好きな男性は多いもの。そんな愛しく感じる箇所にキスマークをつけることで、心からの愛情を表現しているのです。

また、腕にキスマークをつける行為には、「彼女との関係が上手くいっている」と、満足している男性心理もあります。


心理4. 顔のキスマーク

愛情の強さや可愛いさのあまり、男性は彼女の顔にキスマークを残してしまいます。

女性にとって顔は大切な部分。男性もそのことはよく分かっていて、傷つけるようなことはしたくないと考えています。

しかし、彼女のおでこや頬にキスをする際、つい気持ちが高ぶって、無意識に力が入ってしまうことも。その結果、彼女の顔にキスマークが残ってしまうのです。


心理5. 太もものキスマーク

太もものキスマークは、男性の支配欲の表れです。太ももは、裸にならないと見えない部分。

そんな太ももにキスマークをつけるのには、「裸になった時も自分のことを思い出して欲しい」という男性心理が隠されています。

また、彼女に対して浮気の疑いを持っている時に、浮気相手を牽制する意味合いで、太ももにキスマークを残す場合もあります。


心理6. お腹のキスマーク

お腹にキスマークをつける行為には、「女性に甘えたい」「もっと癒されたい」という心理があります。

男性と違って女性のお腹は、丸みがあってやわらかいもの。触れると心地良いことから、ついキスをしたくなってしまうのです。

また、女性のお腹というのは、生まれる前に居た場所でもあります。「安心できる場所に帰って癒されたい」という深層心理から、無意識にお腹にキスマークを残すこともあるようです。


心理7. 胸のキスマーク

胸のキスマークには、所有欲や独占欲など複数の心理が働きます。女性の胸は、普段他人に見せない箇所です。

自分だけが触れられることが許された胸にキスマークをつけることで、所有欲や独占欲が満たされるだけでなく、優越感に浸ることもできます。

胸にキスマークをつけることは、「彼女は自分だけのものだ」「他の人には渡さない」というような、マーキング行為とも言えます。


心理8. 背中のキスマーク

背中のキスマークには、自分だけの秘密を作りたい心理があります。

彼女も気付かないような背中にキスマークを残すことで、「自分だけが知っている」という優越感に浸りたいのでしょう。

また、気付きにくい背中のキスマークは、彼女に浮気相手がいた場合の警告としての意味合いも。自分の存在を浮気相手にアピールし、牽制している場合もあります。


心理9. 股間やお尻のキスマーク

股間やお尻へのキスマークには、「彼女を誰にも渡したくない」という心理や、浮気を防止したい気持ちが込められています。

つまり、強い独占欲によって、キスマークを残すのです。また、日光に晒されることのない股間やお尻の肌は、白くてすべすべしているもの。

白い肌にくっきりキスマークが残る様子に興奮することから、キスマークを残したがる男性もいるようです。


彼氏に首にキスマークをつけられてしまった時の6つの対処法

首のキスマークは、結構目立つものですよね。彼氏から首にキスマークをつけられて、困った経験がある女性もいるのではないでしょうか。

ここでは、彼氏に首にキスマークをつけられてしまった時の対処法をお伝えしていきます。


対処法1. ハイネックの服や、マフラーやストールで隠す

首筋や鎖骨、肩周辺のキスマークを手っ取り早く隠すには、洋服や小物を有効活用しましょう。

ハイネックの服なら、首筋まで綺麗に隠れるので安心。鎖骨や肩周辺のキスマークなら、襟付きのシャツを着るのもおすすめです。

また、室内ではなく外での用事の場合は、マフラーやストールでも手軽にキスマークを隠せます。

春や夏など、季節的にハイネックの服やマフラーが使えない場合は、長い髪をおろしてキスマークを隠すのも一つの方法です。


対処法2. 温める冷やすを繰り返す

キスマークは、毛細血管の炎症や内出血によるものです。

キスマークを冷やす温めるを繰り返すことで、色を薄くできるかもしれません。

一般的には、温めて血行を良くすることによって、毛細血管の修復を早める効果が期待でき、また、冷やすことによって、内出血や炎症を静める効果が期待できると言われています。

しかし、キスマークは言ってしまえば「怪我」をしているのと、同じ状態。極端な処置は肌を傷つける恐れがあるので、デリケートに扱うことが大切です。


対処法3. 虫刺されと主張する

他人にキスマークを指摘された時、平然と「虫に刺された」と主張できれば、それ以上追求されることはないでしょう。

露出している首筋や腕は、虫に刺されやすい箇所なので、理由として不自然ではありません。

この対処法のポイントは、平然と対応すること。おどおどしたり、慌てたりする素振りを見せれば、あっという間に嘘を見抜かれてしまいます。


対処法4. ヘアアイロンでやけどしたと言い訳する

髪が長い女性なら、キスマークを「ヘアアイロンでやけどした」と言い訳するのも、おすすめの対処法。

髪を巻こうとしてヘアアイロンを首筋に当ててしまい、熱い思いをした経験のある女性は、案外いるものです。

共感できる言い訳なだけに、信じてもらいやすくなることでしょう。

特に、普段からヘアアイロンを使って、おしゃれな髪型を楽しんでいる女性なら、疑われる要素が少ない言い訳です。


対処法5. 皮膚炎等の肌トラブルということにする

堂々と嘘がつける人なら、肌トラブルということにするのも一つの方法です。

「原因が分からないんですよね」「たまにこんな炎症が出るんですよね」などと、困っている雰囲気が出せると信憑性が高まります。

キスマークによる内出血は、見る人が見れば結構分かるものなので、相手を信じ込ませるほどの演技力が必要となります。

疑いの目を向けられた時に動揺してしまいそうなら、別の対処法の方が安心かもしれません。


対処法6. ファンデーションやコンシーラーで隠す

キスマークの上に、カバー力のあるコンシーラーをつけた上でファンデーションを塗れば、上手に隠すことも可能です。

ただし、首筋や腕のキスマークを隠す際、集中的にコンシーラーやファンデーションを塗り過ぎてしまうと、その部分だけ白浮きして、逆に目立ってしまいます。

キスマーク周辺の肌色とバランスをとりながら、上手に隠すことがポイントです。


彼にキスマークをつけることをやめてもらう4つの方法

首筋のキスマークを人に見られるのは、やっぱり恥ずかしいものですよね。

「首筋にキスマークをつけるのをやめて欲しい」と思っている女性も、少なくないのではないでしょうか。

ここでは、彼氏にキスマークをつけることをやめてもらう方法を解説します。


方法 1. 「痛い!」というリアクションをする

彼女のことを愛している男性なら、彼女が嫌がることはしないはずです。

キスマークをつけられる時に、毎回痛がるリアクションをすれば、「そんなに痛がるならやめておこう」と彼氏は思い留まるかもしれません。

どんなに痛がる素振りを見せてもキスマークをつけられる場合は、「結構痛いから、できればやめて欲しい」と、正直に気持ちを伝えるのも手です。

その際、「気持ちは嬉しいんだけど」と一言付け加えると、彼氏の気分を害することはないでしょう。


方法 2. 恥ずかしいことを正直に伝える

キスマークで彼女が恥ずかしい思いをしていることに、全く気付いていない男性もいます。

そんな相手には、「周囲の目が気になるから、キスマークを残すのをやめて欲しい」と、ストレートに伝える必要があります。

職場で周囲の人に指摘されたり、チラチラ見られたりするのは、女性としてかなり恥ずかしいもの。常識のある大人の男性であれば、その気持ちをきちんと理解してくれるはずです。


方法 3. 愛情表現をして、満足をしてもらう

男性が女性にキスマークをつけたがるのは、強い独占欲や所有欲があるからです。

他の愛情表現によって、「他の人に取られたくない」という不安を解消してあげることで、キスマークを我慢できるようになるかもしれません。

キスマークの代わりの愛情表現としては、「ペアリングをつける」「SNSで彼氏の存在をアピールする」など、目に見える形で愛情を示すのが効果的です。

【参考記事】はこちら▽


方法 4. キスマークをつけるなら”しない”ようにする

どうやっても彼氏がキスマークをつけるのをやめてくれない場合は、キスに繋がる行為を一切しない、という方法もあります。

大好きな彼女に触れられないのは、彼氏としてはとても辛いこと。

「キスマークをつけられるのが嫌だから」と愛情表現を避け続ければ、そのうち彼氏は折れざるを得ません。

理由を言わずに愛情表現を避け続けると、「気持ちが冷めたのかも」と彼氏に誤解を与えるため、「キスマークをつけられるのが嫌」という理由を、まずはきちんと伝えましょう。


キスマークをつける彼氏の心理を見抜いて、上手に対処していきましょう。

首にキスマークをつける男性心理や、つける場所によって異なる意味、さらに、キスマークの隠し方や、キスマークをつけるのをやめてもらう方法についてもお伝えしました。

キスマークをつける心理が分かると、彼氏への愛が一層深まるのではないでしょうか。

とはいえ、大人の女性なら、目立つ場所へのキスマークはできれば避けたいものですよね。そんな時は、服で隠れる場所にキスマークをおねだりして、二人の愛を深めましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事